So-net無料ブログ作成
検索選択
時事ネタ ブログトップ
前の10件 | -

辞めない大臣たち [時事ネタ]

 お山の学校のぼっち部屋は寒いんだかぬくいんだかわからん。ぬくいかなとストーブを切ると冷えてくるし、寒いなあと思うてストーブをつけると汗をかくし。体温調節が難しく、仕事は思うたよりもはかどらなんだけれど、なんとか今日仕上げてしまう予定までは進めることができた。やれやれ。
 それにしても自民党というのはよほど人材がいてへんらしい。復興大臣とあろうものが「自主避難したものは自己責任だから援助できない」旨の発言をし、記者に反論されると「うるさい」やと。避難したくてしてるんと違うでしょ。原発の放射能が広がったのは住民の責任ということになるぞ。
 昔やったらこういう大臣が出たら、総理が自分の任命責任を感じて辞任させるか解任するかしたもんやけれど、しんぞう総理は何の措置もとらん。第一次内閣で大臣が次々と自任して支持率が下がったので、今回は辞任させんということなんかな。なんか本末転倒のような気がするがなあ。
 防衛大臣、文部科学大臣、法務大臣、そして復興大臣と最低でも4人は昔やったら交代させてるんやないかと思うけれど、そこまで追い込まれん野党もなんだかなあ。マスメディアもなんか腰が引けてるし。
 せっかく原口がサヨナラホームランを打っていい気分になってるのに、なんでこんなネタで日記を書いてしもうたんや。おかしいなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よい忖度と悪い忖度 [時事ネタ]

 イチロー府知事は言いました。「忖度にもよい忖度と悪い忖度がある」。
 どじょう元総理が言いました。「大阪府の職員は知事のことを忖度しながら仕事をしなければならないのか」。
 その通りです。ゼロサム知事の着任以降、そうなりました。イチロー知事の言う「よい忖度」とはなんでしょうか。上の顔色をうかがいながら、仕事をすることなのでしょう。「悪い忖度」とはなんでしょうか。顔色をうかがい過ぎて、知事が責任を取らんとあかんところまでやってしまうことなのでしょう。
 私はどじょう元総理の支持者ではありません。そやけど、「大阪府の職員は知事のことを忖度しながら仕事をしなければならないのか」と言うてくれたので、ちょっと心証が変わりました。知事が国会の証人喚問に応じるというてるんやから、国会でどじょう元総理自ら知事にこの件についてしっかりと問いただしてほしいものです。
 忖度に良いも悪いもあるもんですか。その違い、国会ではっきりと説明してほしいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国会も土俵も「荒れる春」 [時事ネタ]

 眼鏡屋から連絡があり、修理完了。帰路、受け取ってすぐにかけて帰る。遠近両用にすっかり慣れていただけに、この半月はほんまに不便やった。
 ニュースではしんぞう総理がむきになっている。総理応援団の産経新聞のサイトでは籠池証言の虚偽性を次々とアップしている。他の新聞のサイトがしごく冷静に続報をアップしているのとえらい違いですね。自民党の幹部は「籠池はうそつき」と発言している。証人喚問では建前上嘘をつかんことになっているんやから、「うそつき」とコメントする前に偽証罪で刑事告訴したらええんと違うんかなあ、なんて思う。
 むきになればなるほど、何か隠してるんやないかと思われることに気がつかんほど冷静さを欠いているように感じるなあ。ほんまになんもないんやったらアッキー夫人の証人喚問に応じたらええんと違うん。「妻は犯罪者でもないのに証人喚問とは何事」と総理は言うけれど、それを言うたら籠池理事長もまだ犯罪を犯したと決まったわけやないやないですか。証人喚問は裁判やないですよ。
 まだまだこのバタバタは続きそう。要は周囲が「忖度」せんならんほど総理は権力を行使し過ぎたということなんやろうなあ。
 相撲は稀勢の里が日馬富士の一気の寄りに敗れるが、土俵下に転落した際に肩を傷めた模様。好事魔多し。休場てなことになると、照ノ富士のカド番優勝が濃厚になる。いやもう国会も相撲もまさに「荒れる春」です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

