So-net無料ブログ作成
検索選択
コンビニ ブログトップ
前の10件 | -

コンビニのくじ [コンビニ]

 私は毎朝出勤途上にコンビニに寄る。昼食や飲料を買うんですな。ついでに週刊誌を買うたり、仕事中につまむ菓子類を買うたりもする。電車の乗り継ぎの時間などもあるんで、店に入る前に「今日の昼食は授業時間の関係もあるからサンドイッチなどすぐに食べられるものにしよう」やとか「菓子はブドウ糖補給のためにラムネ菓子にしよう」となことを考え、てきぱきと品物を選んで買うようにしている。
 で、今朝もそうやって手早く籠に商品を入れてレジに行った。いつものパートの女性やなく、年配の男性、以前はよくレジに入っていたオーナーのおっちゃんが珍しくレジにいてたのですね。
 嫌な予感はしたのですよ。以前レジに入ったはった時、手際が悪かったのを覚えているからね。ただしその時は前任校に勤務していたときで、時間に余裕もあったから困るというほどのことはなかった。
 今は違う。あまりにももたつかれると電車に一本でも乗り遅れたら時間のロスが大きくなる。
 ところがやね、けっこう手際よくバーコードを読み取ったりしてはるのですよ。よかったよかったと思うていたら、「くじが引けます」と箱を出してきた。スピードくじで、そのコンビニで扱うている商品が当たることがあるやつですね。急いで一枚取り、めくる。ハンドクリームが当たった。
「帰りに寄って受け取りますから」
 急ぐ私はそう言うたんやけど、オーナーさんの耳には入ってなんだみたいで、パートの女性に商品を取りに行くように指示してはる。急いで取りにいかはったけれど、その時間がもったいない。それでもすぐに持ってきはって、手渡されたオーナーさんがバーコードを読み取る。
 ぴーぴー音がするだけでレジを通らん。「商品が違うんとちゃうか、もっぺん探して」てな指示を出しはるんで、「帰りに寄って受け取りますわ」と、くじを受け取ってやっとこさコンビニを出た。
 電車は一本乗り遅れました。もっとも、余裕を見ていつも早目の電車に乗るようにしているから遅刻したりはせんのですけどね。ただ、遅れた分、バスに乗り継いだ時に座れなんだりする。
 帰宅途中、くだんのコンビニに寄り、バイトの若い女性にくじを渡した。今度は時間に余裕がある。バイトさん、ようよう探し出してバーコードを読み取る。やっぱりぴーぴー音がするだけでレジを通らん。バイトさんが焦っていると、後ろから先輩格のバイトさんが「そのくじ、商品の交換は明日からよ」と声をかけた。
 オーナーさんも知らなんだんやねえ。覚えといてくださいよ。
 というわけで、ハンドクリームは明日の帰途に交換することに。ほんま、コンビニの売り場に立つというのは大変やねえ。いろんなことを頭に入れとかんとあかんもんね。年配の女性のパートさんがコピー機を前に悪戦苦闘してはったこともあったなあ。
 芥川賞の「コンビニ人間」の主人公を思い出したりなんかしたのでありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緑茶がない! [コンビニ]

