So-net無料ブログ作成
テレビアニメ ブログトップ
前の10件 | -

キズナアイの声優は? [テレビアニメ]

 今日はお山の学校は3学年そろって校外学習。生徒の騒ぐ声もなく、教員もほとんど出払っている中、仕事部屋で黙々と教材作成。午後からは弁天町まで出張。市岡高校で人権教育の研修会。終了後、直帰。書棚部屋の整理は明日にまわすことにする。
 例によって夜はナイター中継を見る。タイガースは大敗。勢いがついた時のカープ打線は手がつけられんなあ。あまりの大敗に解説の福本豊さんはほとんどしゃべらず。
 試合が早く終わったので、録画しておいた「キズナアイのBEATスクランブル」を見る。自称ヴァーチャルYouTuberのキズナアイが「昆虫物語 みなしごハッチ」を見ながらツッコミを入れている。これがなんとなくあほらしくておもろい。声優さんは非公開。時々関西弁が混じるけれど、イントネーションなど正確なんで、関西出身の方なのでは。声質などから見当をつけてみるけれど、確証のないことは書かん方がよかろう。私が書いたことが拡散するとは思わけんけれど、デマを発信したことにされてしまうのは嫌やからね。
 というわけで、なんやかんやで疲れております。この日記を書くのにクナッパーツブッシュ指揮ウィーンフィルの小品集を聴き始めたんやけれど、あまりにおもろい超名演なんで、BGMがわりにはなりません。これは職場の仕事部屋にもっていってかけるのは危険やなあ。つい仕事の手を止めて聴きいってしまうに違いない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カウボーイ・ビバップ [テレビアニメ]

 愛すれどTigers「メッセ、生涯虎宣言」を更新しました。

 今年は月曜日と火曜日が時間割が満杯で事務作業などがほとんどできない。昨日は休養をたっぷり取って臨んだんやけれど、やっぱりきついね。授業が多いのもきついけれど、教材作成や奨学金事務の仕事が進まんのがもどかしい。
 今週もしぼんで帰宅。こういう日はあまり深刻なアニメを見たりしない方がよろしい。夕食前には「プリキュア」を見る。妻が久しぶりに見て、「やっぱり魔法少女の王道はすごい」と感心していた。子どものころに「魔法使いサリー」をはじめとする東映動画の魔女っ子もので育っているだけに、本家本元のストレートな魔法少女(プリキュアは魔法少女やないけれど、系譜としてはサリーちゃんの子孫であろう)にストレートに反応してしまうんやろうね。
 夕食後はKBS京都で再放送している「カウボーイ・ビバップ」を見る。こちらは等倍速でじっくりと味わう。何度も見ているし、DVDも持ってるんやけれど、やっぱり録画して見てしまうのです。1998年の製作で、CGを使うてへんのやけれど、きちんと作れば、手描きの作画の方が動きが生きているということを再確認。CGはきれいに動き過ぎて面白みや味わいに欠けるうらみがある。日本のアニメはこの時期が質的にはピークで、今はいささか下降気味なんやないかと思わずにはいられない。
 いやいや話も作画もデザインも音楽もすべてがかっこいいなあ。明日に向かって元気出てきたよ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

残念な特番 [テレビアニメ]

 今日はなんか久しぶりに完全休養日。朝のうちに昨夜録画した深夜アニメを見て、昼食前と昼食後に2度午睡。3時ごろ起きてプロ野球中継を追っかけ再生で見る。タイガースは完敗。最下位チームに連敗かあ。最近はジャイアンツの方がタイガース戦になるとむきになってかかってくるようになったような気がするなあ。カープ戦でもこれくらい気合を入れて勝ってもらいたい。
 夕食前と夕食後は妻といっしょに録画した番組を見る。なんというのかつまり寝るかテレビを見るかしてへんやないか。あ、新聞は読んだ。
 毎日放送に一言いいたい。アニメ「ビートレス」特番は何よ。漫才師3人と声優2人をスタジオに入れて大喜利とか、視聴者をなめてるんですか。どういう事情で本篇を放送してへんのかは知らんけれど、つなぎの特番にしたってもう少しやりようがあるでしょう。
 総集編は一度やってるから、こういう構成の番組にしたのかもしれんけれど、本格SFアニメやねんから、いかにも低予算の内輪受けみたいなことをやられると、SF者としてはむかっとくるのであります。毎日放送的にはアニメをその程度のものとしか認識してへんのかという気がしてしまう。関東のキー局以上にアニメに力を入れている局だけに、ほんま残念です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「BEETLESS」と「博多豚骨ラーメンズ」 [テレビアニメ]

