So-net無料ブログ作成

野球実況の醍醐味 [プロ野球]

 NHKのアナウンサーは人材豊富やなあと常々思うておりますが、相撲中継では吉田アナ、そして野球中継では小野塚アナと、この両ベテランが非常にええ味を出している。
 今日の甲子園の実況は小野塚アナ。上本内野手の打席で、ハーフスイングに対して松井捕手が審判に確認しボールと判定されたシーン。
「止まる! 回る! 止まる!」
 ポール際に打球が飛ぶと。
「これは面白い当たりだ」
 プレー中に解説の小早川さんと雑談しているように見えながら、肝心なところはきっちりおさえて実況するのはさすが。
 実に眼前のプレーを生き生きと楽しく伝えてくれる。
 何かというと数字を出して実況がおろそかになるアナウンサーなどもいるけれど、野球中継の実況というのはこうやないと。ちなみに小野塚アナは得点圏打率がどうしたとか対左腕の打率がこうしたとか、そんなことは口にしないのです。むろんデータとして持ってはるのやろうけれど、データだけやったらゲームソフトの野球で十分。これから何が起こるかわからないから面白いのです。
 野球の醍醐味を伝える実況、ですねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0