切られた尻尾 [時事ネタ]

 もう代休はなし。本日より職場復帰。相撲のチケットを取るためならば早起きも苦にならんけれど、労働のための早起きは目覚ましに叩き起こされたような感じになる。そらまあそうやなあ。
 仕事の合間合間に産経新聞のサイトを開き、森友学園籠池理事長の証人喚問の様子をテキストで読む。一言一句そのまま掲載してくれるサイトは産経のサイトだけなのです。しかも無料で。他社は肝心なところで記事が切れて「ここから先は有料」となる。明日の朝刊でじっくり読むしかないけれど、字が小さいから読みづらいのだなあ。
 とっくに眼鏡の修理期間は終わってるのに眼鏡屋から連絡がない。しびれを切らして店に電話をしたら、明日には店に到着する予定とか。2週間後と言うておきながら、3日も遅れるとは。もう二度と「Vメガネ」では買うまい。
 大阪府知事に裏切られたと言うてる。他にも何人か自民党の議員の名前を新たにあげていた。それ以外はこれまで言うてきたことの繰り返しですね。とはいえ、信じていたアッキー夫人やしんぞう総理に見捨てられたという悔しさはテキストの行間から伝わってきた。別に理事長に同情するわけやないですが、肝心のしんぞう総理は外遊から帰国した疲れを取るために欠席。逃げたというわけやないやろうけれど、直接顔を合わすのは避けたように思えてならん。
 さて、この一件、どう着地するのか。総理本人でなくとも夫人が関与してたとあらば、総理は議員も辞職すると断言してるからなあ。イチロー府知事、華々しく国会デビューもありかな。証人喚問でデビューすることになるとは思うてもいなんだやろうけれど。
 切られた尻尾は偽証罪にされてしまうのか。なにやら哀れではあるけれども。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天気晴朗なれど波高し [時事ネタ]

 今日は春分の日。暖かい一日で、さぞかし外は人出が多かったことでしょう。私は昨日の晩、汗が冷えたせいか鼻水が止まらず、風邪薬を呑んでなんとかやわらげた。今朝も鼻の具合が悪く、朝食後風邪薬を呑み、ひたすら寝る。墓参やらなんやらでへろへろになっていたのも、なんとか回復。
 相撲をテレビで見た後、ニュースを見ていたら石原元都知事が家を出るときに記者と会話している様子を報道していた。
 記者が「今の心境は」ときくと「天気晴朗なれど波高し、だ」と言うた後、「君たちは教養がないから知らんだろうがな」と付け加える。私はこの人物のどこが好きやないかというと、この傲慢さやね。人を見下すことによって自分の地位を常に上に置きたがる。ゼロサム先生なんかそういうところをかっこいいと思うて真似しようとしていたんやろうけれど、いかんせん先生にも教養がないもんやからただの下品なチンピラがいきがってるようにしか見えなんだけれど。
 ちょっと前にNHKのドラマで「坂の上の雲」をしていたのを元都知事は御存じないらしい。あれを見ていたら日清日露の戦争についてはひととおり知識が得られたので、見ていた若い人なら「天気晴朗」くらいは知っていると思うがなあ。
 お年寄りに「ジンムスイゼイアンネイイトクコウショウコウアン……」と歴代天皇をお経のように唱えられることを自慢する人がいてるけれど、それと同じようなもんかね。そういうのは教養とは言わんと思いますが。
 そのあとの証人喚問では「病気のせいで記憶があやしくなってます」と言い訳をしたりしていた。人品の卑しさというのが出ていてますます嫌になってしまいましたが、如何。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国会もプラチナチケット? [時事ネタ]

