So-net無料ブログ作成
読書全般 ブログトップ
前の10件 | -

売り切れ文庫 [読書全般]

 今日は「たちよみの会」例会のため京都四条の「フランソア喫茶室」へ。
 行楽シーズンということで、京都に向かう特急を待つ列が長い。行きはすぐに快速特急「京とれいん」がくるというアナウンスがあったので、1本待ってそちらに乗る。停車駅が少ないため、比較的すいているやろうという読みが当たり、なんとか座れた。
 旅行用のキャリーバッグを持った観光客が目立つ。話している言葉からたいていが中国人。京都についても中国語が飛び交っている。
 例会には久しぶりにMさんが来てくれて、相撲の話など。
 丸善には一人で行く。新聞広告で田中啓文さんの新刊「宇宙探偵ノーグレイ」(河出文庫)が出ていることを知っていたんで、探す。文庫新刊のコーナーにはなし。河出文庫のコーナーにもなし。つまり、入荷分はすべて売れたということか。もとから入荷分が少なかったのか、実は大人気であっという間に売り切れたのか。仕方がないので四条河原町の「ブックファースト」に寄って探す。
 1冊だけ残っていたので、すぐにレジにもっていく。こちらでもよう売れているみたいですぞ。というわけで、これを読んですぐにでも欲しくなったという人は、京都の丸善とブックファーストには今のところありませんので気をつけてください。
 帰宅して録画した相撲を見る。
 風の冷たい一日やった。外出時にはダウンジャケットで防寒。帰宅してからはフリースで防寒。まあ自宅には暖房は入れているけどね。秋はあっという間に行き、もう冬の様相。京都の観光客の方たちもさぞかし冷えたに違いないね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

挫折の「若草物語」 [読書全般]

 昨日の深夜、ブログを更新しようとしたら、サイトにアクセスできない。それどころか自分のブログにもアクセスできない。ブログのサーバがダウンした模様。せっかくちゃんと書いたのに、更新でけんのはまことに辛い。
 そやけどこればかりはどうしようもないんで、更新せずに寝た。台風の影響で外の風の音はものすごい。そやのにすっと眠れたのは、気圧が下がっていたせいか。
 今日は文化祭土曜出勤の代休。朝おきて、すぐにブログ更新を試みるけれど、サーバメンテナンス中という表示が出て更新できず。テレビを見たり午睡したりなどし、更新できたんは昼を過ぎてから。半日遅れなんで、なんか間が抜けたみたいになってしもうた。
 雨は明け方にはやみ、風も昼過ぎには落ち着いた。
 テレビでは野党の自滅に与党が助けられたという解説をしている。社説の読み比べをしたら、やはりどことも同じことが書いてある。確かにそうなんやなあ。
 大阪では維新の会が議席を大幅に減らした。ゼロサム先生の下野とともに風がやんだか。選挙違反ポスター候補も落選。私の入れた票は死票になったけれど、鉄面皮候補が当選せんでよかったよかった。
 夕刻からは読書。オルコット「若草物語」(光文社古典新訳文庫)を読み始める。実は、子どものころに岩波少年文庫版を母が買うてくれて(タイトルは「四人の姉妹」)読み始めたものの途中で挫折。小学館の「少年少女世界の名作」というシリーズにもおさめられていたけれど、こちらも半分くらいで挫折。名探偵ホームズや里見八犬伝に夢中になっていた男の子にはいささか退屈やったんですね。
 というわけで、おっさんになって完訳本に再チャレンジ。子どもの頃に挫折したあたりまで読み進んだ。確かにこれはミステリやSF、伝奇ものの好きな男の子には厳しかったろうと思うのですね。劇的な展開といえるものがない。おっさんになって読んでも、辛いところが多々ある。でも、さすがに書評で鍛えられただけあって、多少退屈でも挫折はしませんな。どこをどう読めば面白いのか、探り当てる力はあるのです。明日からの通勤途上で少しずつ読み進めていけば、今度こそ読了できるに違いないね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大津事件と文庫2冊 [読書全般]

