So-net無料ブログ作成
検索選択
プロ野球 ブログトップ
前の10件 | -

カープの甲子園胴上げ [プロ野球]

 今日は午後からタイガースとカープの中継を見る。タイガースが目の前の胴上げを阻止し、カープファンで埋まったレフトスタンドからため息を盛大につかせるところを見たかったんやけれど。
 いやでもこの前のマツダスタジアムでの3連敗の時と同様、勝敗は紙一重やった。ペナントレースでの勝ち運がカープにあったとしか言いようがない。そやかて、バティスタがあんなにうまいことスライダを引っ張ってタイムリーヒットを打つやなんて思わんもん。
 とはいえ、11ゲームも差をつけられて、目の前で胴上げを見せられて。タイガースナインよ、発奮せよ、と切に願うものであります。その悔しさはクライマックス・シリーズで晴らすんやなくて、来季のペナントレースで晴らしてね。
 和田監督の時に2位から勝ち上がって日本シリーズに出た時があった。それはそれで嬉しかったけれど、ペナントレース優勝の瞬間の喜びとは比較にならなんだなあ。1985年、21年ぶりのリーグ制覇をした時、渡真利選手のファーストミットにボールがおさまった瞬間、胸の奥からこみ上げるものがあったもんな。2014年、クライマックス・ファイナルステージで4連勝した時にはそんな気持ちにはならなんだ。
 日本シリーズに出場する選手たちの姿を見ても、ほんまにタイガースがここにいててええんかという気持ちになったもんな。
 日本シリーズはホークスとカープでええやん。クライマックスやめようよ、と今日の胴上げと関係ない結論になってしもうた。
 カープファンの皆さん、おめでとうございます。新井貴や赤松の喜んでいる顔を見るのはやはり嬉しいのです。かつてタイガースのユニフォームを着ていた時に応援していたから、やと思う。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

安藤優也投手引退 [プロ野球]

 阪神タイガース、安藤優也投手が引退発表。プロ入り2年目の頃の内外角低めにびしびしと決まる速球にはしびれたなあ。それまでのタイガースの自由枠1位では投手で藪、野手で今岡とええ選手はいたけれど、安藤投手がベストやないかと思うたものね。
 2度の優勝に貢献したあと、低迷した時期はあったけれど、ベテランになってからリリーフに専念すると、福原投手とともに勝敗関係なくピンチに登板し、豊富な経験を生かしてきっちりと抑えてくれた。開幕投手も務め、エースといえるほどの実績は残せなんだとしても、昨年までは投手陣の柱として活躍してくれた。
 野球に興味のない妻が、私がナイター中継を見ている横で「ドロンパ」と勝手にあだ名をつけていた。「おばけのQ太郎」に出てくる「ドロンパ」です。いつもへの字口で投げている顔と、丸っこい体型が「ドロンパ」を連想させたんやろうね。ちなみに久保田投手が「ドロンパ2号」でした。
 実際のあだ名は「アンちゃん」やったそうです。名字の「安藤」からそう呼ばれていたらしい。だから一時期のタイガースには「アニキ」と「アンちゃん」がいたのでした。
 お疲れ様でした。今後の予定はまだ決まってへんけれど、球団はポストを用意しているということで、コーチになるのかな。もっともご本人いわく「自分はコントロールで苦しんだことがないので、コントロールの悪い若手にいいアドバイスをしてやれなかった」とか。それだけ理にかなったモーションで投げてたということなんやから、それを伝授していただきたいものです。

 明日、9月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。台風が来てますが、やります。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

選手もファンも野球好き [プロ野球]

