So-net無料ブログ作成

佐村河内守の裏切り [音楽]

 佐村河内守という作曲家が話題になっているのは知っていたけれど、実はほとんど関心がなかった。全聾の作曲家という話題ばかりが先行していたからで、まあ一度は聴いてみてもええかとも思うていたけれど、自分の好きな曲を好きな演奏家が演奏したCDを聴くだけでやっとという状況やったからですね。
 で、その佐村河内氏が作曲したとされていた曲は他人の代作やったということで騒がれている。裏切られたとかなんとか。
 つまり全聾の作曲家が作曲したから有り難がっていただけですか。
 音楽の楽しみ方としてはなんか違うなあという気がしてならんなあ。作曲家が誰であっても、名曲は名曲。例えば文部省唱歌は長年誰が作曲したか公表されてなんだ。それでも多くの人がそれらを聴き、また口にしてきた。ええ曲やったからでしょう。
 裏切られたのなんのというて非難するということは、曲そのものに感動したんやなくてそれを作った作曲家の物語にとらわれていただけということになる。
 まあ、著作権の問題とかいろいろあるからCDや楽譜の出荷停止というのは仕方ない。作曲家に与えた表彰を取り消すのも仕方ないやろう。
 そやけど、曲そのものを聴いて感動を覚えたんやったら、裏切られたも何もないはず。例えばベートーヴェンの交響曲を聴く時にいちいち耳が聞こえない状態で作られた曲かどうかを気にしながら聴きますか。ワーグナーの曲を聴く時にいちいちこの男は弟子の妻を寝とったひどい男が作曲したとか思いながら聴きますか。
 さらにいえば、どんな名曲も演奏家によっては凡庸な曲としか感じられなんだり、そんなたいした曲やないと思うていた曲が演奏家次第でものすごく面白く感じられたりもする。大事なのは西田幾多郎の言葉を借りると、その曲を聴いた時の純粋経験であって、佐村河内氏が作曲しようが新垣隆という人が作曲しようが、その曲そのもの持つ力や演奏の素晴らしさの前ではどうでもええことなんやないかなあ。
 がぜん佐村河内氏がイメージを作り新垣氏が仕立て上げた一連の作品を聴きたくなってきた。どんな人によって作られた曲かということの方が大切であるような凡庸な曲なのか、誰が作ったにしても純粋に感動できる曲なのか。非常に気になるやないですか。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

完璧なりカラヤン [音楽]

 明日は休暇を取ったので、本日が私の御用納め。
 年内にすましておきたい仕事はとりあえずすました。年明けにまわせる仕事はそのままに。やっと一息つけられる。
 夕食時に、「クリスマスメニューみたいやね」なんて妻が言うもんやから、CDを出してきてカラヤンが晩年に録音したベルリン・フィルとの「くるみ割り人形組曲」をかける。リマスタリングで非常にクリアな音に仕上がっているCDで、カラヤンとベルリン・フィルの磨き上げた美しくもゴージャスな音楽をバックに食事。あまりにも完璧に磨きあげられ過ぎ、かわいらしいはずの曲も気を引き締められるような演奏。妻も私も音楽に気を取られてしまい、せっかくの食事の味を楽しめないくらい。
 そやけどなあ、どんな完璧な演奏であっても、チャイコフスキーのメロディの美しさやかわいらしさよりも、カラヤン独特の美麗さが勝ってしまい、「くるみ割り人形」という楽曲の魅力が後ろに引っ込んでしまうのが難点ですなあ。子どもたちがパーティに集まってくる場面の「小さな序曲」も、着飾った大人の美女たちがエレガンスに会場に入ってくるような情景が浮かんでしまう。
 口直しに同じ「くるみ割り人形」の「花のワルツ」だけフィードラー指揮ボストン・ポップスの親しみやすい演奏を聞く。カラヤンと対極の、軽いけれどもうきうきしてくるような演奏。これはこれでチャイコフスキーの音楽とはちょっと違うような気がするけれど、食事のバックに流すには最適やったかも。
 仕事がとりあえず一段落したら、音楽でも聴こうかという気持ちの余裕が出たのかな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オーケストラがやってくる? [音楽]