 今日は完全休養日。朝はゆっくり起き、昼食後はたっぷり午睡。タイガースの試合が終わったあとでもそもそ起きてくる。なに、BS放送の中継は試合終了までやるから、安心して眠れたのです。
 試合はタイガースが先勝。今日も雨天の予報ながら昨日以上に降らず。明日は曇りのち雨という予報やけれど、試合はできそうな感じ。いやいやよかった。
 夕食後、録画してあったあにめ「クラシカロイド」を見たり、読書をしたり。
 吉村昭「ニコライ遭難」(新潮文庫)を読了。実は少し前に松岡圭祐「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」(講談社文庫)を読んで、モリアーティ教授を滝壺に落としたあと、ヨーロッパを離れて日本にやってきたホームズが「大津事件」を解決するという筋立てが非常に面白かったんやけれど、「大津事件」については教科書の記述以上のことを知らんので、細かい部分でどこまでが事実でどこまでが虚構かわからなんだのです。そこで遅まきながら史実をきちっと描写する吉村昭ならば細かいところまでわかるやろうと、「ニコライ遭難」を読むことにした次第。日露戦争前の日本の状況などが非常によくわかった。
 が、読了してから「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」の細部を覚えてへんことに気がついた。仕方ないな、もう一度読み返すか。
 パスティーシュを読む時は、原典を理解してへんと心の底から楽しめん、ということでありますね。

 明日10月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

山中峯太郎のホームズ全集 [読書全般]

 明日から前期末考査。私は時間割の関係で授業がなかったので奨学金業務や会議資料の作成など事務作業を粛々と進める。
 定時で退出し、駅までバスに乗ったまでは順調やったけれど、なんと阪急京都線で人身事故があり、そのあおりを食らい電車の運行が停止になってしもうていた。バスに乗り換えて北大阪急行で梅田に出るという手もなくはなかったけれど、交通費をよけいに出すのもしゃくにさわり、改札前で読書をしながら運行再開を待つ。おかげで読みかけの本を読み切ることができた。
 山中峯太郎翻案の「名探偵ホームズ全集」が復刊され、もともと子ども向き全20巻のシリーズを3巻におさめるという荒技で、それでも小学生の頃に楽しく読んだ峯太郎版ホームズをすべて読めるという誘惑を断ちがたく、辞書のように分厚くでかいハードカバーを毎日カバンに入れて一気に読み切ってしもうたのです。
 いやーおもしろかった。懐かしかったのもあるけれど、詳細な注釈に寄り、山中峯太郎がいかに「正典」の矛盾を修正していたかもよくわかったし、一気に読むことで、全集として各作品やシリーズ全体の整合性をとっていたこともよくわかった。なにより文章のリズムが良い。ホームズもワトソンもえらく伝法な口調でしゃべっていたんやなあ。峯太郎版のホームズは大食いで快活。ワトソンは9杯くらいたて続けにコーヒーを飲むカフェイン中毒者。それがまた楽しい。子どもにもよくわかるようにホームズとワトソンが「探偵問答」をしたりして謎を解き明かす構成はようできている。
 というわけで、待たされる苦痛はそれほどでもなかったんやけれど、通常よりも30分以上遅れて運行再開した電車に乗り、予定よりも遅めに帰宅。それから相撲と野球の中継を録画と追っかけ再生で見たりしてたら、平常よりもかなり遅くにパソコンに向かうことになってしもうた。
 明日は前期の成績つけなどに励むとしよう。おお、バカでかい本を毎日持ち歩くことはもうなくなるのか。それはそれで荷が軽くてすんでよいのだけれど。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

朝ドラと吉本せいと文庫棚 [読書全般]

 今日の午後は市民ホールへ行き、「人権平和映画鑑賞会」の打ち合わせ。見せる映画は「42 世界を変えた男」に決定。会場時間、終了時間などの確認をはじめ、ホール担当者の方や音響担当の方などと細かなところまで詰める。
 この手の仕事は前任校でも「芸術鑑賞会」の係を何年もしていたので、要領がわかっていてやりやすい。ホールから直帰。梅田回りで帰る。途中、書店で文庫や新書の新刊などを買う。
 次のNHKの朝ドラは、主人公のモデルが吉本せい。というわけで、やはりせいをモデルにした山崎豊子「花のれん」(新潮文庫)や、矢野誠一「女興行師・吉本せい」(ちくま文庫)などが新装版で積んであったりする。これらはもうかなり昔に読んでいるので、再読したければ書棚をかき分けて探したらええな。それよりも今回の朝ドラに合わせて書きおろされた新刊があったので、そちらを買う。聞いたことのない書き手なので、あまり期待はしてへんけれど、林正之助のことなどどういうふうに描いているのかが興味深い。山口組との関係とか、あれこれ書きにくいことが多い人やからなあ。
 帰宅後、相撲、野球と続けて見る。試合が早く終わったんで、今日は早く寝られそう。早く寝るのだ! 私は眠いのだ!

