So-net無料ブログ作成
検索選択
プロ野球 ブログトップ
前の10件 | -

センバツ決勝大阪対決 [プロ野球]

 今年から制定されたラッキーサタデーが始まった。などとほらを吹こうと思うたけれど、果たしてラッキーサタデーなるものがどのようにしたらいかにもおもしろいものになるのか思いつかず、断念。エイプリル・フールというのは難しい。落語「阿弥陀池」のようにはいかんなあ。今はやりの「嘘ニュース」みたいに悪質なのは嫌やしね。罪のないほらというのが実は一番難しい。悪意のある嘘というのは、なんぼでも思いつくんやけどね。
 とはいえ、センバツの決勝戦とプロ野球中継の両方を楽しめるというのは、野球ファンにしたらラッキーサタデーかもしれん。
 大阪対決となったセンバツの決勝戦は、大阪桐蔭の優勝。3点リードの8回裏、履正社に追いつかれたかと思うたら、9回表に代打ホームランが出るんやから、大阪桐蔭はさすがに層が厚い。
 HDDレコーダのダブル録画機能というのはありがたく、高校野球をとプロ野球を裏表で録画でき、高校野球を追っかけ再生で見終えた後、今度はプロ野球を追っかけ再生で見ることができる。
 無駄にきびきびしている高校野球のあとに、無駄にだらだらしているプロ野球を見るとおもしろい。打球や送球、体の動きのスピードはプロの方が上なんやけれど、サインの交換などで時間を取るからだらだらして見える。高校野球は全体にざっくりしているから進行が早いんやね。あと、審判は高校野球の方が投手有利に判定するね。あんなんボールやんと思うような変化球もことごとくストライク。逆に今日のカープ-タイガース戦の球審は投手に厳しく、入ってるやんと思うコースでもボールとコール。おかげで両チーム合わせて27四球というプロ野球記録までできてしもうた。
 テレビ中継終了後はラジオで聞いていたけれど、さすがに疲れたな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プロ野球開幕2017 [プロ野球]

 今日はプレミアムフライデーなので仕事をしたらあかんらしいから、仕事をさぼって午睡三昧。というのは嘘です。あ、エイプリル・フールの日は明日であった。年休を使い切るためと、この一年酷使した心身を休ませるために最初から休暇を取っていたのです。最終金曜日と重なったのは偶然であります。さぼったのではなく休んだのです。
 しめしめ、そのおかげでセンバツの決勝を見られるぞと思うていたら、雨天中止。大阪も昼前から雨。決勝戦は明日に延期となった。
 これはタイガースの開幕戦も雨天中止かなと思うていたら、広島は雨が上がるのが大阪より早かったらしく、30分遅れで決行。カープ球団としても開幕戦を流したら欠損が大きいから、無理にでもやったのでしょうね。気の毒なのは選手で、息は白いしネックウォーマーをしている選手もいてる。汗かきのメッセンジャー投手なんか、体が冷えて大変やったのと違うかな。
 おかげで20分ほど見る気もないジャイアンツの試合を見せられた。同じ枠で関東ではジャイアンツの試合を中継していたのですね。そらまあカープとタイガースの試合を日テレがジャイアンツを差し置いて全国中継するはずがないか。そっちの方が視聴率はよくなりそうな気がするんやけれど。
 というわけで、テレビ中継は試合途中で終わり、後半はラジオで聞く。テレビではタイガースが打ちまくったええ場面ばかり見られた。ラジオに切り替えたらタイガースがエラー続出で7点差まであったのが2点差にまで詰め寄られた。どうせならBS日テレで続きを放送してくれたらよかったのに。ジャイアンツの試合はとっくに終わってたんやからさあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

順位予想不要論 [プロ野球]