 朝、昼食などを買うためにいつものコンビニに寄ったら、レジが慣れないバイト君。私の前のお客の注文したピザまんを包むのにももたもたもたもた。出勤する時というのはただでさえ早くしてほしいものなのにねえ。
 で、私の番になった。たいした量のものを買うているわけやないのに、もたもたもたもた。支払いをすませると急いで袋を持って店を出、職場へ急ぐ。職場について昼食や休憩時につまむチョコレート、会議の時に眠気に襲われないようにと思い買うたボトル缶のブラックコーヒーなどなどを取り出してはたと気がつく。
 緑茶がない! 私は紙パックの緑茶を買うて、ペットボトルに移し替え、それをちょびちょび飲むようにしているのであります。金曜日に飲み干したので、今日はどうしても必要やったのです。空気が乾燥しているから、のどを湿すのに必須なのですね。ちゃんと籠に入れた。レシートを出して確認すると、ちゃんと「リョクチャ1l」と印字されている。
 ああバイト君、君も焦っていたんやね。すこんと入れ忘れていたとみえる。私の後ろに作業服姿のお兄さんたちがずらずらっと並んでたもんなあ。
 職場について仕事を始めたら、緑茶のためだけに戻るなんて暇はない。というか、職場よりも家に近いコンビニでありますからね。レシートを大切になおし、帰路にそのコンビニに立ち寄る。
 幸い店長と肩書の入ったネームプレートをつけた女性がレジにいて、「そういえば、メモも何もつけてない緑茶のパックが控室においてあったけど、これやったんですね」と、新しいのを出してきて渡してくれはった。バイト君、慣れてへんのは仕方ないけど、メモくらい書いて申し送りをしておいてくれよ。店長さんがしっかりしてはったからよかったけど、下手したら単なるクレーマーにと思われるかもしれんところですぞ。私はちゃんと申し送りくらいされていると思うて店に寄ったんやからね。
 朝にそんなことがあると、どうしてもその日は気持ちよく仕事がでけん。今日は目覚めた時からもうひとつすっきりしてなんだから、緑茶パックを入れ忘れられてもぼーっとしてそのまま袋を受け取ったのかもしれんなあ。あ、昼食用の弁当につける箸をちょくちょく入れ忘れられることがあるから、それを気にし過ぎて緑茶にまで気がまわらなんだのかもしれん。
 何にしても、明日はもう少ししゃきっとしたいものです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンビニ疫病神? [コンビニ]

 職場では風邪がはやっているらしく、同僚の中にはサンドペーパーでこすったような声の方もちらほら。教員はのどを使う仕事なのですから、大変ですよ。私は空き時間には飴をなめるなどして常にのどを潤すようにしている。あと、風邪っ気があると感じたら改源を服用して抑えこむようにしている。
 それはそうと、以前、いつも出勤途上に寄るコンビニが閉店したというようなことを書いたけれど、またも1軒コンビニ閉店の張り紙が。そこは同じオーナーがすぐ近くに2軒コンビニを経営しているところなんやけれど、1軒に絞ることにしたらしい。
 すっかり顔なじみになったレジ打ちのご婦人に「閉店するんですか」と声をかけたら、「もう1軒は続けるから、そちらをよろしくお願いしますね」と言われた。うーむ、そちらは出勤途上に寄るには大まわり過ぎるんですけどねえ。
 それでもまだ出勤途上に寄れるコンビニはまだまだある。つまり過当競争なんですなあ。マンションがかたまって建っているところやから、出店しやすいんやろうけれど、維持していくのは大変なんやなあ。
 私としては選択肢が多い方が買物のバリエーションが広がってええんやけれどね。まあ消費者なんてものはかくの如く身勝手。もっとも、毎日のように寄っていた店から順に閉店していくというのは、まるで私が疫病神みたいで嫌やねえ。
 他のコンビニは閉店しないことを願うのみであります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おまけはクリアファイル [コンビニ]

 別になんでもかまへんのやけど、ローソンはクリアファイルのおまけをつけるキャンペーンが好きやなあと思う。この4月から半年の間に、「けいおん!!」「夏色キセキ」「新世紀エヴァンゲリオン」「ドラえもん」……。ファン層がそれぞれ違うとはいえ、ちょっと安直ではないかい。
 去年は「けいおん!!」のキャンペーンのおまけはうちわやった。うちわほしさにごっそり菓子を買ういかにもヲタクでございというような感じの若者を見かけたのを覚えている。「エヴァンゲリオン」はやっぱりクリアファイルやったけど。
 ではファミリーマートはどうかというと、去年は「ミルキー」や「水樹奈々」のクリアファイルを並べていたけれど、今年はそういうおまけは見かけんなあ。そのかわり、初音ミクのイメージ商品を販売し、それを買うとレシートにシリアルナンバーが打ち出され、ネットにアクセスして景品を当てるという趣向。こっちの方が面白い。ネギをイメージした菓子パンは買い損ねたけれど、「はちゅねミクのほっぺ」という渦巻型にクリームを練りこんだパンは食べてみた。味は……まあもう一度買おうとは思わなんだとだけ書いておきましょう。でも、こっちの方が遊び心があってよろしいなあ。
 結局クリアファイルの方が大量に作れてコストもそれほどかからず、何種類も用意できてお手軽ということなのかなあ。
 ま、どっちにしてもローソンのキャンペーンはアニヲタをターゲットにしているということだけは言えそう。ファミリーマートは吉本芸人にちなんだ商品を作ったりしてるもんなあ。もう少し狙っている層が幅広い感じがするね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

