So-net無料ブログ作成
検索選択

山野浩一の死 [追悼]

 どれだけ今週体力を消耗していたか、ようわかりました。朝起きて、朝食後も深夜アニメの録画したのを何本も見てたんやけれど、いつもの土曜日と違うて無性に眠たくなり、昼食前に午睡。昼食後も午睡。夕刻起きてきて相撲を見、野球を見、パソコンに向かう。すぐに眠くなる。体がそれだけ休養を欲しているのですね。おそらく熱中症寸前まで行っていたんやないか。
 山野浩一さんの訃報に接する。享年77。死因は食道癌。
 SFファンにとっては第一世代のSF作家で、日本のニューウェーブSFの第一人者、なんやけれど、ネット検索して訃報の記事を探したら、スポニチのサイトでは「血統評論の第一人者」と競馬評論家としてしか生前の業績を評価してなんだりする。確かにそちらの業績も大きかったんやろうけれど、競馬をやらん私にはピンとこないのですね。
 古本屋で買うた「X列車で行こう」くらいしか持ってへんので私には山野さんについて語る資格はないのかもしれんけれど。サンリオSF文庫創刊の時に、「監修・山野浩一」とあったのを見て、完全に競馬の方に行ってしまわはったんと違うたんやと思うたのを記憶している。
 筒井康隆さんのアンソロジーに収録されている「X列車で行こう」や「メシメリ街道」はやはり強く印象に残っている。スタイリッシュな文体、独創的なアイデア、第一世代のそうそうたるメンバーの中でも、特に際立っていたんやないかと思う。
 ところで、横山光輝さんの「バビル2世」の主人公の名も「山野浩一」なんですよね。横山さんは意識して命名しはったんやろうか。別にどうでもええことではあるけれど。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

上田利治の死 [追悼]

 元プロ野球監督上田利治さんの訃報 に接する。享年80。死因は肺炎。
 数年前にサンテレビのプロ野球中継の解説に出てきたはった時に、えらい弱らはったなあと思うた、というのはこの日記にも書いた覚えがある。その解説もかなり久しぶりやったんで、わざわざ書いたんやった。そして、今朝のスポーツ紙での訃報。ずっと病気療養中やったという。
 私の記憶に残る上田監督は阪急ブレーブスのユニフォーム。中学生時分から大学生時分にかけてよう西宮球場や西京極球場で阪急の試合を見に行った。いつも監督は上田さん。当時の上田さん、今の私よりもずいぶん若かったんやね。阪急ブレーブスの監督に就任したのが37歳。今やったらまだ現役の選手もようけいてますがな。
 西本監督のあとを受けて、若くして常勝チームの監督になり、日本シリーズ3連覇を果たしても「西本遺産で勝った」なんて言われたりしてて気の毒やったなあ。でも、上田監督になってから入った名選手はようけいるから、西本遺産と自前で育てた若手をうまくかみ合わせ、強さを維持し続けた名監督やったと思う。
 人呼んで「ええでのウエさん」。大阪のスポーツ紙の一面は必ずタイガースやから、有望な新人を記者に徹底的に売り込むために「あの選手はええで」をしつこいくらいに連発したんやそうです。
 阪急からオリックスにチームが譲渡されても監督を続けた。それはものすごく辛いことやったかもしれんけれど、「ブルーサンダー打線」を作りあげて神戸に移転するまで「ブレーブス」を守り続けはった。ファイターズの監督時代も、チームの立て直しに成功し、もう少しで優勝するところまでいったけれど、奥さんと娘さんが某新興宗教に入信したのをなんとか取り戻そうとするために監督を休養し、現場復帰した時はもう優勝の望みがなくなっていた。あそこらあたりからかな、弱っていかはったのは。
 それでもファイターズ退団後は、関東で試合がある時中心にサンテレビでよく解説をしてはって、その卓越した理論は聞きごたえがあった。日本シリーズで記録的な抗議をしたあの熱さと、野球を知りぬき組み立てたその知将としての力が阪急ブレーブス黄金時代を作ったのでしょう。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

永射保の死 [追悼]