 今日はお山の学校に。来年度に向けて細々と準備。去年の今ごろはまだ前任者との引き継ぎ段階やったのと、前任者が転勤の準備のため片づけをしていてぼっち部屋では仕事がでけなんだこともあって、あれこれと手間取ったものやけれど、1年やってなんとか段取りはわかったので、少しだけ余裕がある。
 夜はサンテレビ「熱血! タイガース党」を見る。いよいよ明日からプロ野球開幕なんやなあ。わくわく。選抜高校野球決勝は履正社と大阪桐蔭の大阪対決になったとか。早実が意外に早く姿を消したりということもあってこうなったんやろうけれど、夏の大会やと府の予選の決勝戦でしか見られん顔合わせを甲子園で見られるという、センバツならではの決勝やね。
 各スポーツ紙では専属の解説者たちが順位予想をしている。みなさん苦労してはりますねえ。長いシーズン、予想通りに行くわけがない。昨シーズンでいえば、ファイターズが11ゲーム以上も離されていたホークスを大逆転したけれど、そんな展開誰も予想でけなんだやろう。カープが2位ジャイアンツに17ゲームも離して優勝するなんて誰も予想してなんだはず。ましてや新井さんがMVPに選ばれると誰か予想していたか?
 解説者のみなさんはすべて一流選手であったり監督やコーチの経験があったりするから、キャンプをちょろっと見ただけで戦力全体を把握でけんことくらい承知のはず。例えば荒木大輔さんなんか「タイガースはベテランばかりなのでシーズン通したスタミナに不安」なんて言うてはる。確かに福留、安藤、能見、鳥谷、糸井、メッセンジャーらベテランもいてるけれど、それ以外は昨年規定打席に達したのは高山だけという若手ばかりのチームなのにね。
 おそらく解説者のみなさんからしたら、「そんなもんわかるか」と蹴飛ばしたくなるような企画なんやろうけれど、お仕事と割り切って無理から順位をつけているんやないかなあ。タイガースの5番を任される原口なんか去年の今ごろはまだ一軍の試合に出場できない育成選手やったんやで。それがいきなり支配下登録されたばかりで月間MVPですもんねえ。そういう選手が今季も出ないとは言われんやろう。ジャイアンツの試合中心に解説してる人らからしたら原口なんかその存在すら知らなんだ人もいてたのでは。
 予想外のことが起きるから、楽しいのです。そんなことは百も承知で順位予想せんならんというのはちょっと気の毒であるよねえ。
 だいたいひいきチームを下位に予想されたらファンも気分が悪い。この「順位予想」というのはやらんでもええんと違うかなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

WBC惜敗 [プロ野球]

 今日は新入生説明会で休日出勤した分の代休。昨日の疲れで一日だるく寝て過ごす。
 昼食時、WBCの準決勝を中継していることを思い出し、テレビをつける。8回裏、1-1と接戦。ホークス千賀投手が1死からヒットと二塁打でピンチを作り、次打者はサードゴロに打ち取ったもののホークス松田三塁手がバックホームを焦ったかファンブルし、本塁には投げられず一塁でアウトを取るけれど、その間に1点を失う。そこらあたりで昼食を取り終えたんで、テレビを消して一服つけて午睡。夕刻、ニュースで日本代表の敗戦を知る。くだんの1点が決勝点になったらしい。
 松田内野手は悔やんでも悔やみきれんやろうなあ。ペナントレースにまで尾を引くようなことがなければええんやけれど。松田がホームでアウトにしてたら優勝できた、なんて言うたらあかんぞ。慣れない天然芝のバウンド、しかも初めての球場でのプレー。責めるわけにはいかん。
 米国代表も今回はメジャーの一流どころを選抜してきたようなんで、そんなチームとほぼ対等に、しかもアウェーの球場で試合ができたんやからたいしたもんやないですか。昔はシーズンオフの「日米野球」で観光気分のメジャーリーガーに軽くやられていたんやからね。真剣勝負で対等な試合ができるところを見ると、感慨深いものがある。
 というわけで、われらが藤浪晋太郎君は酷使されることもなく帰国してくる。一日も早くチームに合流してペナントレースに向けた調整をしていただきたい。私としては実はそちらを望んでいたんやけれどね。
 相撲は高安が緊張のあまり体が動かず敗れて、稀勢の里が単独で11連勝。相手に力を出させて勝つんやから、強いわ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

