So-net無料ブログ作成

定期券窓口でありゃりゃ [日常生活]

 今日は月例の京都の医者行き。眠いのは昨日から変わらず、特急で寝過ごして烏丸駅から大阪方面行で折り返す一幕も。診療をすませ、梅田に出る。通勤定期券の期限が切れるので、買いに行ったのです。前にも書いたけれど、大阪地下鉄と阪急と阪急バスという乗り継ぎを一枚の定期券におさめ、なおかつクレジットカードで支払いができる駅というのは限られているのです。梅出まで出んとあかんのですね。
 半年前に買いにいった時、「次に買う時は継続でなく新規で買って下さい」と窓口で言われた。大阪地下鉄が4月から値下げになるので、差額を払い戻すためにその定期が必要やということやった。ほんまは継続にしたら、新しい定期券をすぐに使えるんやけれど、そういうことなら仕方ない。しばらく2枚持ちでいかんならん。
 ところがですね、今日窓口で新規購入したら、「今ご使用のものはありますか」ときかれる。なんじゃいなと思いつつも手持ちの定期券を見せたら、「継続でいけたんですけれど」と言わはる。半年前に言われ事情を説明すると、新しい定期券を見せて「この通り、お値段はいっしょなんですよ」と言う。ほんまや。半年間で14万円弱。
 どうやら半年前の窓口の方の勘違いやったらしい。地下鉄の値下げは2区間以上のもので、私の定期では地下鉄は1区間のみ。ややこしい話ですわ。
 取り消して作りなおすかときかれたけれど、手間のかかることをこれ以上したくなかったので、2枚持ちでいきますわと言うて売り場を離れた。
 そんなこんなでどっと疲れ、帰宅してから午睡。ぐっすり寝て、ナイター中継を追っかけ再生で見る。タイガースがジャイアンツを下し、2位確定。上本選手が畠投手から東部に死球を受けてぶっ倒れているのに、解説の篠塚某は、「すっぽ抜けの変化球だから危険球にはならない」などとぬかす。頭部死球の恐ろしさや、他者の痛みを想像でけん残念な人物であることがはっきりした。あまりにひどい発言なんで、ここに記録しておく。

nice!(0)  コメント(0) 

よけいな親切心 [日常生活]

 本日は私がチーフとなっている「人権平和映画鑑賞会」。今年は「42 世界を変えた男」を見せた。1940年代の米国の有色人種差別の様子がはっきりとわかりやすく描かれているので、現在のトランプ大統領の一連の発言やそれに対する抗議の動きなどの理解も進めてくれるんやないかという期待をこめて選んだ。
 朝から市民ホールに直行。担当者で準備を進め、生徒たちの出席率もよく、昼過ぎに無事終了。
 ほっとしている間もなく、市民ホールからあびこへ移動。午後からは教育センターで人権教育の実践報告会議があったのです。途中、乗り換えのために梅田で降車。時間がないのでハンバーガーショップで急いで昼食をとる。
 地下鉄御堂筋線に乗り、心斎橋あたりでなんとか座れた。無性に眠くなり、あびこまでは距離もあることやし、車中でひと寝入り。気持ちよく眠りに落ちかけたところで、いきなり横から起こされる。上品そうな老婦人が「どこで降りられますの」ときく。「は、あびこですが」と答えると、「ならよかった」と一言。
 よけいな親切はやめていただきたかった。
 起こされたのは天王寺駅あたり。そのまま寝ていたら、あびこにつくくらいですっと起きて気持ちよく教育センターに行けたという勘定になるけれど、寝過ごしたらいかんから起こしてあげようというようなよけいな老婦人の親切心のおかげで、結局あびこまでは寝過ごしたらいかんと思いながらうとうとしては駅に着くたびに目を覚まして確認というような中途半端なことになってしもうた。
 実践報告会議は睡魔との闘いに終始。何のために行ったんやという感じになった。
 帰宅してすぐにパソコンを立ち上げ、ニコニコ生放送に接続してプロ野球中継を見る。試合は早く終わったけれど、睡魔はまたも私を襲い、試合終了後、仮眠。で、今こうやって日記を書いているところなのです。
 終点になっても寝こけていたんやったらともかく、どこで降りるかもわからんのに寝ている人を起こすのはやめましょう。あの親切心のおかげでどんなに苦しかったか、あの御婦人にはわかるまいて。

nice!(0)  コメント(0) 

