So-net無料ブログ作成

エッシェンバッハの第九 [音楽]

 朝は昨夜録画した「プロ野球戦力外の男たち」を今年も見る。毎年見ているけれど、今年は特にきつかった。ジャイアンツの實松捕手を取材しているんやけれど、一番上のお子さんが12歳。もういろいろなことがわかる歳で、実にけなげなのですねえ。しかも戦力外を言い渡されたのがトライアウト申し込みの2日前。戦力外になると思うてなんだので、練習もしてへんからトライアウトを受けても体が動かんやろうからと断念し、何の当てもなくオファーを待つのみ。幸い古巣のファイターズかに声がかかり、それを告げた時に気丈にしていた長男が泣くのです。毎度見ていて辛くなる番組やけれど、なんか見ずにはおられんのですねえ。
 夕方にはタイガースの鳥谷と元アストロズの青木の同級生対談を見る。鳥谷がこんなにしゃべるのを見るのは初めて。退団というよりも雑談みたいなのがよかった。鳥谷が引退後は「野球と全く関係ないことをしてみたい」と言うているのが印象的。
 夜はこれも大みそか恒例になっているNHK交響楽団の「第九」を見る(聴く?)。今年はピアニストとしても有名なクリストフ・エッシェンバッハ。
 第一楽章と第二楽章は強弱の差をはっきりとつけた面白い演奏やったけれど、第三楽章はただただゆっくりとした演奏でいささか退屈。終楽章はあまりメリハリのない演奏で、少しがっかり。第九の聞かせどころは後半なだけに、残念でありました。弦と金管はあまり目立たず、やたら木管が強調されている不思議な演奏。ドイツ風の重厚さを出したかったけれど、消化不良に終わったというようなところかな。
 ここはもうテレビ東京のカウントダウンコンサートを聴いてうっぷんを晴らしたいね。
 というわけで、今年もご愛読ありがとうございました。今年は私自身いささか精神的に不安定やったので、なかなか思うような文章にならず苦しかったのですが、おつきあいいただいた方たちには感謝あるのみです。
 皆様、よいお年をお迎えください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。