 今日は新入生登校日。私は保護者対象の奨学金相談。その他、新年度に向けて細々と事務作業も。明日からしばらく連休。休日出勤の代休も固めて取っているので、仕事が終わると緊張の糸が解け、帰宅後はだらだら。
 録画した相撲を見ていると、豪栄道が休場。先場所いためた箇所が治り切ってないのを、御当所ということで強行出場したのがようなかったんかな。年に一度の楽しみやのに、白鵬と豪栄道が見られへんのは残念やけれど、これで朝から並ぶ人が減ってくれたらええのにとヨコシマなことを考える自分がいる。我ながら嫌になるねえ。
 朝刊は森友学園理事長の国会証人喚問がトップ記事に。「安部晋三記念小学校」へ総理が100万円寄付したという爆弾発言がきっかけで、さすがの自民党も野放しにしとけんようになったらしい。
 というわけで、来週木曜あたりに国会で籠池独演会があるらしい。国会の傍聴券もプラチナチケットになりそうやね。もっとも相撲中継の録画予約時間の調整とかせんならんから、私としては春場所が終わってからにしていただきたかった。
 やっと明日からゆっくりできる。今日はそろそろ寝ます。こんな日記でごめんなさいね。

 3月19日(日)は、「たちよみの会」例会です。今月はやります。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モグラの一穴 [時事ネタ]

 本日は終業式。次に生徒と会うのは4月の始業式になるかな。午後からは来年度に向けての準備など。お山の学校はとても寒く、小雨は降る風は轟々と唸る。そのうえ目はかゆくなってくる鼻の調子は悪くなる。仕事のペースはがた落ちでありますよ。
 ニュースを見たら防衛大臣が謝ってばかりいる。謝っといたらええやろうという感じで、心がこもってへんのがまるわかり。この方、弁護士なんでしょう。記憶力が悪い上と自分ではっきり言うたな。そんな記憶力でも司法試験に受かるんや。
 しかもそんなええかげんな記憶を頼りに、自分が弁護した事実はないと断言してたりする。そんな弁護士には危なくて頼めんなあ。刑事事件なら検察に思い切りつけこまれ、民事裁判なら相手方にいいように進められてしまうぞ。
 しんぞう総理にしたらこの大臣を防波堤にしてるつもりなのかな。この堤防、アリの一穴どころかモグラが掘ったくらい大きい穴があいてるぞ。この堤防が決壊したら、おそらく総理は溺れてしまうことになるんやろうなあ。そう考えんと、ここまでかばいだてできませんで。
 それにしても「記憶にございません」なんて、ロッキード事件の証人喚問を思い出すなあ。そういえば山本太郎議員が「アッキード事件」とか言うてたな。歴史は繰り返す。

 3月19日(日)は、「たちよみの会」例会です。今月はやります。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

経産省の「関西弁」 [時事ネタ]

 今日は急ぎの仕事はなく、会議資料の印刷や来年度に向けての準備などをゆっくりと行う。帰宅してからは録画しておいた相撲を見たり、日曜に録画した大河ドラマを見たり。稀勢の里は危なげなく3連勝。今のところ一番安定している感じやけれど、15日間は長い。これまでの横綱たちも新横綱の場所は出だしは好調でも途中で息切れすることが多かった。果たして稀勢の里はどうかな。
 この日記を毎日読んでくれてはる方はご存じのとおり、関西弁風に書いている。これは自分の思うた事を自然に伝えるにはどうしたらええのかということを考えてこのようにしている。ただ、話し言葉をそのまま文章にしたら関西以外の地方の方にはわかりにくい言い回しも多いと思うんで、あくまで「関西弁風」なのです。
 黒川博行さんの文庫解説を読んでいたら、黒川さんも大阪弁のセリフはかなり苦労してはるみたいやね。かなりガラの悪い大阪弁が頻出するけれど、大阪以外では通用しない言い回しなどはうまいこと避けてはる。
 そこらあたり、経産省のお役人にはわからなんだんやろうなあ。万博の開催意義を説明するための最終報告書に「関西弁バージョン」を作ったらしいんやけれど、この「関西弁」、あまりにもひどすぎる。
 以下、産経新聞のサイトより引用。
“万博の意義を説明する項目では、日本の予防医療技術の高さを取り上げ、「よその国は日本の課題や対策の成果をパクりながら対策を考えていけるっちゅうわけや」とも記載していた”
“報告書案の冒頭には、内容について「こんな言い方せーへんとか、細かいこと言わんといてな。とにかく大目にみてくれると助かるわ」との断り書きが入り、英語表記の後ろに「横文字苦手やけどな」と付記した部分もあった”
 これを書いたお役人、かなり程度の低いお人やないかと思われるね。ケンカを売ってるんかというような書きようやもんな。どこで「関西弁」を覚えたんか知らんけれど、大切なことを話すときにこんな言葉遣いはしませんよ、ほんま。
 米朝落語全集でも読んで、ちゃんとした「関西弁」を勉強してほしいものです。私は大阪で仕事をするにあたり、京都弁やと柔らかすぎるんで米朝落語で大阪弁を勉強してしゃべり方を変えたりしたんですわ。大阪の塾に勤め始めた時に、小学生から「おかま」とか言われてショックを受けましてん。
 大阪府の幹部が「バカにしている」と怒ったそうやけど、たぶん深層心理ではほんまにバカにしてるのが、表に出たんやないかと思うね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新聞は嘘を書く? [時事ネタ]