免許更新講習の結果 [教育]

 教員免許更新講習の結果が送られてきた。
 ぶじすべての科目の単位修得。さっそく管理職に渡し、免許更新の手続きをしてもらう。
 答案が返ってくるわけやないのでどこができてどこができてなかったかはわからんけれど、6科目中5科目が90点以上、1科目が85点以上ということは記してあった。
 まあ、優で修了したということですね。
 自信がなかったわけやないけれど、こればかりは結果が出てくるまでは不安なもの。もし1科目でも落としていたら、その科目だけをまた申しこまんならん。それだけは嫌やったから、まずは一安心。
 盆休みをほとんどテキストの精読に務めた甲斐があったというものです。
 ああやれやれ。

nice!(0)  コメント(0) 

ブラウザにもがたが来る [日常生活]

 雨天の予報やったけれど、ほとんど降らず。暑さはまだましになったけれど、涼しく心地よいというところまでは行かんなあ。
 試験監督のほかは、粛々と事務作業。やっと証明書類が発行されたという生徒から封筒を受け取り、速攻で学生支援機構へ郵送。それでもまだ持ってこない生徒がいてるんやなあ。
 来週の準備なども少しばかり。あまりスローペースでやってると、すぐに切羽詰まった状態になってしまうしね。
 帰宅して、すぐにパソコンを立ち上げ、ニコニコプロ野球チャンネルに接続。ところが、ニコニコ生放送のサイトが仕様を変えたらしく、以前に見られた動画が見られん。結局しばらくラジオで実況中継を聞きながらフラッシュプレイヤーのバージョンアップなどをする。まあ、生中継が見られんでもタイムシフトで試合終了後に見たらええわいと思うていたら、なんとまあ延長12回、4時間半の長時間試合。幸い途中からニコニコ動画が見られたので、得点シーンなどはハイライトで見られたし、まあええか。
 今使うているパソコンもかなり古くなってきたし、ほんまにそろそろタブレットの導入などを考えなあかんじきにきているのかもねえ。でも、ほかにも家財道具でがたが来つつあるものを優先させんとあかんな。

nice!(0)  コメント(0) 

無茶な締め切り [教育]

 愛すれどTigers「甲子園で3試合連続完封負け」を更新しました。

 日本学生支援機構より24日深夜に職場にFAXが届いていたらしい。昨日のうちに私の手元にまわってきてたらよかったんやけれど、事務の方かて忙しく、私が手にしたのは今日の朝。
 書類不備の生徒が何人かいて、督促しているんやけれどなかなか出してくれん。その書類を督促するFAXなんですが、なんと提出締め切りが9月26日になってる。よしんば昨日のうちにそれが私の手元に渡ったとしても、再度督促して書類を生徒が持ってきたとして本日。その書類を郵送する先は東京。2日くらいかかるぞ。
 無茶だっせ。
 大量の書類を処理しなければならず、深夜にFAXを送らんならんというようなブラックな状況には同情申し上げるけれど、締め切り日時設定に無理があり過ぎ。とりあえず来月頭までに送ると記してFAXを返信したけれど、それに対する回答は来てへん。ということは来月頭でええんやね。
 不備書類をなかなか持ってこない生徒も生徒やけれど、証明書の発行に時間がかかっているという事情を保護者から聞いている生徒もいてる。こっちにはこっちの事情がおますねん。
 お忙しいことは重々承知で書きますけれど、こっちはこっちで教員としての仕事の合間を縫ってやってる仕事やねんからね。そこらあたり配慮してほしいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

失礼しました! [日常生活]

