So-net無料ブログ作成

横綱より新弟子 [新聞]

 ここのところHDDレコーダの外付けHDの調子が悪く、録画予約をしてても入ってへん時がある。ついにHDがへたったかと思うていたら、実は録画タイトル数が多すぎて登録し切れんようになっているということがわかった。録画はしたけれどまず見ないやろうなあというアニメを2クール分一気に削除。50話以上削除したんで、夜に予約した番組は問題なく録画しはじめている。仕事よりもそちらの方が気になるとはなんたることか。
 スポーツ紙を読んでいたら、大相撲で一番大きくとりあげられているのが序ノ口の力士。大鵬の孫で貴闘力の息子である納谷が連勝したとか。確かに大物新人ではあるけれど、まだざんばら髪にすらなってへん坊主頭の新弟子が、横綱大関よりも大きく扱われているのを見ると、わくわくどころかなんか残念な気持ちになる。
 そこまで幕内力士に魅力がないかなあ。確かに横綱鶴竜は地味やし、高安が早くも2敗という体たらくやから盛り上がらんのやろうけれど、それでもやはり入門したての力士を幕内の誰よりも大きく扱うのには反対ですね。もっとも若貴兄弟の時はこの比ではなかったくらい報道がすごかった。それに比べたらまだ納谷はましなほうかな。いやいや若貴兄弟の時が異常やったと考えるべきでしょう。
 幕内力士よ! 新弟子に負けとったらあかんぞう。

 3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。