 一昨日といい今日といい、なんでこんなにタイガースの選手は野球が好きなんやろう。延長12回引き分けが3戦中2試合というのは長年ファンをしているけれどほとんど記憶にないなあ。
 しかも電車やバスが1本遅れてちょっと帰宅時間が遅くなった日ばかり狙うて長時間の試合をするんやもんなあ。
 相撲は幕下から見て、相撲を見終わってから追っかけ再生で野球を見て、いつまでたってもリアルタイムに追いつかない。試合の展開は勝ちゲームのはずやし、スムーズにいけばもう試合終了をしている時間やのに、まだ録画が続いている。
 それで「これは追いつかれて延長戦になったな」とピンとくる。案の定延長。リアルタイムに追いつく前に録画が終了した。録画時間の残量を見たら、どう考えてもサヨナラ勝ちしてヒーローインタビューをしている余裕はなさそうやなあ、引き分けかなあと、これもだいたいわかる。
 それでも最後まで見て確認せんと気がすまん。
 こういう試合は週末にしてよ。明日もまだ仕事あるのによう。
 というわけで、今日も私は眠い! もう寝るのだ!

 9月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勝ったかと思うたら負けていた [プロ野球]

 授業で生徒に「スマホ依存」について考えさせ、考えを述べさせる。「自分はそんな依存と違うと思います」というてる生徒に限って、休み時間の間中スマホをいじっております。なんかもうざるで水をすくうてるような気分になるね。暇があったら出してきて触るのを依存しているというのだよ。自覚症状のないのが一番怖い。
 帰宅途上、少しばかり雨が降る。蒸し蒸しする。
 帰宅してからタイガースとカープのナイター中継を見る。負けたかなと思うたら、9回表土壇場で福留の逆転ホームラン。そしてドリスが出てきた。
 勝った勝ったよーし。
 と、思うたら、なんかしらんけれど安部の打球がライトスタンドに入ったように見えたなあ。なんかカープの選手が喜んでるなあ。ドリスがうつむいてマウンドから降りてるなあ。何が起こったんかなあ。福留のヒーローインタビューはなかったなあ。なんでやろうなあ。解説の江夏さんと野茂さんが「藤浪の先発は大ばくち」とかいうたはるなあ。
 なんかもう虚脱状態です。「大阪で生まれた女」の節で「勝ったかと思うたら、負けていた~」なんて頭の中で響いています。
 とはいえ、江夏さんと野茂さんの本質を突いた解説はよかった。某Y局のK藤さんのやたらしゃべっている割にはあまり……という解説と比較したらあかんか。野茂さんなんかぼそぼそっと一言言うだけなんやけれど、これがズバリと的を射ている。江夏さんの選手への愛情に満ちた解説もよろしいなあ。
 いやいやまだまだええ夢見たいから、明日は切り替えて勝ってや!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脳腫瘍からの復帰 [プロ野球]

 今日は完全休養日。よほど疲れていたんやろう、目が覚めたらもう「戦隊」をしている時間。休日でも通常とそう変わらん時間に目覚めることが多いのにね。
 午前中は深夜に録画した番組や新番組「仮面ライダービルド」などを見て過ごし、昼食後、午睡。夕刻、目覚めてネットニュースを閲覧したりして過ごす。
 阪神タイガースの横田慎太郎外野手が、脳腫瘍から復帰というニュースにびっくり。春季キャンプ中、頭痛がするというて離脱してから「消息不明」になっていた。なるほど、球団の配慮で公表してなんだんやね。ネット上では憶測が飛び交うていたようで、私もまとめサイトで見たけれど、目撃したとか神経症で帰郷したとか何が何やらわからん状態になっていた。
 早期発見できたんやろうと思う。若い人の癌は転移が早く、発見した時にはもう手遅れというようなこともある。それだけに、若くして引退ということはなく来春のキャンプから本格的に復帰できるという発表は、ほんまに喜ばしい。
 若くして亡くなった友の顔を思い浮かべる。私のようなものでも運よくこうやっていきてられるわけで、しかも大きな病気も今のところなく、なんとか毎日ブログでぼやいてられる、いやいや仕事ができているんやから、ありがたいことやと思わんならんなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学校はもう始まってます [プロ野球]

