So-net無料ブログ作成
読書全般 ブログトップ
前の10件 | -

迷路の少女 [読書全般]

 今日は「たちよみの会」。行楽日和とあって京都はなかなかの人出。暑すぎもせず、風が吹くと涼しい。これですよ、初夏の気候というのは。妙に蒸したり、真夏日が続いたり、ここまで初夏らしくなかったもんねえ。
 そんな日に私は「フランソア喫茶室」で3時間本を読みながら誰か来てくれるのを待っていたのでした。本日は私一人。丸善に行って、文庫の新刊を何冊か買う。
 早めに帰宅して、録画した相撲中継を見る。栃ノ心が8連勝。逸ノ城といつもながらがっぷり四つの力相撲。十両に落ちていた時から、逸ノ城戦は好取組やったもんね。両横綱が1敗で追う展開。優勝争いはそろそろこの3名に絞られてきたかな。
 シッゲ・エクランド/北野寿美枝・訳「迷路の少女」(ハヤカワ文庫NV)読了。敏腕編集者とカウンセラーの夫妻の一人娘が行方不明になる。この事件にからみ、両親とその周辺の人間関係が少しずつあらわになり、それぞれの抱えている病理が見えてくる。レーベルも「NV」で、本書はミステリではない。ミステリ風味の人間模様という小説なのです。したがって、娘の失踪や、その結果起こる事件の真相がくっきりと描かれるということではなく、登場人物たちの人としてのゆがみをクールに見つめましょう、という読み方をすべきなんでしょうね。ただ、展開が展開だけに、やはり事件の真相はある程度はっきりさせてほしかったなあという感じか。なんかもやもやとした思いが読後に残ってしまいました。これで何冊か読んできた翻訳の心理ミステリ小説は一段落です。ルメートルをまとめて読んだ時のように、なんか「嫌~ん」なものをまとめて読みたくなる時が間歇泉のようにあるのですね、私。

nice!(0)  コメント(0) 

鹿の王 [読書全般]

 愛すれどTigers「秋山、新人以来の完封勝利」を更新しました。

 雨が上がり、今日は一転して夏日。体調管理が難しい。
 今日は一日授業に追われ、急ぎの事務作業をなんとか放課後にやっつけられた。今週もしぼんで帰宅。すぐに録画した大相撲夏場所を見る。2日連続で上位陣は安泰。白鵬は少し危なかったけれど、御嶽海が引いて自滅。豪栄道の相撲が一番よかったけれど、これが15日間続けば、ねえ。
 上橋菜穂子「鹿の王 4」(角川文庫)読了。飛び飛びに読むのではなかった。時間に余裕のある時に全巻一気読み、というのが正しい読み方やったかも。生命と病について、生物の摂理、そして国家のあり方にいたるまで、徹底してそれをテーマに描き切った骨太の作品。これは既存の歴史小説で描こうとすると、史実という足かせによって大きなテーマを描き切ることはでけなんだかもしれん。ファンタジーという形を取っているからこそ、架空の国家や登場人物たちが生き生きと動いて作者のテーマにそって物語を動かすことができているんやろう。架空というても、その実在感は圧倒的。どこかの国にこんな歴史が実際にあって、それをもとに展開していったんやないかと思わせる。本屋大賞を受賞したのも納得できる。
 この作品だけで10年かかっているらしいから、次にまた長編が出るまではしばらく待たんならんのかな。いいですよ、待ちましょう。次はどんな世界を描き出してくれるのか。ほんま楽しみ。

 5月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

善いミリー、悪いアニー [読書全般]