 授業のほか、提出物チェック、会議の準備など、あれこれと優先順位をつけて粛々と仕事をこなす。他に卒業して浪人している生徒のために調査書の発行も。予定外の仕事もこうやって入ってくるから油断ならん。特に粗漏もなく仕事はこなしたつもりやけれど、まだやらんならん仕事はたまっている。いささか疲れたので、明日にまわせる仕事は明日に。
 帰宅して、ずいぶん以前に録画した「題名のない音楽会」を見る。
 それで思い出したんやけれど、私が子どもの頃、山本直純さんが進行役をしていた「オーケストラがやってきた」がDVD化されるそうな。父のもっていたレコードでクラシックに親しんだ私やけれど、クラシックばかり聴いていた子どもというわけやなかった。ただ、「オーケストラがやってきた」だけは毎週欠かさずというわけにはいかなんだけれど、楽しみにしていた。
 私はこの番組のおかげでクラシックが堅苦しく高尚なものではなく、楽しみながら聴くものなんやということを教わったように思う。細かい内容はほとんど覚えてへんけれど、あの手この手で名曲の楽しみ方を教えてくれた。私の好きな曲のひとつにヨハン・シュトラウス二世の「常動曲」があるけれど、それはこの曲が「オーケストラがやってきた」の主題曲やったからなんやろうなあ。
 しかしよく放送局はテープを残していたなあ。この時代のテレビ番組は、テープが高価なために次々と上書きをして消してしまい、保存されているものは個人が当時高価やったデッキで録画したものばかりなんやけれどね。もしかしたらこれもそうなのか。
 まだ買うかどうかわからんけれど、ボックスセットやなくバラ売りがあったら1枚くらいはほしいものです。もっとも、1枚買うと、辛抱できず全部そろえてしまいそうやけれどね。

 12月15日(日)は「たちよみの会」例会です。今月は都合により14:00より開始です。ご注意ください。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サントラ盤「さよならジュピター」 [音楽]

 先週の今ごろは文化祭のリハーサルに長々と付き合い、へとへとやったんやなあ。今日は来訪した劇団の方とあと2週間後に迫った芸術鑑賞会の打ち合わせ。芝居がはねたあと、演劇部の生徒との交流会をしてくれるとのことで、打ち合わせのあとはその件について顧問や部員と話をしたりする。予定通りに粛々と物事が進んでいて、変更点などもあったけれど、進行が早めに行われているので、十分に対応できる。この調子で進んでくれたらええのですけどね。
 ところで、現在パソコンに向かうてやくたいもないことを書きつづっているわけやけれど、この時間はCDタイムでもある。毎日テレビばっかり見ていると、音楽をゆっくり聞いたりする時間もなかなか取られん。ストレスがたまっている時など、キーボードの手を止めて、音楽に聴き入ったりもするのです。今聴いているのは「さよならジュピター」のサウンドトラック。1枚1000円で復刻されているシリーズを発見し、昨年小松さんのイベントで久々に映画を見たということもあって、買うてみる気になったのです。
 羽田健太郎さんの雄大な楽曲の間に、ユーミンや杉田二郎さんの歌が挿入されたりしているんやけど、これがなんかミスマッチなのですねえ。映画の方もなんかあと一歩という感じやったけれど、サウンドトラック盤もこういうミスマッチのせいかええところで盛り上がりに欠けてしまう感じがする。
 そんなに映画のサウンドトラック盤をたくさん持っているわけやないけれど、劇伴という制約の中で、ディスクとして完成度が高いものにはなかなか当たらんものでありまして、今までで一番聴きごたえがあったのは芥川也寸志さん作曲の「八つ墓村」や大野雄二さん作曲の「犬神家の一族」あたりかな。お、両方とも横溝正史原作の映画やないかいな。
 とはいえ、期間限定のシリーズ企画の時くらいしか入手でけんサントラ盤だけに、この機会を逃したら聴くことすらでけなんだわけですんでね。次にかける時は歌の部分を省いて劇伴の曲だけ聴けるようにセットして聴くことにしよう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラヤン [音楽]