 朝からテレビを友とする。金曜深夜と土曜深夜はとにかくアニメの本数が多い。SFありハードアクションありメルヘンタッチありとバラエティに富んでいるので楽しいのは楽しいんやけれど、たて続けに見るとやっぱり疲れるね。「BEETLESS」は長谷敏司さん原作のSF。アンドロイドに人格があるかというテーマを非常にわかりやすく物語に消化している。同じようなテーマでも、SFっぽいけれど詰めの甘いものがままあるけれど、これは違います。SFファンは必見。「博多豚骨ラーメンズ」は木崎ちあきさん原作の、博多に潜む殺し屋、殺し屋の殺し屋、復讐屋などが入り乱れるハードアクション。博多って、人口の3%が殺し屋らしいです。ほんまですか。
 金曜深夜放送分では、特に上記2本がお気に入り。今クールは平日深夜もなかなか見ごたえのあるものが多く、仕事のストレスをいやしてもろうております。
 午後から午睡。夕刻、録画した相撲を見る。鶴竜と御嶽海が6連勝。鶴竜はどこまで突っ走れるか。高安は3連敗で脱落。兄弟子の稀勢の里が休んだ分がんばろうと気負いこんでいるのかな。
 風邪のひき始めか、鼻の奥、のどの奥が痛む。熱はまだ出てへんけれど、口内炎ができたり、腹具合が悪かったり。ストレスや疲れで弱ってるからなあ。インフルエンザやないのが幸いです。

 明日、1月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ「バジリスク 桜花忍法帖」 [テレビアニメ]

 朝、昨日の深夜に録画したアニメ「バジリスク 桜花忍法帖」を見る。以前この日記でも触れた、山田正紀さんが書いた山田風太郎「甲賀忍法帖」の続編がアニメ化されたのですね。もしかしたら山田正紀さん初のアニメ化なんやないでしょうか。
 アニメは原作の雰囲気をよく伝えている。ただし、前作のアニメ「バジリスク 甲賀忍法帖」を見てへん人や、小説の「甲賀忍法帖」を読んでへん人には、主人公二人の因縁やとかはわからんのやないかなあ。前作は10年以上前に放送されたきりで、DVDの売れ行きもようなかったらしいし。私も実は見てへんのです。そやから、第1話ではまず「甲賀忍法帖」のダイジェスト的なものでもええから、物語の背景にあるものをちゃんと説明しておかんと、いきなり伊賀忍者と甲賀忍者が戦いはじめ、なんか知らんけれど若い二人の忍者が結ばれんとあかんということになっているのかさっぱりわからんのやないかなあ。
 できれば「甲賀忍法帖」を再放送し、それから「桜花忍法帖」を第2シーズンとしてアニメ化するくらいのことをせんと、せっかくちゃんとした原作を使用しているんやからもったいない。CSの「時代劇チャンネル」で去年再放送してるらしいけれど、そんなん若い深夜アニメの視聴者層は見てへんって。
 私は両方とも原作を読んでいるから「どんなふうにアニメ化するんかなあ」という感じで見られるからええけれど、そんな人ばかりやないでしょう。
 止め絵を多用したりして迫力を出そうとするなど、なかなか工夫した演出をしているだけに、シリーズ構成の段階でなんとかやりようがなかったかと思うのでありました。
 朝からこんなもん見てるから疲れるんでしょう、まったく。困ったおっさんであります。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

Just Because! [テレビアニメ]

 終日降雨。もともと外出の予定はなかったので、一日家にこもる。
 午前中は前クールから放送されていた深夜アニメ「Just Because!」の最終回などを見る。「Just Because!」は中学時代に他県に転校していった青年が、高3の冬休みに戻ってきて、1ヶ月ほどもと住んでいたところの高校に在籍することになった、というところが物語が動く。わずかな期間、しかも受験勉強を続ける者、家庭の事情で就職を選んだ者、推薦で合格が決まっている者、クラブの存亡をかけて今クールに応募する下級生など様々な若者たちの心の動きをていねいに描いた佳品。「赤本」の教学社などの協力も得たりして、高校教師である私が見てもツッコミどころのない学校生活が描かれている。学校のシステムとか、かなりええかげんなアニメが多いのにげんなりしているだけに、そこらあたりからきっちりと作りこんでいるところがまずよろしいな。そして、卒業前の高校生の揺れ動く心情も、その時期やないとあり得へんというところまで描きつくしている。物語は、若者たちの恋の物語なんやけれど、これが甘酸っぱくてよろしいのですよ。思わず教員の視点で「君ら、がんばりや」と応援しながら見ておりました。
 こんなのを作られたら、今後高校を舞台にした恋愛アニメはみんな嘘臭くなってしまうんやないかなあ。
 午後は読書。塚田孝「大坂 民衆の近世史-老いと病・生業・下層社会」(ちくま新書)を読了。落語に出てくるような長屋の住人たちの生活の実態はどのようなものか知りたくて読み始めたんやけれど、孝養や忠勤などの「褒賞」の記録から浮かび上がるリアルな町人たちの生き方を検証した好著。学術書なので誰にでもお薦めということはしませんが。
 午睡のあと、テレビでABC「虎バン」を見る。星野仙一さんの追悼番組。むろん「虎バン」やからタイガース時代の思い出が中心。ユニフォーム組では金本監督、矢野二軍監督、片岡コーチ、平田コーチが、解説者陣では下柳、桧山、赤星がそれぞれの思い出を語った。強面の下柳さんが泣きそうになっているのが印象的。そうやね、下柳さんはイーグルスのユニフォームを着てから引退したんやもんね。それぞれの星野さんへの思いがよう伝わってきた、ええ追悼番組やった。こんな番組を作ってもらえるやなんて、幸せもんですよ、星野さんは。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

セルアニメのメリハリ [テレビアニメ]

 愛すれどTigers「2017年を振り返って」を更新しました。

 土日と続けて外出したせいか、疲れが残っている感じで1日を過ごす。行きの電車も帰りの電車も眠気で読書が進まず。月曜日では珍しいことやね。ガストン・ルルー「オペラ座の怪人」(角川文庫)は眠気をもよおすような退屈な小説やないから、疲れが取れてへんのやろう。まあ、昨日は「たちよみの会」のあと、漬物を買いにいったりとけっこう歩いたからなあ。
 こういう日に限って授業はなし。奨学金関係の書類配布のため、封筒に渡す生徒の名前を書いて書類を入れたり、生徒の持ってきた証明書類を郵送したりと、事務作業が中心。まあ、手を動かしていると眠気もどこかに行ってしまうしね。
 帰宅して、BS11でアニメ「名探偵ホームズ」の再放送を見る。今週から宮崎駿の手を離れた回になる。リアルタイムで見た時には一気に絵や動きが下手くそになったという記憶があるんやけれど、今日見たら、一定のレベルを保持している。ちゃんと動いているし、コミカルなシーンも宮崎演出をよく受け継いでいるやないですか。本放送の時はこの回限りで見るのをやめたんやけれど、いやいやあなどれん。セルの時代のアニメの方が、動きにメリハリがあったのと、制作本数が今よりもうんと少なかったんでアニメーターもちゃんと書ける人たちが多かったんやないか、と妻と話す。というか、宮崎演出の回が突出してやり過ぎなくらい動かしていたということですね。これはまあ「ルパン三世」の時もそうやったわけやけれど。ちゃんと見直してみるもんですなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

宮崎駿版ホームズ [テレビアニメ]