 大相撲小言場所「平成三十年夏場所展望~栃ノ心、大関昇進なるか~」 を更新しました。

 今日は完全休養日。朝からテレビを友とし、昼前には書棚部屋のスペースを開けた場所にDVDや雑誌類を移したりする。作業の続きはまた明日。昼食後、午睡。5時間くらい爆睡。かなり疲労がたまっていたんやなあ。起きてから、録画したプロ野球中継を見る。NHKやったんで、サブチャンネルも使うて完全放送。そやから安心して熟睡できたのです。タイガースは4連敗。あ、また疲れが。
 試合終了後、読書。
 アリ・ランド/国弘喜美代・訳「善いミリー、悪いアニー」(ハヤカワミステリ文庫)読了。連続用事殺人犯の母の罪を告発した少女アニーは、ミリーと名を変えてカウンセラーの家に一時的に引き取られる。虐待を受けて育った少女の一人称で物語は進む。その心理描写などは、著者が青少年の精神看護に長らく従事していただけにリアリティ満点。また、預けられているカウンセラーの一家の内包する問題、一時的に転校していった学校でのいじめなど、日本でも通用する問題が真正面から描かれる。しかも法廷ミステリの趣向もきっちりと抑えられていて、次第に明らかになる事件の全容など、デビュー作とは思えない。
 ただ、やはり虐待やいじめなどかなりえげつない場面が多いので、そういうのがダメな人にはお薦めできません。それにしても私はなんでたて続けにこういうたぐいの海外ミステリーを読みたくなったかなあ。今の職場での役職とか、そういうものがひき寄せたんやろうか。ようわからんけれど、「わたしはヘレン」とともにいろいろと考えさせられることが多かった。

nice!(0)  コメント(0) 

そしてミランダを殺す [読書全般]

 愛すれどTigers「ロサリオの決勝ホームランで連敗止める」を更新しました。

 今日は「昭和の日」の振り替え休日。金曜まで気を張っていたのがゆるんだのか、今日もよう寝た。昼食後は読書したり、ラジオでプロ野球中継を聴いたり。試合途中からテレビ中継が始まったんで、切り替え。WithタイガースのMBSが珍しく4時間近くも中継枠を確保してくれたのに、試合終了ぎりぎりまでやっとはいるという長い試合。でもまあロサリオの待望のレフトスタンドへの決勝ホームランが出てスカッと勝ったんでよろしいです。
 ピーター・スワンソン/務台夏子・訳「そしてミランダを殺す」(創元推理文庫)読了。主人公は地味な赤毛の大学女性職員。たまたまロンドンへ行く飛行機でいっしょになった実業家と話をしていたら、「不倫している妻を殺したい」と言われる。実はこの女性、サイコパスで人を殺すことに罪悪感を感じない人物。二人はアメリカに帰国後、再会して不倫妻の殺害計画を練りはじめるが……。
 1章ごとに語り手がかわり、複数の視点から物語が進行する構成は最近多いんやろうか。ここのところ読んでいる海外ミステリにはそういうように語り手が変わるのが多い。本書の場合、それが次々と変わる展開に即応していて非常にスリリング。なんというても主人公のサイコパス、リリーの人物造形が非常に興味深い。これ以上書くとネタばらしをしてしまいそうになるんでやめておくけれど、サスペンスというのはこういう小説のことをいうのですね。予想外の展開と結末をじっくりと楽しめました。

nice!(0)  コメント(0) 

太陽の塔かカジノか [読書全般]

