So-net無料ブログ作成

相撲場風景2018 [大相撲]



 今朝は早目に起きて、昨夜録画した深夜アニメを何本か見てから8時過ぎに出かける。
 待望の大相撲春場所初日であります。前売りを予約したら、初日があたってしもうた。10年以上春場所には足を運んでいるけれど、初日に行くのは初めて。写真のように力士幟も非常に美しい。
 9時ごろには会場入り。序二段の相撲の途中から見る。審判員交代の時間を狙い一服つけ、売店へ。パンフレットと番付を買う。ちょうど開店準備が終わったところで、なんと今場所のお客さん第一号ということで、番付はサービスしてもろうた。そういうゲン担ぎをしてはるのかな。去年は隣に座った方にいただいたので、2年連続無料で手に入れたことになる。なんて運のいいこと。
 今年は私の座席は西方の向正面寄り。例年のようにここに書きたくなるような面白い観客は近くにいてへん。向正面に陣取った団体客は勢と豪栄道の時だけ名前を書いたうちわやタオルで応援。勢は交野、豪栄道は寝屋川出身。大阪市平野区出身の大翔丸には応援なし。北河内の団体やろうか。
 豪栄道の応援といえば、正面あたりのいちびりの客が手拍子とコールをはじめ、向正面の客たちもそれに応じて豪栄道コールをやりはじめた。やめてよ、そういう相撲場にふさわしくないことはと思うていたら、あまりコールの輪が広がらなんだせいか、すぐにやんだ。仕切り直しの途中でまた正面あたりのいちびりがやりはじめたが、今度は誰も続かなんだので、自然消滅。大阪の観客は相撲の楽しみ方をよう知っているんやなあと思う。



 初日は初めてなもので、協会ごあいさつを生で聞くのも初めて。それに加えて今年は3月11日が初日と重なったので、東日本大震災の被災者への黙祷もあった。先場所優勝の栃ノ心の賜杯と優勝旗の返還式も見られた。前はだいたい13日目を狙うて行ってたからね。力士たちが初日独特の堅さを見せているのも面白かった。さて、来年は千秋楽を申しこんでみようかな。
 帰宅後、録画しておいた相撲中継を見る。物言いの一番など、会場ではリプレイ画像が見られなんだりするからね。それはそれで現場ならではの楽しさではあるんやけれど、ビデオで見直すとおもしろさも倍増です。
 1日相撲にひたっていたので疲れたけれど、リフレッシュにはなったように思う。今年は久しぶりに甲子園にも行きたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。