 2日間、ずっと家でゆっくりして足に負荷がかからないようにしていたんやけれど、やっぱりたっている時にちょっと踏ん張ろうとすると痛いなあ。半月板に傷がいっていたとしたら、1週間やそこらで治るわけないか。明日は仕事帰りにまた整形外科に寄って診てもらおう。
 というわけで、例によってテレビと午睡の1日。
 河出ムックの新刊、「カラヤン」を読む。私はカラヤンの大ファンやったわけでもないし、生の演奏に触れたということもないけれど、さりとて無視できる存在でもなかったので、没後25年という現在、評論家諸氏がどう評価を変えているかとか、そこらあたりが気になって読むことにしたのです。
 書いている人たちはみんなカラヤン先生ご存命の頃から評論活動をしてはる人たちばかり。で、カラヤン好きの人はやはりほめているし存命中からボロカスに書いていた人はやっぱりボロカス。ただ、時間がたつにつれてもっとその好悪の差が極端になっているような気がする。
 私は、没後だいぶたってからカラヤン再発見みたいな聴き方をしていて、こういう音楽のあり方もよしと思うようになっていただけに、この評価の変わらなさを逆に面白く感じた。できれば、若手の評論家で、過去の演奏としてカラヤンを冷静に評価できる人の文章を読んでみたかった。
 とにもかくにも「帝王カラヤン」は現在でも無視できない存在やねんなあということを感じさせてくれた一冊。ただ、やっぱりこの時期に出すんやから、何か新しい発見がほしかったという思いが残ったなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

名演もただの雑音 [音楽]

 今日はやっとかんならん仕事を粛々と消化。
 でも、予定外の自習監督なんてものがとびこんできたりするわけで、ままならぬは世の常であります。
 音楽の授業の自習監督で、エフゲニー・キーシンの弾くショパンのピアノ協奏曲のビデオを見せるという、クラシック好きにはいうことのない自習監督やったりしたわけやけれど、ええ演奏を聞かせてもろうているのに値打ちのわからん生徒がざわざわ私語をしたりすると、いらっとくるねえ。思わずビデオを止めて指導をしましたよ。どんな名演でも聴こうとしないとただの雑音になるのかねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤンソンスのウィンナワルツ [音楽]

 昨日は実家に帰っていたので、例年のごとく1日遅れで「ウイーンフィルのニューイヤーコンサート」を録画で聴く。
 今年の指揮者はマリス・ヤンソンス。ニューイヤーには2度目の登場。前回はやたらきちっと振っていて面白みのないウィンナワルツやった。そやから今回もあまり期待してなんだ。
 ところがですね、これがなかなかよかったのですよ。2度目ということもあってかかなりこなれた感じ。ちょっとばかしリラックスした雰囲気を感じた。演目は前回同様ニューイヤーコンサート初という曲目が多かったんやけれど、ロシア出身ということもあってシュトラウスのロシアでの演奏会で初演された曲やらチャイコフスキーのバレエ曲やらをとりまぜ、興味深いプログラムになっていた。
 特にシュトラウス一家のライバルと目された作曲家やデンマークでシュトラウスばりのワルツを作曲していた作曲家の曲をとりあげるなど、けっこうマニアックな選曲も。
 ニューイヤー恒例の指揮者の遊びは「鍛冶屋のポルカ」。指揮台の横にかなとこを置き、金づちを両手にもって指揮をする。手が滑ったら危ないがな。かなとこを叩くテンポが微妙にずれて、あとからCDで聴いたら具合悪い演奏になってると思うんやけれど、映像を見ながらやとなかなか楽しい。
 定番の最後から二番目の曲目になるワルツはヨーゼフ・シュトラウスの「うわごと」。カラヤンがお気に入りでベルリンフィルとの録音でも必ず曲目に入れていたけれど、あまりメインにすえられることのない曲。これを最後の盛り上がりにもってきたあたり、どちらかというと渋いプログラムですなあ。そこらあたりがヤンソンスらしさなのか。
 というわけで、期待してなかった分、とても得したような気分になれたええ感じのニューイヤー・コンサートでありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スクロヴァチェフスキの第九 [音楽]

 テレビを見たり午睡をしたりと普段の休日と変わらん大晦日を過ごす。
 夜は例年と同様、NHKEテレで「NHK交響楽団の第九」を聴く。今年の指揮者はスクロヴァチェフスキ。80歳を超える高齢とは思えないほど軽快なテンポ。そやけど強弱の付け方、楽器の歌わせ方が美しく、非常に内容の濃い演奏で、満足。国立音大生の若い声の合唱も、軽快な演奏にマッチしていて、全体にバランスの取れた好演やった。
 年おさめにこういう演奏を(テレビの中継とはいえ)聴けるというのはまことに嬉しい限り。非常にいい気分で新年を迎えられようというものです。
 というわけで、今年もご愛読ありがとうございました。みなさまもいい気分でよいお年をお迎えください。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

デュトワの「白鳥の湖」 [音楽]

