So-net無料ブログ作成
検索選択

初めてのショートショート [SF]

 今日は試験監督と採点及び奨学金関係の事務作業に従事。申請に必要な書類がまだそろわない生徒などもいて、準備万端整えつつ、待つしかないのはもどかしい。自分がスムーズに仕事を進めてもどうしようもない部分だけに、これもストレスの原因になりますねえ。
 高井信さんのブログ で、「小さい子どもたちがショートショートに興味を持ってくれるといいなあと思います」と書いてはったのを読んで、さて自分がショートショートに興味を持ったのはいつごろやったかいなと記憶を掘り起こしてみた。
 おそらく、小学5年か6年くらいの時分やったと思うので、今から40年ほど前になりますかね。当時、我が家は「京都新聞」をとっていて、毎週1回、夕刊に「ジュニア」という子ども向けのページがあった。そこに、子ども向けのショートショートが連載されていたのですね。書き手は3名。交代で掲載されていた。
 福島正実、石川喬司、光瀬龍という豪華メンバーでありました。福島さんの作品は少しぞっとするようなSF。石川さんの作品はユーモラスなSF。光瀬さんはなんと謎解きのミステリーやったと記憶しております。この中で、福島さんの作品はのちに秋元文庫というジュニア向けのシリーズで「SFカセット50」というタイトルで一冊にまとまった。高校時代に書店で見つけて即購入し、懐かしさでいっぱいになったのを覚えている。石川さんと光瀬さんの作品は秋元文庫にも入ってなかったし、もしかしたら単行本未収録のままなんと違うかなあ。
 SFの面白さはそれ以前に手塚漫画で刷りこまれていたけれど、SFショートショートの面白さはこの連載で知ったんやと思う。星さんのショートショートに手をのばしたのはその後ですね。クラスの友だちに星ファンの子はいてたけど。
 光瀬さんの謎解きショートショートはともかく、石川さんの作品はもう一度読んでみたいなあ。切り抜いて置いておいてたんやけれど、いつのまにかどこかにいってしもうた。ちゃんと製本して置いておけよ、と40数年前の私に言いたい気分であります。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小松派か星派か [SF]

 読売新聞のサイトを見ていたら、 「あなたはどっち派? 小松左京と星新一」というページに行きあたった。
 筒井派です、という回答はいけませんか。半村派、光瀬派、眉村派……とSF第一世代は多士済々でありますから、この質問自体が無茶振りやないかと思うんやけれど。でもまあ、どっちが好きかという程度の感覚でなら答えられなくもないか。
 でもなあ、やっぱりこの質問、無茶ですわ。比べようがないもん。ショートショートの星さん対長編の小松さん、というわけにもいかんやろう。星さんは数は少ないけれど優れた長編を残しているし、小松さんのショートショートももちろん面白い。
 この質問を思いついた読売の記者の方、どういう意図があったんかなあ。比較して分析し、日本SF黎明期について評論を書くということやったら意味があるかもしれんけれど、読者にそれを聞いてどうするの。
 解答例を読むと、それぞれの代表作に言及してはる方が多いけれど、なんで小松さんより星さんを選んだか、またはその逆かという理由にはどなたも触れられてへん。もしかしたら両方とも読んで答えている人は少ないんやないかと勘繰ってしまう。あくまで私の邪推でしかないけどね。
 落語でいうたら、松鶴と米朝、どっちがいいと聞かれているようなものか。こういう質問でも最終的には好みで答えるしかないもんな。
 なんでこんな質問を設定したんやろうかと考えるに、要は「読んだことのない人は読んでごらん」と言いたいがための呼び水にしたかったんかな、という結論に達したのでありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ウルトラ愛 [SF]

 今日は「山の日」。海の日に対抗して山岳協会が作るように運動したらできたんやそうですね。盆休みを1日増やすためにこの日にしたんやないかと勘繰ってるんやけれど、如何。
 こうなったら気象協会に運動していただいて6月に「雨の日」を作っていただかんとな。
 てなわけで、午前中はテレビを友としたあと昼まで寝、午後からは読書。小林泰三「ウルトラマンF」を読了。小林さんのウルトラ愛がつまった一冊。確かに私も巨大フジ隊員がビルを壊すシーンにはぞくっときた口ではありますが、そこから1冊分話を作ってしまうのはすごいなあ。しかもハードSF作家らしく、ウルトラマン巨大化の理屈など、あれこれと工夫している。ウルトラQからウルトラセブンまではすべて見ているというような方にお勧め。
 読了後、駅前の書店へ。芥川賞の「コンビニ人間」を読んでみたいと思うたんで、単行本やなく「文藝春秋」を買いにいく。この日記でちょくちょく書いている家族経営の小さな本屋さんです。ここで手に入るものは極力買うようにしている。店に行ったら、「相撲」誌の特別増刊「千代の富士追悼号」が置いてあったので、即買い。
 帰宅して「文藝春秋」を開くと、今上陛下の生前退位についての特集があり、ついそちらを読んでしまう。そのうち野球中継の始まる時間になったんで、「コンビニ人間」は明日読もう。
 しかしなんですね、今季のタイガースはカープ優勝のサポーターになったみたいですね。まあ今季はそれでもよし。かーぷっかーぷっかーぷひろしまっひろしいまあかああぷっときたもんだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ショートショート大賞創設 [SF]