 帰路、電車の座席に座り、池波正太郎「あばれ狼」(新潮文庫)を読んでいたら、大学前の駅で大学生とおぼしき女性二人連れが私の横に座った。しばらくスマホをいじっていて、一人が「解散するんだぁ」とつぶやいた。「ふぅん、どこかのバンドか、アイドルユニットが解散をするのかな」と思い、明日のスポーツ紙を見たら記事になってるんやろうなあなんて考えていたら、彼女は続けてこう言うた。
「衆議院、選挙かぁ」
 失礼しました!
 若い人が二人いて「解散」なんて言うたら芸能関係のことという固定観念があったのですね。いかんいかん。
 で、もう一人が続けて言う。「堺の市長選はどうなったの?」「現職が当選してるね」「大差?」「ヤフーニュースではそこまでわかんない」。
 どんな子かなとちらりと見たら、例えば黒縁眼鏡にひっつめ髪の地味な子、ではありません。電車内でよく見かける年相応のおしゃれをした人たちでした。ああまたここでも固定観念が! またまた失礼しました!
 いやいやさすがに名門私大の学生さんやなあ、なんてまたもや固定観念で書いておりますが、そういう大学の前の駅から乗ってきたんやから、おそらくそこの学生さんでありましょう。
 政治の話なんか人前では絶対しない高校生たちを毎日相手にしてたら、頭がかちんこちんになってしまうのかなあ。いかんいかん。
 帰宅後はラジオでナイター中継を聴く。タイガースは完敗大敗。深夜にダイジェストが放送されて録画予約を入れてあり、明日帰宅したら1日遅れで見るつもりやったけれど、どうしようかなあ。いやいや、タイガースの試合は見られる範囲ならばすべて見ることにしているので、ここは原則は曲げへんぞお。
 というわけで、明後日からの横浜スタジアムでのベイスターズ戦はニコニコプロ野球チャンネルのタイムシフト予約もして、とにかく見ますぞ。もっとも3連戦のうち1試合はBSで中継があったりするんで、その試合はタイムシフト予約する必要はなかったんやけれど、まあ念の為、ね。

nice!(0)  コメント(0) 

ネット中継が頼り [テレビ全般]

 大相撲小言場所「秋場所をふりかえって~混戦場所を日馬富士が制す~」 を更新しました。

 相撲に関しては上のリンクから今場所の「小言」を読んでいただければよいと思うけれど、やはり強い横綱がどっしりと仁王立ちしているからこそ若手の活躍もベテランの味わいも映えるんやなあと実感したということだけ書いておく。
 先週の疲れ、昨日の墓参の疲れ、朝からアニメなど見倒した疲れなどもあって、午睡はたっぷり。ふだんの就寝時間よりも明らかに長かった。
 でも、相撲と野球を続けて見たら、やっぱり疲れました。まあ、外出しなかった分楽に過ごせたかなあというところです。
 今日でサンテレビの今シーズンの野球中継は終了やと湯浅アナが言うていた。うーむ、横浜スタジアムの試合や、雨で振り替えになった甲子園の中日戦はどうなるのよ。明日からは帰宅したらラジオにはりつき、映像はスポーツニュースに頼ることになるのか。
 まあ、横浜スタジアムの試合はニコニコ生放送で見られるからええけれど。
 これもまた毎年のこと。ほんまに全試合見たかったら、タブレットを買うてネットの「虎テレ」を見られるようにするしかないのだなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

墓の前で [日常生活]

 本日は秋分の日。土曜日やから、もともと公休日。でも振替休日にはならんのですね。公休日の振替ができるように祝日法を改定してくれんかな。「働き方改革」やとか看板はあげても中身がすかすか。せめて公休日の祝日をふりかえるとか現実的なものを入れたらどないですか。
 本題はそこやないです。秋分の日です。彼岸の中日です。墓参の日です。お盆に行ったところでまたすぐ墓参です。ふだんは御先祖さんのことなど考えることはないんやから、年に三回くらいは汗だくになって坂を上り、お墓に手を合わせながら口の中でぼそぼそと御先祖様と話をする機会もないとね。あと、生きていたら45歳になってるはずの弟にも、毎回話しかけているのです。あまり詳しいことは書く気はないけれど、そういう人もお墓に入っているのです。まあ人間いろいろとあります。
 例によって「祇園饅頭」で、今年はおはぎやなく「志んこ」というういろうみたいなお菓子を買い、帰宅。すぐに午睡。夕刻起きてきて、例によって相撲と野球中継のかけもち。相撲は録画。野球は今日は完全中継やないので、ラジオとテレビで、ほぼオンタイムで見たり聞いたり。
 豪栄道が貴ノ岩に何度もはたかれて落ちそうになってもこらえて連敗ストップ。日馬富士は御嶽海に完勝。朝乃山が脱落したので、明日、日馬富士が豪栄道に勝てば4敗同士での優勝決定戦。豪栄道が勝てばそのまま優勝。横綱と大関による優勝争いという形にはなったので、混沌から秩序が取り戻された感じになったなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

さすがは横綱 [大相撲]

 正午過ぎから雨。夕刻まで本降り。帰宅時には小やみに。そのおかげで比較的涼しいのはええけれど、湿度が高いのと気圧が低いのとで一日だるく、スローペースで仕事。今日から試験で、試験監督も入ってへんからぼっち教諭としてはほんまにマイペースで仕事ができるのはええけれど、なかなかエンジンがあったまらんのはきついなあ。
 今日は人身事故もなく、スムーズに帰宅。タイガースの試合もなく、録画した相撲をじっくりと見られるのはありがたい。
 ここにきてまさかまさかの豪栄道連敗。4敗で追っていた10人の力士も次々と脱落し、1差で日馬富士と朝乃山が追う展開に。こういう時の日馬富士の集中力はすごいなあ。相手に何もさせずに圧勝。ここまで4敗していたとは思われん。そやから横綱にもなり、何度も優勝を重ねているんやな。豪栄道の魂の抜けたような表情を見ていると、11勝4敗で日馬富士と朝乃山が優勝決定戦、なんてこともありそうな。
 混沌場所、13日目でもまだまだ先が読まれん。おもしろいといえば面白いけれど、低レベルな争いになってしもうているのは残念やね。
 豪栄道関、しっかりたのんまっせ。

nice!(0)  コメント(0) 

山中峯太郎のホームズ全集 [読書全般]

 明日から前期末考査。私は時間割の関係で授業がなかったので奨学金業務や会議資料の作成など事務作業を粛々と進める。
 定時で退出し、駅までバスに乗ったまでは順調やったけれど、なんと阪急京都線で人身事故があり、そのあおりを食らい電車の運行が停止になってしもうていた。バスに乗り換えて北大阪急行で梅田に出るという手もなくはなかったけれど、交通費をよけいに出すのもしゃくにさわり、改札前で読書をしながら運行再開を待つ。おかげで読みかけの本を読み切ることができた。
 山中峯太郎翻案の「名探偵ホームズ全集」が復刊され、もともと子ども向き全20巻のシリーズを3巻におさめるという荒技で、それでも小学生の頃に楽しく読んだ峯太郎版ホームズをすべて読めるという誘惑を断ちがたく、辞書のように分厚くでかいハードカバーを毎日カバンに入れて一気に読み切ってしもうたのです。
 いやーおもしろかった。懐かしかったのもあるけれど、詳細な注釈に寄り、山中峯太郎がいかに「正典」の矛盾を修正していたかもよくわかったし、一気に読むことで、全集として各作品やシリーズ全体の整合性をとっていたこともよくわかった。なにより文章のリズムが良い。ホームズもワトソンもえらく伝法な口調でしゃべっていたんやなあ。峯太郎版のホームズは大食いで快活。ワトソンは9杯くらいたて続けにコーヒーを飲むカフェイン中毒者。それがまた楽しい。子どもにもよくわかるようにホームズとワトソンが「探偵問答」をしたりして謎を解き明かす構成はようできている。
 というわけで、待たされる苦痛はそれほどでもなかったんやけれど、通常よりも30分以上遅れて運行再開した電車に乗り、予定よりも遅めに帰宅。それから相撲と野球の中継を録画と追っかけ再生で見たりしてたら、平常よりもかなり遅くにパソコンに向かうことになってしもうた。
 明日は前期の成績つけなどに励むとしよう。おお、バカでかい本を毎日持ち歩くことはもうなくなるのか。それはそれで荷が軽くてすんでよいのだけれど。

nice!(1)  コメント(0)