 サンテレビのナイター中継では、ずっと昔から夏休みの期間中には小学生を放送席に招いて「ちびっこ解説」なんてサービスをしている。私が中学生の頃は「タイガース子ども会」、今世紀に入ってから公式ファンクラブができたので「タイガースファンクラブ キッズ会員」の子どもたちを呼んでいる。
 今日は大阪市内の小学校に通う男の子。実況担当の湯浅明彦アナウンサーが「学校は明日から?」ときくと、「もう始まってます」と答える。
 そうなんです。大阪では授業時数確保のためなどの事情で8月末から小学校でも授業を始めているのです。サンテレビは神戸の放送局やから、兵庫ではまだ9月1日が始業式なのか、それともそこまでリサーチしてなんだのか。
  湯浅アナ、予定していた質問は「もう宿題はできましたか?」やったんやろうけれど、そこは機転をきかせて、「じゃあ、宿題はもう全部提出したんですね」ときいた。「はい、全部出しています」と男の子。まあテレビで「まだ出してないのがあります」とは言われんとは思うけれど。
 試合開始から終了までの完全中継が売り物だけに、野球に関することのリサーチなどはしっかりとしてはるやろうけれど、ちびっこ解説との打ち合わせまでは手がまわらなんだんやろうなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

どうしたカープ [プロ野球]

 どうしたカープ。マジックナンバーが点灯してから、去年みたいに一気に減っていかんぞ。昨日は9回裏に三者連続ホームランで逆転サヨナラ負け。今日は9回に追いつかれ、延長10回裏にサヨナラ負け。マツダスタジアムやと無類の強さを発揮するカープも、アウェーには弱いんか。
 昨日はタイガースもサヨナラ負けでおつきあいしたけれど、今日は投打がかみ合うてマジックナンバーはそのまま。去年はマジック対象のジャイアンツが失速していったのとカープに勢いがあったのとでみるみるうちにマジックが減っていったけれど、今年はそうはいかんということか。
 思い出すのは2008年のシーズン。タイガースが一時はマジックを点灯させ、その後も大きな連敗もなく5割のペースを維持していったのに、ジャイアンツが全然負けてくれへん。そのためゲーム差がみるみるうちに縮まり、気がついたら逆転優勝されてしもうた。
 ま、ああいうことはめったに起こらんから「メイクミラクル」てなことを言われたんやけれど、まだ残り30試合はある。何が起こるかわからんよ、ほんま。実際、躍進カープの象徴である鈴木が骨折で退場。復帰は早くても1ヶ月後くらいか。骨折は日にち薬やからね。完治するまで時間がかかる。ここにきて主力の脱落は大きい。
 確かにゲーム差はまだ離れているけれど、タイガースにもまだ望みは残っている。これで藤浪が復活してくれたりなんかしたら、ひょっとしたら……。いやいや、それはまだ口にせんとこう。
 とにかく今はええ夢を見ながら野球中継を楽しもう。ふふふふふ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

藤浪に臨時コーチを [プロ野球]

 今日は人間ドック。毎年受けるごとに、胃カメラには慣れてきて、どこが苦しいか、どこを辛抱すればよいか、どこで力を抜けばよいかがわかってきた。でも苦しいものは苦しいし、疲れるのは疲れる。
 にわか雨もあるかもと言う予報やったんで、折畳傘も用意したりしてたんやけれど、病院を出たら暑い暑い。ええ天気やおまへんか。汗だくになって帰宅。すぐに午睡。まあとりあえず8月中旬の二大イベントのひとつが終了。もうひとつは教員免許更新講習の試験です。
 夜はタイガースとカープのナイター中継を見る。藤浪晋太郎の一軍復帰試合ということで注目してたんやけれど、残念ながら5回途中で降板。しかも2死球で一時はあわや乱闘かというような雰囲気になる。
 テレビ解説の吉田義男さんと有田修三さんが、「また二軍に落とすようなことをしたらあきません」「これで相手の打者は嫌がっとるんやから、こういう投手やと思うて使わんとあかん」と言うてはったけれど、私もそう思う。要はメンタル面の問題で、かつてライオンズの東尾投手が与死球のあまりの多さに近鉄バファローズのデービス選手にどつかれていたりしたけれど、それでも相手の腰を引かせるためにきわどい球をほうり続けていたのを思い出す。
 この際やから、タイガースは臨時コーチとして東尾修さんと江本孟紀さんを招いたらどうやろう。東尾さんは死球を活用することの利点について説いてもらい、江本さんには手足の長い投手の利点を説いてもらうのです。特に江本さんはタイガースのOBなんやから、頼ったら喜んで手伝うてくれると思うぞ。
 とにかく藤浪投手は球界を代表する投手になる可能性を秘めたええ素材なんやから、こんなところでもたもたしてもらいたくないのです。
 タイガース関係者の方、この提案、如何でしょうか。まあ、こんなところでぼやいてても伝わらんか。