タイブレークと敬遠 [プロ野球]

 朝食を取りながら、昨夜録画した「タイガーマスクW」を見ようとしてたら、アニメのあとにあるほんまもんの「ワールドプロレスリング」だけしか録画してなんだ。先週もそうやった。なんでかというと、プロ野球WBCの中継が長引いて番組の時間がずれ、時間調整のために「タイガーマスクW」をカットしているのですね。ほんまもんのプロレスを見ながら食事する趣味はないので、かわりにアニメ「スクールガールズストライク」を見ながら食べましたが、楽しみにしている番組が2週続けて飛んでしまうのはさみしいなあ。
 それでも、時間短縮のために「タイブレーク」というシステムを使うて決着をつけたらしい。スポーツ紙で知ったんやけれどね。
 これは、延長戦に入ったら、ランナー2人を置いてその回を始めるというもので、これでタイムリーが出やすくなり、早く決着がつくというシステム。おもろないなあと思うけれど、野球はサッカーなどと違うて時間制やないので、こういうことでもせんといつまでたっても終わらんのですね。9回で打ち切ってドローにし、得失点差で順位を決めるという方が私はまだ納得できるんやけれど。
 今シーズンから米大リーグがスピードアップのために取り入れるのが敬遠四球の省略。敬遠するよと球審に伝えたら、投手は一球も投げることなく自動的に打者に四球が与えられるというもの。確かに効率的かもしれんけれど、あのキャッチャーが立ちあがって外させている間にもドラマがあるんやで。新庄剛志選手がかつて敬遠球を打ってサヨナラヒットを放ったこともあった。小林繁投手が敬遠のために大きく球を外して投げたら外れ過ぎて若菜嘉晴捕手が受け損ねて暴投となり、サヨナラ負けした試合もあった。首位打者争いをしている田尾安志選手が敬遠のボール球に対してわざと空振りして見せた試合もあった。古くは阪急ブレーブスのダリル・スペンサー選手がが敬遠ばかりされるのでバットを上下逆に持って打席に立ったという。
 敬遠している投手に向かって、スタンドのファンが「よーわむし、よーわむし」とコールする。4球投げている間の打者の表情。じりじりしながら待つ次打者の心境。もろもろ含めてすべてドラマ。
 野球とベースボールの違い、なのかなあ。あの無駄のように思える時間にけっこう意味があると私なんか思うたりするんやけれど。
 最近は捕手が立たないで普通にボール球を投げさせるケースもある。こういう場合、途中で勝負に切り替えたりもできる。そこらあたりの駆け引きの妙が見られなくなる。
 米大リーグの真似をしたがるNPBは追随するのかな。できたらタイブレークと敬遠申告についてはやめていただきたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キャンプよりオープン戦 [プロ野球]

 今日は完全休養日。午前中はテレビを友とする。昨日の深夜はABC「虎バン」、そして今日の昼はテレビ大阪で「タイガースキャンプsp」と、関西のテレビ局は開幕に向けてそれぞれ準備を始めている。もっともキャンプの内容はサンテレビ「熱血!タイガース党」で毎週見せてもろうていたから、ほとんど目新しいものはなかったけれどね。強いていえば「虎バン」でNMB48の山本彩が板山選手とお互いにあごを触りっこするというシーンがおもろかったというところくらいか。テレビ大阪では江夏豊さんが金本監督にインタビューしていたけれど、金本監督は口が堅く、江夏さんが斬りこんでいっても「ここでは言えませんけれど」を連発していた。キャンプ特集よりも、甲子園でのカープとのオープン戦を中継してほしかったなあ。
 午後からは午睡。熟睡したけれど、なかなか疲れは取れんなあ。来週はちょっと途中で休みを取るというのは難しそうです。やれやれ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

阪神は世界一を狙えるか [プロ野球]