 今日は午前中は眠気に誘われず、昼食までずっと起きて、昨晩録画した深夜アニメや、日曜朝の「戦隊」「ライダー」「プリキュア」をセットで見たりして過ごす。
 昼食後、午睡。今日も熟睡。妻が洗濯物を干したりするのにベッドの横をばたばたしてたはずなんやけれど、全然気づかず寝ました。これで昨日までの疲労はかなりましになったんやないかな。
 朝のスポーツ紙で、元プロ野球投手永射保さんの訃報 に接する。享年63。死因は癌。
 カープ時代の永射さんは記憶にない。クラウンライターライオンズに移籍して、オールスターに出場するようになったあたりからかなあ、記憶に残っているのは。当時は珍しかったスリークォーター左腕。左打者はみんなてこずった。特に外国人選手、オリオンズのリー選手なんか、永射投手がマウンドに上がるとやけくそみたいに右打席に入ったという。たぶん「プロ野球ニュース」の珍プレー好プレー集で見たんやと思う。当時のオリオンズとライオンズの試合なんか、テレビ中継されることはほとんどなかったもんなあ。
 そやからオールスターであの独特の投球フォームを見た時は衝撃やった。チームが埼玉に移り、九州時代の選手が次々とトレードなどで姿を消していく中で、東尾、大田、永射の3選手はその実力でチームに残った。
 そこらあたりから永射投手の知名度が全国区になったのかな。今ではリリーフ左腕として各チームにこういうタイプの投手がいてるようになったけれど、その先駆者として、球史への功績は大きい。
 ホエールズに移籍してきた頃は往年の球威もなく、テレビで見ててもそれほど怖さはなかったけれど、クラウンライターライオンズ時代が一番球威、コントロールともよかったんと違うかな。
 スターばかりが野球選手やない。こういう職人みたいな選手がいてこそ、プロ野球は面白い。それを実感させてくれた選手の一人やった。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

土門正夫の死 [追悼]

 元NHKアナウンサー土門正夫さんの訃報 に接する。享年87。死因は肺気腫。
 土門アナウンサーというたら甲子園。高校野球の実況では正確な実況と落ち着いた口調で、野球中継の実況のお手本みたいな人やった。
 それよりも私はNHK定年退職後、フリーとしてサンテレビやTVKの実況をしてはった時の記憶が強い。先日、NHK小野塚アナウンサーの実況について書いたけれど、実は土門アナウンサーの実況の衣鉢を継いでいるという感じなのですね。
 サンテレビでは土門アナウンサーの前に、これもNHKの野球実況では名人といえた岡田実アナウンサーを起用している。サンテレビでは谷口アナウンサーあたり、岡田さんや土門さんの教えを直接受けているんやないかなあ。そしてそれは現在の湯浅アナウンサーや木内アナウンサーに受け継がれている。
 決して絶叫はしない。そやからというて盛り上がる場面では逆に静かにその状況を描写して緊張感を高める。間延びしそうな場面では解説の鎌田実さんからプロの技術論を引き出してくれる。野球の知識がそれほど深くない視聴者にも、押しつけがましくなくその魅力を教えてくれた。
 著書に「甲子園への道」などがあったけれど、残念ながら持ってへんのです。お小遣いの使い道の限られた中学生にとって、優先順位からいうとかなり後ろやったのですね。今思うと買うといたらよかったと思うけれど、こればかりは仕方ない。
 土門さんの実況は、後輩のNHKやサンテレビのアナウンサーにちゃんと受け継がれている。ジャイアンツの特に守備のうまくない選手に「名手」などと言うようなつまらん実況や、データを並べて目の前のプレーに目を向けないような実況とは一線を画した、ほんまもんの実況が。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

佐田の山の死 [追悼]

 愛すれどTigers「キャンベルが先発即初打点」を更新しました。

 大相撲第50代横綱、佐田の山晋松さんの訃報 に接する。享年79。死因は肺炎。
 私は現役時代の佐田の山をリアルタイムでは見てへんけれど、大鵬全盛時に突き押しの相撲で立ち向かい、恵まれているとはいえない体躯ながら横綱にまで昇進した闘志の人というイメージがある。平幕優勝者は横綱になれないというジンクスを打ち破ったのも佐田の山で、平幕優勝をして横綱になったのはあとは貴乃花くらいか。ちなみに平幕優勝を果たした場所、なんと十両の清の盛(のちの先代木瀬親方)に敗れているという。
 本名は市川晋松となっているけれど、これは当時の出羽海親方(元幕内出羽ノ花)の娘婿になったから。もとの姓は「佐々田」です。名門出羽海部屋で横綱まで張った力士ではあるけれど、なんと本名に山をつけたくらいのしこ名やったりする。つまり入門してとりあえずつけたようなしこ名を改名せずにそのまま取り続けたということなんやね。それほど期待されてなんだということなのかな。それを覆してついには理事長までつとめたんやからたいしたものです。
 私が相撲を見始めた頃はもう出羽海親方やった。親方としては横綱三重ノ海、関脇鷲羽山、小結佐田の海(父)、小結舞の海など個性的な力士を育て、理事長職に専念するために部屋を鷲羽山に譲って境川親方となった。理事長としては準年寄の制度を作り、年寄名跡を相撲協会で一括管理しようとした。名跡の売買が高額になって腐敗の温床となると案じ、改革を進めたんやけれど、他にもそれまで勧進元に頼っていた巡業も協会主催にして暴力団などが間に入ったりしないようとしたんやけれど、あまりに急激に改革を進めたもんやから、志半ばで理事長職を元豊山の時津風親方に譲り、一理事として審判部長をつとめたりした。
 理想を高く持ち、それに向けて一心に進む方やったんやろうなあと思う。今でも舞の海さんは師匠について語る時、その人格をいつも讃えているし、境川をついだ元両国の現境川親方も、弟子に「佐田」の名をつけるほど心酔しているのがわかる。
 理事長時代の改革がうまくいけば、その後の野球賭博問題や八百長問題などもまた違った展開になっていたかもしれん。おそらく無念の思いで外から協会を見てはったんやないやろうか。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

塩山紀生、中田明成の死 [追悼]

 愛すれどTigers「5連勝! カープに勝ち越し2位に浮上」を更新しました。

 いやあ驚いた。アニメーター塩山紀生さんが焼死 やなんてねえ。享年77。「無敵鋼人ダイターン3」のビューティフル・タチバナやとかコロスやとか、「装甲騎兵ボトムズ」のフィアナやとか、1980年ごろのアニメキャラクターとしては飛び抜けた大人の女性、しかも色気のある女性を描けた貴重なアニメーターやった。「ダイターン3」なんか基本的に子ども向けの作品やのに、登場人物がみんな大人という異色のロボットアニメで、その前番組が「無敵超人ザンボット3」で、こちらは安彦良和さんのまるっぽいかわいいキャラクターやったから、その対比が面白かったなあ。「ボトムズ」は去年サンテレビで深夜に突如再放送して驚いたけれど、実は本放送で見てなんだので、録画してじっくりと見たりしているのですが、こちらの作画も大人を大人として描いていて、今時のアニメーターでもこういう画風の人はいてへんのと違うやろうか。
 それにしても火事で焼死とは、なんということ。まだイラストなど現役で活躍してはっただけに、非常に残念。
 そして、漫才作家の中田明成さんの訃報 も。享年73。死因は肺血症。こちらはWヤング、やすし・きよし、いくよ、くるよなど1970年代から80年代にかけて活躍した漫才の台本を非常にたくさん書いていた人で、80年漫才ブームのおりには「漫才ブームなのです」という著書でブームの陰で忘れ去られていく漫才さんのことなどを書き残してくれてはる。
 秋田実門下やったんやないかな。家族みんなが笑える明朗な漫才をようけ書いてはる。ナンセンスさにも味があり、やすし・きよしの「男の中の男」やWヤングの「ギネスブックにのりたい」などコンビの個性に合わせた書き分けのうまい方やった。
 漫才台本は作者がはっきりされてない場合が多いので、私もその仕事の全貌をつかむことはでけんのやけれど、「上方漫才祭り」などでは台本作家の名前も出たりするので、そこらあたりから作風をつかんで「これは足立克己さんかな」「これは中田明成さんやな」なんて聞き方をしたりしていた。嫌な中学生ですな。
 御両名に、謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ペギー葉山の死 [追悼]

 今日から授業開始。さらには奨学金の説明会と午前中は緊張のしっぱなし。そらあなた、2ヶ月半ぶりの授業でっせ。まあ、昨年一年間お付き合いいただいた生徒たちばかりなんで、初対面の緊張感がなかっただけまだましかな。
 歌手、ペギー葉山さんの訃報に接する。享年83。死因は肺炎。
 ウルトラの母、死んでもうたなあと、リアルタイムで「ウルトラマンタロウ」を見ていた世代はまずそう思うわけですね。
 あの「ドレミの歌」の訳詞者というのももちろん知っておりました。実は、「ドーナツ、レモン……」ときて、次のミ以降も食べ物で統一しようと思うたけれど、ミでつまり、ファで困ったそうですね。でも、楽しいしうまい訳になってると思いますよ。直訳したら「ミーは自分をさす言葉」てな感じになるわけで、「ラはソの次の音」なんて、元の歌詞も非常に苦労していたりなんかするわけで。二番なんか「ドんなときにもレつをくんで……」と「あいうえお作文」にしている。この言語センスはただごとやないとおもうね。
 子ども向けの歌番組にもよう出たはりました。こういうほんまに歌のうまい人の歌声を聞いて育ったというのは、ありがたいことやなあと思う。ほんまもんに触れることがで得られる経験というのは、何物にも代えがたい価値があると思うからね。
 肺炎で倒れる直前まで、ステージのリハーサルに出たはったりしたという。83歳で現役やったわけで、これもまたすごいことやと思う。生涯現役と簡単にいうけれど、なかなかそうはいかんもんですよ。
 謹んで哀悼の意を表します。

 4月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

京唄子の死 [追悼]

 昨日あんな日記を書いたせいかタイガースは惜敗。関係ありませんか。
 朝から雨。降ったりやんだりを繰り返す。甲子園のナイターも降ったりやんだりの中で行われた。オープンエアの球場を本拠地にしている以上、雨のせいでボールが見えなくて補給できなんだなどという言い訳は通用せんからなあ、糸井君、高山君。これも含めて野球でありますよ。
 漫才師で女優の京唄子さんの訃報 に接する。享年89。死因は肺炎。
 漫才師というても、もともと女剣劇の女優と、劇団員が夫婦となり、独立して顔を売るために転向したという。そやから漫才師としての全盛時は短かった。ラジオからテレビに切り替わるあたりが一番おもしろかったらしい。残念ながらその時分の映像は「てなもんや三度笠」くらいしか残ってへん。
 唄子さんを「大口」と言うていじるのは鳳啓助さんのアイデアやったらしい。実はそれほど口が大きいわけやなく、残っている映像を見ても口紅を厚塗りして大きく見せているという感じですね。「大口」を強調されるのをご本人は嫌がっていたらしいし。啓助さんはとにかく唄子さんに好きな芝居をさせてあげたかったんやろうなあと思う。漫才で顔が売れたら、「唄啓劇団」が仕事の中心になっていって、漫才はたまにしかしなくなった。唯一商品化されている映像の「お笑いネットワーク」での漫才でも「漫才は久しぶり」と言うたりしている。
 離婚後も名コンビとして活躍したけれど、啓助さんが亡くなってからは、それなりに活躍はしていたものの、特に演技派というわけでもなく、個性が際立っていたというわけでもなく、という感じで終わってしまわはったなあと私には思えてならん。
 そういう意味では、鳳啓助さんあっての京唄子さんやったんやろうなあと思う。ただ、今残されている音源や映像で、啓助さんの他に類のないボケにびしりとつっこんでいく間の良さは、唄子さんやなかったらでけなんだんやないか。それくらい絶妙の間合いがこのコンビにはあったのですよ。「唄子啓助おもろい夫婦」でのやりとりにその片鱗は感じさせたけれども。私としてはもっとネタの映像を残しておいてほしかったなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