 9月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

真田太平記 [読書全般]

 愛すれどTigers「小野、13度目の登板でついにプロ初勝利」を更新しました。

 池波正太郎「真田太平記 全12巻」(新潮文庫)読了。どうも池波正太郎は短編向きの人らしい。文庫で12冊読みとおし、なんか冗長に感じた。ポイントは主人公が誰かわからんこと。真田幸村は最終巻を待たずに自決。そやからというて真田信之は主人公というほど出番が多くない。全巻通して活躍したのは真田家の草の者であるお江という女性。上田合戦などの場面はあまり細かく描写されず、真田家の草の者と甲賀忍者の抗争はじっくりと描きこまれている。
 私は「忍者丹波大介」(新潮文庫)や「男の紋章」(角川文庫)などの池波忍者ものを読んだけれど、「真田太平記」は明らかにその系統の小説。大河ドラマ「真田丸」のような戦国に生きる小国の大名の生き抜くしたたかさなどを描いたものと期待してはいけません。
 実は後日譚となる「獅子」(新潮文庫)や外伝となる「あばれ狼」(新潮文庫)も読もうと準備してるんやけれど、とりあえず一息入れようと、それらは後回しにしているのです。続けて読むには「真田太平記」は長過ぎて疲れたというところですね。
 例えば「鬼平犯科帳」みたいなものを期待してはいけない。司馬遼太郎のような歴史のダイナミズムを期待してもいけない。風太郎忍法帖みたいな奇想天外な忍者ものとは方向性が全く違う。歴史の裏側で生きる忍者の苦しみをひたすら耐え忍びながら読む、そんな小説でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

意外なり一迅社 [読書全般]

 今、仕事中は奨学金関係のことで頭がいっぱい。夏休みに入る前にすべての作業を終えてしまわんならん。そのために早め早めのスケジュールを立てて動いているはずなんやけれど、必要な書類をいつまでたっても出してこない生徒がまだいたりする。そんなこんなで最終行程に早く入ってしまいたいのに、それがでけん。そんな生徒はもう推薦せん! 打ち切り! なんてわけにもいかず。心労の原因はわかっていても、自力でなんともすることかなわず。嗚呼!
 帰宅したら「一迅社」から本が届いている。うーむ、一迅社から本を出している漫画家の方と知り合いがいたっけか、前任校の教え子が漫画家デビューしたとか、そういうことかなと首をひねりつつ封を切ると、小林泰三さんから新刊「わざわざゾンビを殺す人間なんていない。」をいただいたのでありました。小林さん、いつもありがとうございます。この前いただいた「因業探偵」(光文社文庫)面白うございました。性格悪いだけで因業という感じではないけれど、頭が切れるために探偵で食うくらいしか生きる道がないという主人公の面白さもさることながら、読者を手玉に取る叙述トリックがいかにも小林さんらしくてたまりませんでした。
 それにしても、一迅社が文芸書に進出とは驚いた。コミックほどには売れんやろうけれど。あ、一迅社というたら「ゼロサムコミック」でしたな。文芸書もいちかばちかという感じで進出することにしたのかな。
 というわけで、本もいただいたしタイガースもばかばか打って勝ったし、心労も多少は和らいだのでありました。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

末の末っ子 [読書全般]

