So-net無料ブログ作成

総理夫妻は魔女? [新聞]

 昨日の日記で「鶴竜と魁聖は当たらない?」と書いたら、明日13日目には鶴竜と御嶽海の割りを飛ばして魁聖に差し替えましたね。そらまあそうでしょう。優勝争いをしている両力士が直接当たらず、鶴竜が最後まで勝ち進んだんでは魁聖が気の毒というものです。
 その魁聖、遠藤にうまくとられて2敗目。2敗で追っていた高安は千代丸に土俵際でうまく回りこまれて3敗目。がぜん鶴竜有利かと思われたところ、栃ノ心に馬力で鶴竜は寄り切られ、1敗。残り3日、優勝争いは混沌としてきましたよ。栃ノ心、やるねえ。
 今日は朝のうち小雨。お山の学校近辺は断続的に小雨が降っていた。傘がいるかいらんかという微妙な降りです。折畳傘で対応したけれどね。午前中は二次募集の入試業務。午後からは奨学金関係の郵送やら人権教育の報告やらいじめ防止対策改定作業やら事務作業に追われる。
 産経新聞のサイトを開くと、阿比留瑠比先生がおもろいことを書いてはる。
“森友・加計学園問題をめぐって今起きていることはつまるところ魔女狩りであり、魔女裁判ではないか。事実や実態などどうでもよく、ただ自分たちが「敵」または「いけにえ」に選んだ相手を、手段を選ばず火あぶりにしようとしているだけではないか-”
 どうもしんぞう総理を擁護するために“魔女狩り”の例えを持ちだしたらしいけれど、魔女とされてあぶり殺されたのは当時社会的弱者やった女性たちで、総理は権力者。まるで総理が弱者であるかのような書き方をするのは見当違いやと思うんやけどなあ。阿比留先生、かなり焦ってはるように思う。そのあと、メディア批判として現状を要約してはるけれど、これはみごと。
“「既得権益は尊く、岩盤規制は正義だ。規制緩和による公正な競争の導入など許せない」「『面従腹背』を座右の銘とし、風俗店に通い詰める天下りの元締は無謬(むびゅう)の聖人君子だ」「虚言癖があり、補助金詐欺容疑のある男の証言は信用できるが、安倍晋三首相の言葉はみんな嘘だ」「官僚は常に善にして義なる者で、有権者が選んだ政治家はいつも悪い。政治主導より官僚支配がいい」「行政府の長であり、憲法72条が『行政各部を指揮監督する』と定める首相が行政に口出しすると、行政はゆがめられる」「メディアは、事実や証拠に基づかなくても政権を批判すべきだ」”
 さすがしんぞう総理応援団長。ここまで強引な要約は他の記者にはできません。阿比留先生の面目躍如ですねえ。ようここまで総理批判をねじ曲げられるもんです。そうそう、阿比留先生にはこれくらいやってもらわんとおもろない。しかもこのあと“しゃれや冗談ではない”とダメ押しをしてはる。確かに洒落でも冗談でもないですね。こういうのはなんというんやろう。「こじつけ」かな。8億円の国有地値引きを“些末なやりとり”と書くのも凄い。8億円が些末やというほど阿比留先生は資産家と見た。
 まさに阿比留先生の独擅場ですね。きっと総理も総理夫人も「いいね」ボタンを押すことでしょう。ただ悲しいことにこれだけ阿比留先生ががんばっても、他の新聞はスルーしてしまうんやなあ。
 上橋菜穂子「獣の奏者 III 探求編」(講談社文庫)読了。母となったエリンが、国家間の争いに巻きこまれていく。展開としては「守り人」的になってきた。完結編でどう変化をつけていくのかな。
nice!(0)  コメント(0) 

残念な阿比留さん [新聞]