 朝から見苦しいものを見てしもうた。朝食時にABC「おはようコール」をつけていたら、森友学園の理事長が取材陣に対してなんやらほたえている。別に教育者は聖人たるべしとは思うてへんけれど、ダメ人間であることを人前にさらすべきやないと思う。
 弁解どころか責任を人になすりつけ、人の話を聞かず一方的にまくし立てる。反面教師としては最高のパフォーマンスかもしれんけれど、どうみても「教育勅語」が求めている人間像からは程遠いように思えるね。
 こういう時は、「私は間違ったことはしていませんが、そのように取られるにいたったということは、すべて自分の不徳のいたすところでございます」と一言あればよかろうに。
 あてにしていた総理や大臣たちに切り捨てられていくので焦っているんやろうなあ。
 先ほどネットニュースを読んでいたら、会見で全部新聞が嘘を書いていることにしているみたい。おもろいのは、「朝日新聞ですが」と記者が名乗ると、「朝日は嘘を書くから話さん」と答え、まわりの記者が「産経新聞いけっ」とやった。おそらく産経の記者が朝日にかわって質問したら、長男が「会見は終わりです」というて退場したというあたり。産経だけは自分の味方と思いこんでいたんやろうねえ。
 こういう人はとことん追い詰められたら何をするかわからんな。それがわかってるから、自民党は国会への参考人招致を拒否し続けているんやろうね。なるほど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日はプレミアムフライデー [時事ネタ]

 昨日の採点業務で脳内物質を垂れ流していたのは私だけやなかったみたいで、今日、ある同僚が「変に興奮しててなかなか寝られんかった」と言うてはった。入試というのはそれだけ気を遣うものなのです。
 というわけで、今日も入試業務を少々。あとは入試の間に立ち遅れていた仕事をぼちぼちとこなす。精力的に、と言いたいところやけれど、かなりくたびれています。
 明日は「プレミアム・フライデー」なんやそうです。なんでも午後3時に仕事を終わらせて帰るように企業に働きかけ、消費活動を活発にさせるんやとか。
 最初聞いた時、変な話やなあと思うた。会社を3時に出て、どこかで外食しようかと思うても、その店も3時で店員を帰らせて店を閉めてたり、子どもといっしょにテーマパークに行ったらそこも3時に終了したりしてたら、お金の使いどころがあらへんやん。
 だいたい公務員たる我々は早引きせえてなこと言われてへんしねえ。
 この午後3時に帰らせる会社員と、それ以降も仕事をせんならん人らと、どう区別しているのかがようわからんのです。
 誰が思いついたか知らんけれど、こんなんで景気がようなると真剣に思うてるんやろうか。私やったら午後3時に帰ってよしとなったら、自宅に直行して午睡しますぞ。ハッピーマンデーにしてもそうやけれど、休みを取らせて金を使わせるという小手先の施策よりも、根本的な何かを変えんとあかんのやないのかなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 時事ネタ ブログトップ