 今日はゴルフ中継の関係で、「戦隊」「ライダー」「プリキュア」などはお休み。その分、他の深夜アニメの録画をたっぷりと見る。
 出かける前に仮眠して、行きの車中も座れたのでうたた寝し、細切れにでも休める時に休んでおく。
 で、「たちよみの会」例会は、結局私一人のみ。ひたすら読書。阿川弘之「末の末っ子」(ちくま文庫)を読了。私がまだ中学生の頃に京都新聞に連載されていて、わからんところも多々あったけれど、毎日楽しみにして読んでいたものです。今年、復刊されたので40数年ぶりに読み返すことにしたのです。中学生時分に覚えたことというのはかなりちゃんと覚えているものですね。もっとも、当時ようわからなんだところが、かなり理解できるようになったのは、執筆当時の阿川先生の年齢と私の今の年齢がほぼ同じということもあるんやろうな。
 私小説やないけれど、御自分と家族をモデルにした小説。作中では阿川佐和子さんは高校3年生です。ユーモア小説というにはちょっと文体は堅いけれど、登場する人たちの描写が非常に生き生きしていて、楽しい。これを機にこの小説の前日談である「犬と麻ちゃん」もぜひ復刊してほしいものですね。
 帰路で、読みかけの「鬼平犯科帳」を読了。少し早めに帰宅し、タイガースの試合の録画したのを見る。いやあ、緊迫感のあるええ試合やったなあ。
 さて、明日からまた聖徳太子にならんなんのか。まあひとつずつ片付けていきましょか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

応仁の乱 [読書全般]

 愛すれどTigers「岡崎、13年目の初アーチ、初サヨナラ打!」を更新しました。

 金曜日よりはまだ元気やったのか、出勤途上の車中で読書する余裕はあった。呉座勇一「応仁の乱」(中公新書)を読了。これ、ベストセラーなんですよね。私が買うたのはなんと14刷。確かに面白く読めた。応仁の乱については日本史の授業で生徒に教えるために参考書なども読みこんだりしたしね。いわゆる定説だけでは説明し切れないややこしいところも、奈良の仏教勢力や後南朝天皇の担ぎ出しやら将軍並立やらもろもろの事情をきっちりと整理してわからせてくれる。
 ただ、この本はもともと応仁の乱に興味があって、予備知識がないとあかん部分も多々あり、なんでこれがベストセラーになったのか、ちょっとわからんなあ。私はそこそこおもしろく読めたけれど、どういう人たちが興味を持って本書を読もうと思うたのか。よほど室町時代に関心がないと難しい内容のように思うぞ。
 仕事中は汗ばむ気候。帰宅して、夕刻になるとベランダに吹く風がぐっと冷えこんできた。腹具合は悪くなり、鼻水も止まらんようになってきたので、夕食後風邪薬を服用。パーカーを引っ張り出してきて着用したら、少し体がぬくもって楽になってきた。2日間寝倒したくらいでは蓄積した疲れは取れんみたいやなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

諸葛孔明 [読書全般]

 この連休は例年以上に寝ている。一度眠るとアラームでいったん目を覚ましてもまた寝てしまうのです。連休も3日目となるとさすがにもう眠たくならんやろうと思うているのに、朝食後、どんと眠くなり布団にもぐりこんでしまう。
 ここ2週間ほど気力でもたしていると自分でも感じていたから、そうとう体力的に消耗してたんやろうね。
 ただ、今日は昼食後はそれほど眠くならなんだので、午睡はせず。寝転んでラジオで野球中継を聞いていてもそのまま寝てしまわずテレビ中継の始まった頃にはちゃんとテレビに切り替えられたしね。
 というわけで、読書も進む。積ん読で置いてあった文庫本から、陳舜臣「諸葛孔明 上・下」(中公文庫)を出してきて、読み始める。NHKEテレ「100分de名著」で「正史 三国志」をとりあげているので、むやみに三国志関連の本が読みたくなってきたのです。
 吉川英治、柴田錬三郎、横山光輝などで読んできた「三国志」とは一味違う。ベースが「三国志演義」やなく「正史 三国志」なんやろうね。赤壁の戦いでも孔明は芝居がかったことなど一切せんし、戦の天才みたいな描き方よりも平和を求める統治について常に考える人になっている。
 ただいま上巻を読み終えたところ。今は下巻で、これから主要人物が戦に倒れていくところにかかっている。
 これを読んだら同じ作者の「曹操 上・下」を続けて読むつもり。ちっともドラマチックやない「三国志」やけれど、そこがええのです。「三国志」応用編というところですか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書全般 ブログトップ