 今日も朝からだるい。鼻の調子が悪く歯が浮く感じがする。風邪薬を呑んで出勤。来週に行う奨学金説明会の準備など。仕事が調子に乗ってきたところで何度も電話で中断。そのたびに集中力が途切れるので、ねじを巻き直して取りかかるんやけれど、なかなかうまくペースをつかみ切れず、思うたより時間がかかる。
 今日は定時に退出。帰宅して昼間録画したウェスタン・リーグのタイガース対カープの試合を見る。中谷、板山、北條、こんなところで何をしておるのか。野球をしておるのだ。君たちは甲子園球場ではなく明日からのマツダスタジアムの試合に出てんとあかんのと違うんか、などと思いつつボロ負けの試合を見る。ボロ負けでもええんです。支配下登録復帰を目指す歳内の好投を見られただけでええ。早う一軍に戻っといでや。
 夕刊の一面はムンくんとキムくんがお手手つないで板門店を行く写真がでかでかと。まさかこういう展開になるとはしんぞう総理は予想してなんだやろうね。朝鮮半島の両首脳は忖度してくれへんもんなあ。今後どのような展開になるのか。拉致問題まで米国大統領に頼る総理やからなあ。
 上橋菜穂子「鹿の王 2」(角川文庫)読了。医療ファンタジーというのは今までなかったんやないか。なんでも剣と魔法で解決してしまうラノベファンタジーとは一線を画しておるなあ。
 平野暁臣「『太陽の塔』新発見!」(青春新書インテリジェンス)読了。岡本太郎が太陽の塔に込めたメッセージとはなんやったのか。テーマプロデューサーを依頼されたところから、残された資料や証言を駆使して解明していく。太陽の塔を構想した時点でもうすでに民族学博物館をつくるということまで岡本画伯は考えていたとか、太陽の塔は本来万博のシンボルではなくメインテーマのパビリオンやった(シンボルはエキスポタワーやったんですね)とか、石坂泰三が模型を見て「ダメ」と言うたら太陽の塔は作られてなかったとか、万博終了後に太陽の塔はダイナマイトで壊すという計画があったとか、いろいろと興味深い「新発見」が。岡本画伯の孤高の芸術家ではあったけれど、万博ではプロデューサーの能力を発揮してスタッフのまとめ役という仕事を果たしていたというのも興味深かった。
 今、大阪府は万博誘致をもくろんでいるけれど、岡本太郎みたいな人がいてへん現在、つるんとした面白味のないものになりそうな気がする。大阪万博は太陽の塔と民族学博物館を残した。もし今度万博が大阪で開かれたとして、何が残るのか。もしそれがカジノやったとしたら……。

nice!(0)  コメント(0) 

わたしはヘレン [読書全般]

 朝のうちはまだ雨が残っていたが、お山の学校についたころにはあがっていた。一日曇天。夕刻はまだ肌寒い。今日の授業で使うプリント教材を午前中になんとか作るという、自転車操業の日々。もう少し授業が進んだら4年前に作った教材を使うことができるんやけれど。そやけど時間の余裕がほしいのは今なんですけどね。
 午後の授業が終わって一息ついたら、会議また会議。しぼりつくされて帰宅。プロ野球中継を追っかけ再生で見る。今日はカンテレの中継なんで、放送延長はなし。ゲームセットの場面とヒーローインタビューはラジオで聞く。メッセンジャーのインタビューを聞き届けたらほっとしたのかすうっと意識がなくなり、眠りかけていた。ほんま絞りかすです。
 アン・モーガン/熊井ひろ美・訳「わたしはヘレン」(ハヤカワミステリ文庫)読了。双子の少女が、姉と妹の取り換えっこゲームをし、母をだましてからネタばらしをして驚かそうとする。ところが母はその日に新しい父を連れてきた。ネタばらしの機会を失ったまま、二人は別人として育てられることになり、それぞれが大きく運命を変えていく。帯には「アイデンティティをめぐる、苛烈でクレバーな小説」という英国の新聞の評が転載されているけれど、私はそうは読まなんだ。これは児童虐待の物語やと、そう読んだ。できのいい姉としてほめて育てられてきたのが、一瞬でできの悪い妹として頭ごなしに叱られて育てられることによるひずみ。過去の成長過程と、現在の状況を交互に記述することにより、そのひずみは生々しく読み手につきつけられる。そして、取り換えっこゲームにまつわる大きな謎が明かされる。けっこうえげつない話なんで、それなりに覚悟して読んだ方がええと思います。帯に「英国発 驚愕のサスペンス」というあおり文句があるけれど、これはサスペンスというような生やさしいもんやないです。私は非常に興味深く読みましたけどね。でも、これはミステリなんか? 私は最新の翻訳ミステリ事情には疎いからようわからんのやけれど、ミステリの裾野もずいぶんと広がったもんやなあと感じた次第。

nice!(1)  コメント(0) 

