So-net無料ブログ作成

レツゴー長作の死 [追悼]

 日曜ですから、やはり午前中はテレビを友とする。「宇宙戦隊キュウレンジャー」は最終回。宇宙最強の悪、ドン・アルマゲはあっけなく最後を迎えたけれど、宇宙の生命エネルギーを集めていたのがキュウレンジャーの小刻みな攻撃で少しずつ漏れていき、ついにすっからかんになったところをやられるという、一応筋は通してある。そやないと、1年間やたら強かった相手がやられる理屈にはならんもんね。総勢12人という戦隊シリーズ最多のヒーロー群像ではあったけれど、全員を生かし切るのは難しかったかな。やはり5~6人が限度ですね。
 夜、ネットニュースを巡回していたら、レツゴー三匹のメンバー、レツゴー長作さんの訃報に接する。享年74。死因は肺がん。ここ数年闘病生活を送ってはったとのこと。
 これでレツゴー三匹は正児さんだけになったなあ。
 レツゴー三匹についてはレツゴーじゅんさんが亡くなった時 に書いたので、今日の日記では繰り返しません。
 長作さんは松竹新喜劇からコミックバンド「あひる艦隊」などを経て、レツゴー一修さんの抜けたところを埋める形でレツゴー三匹に加入。ここらの事情はレツゴー正児さんの著書などにくわしく書かれていて、じゅんさんは当初長作さんの加入には反対やったみたいやった。正児さんが2人中心でまわしていったらいいと説得し、結局その通り正児さんとじゅんさんの横に立って、時々横から話に入るという形は最後まで変わらなんだ。
 とはいえ、強引にネタを進めるリーダーの正児さんと、暴走気味に笑いを取るじゅんさんの間に立ちクールにつっこむ長作さんがいてこそのレツゴー三匹やったんやと、残された漫才の映像で確認できる。
 人(じん)長作名義でレコード「道頓堀人情」を発売。天童よしみさんらとの競作になり、天童さんほどではなかったけれどけっこうヒットしたという記憶がある。
 じゅんさんが俳優業を中心にしてからはトリオでの活動が休止され、三味線漫談をしてはったようやけれど、私は残念ながらそちらは見たことがないのでなんとも言われん。
 昭和の漫才師がまた一人、鬼籍に。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。