So-net無料ブログ作成

花火の煙 [季節ネタ]

 今日は月例の京都の医者行き。本来なら来週の予定なのですが、お医者も盆休みということで、1週間繰り上げて診療してもらう。
 大阪も京都も無体に暑い。36度を超える猛暑日なのでした。体温やんけ。そらのぼせる。薬を出してもろうたら、速攻で帰阪。帰宅してすぐ寝転んで風通しのよい部屋でラジオをつけてプロ野球中継を聞く。途中でテレビに切り替え、中継時間終了とともにラジオにまた切り替える。
 夜は淀川の花火大会。例年書いているとおり、マンションのうちの部屋は窓の方角が花火大会の場所と正反対なもんで、音ばかり聞こえて肝心の花火が見られん。そこで今年はテレビ大阪の花火中継をテレビで見る。テレビ画面で花火が連発されるとタイムラグで窓の外から音が聞こえてくる。ああ、近くで花火してるねんな、と実感。
 今年は風向きの関係からか、花火大会終了後、窓からえらい火薬の匂いが入ってきた。こんなん初めてやなあ。風向きが変わると、部屋の奥にまで匂いが漂うほど。確かにえらいようけ花火を打ってた。ごっつ派手な花火やったのは、テレビ画面を通じてもわかった。来年は淀川の土手まで見に行こうかな。
 というわけで、花火そのものはテレビで見ることしかでけなんだけれど、火薬の匂いで花火を体感するという珍しい体験をしたのでありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感