 朝食前に昨夜録画した「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を見て不覚にも朝から涙してしまいました。元兵士で現在は手紙の代筆業をしているヴァイオレットが、死病にかかった若い母親から代筆を依頼され、幼い娘と交流していくという話で、だれ宛のどんな手紙かは話の途中でうすうすわかるように描かれ、その通りになるんやけれど、そのもっていきようがたまらんうまいのです。朝からおっさんを泣かすなよ。
 産経新聞のサイトを開いたら、ついに阿比留瑠比さんが「放言御免」を書いている。さあ、どんなふうに朝日新聞を叩いているかと思うたら、しんぞう総理に苦言を呈した小泉純一郎元総理を叩いている。あらあらあら、そんな人を叩いてどうなるの。朝日のスクープから文書捏造の実態が明らかになったもんやから、叩きようがなかったのか。ここは無理にでもいつものように朝日を叩かなあかんでしょう。
 なんとか“野党やメディアの一部が、何でもかんでも無理やり安倍首相夫妻に結びつけようとする姿は、魔女狩りか集団リンチのようにすら映る”と総理擁護をしているけれど、“メディアの一部”てな書きようをしているところが弱気やなあ。実際は“メディアの一部”やなくほとんど全部なんですけどね。総理夫妻に結びつけようとしてへんのは逆に産経などごく一部でしかないのを自覚してるからこういう書き方になるんやろうなあ。朝日新聞だけやないもんな。で、“北朝鮮情勢の推移次第で国民の生命・財産が脅かされかねないこの時期に、政界は政局という名の「コップの中の権力闘争」ばかりに目を向けている”と論点のすり替えをして締めている。そんな時期やからこそなにか隠したりしようとしている人が総理やと不安やから真相解明をメディアも世論も求めているわけでしょう。決してコップの中の権力闘争なんて小さいものやないと私には見えるのですが。だいたい北朝鮮情勢は今小休止していて米国大統領と孫金委員長のトップ会談待ちやから、そんなに切迫してへんやないですか。
 阿比留さんがどんなふうに朝日を叩くか楽しみにしてたのに、ちょっと残念。

 3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

横綱より新弟子 [新聞]

 ここのところHDDレコーダの外付けHDの調子が悪く、録画予約をしてても入ってへん時がある。ついにHDがへたったかと思うていたら、実は録画タイトル数が多すぎて登録し切れんようになっているということがわかった。録画はしたけれどまず見ないやろうなあというアニメを2クール分一気に削除。50話以上削除したんで、夜に予約した番組は問題なく録画しはじめている。仕事よりもそちらの方が気になるとはなんたることか。
 スポーツ紙を読んでいたら、大相撲で一番大きくとりあげられているのが序ノ口の力士。大鵬の孫で貴闘力の息子である納谷が連勝したとか。確かに大物新人ではあるけれど、まだざんばら髪にすらなってへん坊主頭の新弟子が、横綱大関よりも大きく扱われているのを見ると、わくわくどころかなんか残念な気持ちになる。
 そこまで幕内力士に魅力がないかなあ。確かに横綱鶴竜は地味やし、高安が早くも2敗という体たらくやから盛り上がらんのやろうけれど、それでもやはり入門したての力士を幕内の誰よりも大きく扱うのには反対ですね。もっとも若貴兄弟の時はこの比ではなかったくらい報道がすごかった。それに比べたらまだ納谷はましなほうかな。いやいや若貴兄弟の時が異常やったと考えるべきでしょう。
 幕内力士よ! 新弟子に負けとったらあかんぞう。

 3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

阿比留瑠比さんの出番は? [新聞]

 今日は暖かな一日。昨日までのダウンパーカーから一転ブレザーで出勤。朝は少々涼しく感じられたけれど、夕刻は少し汗ばむくらい。ほんまに寒暖差が極端なんやからねえ。
 会議会議で1日を過ごす。今週はまあこんな感じか。
 新聞は森友文書改竄一色。むろん各紙の社説も全国紙から地方紙まで政府の責任を問うものばかり。産経新聞もついにとりあげた。いやあ、さすがに粘り切れなんだなあ。内容は基本的には官僚を責めるものやったけれど、“安倍首相には、重大な失政と認識して対処してもらいたい”と最後に明言している。
 おもろないぞ。産経新聞には「反朝日新聞」という社是があるんやないんですか。朝日ほど総理を批判してへんとはいえ、ここで総理の「失政」なんて書いたら社是に反するやないですか。あくまでここは総理をかばい朝日新聞の記事は捏造という主張を展開してもらわんと。いつも「放言御免」で朝日新聞を叩きまくる阿比留瑠比さんの出番でしょう。
 いや、ついに産経にまでしんぞう総理は見放されるということなんか。もう死に体ですね、そうなると。
 池波正太郎「梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安 四」(講談社文庫)を読了。若い記憶喪失の武士とお家騒動という趣向は「闇の狩人」と同じ。記憶喪失の武士が仕掛人になってしまう「闇の狩人」の方が面白かった。本書とどちらが先に書かれたかは知らんけれど、池波先生はなんで同じ趣向の話を書いたのかな。こちらは梅安と元締の確執なんかもあって、そちらの趣向で楽しめたけれど、それはシリーズならではの趣向やからなあ。

 3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

論説委員は喫煙しないか [新聞]

 入試採点業務、ほぼ終了。残るは合否判定資料作成など。業務終了後、やけに体が重い。帰宅してから体温を計ったら、わずかに微熱が。薬で抑えているうちはまだええけれど、切れたらまだまだ風邪ひき状態に戻るということか。お医者の先生、抗生剤は効いてますのかいな。明朝まで様子を見て、体調がすぐれないようやったら休むか早退するか。しんどい状態で仕事をしてミスを連発してもなあ。
 ところで、新聞などでは飲食店の喫煙可能域が増えて、健康増進法が骨抜きになっていると連日のように報道してますな。ピョンチャンでは欧米の来場者が屋外の喫煙場を利用せんとそこらへんでスパスパやってるらしい。オープンエアの場所ならば副流煙の影響は少ないという、私からしたらしごく当然の判断やと思うのですね。
 全国紙、地方紙問わず、社説では喫煙者の心に鞭を打つように禁煙禁煙と主張している。室内でも屋外でも喫煙者はまるで犯罪者扱いですわ。そのくせ煙草を完全禁止にしろとは書かんところがいらつく。煙草の煙よりも自動車の排ガスの方が有害やとは書かんのです。原発の核のゴミについては寛容な産経新聞ですら、副流煙の害を書きたてる。
 で、私が知りたいのは、そうやって喫煙を攻撃しはる各紙の論説委員の方の本音です。論説委員の方たちのすべてが非喫煙者なのか。喫煙する論説委員の方はどんな気持ちで社説を書いてはるのか。肩身の狭い思いをしてはらへんのか。
 朝日新聞には論説委員による「社説余滴」という本音らしきことを書くコラムがある。ぜひここで喫煙をする論説委員の方にほんまはどう思うてはるんかを書いてほしいのです。
 朝日新聞にかみつくことが存在意義になっていると思われる産経新聞の論説委員の方には、朝日が禁煙を社説で主張したら、そこも反対してもらいたいくらいなのです。
 こと煙草に関しては言論統制でもしいているかのように喫煙容認の意見が掲載されへんのは、ほんまに気持ち悪いのです。メディアは公平であるべきやというなら、非喫煙者の視点からしか記事を書かんのは不公平やないのかなあと、喫煙者である私はいつも感じているのです。

nice!(0)  コメント(0) 

続・袂を分かった [新聞]

 朝から昨夜録画した深夜アニメや、朝に放送された「仮面ライダービルド」「宇宙戦隊キュウレンジャー」などを見てから、昼前に外出。今日は「たちよみの会」例会。
 いつも例会前に四条河原町北東角の「ブックファースト」に寄り、「本の雑誌」などを買うてから「フランソア喫茶室」に行くんやけれど、なんと「1月31日をもって閉店します」とのこと。来月からは「本の雑誌」を例会当日に買うことができなくなるのですね。
 私の通勤範囲の書店では「本の雑誌」を置いている書店はないしなあ。Amazonか定期購読か。「本の雑誌」はなるべく本屋で買いたいんやけれど。とにかく困ったことだ。「ブックファースト」のようなチェーンで、京都の中央部にある店でも経営を維持でけんというのは深刻であるなあ。
 例会には古参会員Y氏が久しぶりに顔を出してくれた。
「ブログに書いてた『袂を分かった』は、間違いやないで」
 そ、そうやったのか。それやったらすぐにコメントをつけてよ。
「誰かが指摘すると思うたけど、誰もコメントしないし、喜多くんも指摘されたら恥ずかしいやろうと。そのうち面倒くさくなってね」
 放置されたままの方が恥ずかしいんですけれど。
 というわけで、読売新聞の論説委員の方には失礼をばしました。調べるひと手間を省いたことで、こっちが間違うているのに、一方的に論説委員や校正担当の方がミスしたことにしてしまいました。
 みなさん、しょうもないトピックを立ててすみません。ここに謹んで訂正いたします。
 あの、間違うてたら、それはすんなり受け入れますんで、気がついたらすぐにコメントをいただけるとありがたいのです。
 ああ恥ずかしい。
 今年は新年会はせず、「ぼてぢゅう」でお好み焼きを食べて散会。帰宅して録画した相撲を見る。放送のゲストは劇画家のさいとう・たかをさん。今の相撲取りは太り過ぎやと怒ってはった。怪我が多いのはそのせいや、と。私もそう思う。御嶽海が敗れ、勝ちっ放しは鶴竜だけに。でも、まだまだわからんよ。

nice!(1)  コメント(0) 

袂を分かった [新聞]

 今日の読売新聞の社説「民進・希望会派 分裂前に『先祖返り』するのか」にざっと目を通していたら、途中の文でひっかかった。以下引用。
立民党は、民進党の要請を一蹴した。理念・政策が異なるとして希望の党と袂を分かったばかりであり、当然だろう
 “袂を分かる”というのはどういうことですかいな。と一瞬思い、ああ、“袂を分かつ”の書き間違いかとすぐに気がついた。
 別に上げ足を取りたいわけやないんですけれど、大新聞の論説委員たる方やからこそ“袂を分かたった”とちゃんと書いてほしかったなあ。校正係の方も見逃してしまうてるのか。
 ということは、私の認識違いなのかな。“袂を分かつ”の過去形は“袂を分かった”というのが正しいのかしらん。
 いやいや、“分かった”の現在形は“分かる”ですよね。そやから私の認識は間違うてへんはず。
 私かて打ち間違いや変換ミスを見逃したりすることはちょいちょいあるので、人のことは言われんのですが、全国紙の、しかも社説でこういうミスが見逃されてしまうというのは非常に珍しいことであるなあと思うたまでです。


 1月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(1) 

キタサン [新聞]

 今週のスポーツ紙の一面はたいてい競馬。有馬記念直前やから、これはまあ仕方ない。私は競馬はやらんので(ギャンブルそのものに近寄らんようにしているのですが)、読まずにすっとばしてますが。
 でも、嫌でも大見出しは目に入る。
 本命はキタサンブラックという馬。これまで数多くの重賞レースを勝ってきた名馬です。当然、一面で一番大きくとりあげられる。
 これがなんとなく嫌なんですよね。見出しには名前を略して「キタサン」と書いてある。毎日のように「キタサン」の四文字が目に入る。気安く人の名を呼ぶなよ、てな感じです。
 いや、キタサンブラックの名の由来くらいわかってますって。馬主が歌手の北島三郎さんで、そこから「北」と「三」をとって「キタサン」とつけているから、「喜多さん」ではないくらいはね。
 ただ、カタカナなんでドキッとはしませんね。なんとなく目障りなというだけで。前にもこの日記で書いた「米朝首脳会談」なんて見出しにはまだまだドッキリするけれど。米朝師の首と脳が保管されていて、アンドロイド米朝に移植されて会談しているさまが目に浮かびませんか。そんなん私だけか。
 とにかく早いとこ有馬記念が終わってほしいと思うだけです。あと数日の我慢やっ!