エリンとバルサ [読書全般]

 お山の学校では二次募集の合格発表があり、すぐに合格者説明会。私は奨学金についての説明などをする。午後からは新年度に向け、大学予約奨学金の書類をチェックしたりする。書式が大きく変わったので、去年まで使うていた書き方の見本などのプリントも一新せんならんな。なるべく早めにかかることにせねば。
 今日は定時に退出。帰宅して録画したアニメを見たり読書したり。
 上橋菜穂子「獣の奏者 IV 完結編」(講談社文庫)読了。人間と自然のかかわりというのが大きなテーマとしてあるんやけれど、そこに人間はなぜ戦うのかというもうひとつのテーマを重層的に設定しているので、物語に深みが出ている。私は同じ作者の「守り人」シリーズの主人公、バルサと、本書の主人公、エリンを対比させながら読んでました。戦うことでしか自分というものの存在意義を見つけられずにいたバルサと、戦うことに対して懐疑的なエリン。家庭というものの暖かさを知らずに育ったバルサと、自ら犠牲になってエリンを守った母や、実の子以上に愛情を注いでくれた育ての親ジョウンの愛を受けて育ったエリン。全く正反対のように見える二人なんやけれど、実は自分のことよりまわりの人のことを優先させるという共通点があるのですね。上橋さんは正反対の人物として描いていったんやろうけど、無意識のうちに同じ行動原理を持つ主人公の物語を綴っていったんやないかと感じた。それがいかんというわけやないのです。ただ、そこから思うに上橋さんは感性の作家やねんな、と。バルサの養父ジグロと、エリンの夫イアルもなんか重なるものがあるしね。これもわざと重ね合わせているんやなくて、自然とそうなってしもうたんやないかな。
 そういう意味で上橋菜穂子という作家の特質を探る上で非常に興味深く読めた作品でありました。

nice!(0)  コメント(0) 

偽りのレベッカ [読書全般]

 今日は雨こそふらなんだけれど、お山の学校の仕事部屋はまだまだ寒い。それでも学校に行く途中にある白木蓮のつぼみは今にも開きそうなくらいふくらみ、春近しと知らせてくれていますねえ。
 仕事は予定していた作業が比較的順調に進み、定時には出られるなあと思うていたら、生徒から電話がかかってきて奨学金関係の書類を取りにくるという。それが退勤予定時間を大幅に過ぎる時間なのですね。とはいえ一日でも早く渡しておきたい大切な書類やから、やむなく取りにくるまで待つことに。
 なんやかんやでいつもよりも40分ほど遅いバスに乗る。遅くなったけれど、予定していた定期券購入のために梅田まで足をのばす。今持っている定期券の継続やから、なるべく早く購入しておきたかったのです。4月に近くなればなるほど売り場が混雑するからね。今日はほとんど待たずに購入できた。とはいえ退勤時間が大幅に遅れた上に大回りして帰宅したもんやから、帰宅したのは午後8時ごろ。すぐに夕食。サンテレビ「熱血! タイガース党」を見たあと、録画した相撲中継をかなり早回しで見る。鶴竜があっさりと魁聖を下し、優勝に大きく近づいた。魁聖はもろかったなあ。立ち合い当たったかと思うとすぐに前に落ちるんやもんなあ。あとは両大関が意地を見せて千秋楽まで興味をつなげてくれたらと思うけれど、豪栄道も引かれると前にばったりという相撲が多いからなあ。
 アンナ・スヌクストラ/北沢あかね訳「偽りのレベッカ」(講談社文庫)読了。オーストラリアの新人作家のデビュー作。家出娘が警察につかまって、テレビで見た行方不明の女性の名をかたる。なんとその策はまんまと当たり、彼女は「レベッカ」という女性になり切ってその家庭に入っていく。物語はレベッカになりすました「私」の話と、行方不明になる直前のレベッカの話が交互に描かれ、最初は「そんなうまいことなんでいくねん」と思いながら読んでいたら、だんだんその理由が明らかになっていく。真相などは割と早く予測がつくけれど、話のもっていきようがうまい。これでしばらく知らん海外作家のサイコサスペンスにはまりそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