 新しく「ショートショート大賞」が設立されたというメールが来ていた。「星新一賞」の第一次、第二次審査をしていたら、明らかにショートショートというよりは短編小説という構成のものが増えてきているし、やはり「星新一賞」なんやから切れ味の良いショートショートを読みたいと思いながら審査を続けていた。とりあえず私の役割は果たしたので、あとは第三次、そして最終審査の方たちにゆだねることになる。
 今度の「ショートショート大賞」では、気のきいたショートショートやないと書かれへん作品が集まるとええのになあ。できれば長く続いてほしいものです。そして、優れた書き手が出てくるのを楽しみにして待つことにしたいなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハロウィーンがやって来た [SF]

 昨日の日記で「地獄のハロウィーン」という書名を書いたところ、高井信さんから誤りをご指摘いただきました。正しくは「恐怖のハロウィーン」でした。若い読者の皆様を混乱させてしまうことになり、申し訳ありません。ここに訂正いたします。高井さん、ありがとうございました。こういうことはうろ覚えでなくちゃんと確認して書かねばなりません。今後はよく注意いたします。
 ハロウィーンを舞台にした小説というと、ブラッドベリに「ハロウィーンがやって来た」というのもあったなあ。これはちゃんとタイトルを確認したので間違いない。晶文社の「文学のおくりもの」のシリーズに入っていて、翻訳権独占のため、他社で文庫化されてへん。そのためにブラッドベリの作品としては知名度が低いけれど、ハロウィーンとはそもそも何ぞやということは、この本で知ったのでありました。同じ「文学のおくりもの」のブラッドベリ作品には「たんぽぽのお酒」という傑作がありまして、こちらも版権の関係からやろう他社での文庫にはなってへん。
 どちらもブラッドベリの他の作品と並ぶ逸品なので、間違い訂正ついでに推薦する次第。
 ハロウィーンって、ほんまはものすごく怖いんやぞう。仮装パーティーの日かなんかと思いこんでる人に言いたい。これは間違いなくほんまです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イルカは笑う [SF]

 風邪でもひいたか一日だるく集中力が続かん。明日は文化祭で出勤やから、無理はしたくないけれど、諸般の事情もあり、出勤。明日の準備というても、私は担任をもっているわけやないので、門のところで受付の設営くらい。あとは教材作成やプリント印刷など事務作業に徹する。ただ、やはり集中力が持続せんので能率はあまりよろしくない。
 帰宅して、テレビを少し見る。「妖怪ウォッチ」など肩の凝らないものになる。
 田中啓文「イルカは笑う」(河出文庫)読了。このとんでもなくアホな地口の背景に底知れぬ知識が隠されている、というのは田中ファンなら周知の事実やろうけれど、本書はそれに加えて予想を裏切る展開のねじれ方をした作品が多く、「これがなんでこういう方向に進むんや!」と思わず声をあげてしまいそうになった。精神生命体が人間にとりついて「自殺ツアー」を楽しむという話がいつの間にか動物進化侵略ものに転換していくなんて、とても予測でけんやないですか。いやもう磨きがかかってきたなあ。
 というわけで、車中で読んではいけません。「なんでやねん」「んなアホな」とつっこんでしまいたくなる。まさかまわりに座っている人は本の向こうにいてる作者につっこんでるなんて思わんやろうからね。
 てなわけで、今日はもう明日に備えて寝ます。みなさんも体調には気をつけてくださいね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ハイドの中のジキル [SF]

 いろいろあって落ち着かん一日でありました。その理由はまた後日。
 帰宅して、録画しておいた「セーラースターズ」を見てから読書。今日はスティーブンソン「ジキルとハイド」(新潮文庫新訳版)を読了。子どもの頃からの愛読書であります。これも何十年ぶりかの再読。こちらは「フランケンシュタイン」とは違いあかね書房版で何度も何度も読み返していたので、ストーリーなど細部まで記憶していた。
 いま読み返すと、非常にわかりやすい物語やなあと感じた。薬品によって、人間の暗部を前面に押し出した人間に変身し、冷酷無比な人格として暴力をふるうことにカタルシスを覚える。そして元の姿に戻った時、理性を前面に出した人格がその所業を恐れる。そして葛藤する。
 欲をいえば、狂言回したるアタスン弁護士が友人であるジキルの行為をどのように見たかが読みたい。ジキル博士の変身を目の当たりにしたラニアン医師はその行為を拒否するんやけれど、探偵役も兼ねているアタスンは、ジキルの遺書を開き、物語はジキルの告白で終わってしまう。理性でコントロールできないはずの人格であるハイドが、なぜ最後はジキルの理性にしたがうような行動を起こすのか。現代の小説ならアタスンが状況証拠からその謎に踏みこんでいくに違いなかろうに。ハイドの中にジキル残っていて、その人格がそうさせたんやろうか。
 とはいえ、人為的に二重人格をこしらえてしまうという着想の面白さは十分に楽しめる。子どもの頃に夢中になって何度も読み返したのもわかるなあ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

