So-net無料ブログ作成

野牛あかねさん [テレビ全般]

 今日はお山の学校の体育祭。阪神園芸に依頼しなくても、グラウンドは使用できた。ただし、私は見てへんけれどね。グラウンドに足を踏み入れてすらない。
 私の今年の仕事は「施錠・警備」係。朝、着替え終わった生徒たちに廊下から「着替えたらグラウンドに集合ですよお」と声をかけ、全員が校舎を出るのを確認してから各教室に鍵をかけてまわる。昼食後も同様の仕事。あとは当番表通りに、生徒が校舎に勝手に入らんかどうか見張り番。
 日がさしてかなり暑くなってきていたけれど、私は木陰のベンチに座り、グラウンドから校舎方面に来る生徒たちに「テントに戻りなさあい」と声をかけたりしていた。当番に当たってへん時間帯は仕事部屋に戻り、教材製作など。
 こんな気楽な体育祭は、この仕事に就いて以来初めてです。来週の授業どうしようと頭を抱えていたのが嘘みたい。
 体育祭は無事終了し、定時に退出。帰宅してナイター中継を見る。今日はテレビ埼玉の中継をサンテレビが受けて放送。ライオンズ愛にあふれた放送で、ローカル局ならではの楽しさがあった。ところで、一塁側のベンチレポーターは「野牛あかね」というアナウンサー。テロップを見た時、妻と二人で「のうし、と読むのかなあ」「珍しい名前やなあ」と言い合うていたんやけれど、実況アナが「やぎゅうさん」と呼びかけていたので「わ、そのままやん」とびっくり。「電話では必ず『野原の野に家畜の牛で野牛です』とか言うてるんやろうなあ」「バッファローの『野牛』ですと言うてるかもね」なんていらん心配をしていました。なにしろ私は電話でいちいち「喜びが多いと書く喜多です」と言わんと「北」と書かれてしまいますからね。野牛さんも説明せんと「柳生」と書かれてしまうに違いない。
 交流戦の楽しみはこういうところにもあるのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