 プレミアムやない金曜日。ひたすら事務作業。まだ少し残っているけれど、明日の休日出勤でなんとか終わらせられそうなので、定時に退出。
 夜は、タイガースとWBC日本代表の強化試合の中継を見る。タイガースはまだまだこれから開幕に向けての調整中。一方代表チームは数日後に初戦のキューバ代表選を控えている。ぼこぼこにやられるか打線が沈黙しても仕方ないやろうなあと思いつつ、今年初めてのタイガースの中継を楽しむことにした。
 おおお、天敵のホークス武田から初回に高山の二塁打などでチャンスを作って原口の内野ゴロの間に先制点を入れると、2回には二三塁に走者を置いて板山が高めの速球をライト線に痛打して3点を先制。投げればメッセンジャーと岩貞のリレーで6回まで無失点。7回に新外国人のメンデスがファイターズ中田にソロホームランを浴び、8回にはマテオが走者をためて内野ゴロで1点を奪われるも、すぐさまスワローズ秋吉から1点を奪い返して最後はドリスが締めて4-2と快勝。
 実況はTBSのアナウンサーでタイガースのことなど眼中になくまるで昔の日テレのジャイアンツの試合の実況みたいに日本代表を盛り上げようとするけれど、かえって逆効果。世界一を目指すとかいう強いチームが調整中で若手主体のチームに負けてるというのにね。
 なにしろ京セラドーム大阪が満員になってるのを、「それだけ侍ジャパンを応援するというファンの方が多いのでしょう」とか言うてる。たまりかねた解説の衣笠さんが「タイガースファンでぎっしりですねえ」と訂正するくらい。テレビの音声でも、日本代表チームへの声援よりもタイガースファンのコールの方が明らかにでかかったぞ。
 こういうのを「ひいきの引き倒し」というんやろう。
 福留も糸井もキャンベルもいてへんのに日本代表に勝ったんやから、このチームをそのままWBCに出したら世界一になれるんやないの。あ、メッセンジャーは日本代表というわけにはいかんのか。
 というわけで、タイガースの今季初ナイターは日本代表に勝つという上々の出来。いやあ、開幕が待ち遠しいなあ。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大谷のWBC出場辞退 [プロ野球]

 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手がWBCを辞退した。足の怪我のせいやそうで、無理に出場したら公式戦に影響が出るやろうということらしい。
 スポーツ紙などではえらい騒いでる感じやけれど、そんなもん当たり前のことやないかと思う。プロ野球選手にとって一番大事なのは公式戦で、国際試合やなんやというてもWBCてなもん余興のひとつに過ぎんのやから。米大リーグに所属している選手の多くがチームの意向で出場辞退しているのを非難する声もあるみたいやけれど、これも公式戦を優先するのが当たり前なんで、余興で怪我をして一年俸に降ったりしたら丸損ですがな。
 なんでも大谷選手は去年の日本シリーズで走塁中に足首をひねり、そのオフの「侍ジャパン」の試合に出てやはり同じところをひねったという。余興に出てなんだら悪化せんかったかもしれん、とも考えられる。
 2008年にタイガースが優勝しそうになった時のことを思い出す。新井貴浩選手、藤川球児選手、矢野輝弘選手がシーズン途中に五輪大会出場のために抜け、大会で無理をした新井選手が腰を痛めてシーズン終盤まで欠場してしもうた。ジャイアンツはラミレス、グライシンガー、クルーンといった外国人選手の活躍でタイガースを追い上げ、ついに逆転優勝を飾った。この時ほど五輪大会を恨んだことはなかったね。
 この前の「日本相撲トーナメント」で、新横綱稀勢の里が優勝したけれど、決勝の相手は平幕の貴ノ岩。白鵬や鶴竜は一回戦で早々と敗退していた。本場所なら怪我を覚悟で無理もするけれど、花相撲では無理はしない。しょせんは余興で、これに優勝しても番付には関係ないからね。
 大谷選手にはこの再手術してでも怪我を治してもらい、公式戦で活躍していただきたいものです。
 ついでにいうと、東京五輪で野球競技が復活するらしいけれど、その際はプロを公式戦から引き抜くような真似はせず、アマチュアの選手だけでチームを組んでほしいと思う。何事にも優先順位というものはあるのです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

