So-net無料ブログ作成
検索選択

標準語のオダサク [テレビアニメ]

 昨日の深夜に放送されたアニメ「響け!ユーフォニアム2」で、舞台となっている「北宇治高校」の生徒たちが全部標準語を話している。これは許容範囲ですね、私としては。声優さん全員が京都弁をしゃべることができるわけもなし。無理に気持ち悪いイントネーションの京都弁を聞かされるくらいやったら、登場人物全員が標準語というのはすっきりしててよろしい。
 許容範囲やないのは「文豪ストレイドッグス」で織田作之助が標準語を使うているところ。仮にも文豪たちを投影したキャラクターなんやったら、それらしくしてほしいものです。原作の漫画は読んでへんけれど、アニメで見る限り登場する「文豪」の名前を持ったキャラクターたちは、その作品世界や人物像などかなりいいかげんで、原作通りやとすると、作者は国語の副読本だけを資料にして描いてるんやないかと思われる。
 そういうもんやと割り切ったら、別にオダサクが大阪弁やなくても気にすることはないんやけどね。バー「ルパン」で椅子に胡坐をかいて写真をとっている中に田中英光がいてへんのも、原作者にその知識がないからしかたないと割り切ればすむことなんやけれど。
 中途半端に実在の人物を投影させるから引っかかるのかなあ。
 まあ、嫌なら見るなと言われたらそれまでなんやけれど、ボンズの作画がええもんやから、そっちからは目が離されんわけですよ。確か同じことを以前もこの日記で書いた記憶があるけれど、やっぱり辛抱でけんと書いてしもうた。いやはや。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。