 野球終わり、相撲終わり、テレビの楽しみはたまったアニメ録画を見るのみになりました。あ、アニメだけやないですね。「精霊の守り人」は先シーズンのもまだ見てへんのでした。あれ、作りこんであるのでさらっと流し見するなんてことはできず、1話見るだけでけっこう疲れるのです。
 アニメでもそうで、今クールの「いぬやしき」やとか「クジラの子らは砂上に歌う」など毎週楽しみに見ているんやけれど、かなり集中力が要る。本格的なSFやファンタジーというのは、考えながら見んならんから、やはり疲れるのです。しかもこれらは作画も細かいので、見落とさんようにと目玉も使う。
 BS11でアニメ版の「名探偵ホームズ」を再放送しているんやけれど、宮崎駿監督の回はよく動く上に細かなところまで凝っているんで、今のアニメよりも中身が濃い。今日は「海底の財宝」の巻。軍艦から砲撃するシーンなんか、あれを手描きで作っていると思うと気が遠くなりそう。テレビサイズではもったいない。
 確かこの回は映画館でも見たんと違うたかな。「風の谷のナウシカ」と同時上映やったのでした。このレベルで全話作ってたらどんなことになっていたんでしょう。でも、テレビ放送時は宮崎監督の分と他の分との差が激しくでがっくりきたのでした。ところが、今再放送を見たら、宮崎監督作品が突出しているだけで、他の作品もかなり健闘していることがわかった。ええ歳をしてあほほどアニメを見ているから、どれだけちゃんと作っているか、多少なりとも目が肥えてきたということか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

サイバラ式サザエさん? [テレビアニメ]

 サザエさんのアニメを見なくなって何十年になるかわからんけれど、なんでもついに東芝がスポンサーから下りることにしたらしい。放送当初から長らく1社提供を続けていて、東芝の新製品をサザエさんがいち早く使用していたりした時期もあったやに記憶しております。
 まあ、今の東芝ではスポンサーを続けるだけの体力もメリットもないかもしれんね。
 それで東芝の代わりにスポンサーに名乗りをあげたのがなんと高須クリニック。高須クリニックというたら西原理恵子さん。高須クリニックがひいきにしている伊勢ノ海部屋の関取はみな西原さん原画の化粧回しをしている。
 もしかして、高須クリニックの参入でサザエさんがサイバラ式に変化したりして。「毎日かあさん」みたいにサザエさんが夜中にこっそり起きてカニをむさぼり食い、マスオさんは常に飲んだくれている、てな感じに。いっそのことキャラクターデザインも一新して西原理恵子さんにしてもらうとか。もちろん元の長谷川町子さんの絵を見ずに、うろ覚えでそれらしきキャラクターを描いてもらうのです。サザエさんなんだか毎日かあさんなんだかようわからんとんでもなくスリリングなアニメに変身したりしたらさぞかし面白かろう。それやったら録画してでも見るぞ。
 以前からの視聴者が見なくなるという懸念もあろうけれど、なにサザエさんをそんなにみんな必死こいて見てはいるまいて。日曜の夕方にあるものとしてただ習性でつけているだけかもしれんから、ドラスティックな変化があっても別に気にもするまい。
 というわけで、高須クリニックが正式に参入するのが楽しみです。あ、そんなドラスティックな変化をしたら長谷川町子財団が怒るか。それやったらいっそのこと「ぼくんち」など西原さんの傑作をサザエさんの代わりにアニメ化しては如何。そして加藤みどりさんをそろそろサザエさんから解放してあげるのです。ええ手やと思うけど、あかんか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「仮面ライダーエグゼイド」終了 [テレビアニメ]

 朝は涼し目やったけれど、昼から気温が上がってきた。ただ、湿度が低かったのか、比較的快適な一日。
 朝から録画した深夜アニメを見たり、「戦隊」「仮面ライダー」などを見たりする。
 「仮面ライダーエグゼイド」は昨日も書いたように今日が最終回。録画したけれどまだ見てへんというような人のために、結末などはここには書かへんけれど、ほんまの結末は、映画でやってるんやって。そこまでしてみたいと思うほど面白くはなかったし、DVDが出てもレンタルしてみようてなこともせんと思う。
 ゲーム会社のおっさんがゲームで世界征服、という設定に無理があり、若い医者たちが仮面ライダーに変身してゲームのキャラを倒していくという、医者とゲームをむりやりくっつけた展開も苦しかった。単純に戦うのは「戦隊」に任せたらいいという立ち位置はわかるけれどね。ややこしくしたらええというもんやないと思います。
 来週から始まる「仮面ライダービルド」の主人公は天才物理学者なんやそうです。その設定がどう生きるのか。どうも「仮面ライダー」は近年奇をてらい過ぎてるような気がする。
 午後はタイガースのデーゲーム中継を見る。打線の援護があれば、藤浪は勝っていたと思うけれど、相手投手の調子がよすぎた。次回登板の機会はきっとあると思うので、その時は打線が助けてやってよ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - テレビアニメ ブログトップ