中山美保の死 [追悼]

 今日はひたすら新年度の教材作成。前任校で使うた教材を元にパワーポイントとプリントを新たに作る。頭が疲れました。
 吉本新喜劇の女優、中山美保さんの訃報 に接する。享年78。死因は肺血腫による呼吸困難。
 新聞では「吉本のミポリンよ」を代表的な持ちギャグのように報じていたけれど、書いた記者と私とは世代が違うのかなあ。私が一番印象に残っているのは、他の役者さんたちから目尻の小じわをからかわれると、「これは飾りよ」といなす決め台詞やなあ。
 中山美穂さんが売れた時に「吉本のミポリンよ」とやって受けを取っていたけれど、これは普通でけんと思うたね。キャリアが違う若いアイドルと名前の読みが同じというただそれだけのことなので、本来は後から出てきた方が遠慮するくらいでないといかんやろうてなもんなんやけれど、まあ東京の芸能プロが吉本新喜劇を知らんでもそれは仕方ない。そやけど、ベテラン女優としては全国的な知名度は低くとも吉本新喜劇では美人女優として売っていた人なんやから、プライドがなかったはずがない。それやのに「吉本のミポリン」とそれを逆手にとって笑いを取るわけやから、みごとなプロ根性ですわ。
 私の中学くらいの頃は母親役や旅館の女将役といったところで存在感を見せていた。アクの強いメンツを相手に自在に受ける芝居は、もっと評価されてしかるべきやと思うんやけれど。こういう役回りの人がどしっと根をはっていたんやから、往年の吉本新喜劇はおもろかったんやなあと、今さらながらに思う。
 そう、今の吉本新喜劇には中山美保さんみたいな役回りの人がいてへんのやねえ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

佐藤さとるの死 [追悼]

 今日は一日入試準備に追われ、自分本来の仕事はほんの少ししかできず。現任校に転勤して初めて1時間以上の残業をした。帰宅したらもうぐったり。こんなんで入試本番は大丈夫なんかなあ。
 夜、ネットニュースで児童文学のファンタジー作家佐藤さとるさんの訃報 に接する。享年88。死因は心不全。
 あれは小学校中学年くらいの頃やったか。従弟の家で「だれも知らない小さな国」を読ませてもろうた。一気に読んでしもうた。せいたかさんとこぼしさまたちの交流、せいたかさんとおちびさんの愛情、それらが生き生きと描かれていて、「矢印の先っぽの国」と彼らの呼ぶ「コロボックル小国」がほんまにあるような気がした。
 続編が出ていることを知ると、誕生日やクリスマスに続きを親に買うてもらい、夢中になって読んだ。コロボックルや管狐などの伝承を、現代によみがえらせ、しかもそれは現在やと伝奇的な物語になるやろうに、日常の中にとけこんだ物語として、お話好きな子どもの心をつかんだ。
 今は、ゲームやラノベなどでファンタジーはあたり前のように書かれているけれど、それはC・S・ルイスやトールキン、あるいはハワードなど海外の作家の影響を受けたものが多く、コロボックルたちの物語のように日常生活の片隅にひそむもうひとつの世界というようなものはほとんどない。
 日本独自のファンタジー小説として、そして何代にもわたるクロニクルとして、佐藤さんの作りだした世界は他のだれにもまねのできないものやないかと思う。佐藤さんのつくりだした日本独自のファンタジーは、残念ながら日本におけるファンタジー本流にはならなんだけれど、それだけに貴重なものやと思う。
 今でも、視界の片隅で何か影が見えたら、それは小人やないかなんて思うてしまう。ええ歳したおっさんが、その時一瞬子どもに戻る。ああ、あのころ、ほんまにコロボックルがいて、自分も友だちになりたいと、そう思うていたなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

 今月の「たちよみの会」例会は、都合により休会といたします。もし予定されていた方がいらしたら、すみません。また3月にお会いいたしましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: