So-net無料ブログ作成

あの日に産まれた力士 [1月17日の記憶]

 朝は5時20分ごろ起き、45分に、少し黙祷。21年目か。この日に産まれた淡路島出身の幕下力士、照強(てるつよし)は思い切り強い出足で勝った。むろん、思うところがあったはず。あの日に産まれた赤ん坊が小兵とはいえ力士として関取を目指しているんやからなあ。
 大阪の学校に勤務しているからというて、同僚すべてが21年前の揺れを体験しているとは限らんしねえ。若い先生もいてれば、他府県出身の方もいてる。記憶の共有ができる人が周囲に少なくなっているのですよねえ。
 現在私が勤務している職場は活断層が近くにあるはずなので、もし21年前と同様の地震が起きたらかなり揺れるに違いない。
 東日本大震災の方は、昨年修学旅行でいったときに「復興はまだまだ」と実感させられた。ほんなら、阪神淡路大震災の場合は復興したといえるんやろうか。風化は確実にしているとは思うけれど。
 風化することは当たり前。そやけど、やっぱりあの日の記憶は、そしてその後団地の自治会長として被害の後始末に忙殺された記憶は、かなり鮮明に残る。
 忘れたいことも、覚えているんですよ、悲しいことに、ね。
 考えがまとまらんので、思いついたことを思いついた順に書いておく。とにかく書き残しておくことが大切やと思うから。
 「たちよみの会」は私一人しか例会に出てなんだので、新年会はなし。来月に延期、ということにしとこうかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0