 今日はクリスマス・イヴ。午後から久しぶりに外出し、最寄駅前のおいしいケーキ屋さんに行く。他、妻へのクリスマスプレゼントにローマのお風呂の漫画を4巻まとめて買い、文具店に寄ってカードも買う。このカードは道頓堀の町を小さなサンタが大量に飲み歩いているというおもろい図柄で、「がんこ」の看板に「さんた」と書いてあったり、「かに道楽」の看板のカニがサンタの帽子をかぶり「かに万歳」と書かれていたりという細かいところを凝ったもの。こういうカードを喜んでくれる人やから、嬉しいのですね。
 夕食は鶏料理。BGMに「くるみ割り人形」のCDをかける。シャルル・デュトワ指揮モントリオール管の美麗な演奏の者を選んで華やかなクリスマスを演出したつもり、でしたが。
 このCDに収録されている「白鳥の湖」のフィナーレを聞いていたら、クライマックスの場面でドラはじゃーんじゃーんと鳴るティムパニは強烈に叩かれる。妻が食事も忘れて「なにこれ」と聴き入ってしもうた。悪魔と戦い白鳥と王子が勝利する、というよりは悪魔が総攻撃をかけてきて世界が滅び白鳥と王子が昇天するというような趣の演奏になっているのですね。私は一二度聴いて「お、すごい」と思うた記憶はあるけれど、こんなジョン・ウィリアムスのようなスペクタクルを感じさせる音楽になっていたとは、その時は気がつかなんだ。
 ケーキを食べたりして一段落したあと、ヘルベルト・ファン・カラヤン指揮ウィーン・フィルの「白鳥の湖」を引っ張り出してきて聴き比べたら、こちらは耳に慣れたアレンジのもの。ドラではなくシンバルがしゃんしゃんしゃんと鳴らされ、ティムパニはさほど強調されず、小太鼓が場を盛り上げる。これならば白鳥と王子が勝利するという普通の演奏であります。さすがカラヤン、スタンダードな演奏を聴かせてくれるわい。
 二人して「同じ楽譜を使うてるとは思われん」と首をひねっていましたよ。解釈とかいうレベルの違いやない。使うてる楽器が違いすぎる。カラヤンとデュトワがなんでこんなに違うスコアで演奏しているのか。ご存知の方がいてはったらご教示願いたいです。
 というわけで、久しぶりにクラシック音楽の醍醐味を堪能したクリスマス・イヴとなったのでありました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

心打たれるフィンランディア [音楽]

 今日はいよいよ私の担当する「芸術鑑賞会」当日。昨日までへろへろになりながらも準備をしてきたのが、今日で終わるのであります。で、早目にザ・シンフォニーホールへ。裏口から入り、楽屋へ。いっしょに入った音楽の先生も、ザ・シンフォニーホールの楽屋に入るのは初めてで、とてもはしゃいでおります。担当をしていると、普段は入られんところに入れるのが楽しみですね。スタッフ専用の出入り口から正面ロビーへ。ガラス越しに生徒たちが集まってくるのが見える。ホールのスタッフの方たちと打ち合わせをしながら、開場を待つ。
 開場。生徒たちが入ってくる。私は車椅子の生徒の誘導をしたり、他の生徒たちに指示を出したり。そして開演。橘直貴指揮、日本センチュリー交響楽団という組み合わせは、三年前 と同じやけれど、前回は諸般の事情で吹田メイシアターやった。今回は違う。クラシック専用のホールですわ。生徒たちもその雰囲気に緊張している。
 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を皮切りに、ベートーヴェン「田園」第二楽章、ブラームス「ハンガリー舞曲」4、5番とプログラムは進む。いずれも躍動感あふれる情感のこもった演奏で、前回同様スクールコンサートとは思われんできばえ。圧倒されたのは、マーラーの交響曲第五番第四楽章“アダージェット”とラストのシベリウス「フィンランディア」。スクールコンサートでこんなに胸を打つ音楽を聴かせてもらえるなんて、ほんまにうちの生徒たちは幸せ者です。橘直貴さん、もっと注目されてしかるべき指揮者やと思うんやけどね。
 生徒たちが退出するのを橘さんは出口で出迎え。握手を求める女子たちに笑顔で応えてくれはる。生徒会長に最後にあいさつをさせ、鑑賞会はぶじ終了。
 学校に戻り、事後処理をあれこれ。事務作業が無事完了し、ほっと一息。
 帰宅後も満足感と安堵の気持ちでいっぱい。これでやっと毎日毎日かかっていたストレスから解放されるわい。もっとも今度は来年の鑑賞会の企画を立てなならん。そう簡単に解放させてはくれません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