蝶のいた庭 [読書全般]

 今日も休暇を取って疲れをいやす。昨日の墓参はけっこうこたえたみたい。朝食後、すこし録画した番組を見てから二度寝。昼食後は相撲を見たり読書をしたりして過ごす。
 新十両貴公俊が付け人をどついて休場。兄弟子の貴ノ岩がどつかれて大怪我したのは他人事ですか。若くして関取になり、年上の付け人をどつくとは。貴乃花親方の顔もつぶしたことになる。まあ引退勧告とはならんやろうけれど、謹慎処分くらいにはなるやろうな。もう一度双子の弟貴源治のふんどしをかついでやりなおすんですな。
 ドット・ハチソン・辻早苗訳「蝶のいた庭」(創元推理文庫)を読了。翻訳ミステリの新刊にはあまり手を出さんのですが、先々週の「週刊朝日」の書評欄で千街晶之さんが紹介していたのを読んで、おもしろそうやと買うてみた。
 〈庭師〉と呼ばれる男が16歳以上の若い女性たちをさらい、〈ガーデン〉と呼ばれる温室に軟禁していた。娘たちを〈蝶〉に見立て、背中に蝶の入れ墨を入れて。物語はそこから救い出された娘の一人であるマヤと〈庭師〉に名付けられた少女への尋問が中心となって進められる。この娘がなかなか一筋縄ではいかんのですね。かなり悲惨な生い立ちで、その話をしたかと思うと〈ガーデン〉の暮らしについて話したり。それがほんまかウソか、尋問への答やからわからんし、なにやら隠していることもあるし。話しているうちにだんだん真相が見えてくるんやけれど、そこらあたりのFBI特別調査官との駆け引きとか、読ませ方がうまい。猟奇的な事件で、かなり悲惨な場面も出てくるんやけれど、マヤの語り口があまりにあっけらかんとしているので、読み手もついついひきずられてしまう。
 表紙裏のあおりには「一気読み必至」と書かれていたけれど、まあそこまでとはいわんでも、読みだしたら最後まで読まんことには落ち着かんというような小説でありました。しばらくこの手の海外ミステリにはまってしまいそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

獣の奏者 [読書全般]

 今日は休暇を取って一日完全休養。風邪ひきの影響やら寒暖差の大きさやらいろいろあったんやろう、朝食後に寝、昼食後に寝る。どちらも熟睡。アラームに叩き起こされんでええ朝というのはよろしいなあ。
 起きている間はテレビを友としたり、読書したり。夕刻は録画しておいた相撲を見る。横綱鶴竜と平幕魁聖が6連勝。このまま鶴竜が突っ走るかというと、先場所の例もあるので失速するかもしれん。まだまだここからの展開は予測でけんねえ。
 上橋菜穂子「獣の奏者 II 王獣編」(講談社文庫)読了。主人公の少女エリンの成長物語、かと思わせておいて、人と獣の関わり合い方を問うことが最大のテーマになっているように思われた。テレビアニメ化の際に、子どもにもわかりやすくするためにエリンの物語にしたりオリジナルの凸凹コンビを登場させたりしたんやね。そのせいで「そういう話」と思いこんでしもうた。「守り人」シリーズの解説で児玉清さんがベタほめし、本書の解説で北上次郎さんがベタほめしているので、どうもアニメ版のイメージは捨てた方がええぞと思い、読んでみることにしたのです。本来はこの2巻目で終わるはずやったけれど、アニメ版に原作者も関わり、そこで続きが浮かんできたそうなのですね。
 今さら私が薦めんでも多くの人に読まれて評価されているシリーズなんですが、私のようにアニメのせいで原作を手に取ってへんような方には、ぜひ読んでイメージを変えてほしいと思います。

 3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 読書全般 ブログトップ