 8月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

カープは強くない! 弱くもないけど [プロ野球]

 昨日からわれらがタイガースはカープと対戦。2敗したらベイスターズの成績いかんではカープに優勝マジックナンバーが出るという状況。
 ただ、確かにカープはよく打つけれど、決して投手陣は嫌やないという印象がある。打ち負けた試合はあれど、投げ負けた試合というのはほとんどないように思うのですね。昨日の試合では9回表、さあ同点のチャンス到来というところで上本選手が守備妨害をしてしまい狐につままれたような気分のまま負けてしもうたけれど、手も足も出んという感じやない。今日の試合では1点負けている展開で最終回に相手のクローザーの乱調で逆転勝ち。今のカープに絶対的な“守護神”がいてへんから、怖くない。なんで10ゲームも離されているのか不思議に思う。
 スポーツ紙で勝敗表を見ていたら、ジャイアンツとスワローズがカープに大幅に負け越していて、カープ独走の原動力になっているみたいやね。優勝するチームは必ず“お客さん”をつくっているというけれど、“お客さん”が2チームもあったら、そら独走するよなあ。
 今のタイガースは発展途上けれど、来年くらいからカープと激しい優勝争いをするんやないか、そこにベイスターズも加わって、あと何年かは3強時代が続くんやないかと見ている。2000年代中盤から数年間、ドラゴンズ、ジャイアンツ、タイガースが3強時代を続けていたけれど、あんな感じになるんやないか。
 そのためにはタイガースもせめて1チームくらい“お客さん”をつくらなあかんなあと感じた次第。カープもシーズンが終わるまでに一度くらいはつまずく時期が来ると見ている。さてその時にカープに迫るのはタイガースかベイスターズか。
 というてもまあカープの優勝はほとんど動かんとは思うんですけどね。もう少し意地を見せてよ、ジャイアンツ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

甲子園の魔物 [プロ野球]

 今朝は新聞休刊日やし、授業の時間割は短縮バージョンで月曜の時間割になってるし、なんか火曜日という気がせんのです。でも、深夜に録画したアニメは月曜深夜のものばかり。朝食をとりながら見ていると、やっぱり火曜日やなあ。
 週刊朝日では「山藤章二のブラックアングル」が連載再開。でも、正直絵も荒れ、アイデアも錆び、という感じで、見てて辛い。全盛時の傑作の数々を思うと、ほんまに辛い。
 一日事務作業をして、帰宅後は相撲と野球。
 タイガースは昨日1年ぶりに西岡が甲子園に帰ってきて非常に嬉しかったんやけれど、同じ試合で糸井が脇腹を傷めて登録抹消。「甲子園には魔物がすんでいる」なんて言うけれど、この魔物、なんとかならんか。
 その魔物に逆らうように連続試合出場を続けている鳥谷はほんまに凄い選手やなあと思う。今日は大敗したけれど、終盤に反撃。さすがに9点差大逆転の再現はならなんだけれど、カープにしたら甲子園のタイガースの反撃は恐ろしいんやないかね。大差がついているにもかかわらず先発の大瀬良をさっさとひっこめて中崎、ジャクソン、今村の必勝リレーを繰り出してきたけれど、逆に点差をつめられてるもんなあ。カープもまた甲子園の魔物におびえているんやないかと感じた試合でありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - プロ野球 ブログトップ