割れむき栗 [コンビニ]

 最近、職場で小腹がすいた時に重宝しているものがある。
 朝、昼食をコンビニで買う時に仕入れるんやけれど、ファミリーマートのプライベートブランド「ぼくのおやつ」のひとつ、「割れむき栗」であります。ひと袋105円と、お安い値段でむき栗が買えるんやからありがたいこってす。
 これは「割れ」というのがポイントなんやね。粒をそろえるためにはじきだされたものやったとしても、味は変わらん。それを安くで販売するというのは、昔からある売り方やけれど、むき栗というのはこれまで見たことがなかったなあ。
 カロリーは少々高いか知らんけれど、夕刻にちょっとつまむ分にはちょうどよろしい。疲れが取れるとは言わんけれど、少し元気が出てくるような気がする。
 ファミリーマートの隠れたヒット商品やないかと私は勝手に思うておるのですが、如何。

 12月18日(日)は「たちよみの会」例会です。ご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安道名津 [コンビニ]

 愛すれどTigers「関本サヨナラ打とダルビッシュ攻略で急上昇」を更新しました。

 今日の仕事帰りにいつも寄らないコンビニにたまたま寄る。
 その「セブンイレブン」で「安道名津」という脚気に効く菓子を発見。そう、あの「JIN-仁-」で南方仁先生が栄さまの脚気を治すためにビタミンBを摂取できるようにとこしらえたドーナツであります。
 そうかあ、この世界は仁先生が変えたあとの未来やったんや。そやから「安道名津」を売ってるんや。
 そんなわけはありません。それやったら「JIN-仁-」はフィクションやなく学校の歴史教科書に掲載されてるはずやないですか。
 これは「JIN-仁-」とタイアップした商品なんですな。今しか手に入らんわけやから、これは買うて妻を喜ばせんと。
 で、食後のデザートにいただきました。ちゃんと「玄米加工物」が練りこんであり、風味を出すためにゴマがまぜてある。そこらあたりをちゃんとしてなかったら、企画としては中途半端ですやん。
 原作ではもう少しカリッと揚がっている感じがしたんやけど、意外にしっとり。味はなかなかいけますよ。こういう真剣に遊ぶ企画、よろしいなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お茶がない! [コンビニ]

 私は毎朝コンビニに寄って昼食などを買うんですけどね、その時に紙パックのお茶をいつも買うわけです。ウーロン茶、麦茶、緑茶とその時の欲求によって買い分けてるんやけれど、今週に入ってから一気に品薄になってきた。
 今朝なんか、ジュースやらいろんな飲料はたくさん並んでるのに、お茶類はなんと緑茶が1本だけしかないやないですか。確保しましたけどね、もちろん。
 他の紙パック飲料は並んでるわけやから、紙パックそのものが品薄になってるというのでもなさそう。となると、お茶の工場が東北方面にあったりしたんやろうか。そこらあたりはちょっとわからんのやけれど。
 妻によるとスーパーでも物によっては極端に品薄になっていたりするらしいから、こちら関西方面でもじわじわと目に見える形で震災の影響が出てきているんやろうね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「けいおん!!」クリアファイル [コンビニ]