フランケンシュタインも怪物も [SF]

 本日は期末考査と合格発表。いろいろあって採点になかなか気が入っていかれんのですが、なんとかテストだけでも採点終了。まだまだ提出物チェックなどやらねばならんことはある。午後は合格発表。合格者の受験番号を貼りだす係をする。午後2時ちょうどに公開するのでありますが、直前にかかってくる受験生からの圧力に、いつものことながら押されてしまいますね。悲喜こもごもの様子はこれもいつものことながらなんとも言われんね。合格した生徒さんたちにはおめでとうの言葉を、不合格やった生徒さんたちには後期日程の入試がんばりやと、心の中でつぶやく。
 定時に退出し、京都へ。いつも土曜日に行く月例の医者通いなのですが、今週は土曜出勤で代休も後日に取ることになるため、診療終了すれすれになるけれどこの時間にしか行かれんのです。仕事帰りの人たちが多いから、往復立ったままかなあと思うていたら、往路は途中から座れた。復路は座れず。医者の待合と電車の中で「フランケンシュタイン」を読了。
 何十年かぶりに読んだら、まったく読後感が違うていた。人間のエゴというものをこれでもかこれでもかと叩きつけてきて、フランケンシュタインにも怪物にもその他の登場人物にも全く感情移入でけん。ここまで感情移入を拒否する小説もないんやないか。フランケンシュタインが勝手な奴やというのはわかっていたけれど、怪物も同情すべき部分は多々あれど、復讐と称してフランケンシュタインの身内をどんどん殺していくのはやり過ぎやろうと思う。しかも、復讐のカタルシスを怪物自身も感じてへんというところがなんともやり切れん。
 どこまでも人間の虚無的な部分を突き詰めていく。フランス革命の頃に書かれた小説やけれど、王政にも革命政府にも希望がもたれへん、何も信じられんというような心境が背景にあったんやろうかねえ。
 読後に残る空虚な感じこそが、この小説の凄みであるように感じられたのでありました。科学文明に対する風刺なんて紋切り型の評ではすまされん重苦しさ、それがこの小説の本領なのでありましょう。疲れ切って何もでけんなんて時に読む小説やなかったなあ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

次元の違う話じゃんよ [SF]

 本日は出勤日。土曜日は深夜にアニメがたくさんあるんやから、日中にハードディスクにたまっている番組をたっぷり見たいのになあ、とダメ人間は思うのであります。そやけど、お仕事はお仕事、やむを得ないのであります。
 アニメの話ですが、一昨日の深夜に放送された「スペース☆ダンディ」はもう最高でありました。脚本は円城塔さんで、むろんSFなのですが、ストーリーそのものがSF以外では描けず、しかも次元SFのアイデアをスタッフがみごとに絵にしているのですね。0次元から4次元まですべてをアニメで表現するという、これはもうボンズすごいとしか言いようがない。
 これ以上書くと見てへん人に失礼なので、書きませんけどね。DVDがレンタルで出たら即借りて見てください。サブタイトルは「次元の違う話じゃんよ」。別にどこからも一銭ももろうてへんけれど、見なさい買いなさいとお勧めするのであります。
 ただし、SFファン以外の人には、かなり予備知識がいるので、どうしても見ろとは言わんけどね。
 私は何年かして全作を収めたボックスが出たら買うぞう。それまでは手元のDVDに保存してある分を何度もねちねち見ることにしよう。

 明日9月21日(日)は「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

京都で買えたSF展の図録 [SF]

 今日は「たちよみの会」の例会。例会前に「本の雑誌」などを買いに書店に寄る。時間があったので、京都マルイ(旧阪急百貨店)の6Fに入っている書店ものぞく。ちょっとしたSFコーナーがあり、そこになんと「世田谷文学館」で開かれている「日本SF展・SFの国」の図録が平積みで置かれているやないですか。子ども向けの入門書のような表紙レイアウト、大伴昇司さんのグラビアを模した内部のレイアウト。開催されているのは知っていたけれどわざわざ東京まで行く気力もないし、最初から行く予定もなかったんやけれど、図録だけでも手に入るとはありがたや。1112円+消費税という手ごろな価格でもあり、即購入。
 例会では常連のMさんと図録を見ながらあれこれと話に花が咲く。
 関西方面で図録でも手に入れたい方は、まだ何冊か置いてあったので、四条河原町京都マルイに急げ!
 カフェの隣のこじゃれた小さなスペースで、入った時にはほとんど期待してなんだんやけれど、こんな味な品ぞろえをしているとは。これからは「たちよみの会」の例会の時は、時間に余裕があればちょいと覗いてみようかな。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: