So-net無料ブログ作成

いかりや蘇生? [テレビCM]

 パチンコでドリフターズのギャグなどの映像を使うた機種が出るらしく、最近ようCMが流れている。志村けん、仲本工事、加藤茶、高木ブーの4名が正装して並び、その機種の発表会かなんかが始まろうとしている。そしたら扉が開いてなんと亡くなったはずのいかりや長介さんが現れ、「ウィーッス!」とやる。そして5名そろうて踊り出す。
 CG合成の技術が進んで、こと映像の上ではこうやって故人を蘇らせることも当たり前みたいに行われるようになった。そやけど、これはやりすぎやないかと思うた。
 なんというても残り4人が存命でみな現役で、いかりやさん抜きで「ドリフ」をやっていたりする。このCMでもそれはもう当然のこととして受け入れて4人で発表会の席に臨んでいる。
 ほんまはいかりやさんにもいててほしい。
 映像からそんな表情が垣間見える。そこに、いかりやさんの存命中の映像がはめこまれる。まるで生き返ったかのように。
 残酷やないか。人の死を心で受け入れ、きちっと踏ん切りをつけたからこそ4人ともこんなCMを作るのに同意したんやろうけれど。実際にできたものを見はった時にどない思うたやろうか。
 いかりやさんの存命中の映像を使うんやったら、残り4人の分も全部そうしたらよかったんや。なんかこういう形で死人を生き返らせるというのは、ゾンビ製造みたいなことをやってるように思うんですけどねえ。趣味が悪いというか、なんか無神経なものを感じるのよ、私は。

 明日4/19(日)は「たちよみの会」の例会です。多数のご参加お待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0