nice!(0)  コメント(2) 

スポーツ新聞は真っ赤っか [新聞]

 愛すれどTigers「甲子園でカープの優勝が決定」を更新しました。

 お仕事はそろそろ前期末。期末テストの作成や、半期開講の授業の締めなど、休み明けにはちょっときついばたばたした一日。せっかく昨日しっかり寝て疲労を取ったつもりやったけれど、わずか一日でまたへろへろ。
 朝、いつものコンビニに寄ったら、レジ前の新聞棚には真っ赤っかのスポーツ紙が通常の2倍くらいの厚みで差してある。カープファンは大阪にもけっこう多いということなんやろうね。
 まあ、タイガースが優勝したら2倍ではきかん。通常の5倍くらいささっているんやないか。5紙セット袋というのもあるし。もちろん広島方面では同様のセットが売りだされているんやろうね。
 今日はタイガースは野球はお休み。ジャイアンツはドラゴンズにてんでいいところなく負けたらしい。明日もその調子でたのんまっせ。
 帰宅後、録画しておいた相撲中継を見る。1敗で豪栄道一人がトップに立っている。平幕の若手力士も徐々に脱落し、豪栄道を追うのは千代大龍。日馬富士は今日また負けて4敗と、現時点では優勝圏外に。カド番での秋場所というと、去年も豪栄道が同じ条件で優勝している。カド番やなくて秋場所やなかったら優勝争いでけへんのかしらん。まあ、偶然ではあろうけれど。そういえば去年の全勝優勝の時も白鵬など休場力士が多かった。
 勝負は時の運とはいうけれど、相撲の神様はいたずら好きやなあ。

nice!(1)  コメント(0) 

鳥谷新聞 [新聞]

 大相撲小言場所「平成二十九年秋場所展望~3横綱休場で荒れる秋?~」 を更新しました。

 朝早く目が覚める。昨夜は涼しかったせいか、手洗いに行きたくなり、時計を見たら通常営業の日と同じ起床時刻やったので、そのまま起きることにしたのです。すぐに新聞をとりいれ、日刊スポーツをじっくりと読む。
 今朝の大阪版のスポーツ紙はスポーツ報知を除いてどれも「鳥谷新聞」になってるんやろうなあ。ニッカンは「鳥谷敬特別手記」なるものが掲載されていたけれど、「取材・構成=高原寿夫」と明記してあった。それ、手記と違うやんなどと野暮なツッコミはなし。スポーツ紙のプロ野球解説も、たいていは専属の元選手が話しているのを記者が聞き書きしているんですから。
 故豊田泰光さんはご本人が必ず自分で執筆してはったらしい。それが特別であるかのように言われるのですから、芸能人やスポーツ選手の自伝なるものはたいてい聞き書きであるということです。
 ともかく今朝の日刊スポーツは「鳥谷新聞」やったということで、サンスポもデイリーもスポニチもみんなそうやったやろうことは想像に難くない。そやからというて残りの3紙をすべて買いに朝からコンビニに行くというほど、鳥谷の熱心なファンやないので、ニッカン1紙あれば私はそれでかまわん。
 もっとも、月曜になったら、タブロイド版の特別号やら特別号やらがコンビニや駅売店に並ぶのを見たら、手を出さずにはおられんのでしょうねえ。記念DVDなんか出たら、予約注文してしまうんでしょうねえ。困ったことです。でも、わかっちゃいるけどやめられない。それが虎党の業というものなのです。

nice!(0)  コメント(0)