So-net無料ブログ作成
検索選択

塩山紀生、中田明成の死 [追悼]

 愛すれどTigers「5連勝! カープに勝ち越し2位に浮上」を更新しました。

 いやあ驚いた。アニメーター塩山紀生さんが焼死 やなんてねえ。享年77。「無敵鋼人ダイターン3」のビューティフル・タチバナやとかコロスやとか、「装甲騎兵ボトムズ」のフィアナやとか、1980年ごろのアニメキャラクターとしては飛び抜けた大人の女性、しかも色気のある女性を描けた貴重なアニメーターやった。「ダイターン3」なんか基本的に子ども向けの作品やのに、登場人物がみんな大人という異色のロボットアニメで、その前番組が「無敵超人ザンボット3」で、こちらは安彦良和さんのまるっぽいかわいいキャラクターやったから、その対比が面白かったなあ。「ボトムズ」は去年サンテレビで深夜に突如再放送して驚いたけれど、実は本放送で見てなんだので、録画してじっくりと見たりしているのですが、こちらの作画も大人を大人として描いていて、今時のアニメーターでもこういう画風の人はいてへんのと違うやろうか。
 それにしても火事で焼死とは、なんということ。まだイラストなど現役で活躍してはっただけに、非常に残念。
 そして、漫才作家の中田明成さんの訃報 も。享年73。死因は肺血症。こちらはWヤング、やすし・きよし、いくよ、くるよなど1970年代から80年代にかけて活躍した漫才の台本を非常にたくさん書いていた人で、80年漫才ブームのおりには「漫才ブームなのです」という著書でブームの陰で忘れ去られていく漫才さんのことなどを書き残してくれてはる。
 秋田実門下やったんやないかな。家族みんなが笑える明朗な漫才をようけ書いてはる。ナンセンスさにも味があり、やすし・きよしの「男の中の男」やWヤングの「ギネスブックにのりたい」などコンビの個性に合わせた書き分けのうまい方やった。
 漫才台本は作者がはっきりされてない場合が多いので、私もその仕事の全貌をつかむことはでけんのやけれど、「上方漫才祭り」などでは台本作家の名前も出たりするので、そこらあたりから作風をつかんで「これは足立克己さんかな」「これは中田明成さんやな」なんて聞き方をしたりしていた。嫌な中学生ですな。
 御両名に、謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。