あの新井さんが…… [プロ野球]

 2日間家にこもっていたせいか、出勤する時の足が妙に重い。そんなに仕事が嫌なんか。いやいや仕事よりも通勤するのが面倒なのです。せめてあと30分短いか、バスの乗り換えがなければねえ。
 帰宅して、ああ相撲が終わったんやなあと思いつつ、録画のたまっていたアニメを何本か見る。ネットにつないでニュースサイトを見ていたら、プロ野球の表彰イベントの速報が掲載されていた。
 セ・リーグのMVPはカープの新井貴浩内野手。いやあ、あの新井さんがMVPですか。2年前の今ごろはタイガースを自ら自由契約で退団し、カープに拾われるように復帰していたのですね。あの時、今日のような日が来ると誰が予想したやろうか。ゴメスにポジションを奪われ、ベンチを温める日が続いていた、あの新井さんが、カープ優勝の牽引車となり、そしてMVPを獲得するなんて。
 でも、なんか素直に嬉しかったりもする。タイガースでの苦闘の日々を経て、その労苦が報われた。ええ話やないですか。絵本の主人公にもなったしね。私としてはカープの新井さんというよりも、タイガースOBの新井さんが受賞したという思いであります。タイガースファンというのはそういう生き物なのですよ。
 タイガースからは高山俊外野手が新人王に選出された。それ以外の表彰選手はというとファームのウ・リーグ最多勝の秋山拓巳投手と本塁打王・打点王の陽川尚将内野手だけ。タイトルホルダーは一人もなく、ゴールデングラブもベストナインもなんもなし。寂しいことではあるけれど、なに来シーズンは優勝争いをしてベストナイン独占というくらいの活躍を若手がしてくれるから大丈夫。何の根拠もなくそんなことを書いてええんか。ええんです。それがタイガースファンという生き物なのです。まあ見とれ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

糸井がタイガース入り表明 [プロ野球]

 土日に午睡しないとあきませんな。2日続けて外出した疲れが残ってる。
 定時にさっさと退出し、帰宅。録画しておいた相撲を見る。豪栄道が稀勢の里の土俵際の突き落としに倒れ、3敗目。鶴竜が無敗を保ったので、優勝争いから脱落という感じ。まだ何が起こるかわからんけれど、日馬富士も白鵬も1敗で踏みとどまっているんで3横綱がそろって脱落せん限り優勝の望みはない。序盤戦に見せた出足の良さが全くなくなってしもうた。かくも連続優勝は難しいか。
 ニュースサイトを見たら、バファローズ糸井嘉男外野手がFAでタイガースへの移籍を表明。かなりじらされたけれど、とりあえず決着がついた。新外国人のキャンベル内野手が当たりかどうかはわからんけれど、外れた時の保険にドラゴンズをリリースされたエルナンデス内野手あたりを獲得しといたらどうよと勝手に思う。キャンベル選手は大物打ちやないみたいなんで、ヘイグ選手の二の舞にならんかと心配している。マートン選手みたいにいきなりヒット連発というわけにはいくまいよ。
 ところでタイガースは糸井選手に背番号7を用意しているらしいけれど、現在背負っている西岡内野手の背番号はどうなるのか。私は西岡選手は4番をつけることになるんやないかとにらんでいる。これまで4番をつけていた上本内野手が00にかわったということは、西岡のためにあけたんやないかと思う。西岡があこがれていた新庄選手のつけていた5番にしてもええんやないか。キャンベルには4番をつけてもらおう。ドラフト1位の大山選手に3番をつけさせるように思うしね。
 さて、ここからが本番や。バファローズが人的補償を要求するか、金銭補償を要求するか。人的補償の場合、誰をプロテクトするのか。今季、金本監督は若手を積極的に起用してアピールさせたから、プロテクトから外れる若手が狙われるような気がしてならんのですよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - プロ野球 ブログトップ