 昨日の朝、ローソンで「けいおん!!」のクリアファイルを見た。対象となっている菓子を2個買うと、クリアファイルを1つもらえるというキャンペーンをしているんですな。つい先日までは「エヴァンゲリオン」のファイルが並んでた。これはけっこう長くやっていた。
 私は別に「けいおん!!」に思い入れも何もないので(アニメはよくできていたとは思うけど、それはまた別の話)、特に菓子を2個買うこともなかったんやけれど。今日の授業の終了後に漫研の生徒が「昨日ローソンに寄り道したけど、もうなかった」とか言うている。
 やっぱり人気があるんやなあと思いつつ、帰り道、いつものローソンに寄った。
 あらへんわ、クリアファイル。
 あるべきところには、「クリアファイルはすべてなくなりました」という張り紙がしてあった。
 なんぼから人気があるんや、「けいおん!!」。昨日の今日ですわ。確かに出てくる女の子はかわいらしいし話も日常をうまく切り取っており、構成や演出もよくできていて楽しかった。
 しかしまあ、わずか2日でなくなりますか。お菓子を買い占めた奴とかいてるんやろうなあ。登場する主要なメンバー一人ずつ5種類あったと思うんで、コンプリートしたりしてるんやろう。
 いやあ、「けいおん!!」人気おそるべし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

版権切れの驚異 [コンビニ]

 大相撲小言場所「平成二十二年名古屋場所展望~相撲界、どん底からの復活なるか~」 を更新しました。

 昨日の朝に寄ったコンビニ「ファミリーマート」でコンビニでしか売ってへん本を手にとる。たいていはハウツー本なんで手にとることはないんやけど、「世界の名作短編集」と題してチェーホフやディケンズ、ツルゲーネフにモーパッサン、ドストエフスキーとコナン・ドイルの肖像画が並んでいるのを見て、いったいどういう本なんやと興味がわいたのです。
 いやびっくり。チェーホフは鈴木三重吉、ディケンズとモーパッサンは岡本綺堂、ツルゲーネフは二葉亭四迷、ドイルは新青年編輯局。他の訳者は浅学にして名前を存じ上げないのですが、ドストエフスキーは神西清氏という方。
 つまり版権切れの過去の訳書から選ばれた短編がおさめられているのですね。目次のところに「インターネット上に公開されている電子図書館『青空文庫』からダウンロードしました」とある。ネット上で読めるものやとはいえ、こうやって本の形になっている方が私としては読みやすい。
 もしかしたら翻案かもという不安もなくはないけれど、文豪の格調高い訳文を580円という安価で読めるというのは脅威ですな。
 やはりコンビニ侮りがたし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

バイト留学生 [コンビニ]

 今朝、出勤途上でローソンに寄る。昼食や雑誌などを買い込みレジへ。いつものアルバイトさんがいる。中国の人らしい。名札の名前と少したどたどしい日本語でわかる。またからくじを引いて「やった」と内心喜んでいたら、当たりくじを引き直させようとする。「ええんですよ、これで」と断り続けたりなんかする。
 すると、私の横に並んでいた定年過ぎくらいの年輩のおっちゃんがバイトさんに話しかけてきた。
「あんたら(アルバイトさんは男女2名なのです)上海万博で中国盛り上がって景気ええのになんでわざわざ景気の悪い日本で仕事してるん。中国で仕事したらええのに、なにもわざわざこっちで仕事してんでも」
 バイトさん2名は苦笑い。そらそうでしょう。見た目20代やから、出稼ぎに来てるんやなくて留学で来てるんやろう、明らかに。近くに大学もあるしなあ。
 おっちゃんは悪気はないのはわかるけど、「中国人バイト=出稼ぎ」という図式が脳内でできあがってるのやね、きっと。
 急いでたからおっちゃんに「この人ら勉強しに来てるんやで」と言うてまたややこしくなったらかなんので、商品をもって店を出ようとした。「毎度ありがとうございます」と声をかけてくれるバイトさんの声になんか誠意みたいなものが感じられて気分がよかった。髭はやして眼鏡をかけたくせ毛のしょっちゅう来てるおっさんですからね。顔を覚えてくれてるんでしょう。
 勉強頑張ってやと心の中でつぶやきつつ店を出たのでありました。
 もっとも、勉強が終わって中国に帰ったら私なんか逆立ちしても及ばんお金持ちにならはったりするんかもなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - コンビニ ブログトップ