So-net無料ブログ作成
検索選択
時事ネタ ブログトップ
前の10件 | -

ミサイル注意 [時事ネタ]

 朝、朝食を取りながら録画したアニメを流し見。再生をオフにしたら、テレビ画面いっぱいに「北朝鮮ミサイル発射」とアラート画面が。さてさてこの場合どうしたらええんや。どうしようもないよね。とりあえず洗面所に逃げ込んで、着替えなどする。着替え終わっても外は特に騒ぎになってへんみたいやったから、通常通り出勤。
 出勤してからネットで状況を把握。北日本の上空を通過して太平洋に落ちたと速報が。
 北の最高指導者は何を考えているのかね。トランプ親父は空爆などしてこないとたかをくくっているのか。
 歴史に学べ。
 サダム・フセインの末路を思い起こしなさいよ。
 それにしても、ミサイルが落っこちてきたら、その時点でアウト、何もしようがないんやなあと改めて痛感した次第。戦争にならんことを祈るのみです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終戦記念日と改憲 [時事ネタ]

 今日は終戦記念日。各新聞の社説の読み比べのしがいのある日。特に今年は米国大統領と北朝鮮最高指導者が危ないおもちゃを手に口喧嘩をしているという状況だけに、例年以上に主張の差が激しい。ここでは細かく書かんけれど、興味のある方はいろいろな新聞のサイトでご確認ください。ある新聞は戦後の日本の平和は「平和外交と日米同盟と自衛隊の存在」のおかげと書き、「9条改憲」を主張しております。いやあ、これまではここまで書く新聞やなかったけれどね。きっとこれはしんぞう総理の考えに違いない。「私の意見を知りたい方はこの新聞を読んでください」と明言しはったことがあったからねえ。
 とにかく論説委員がこの日のために考え抜いてきたんやろうという力作ばかりです。
 甲子園の高校野球は雨で中止。そやけど大阪は時々にわか雨が降るくらいでほとんど曇天。おかげで快適に過ごせました。今日も講習用のテキストを通読。気分転換に読書なんかしてみなさい。もうテキストなんか手にする気が起こらなくなるから。読書は今日は封印。
 明日は人間ドック。明日の午後まで食事はでけん。水分補給だけは止められてへんけれど、明朝はそちらも控えめに。検便もすましたし、問診票も書いたし。明日に備えてもう寝ます。

 8月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本ファースト [時事ネタ]

 夜になると、秋の虫の声が聞こえるようになった。暦の上ではもう秋。日中は残暑厳しいけれど、日が落ちると秋らしくなっていくのだなあ。
 新聞の見出しでは「米朝」の文字が目に入ってくる。その度にどきりとする。桂米朝師が生き返ったんかいな……とは思わんけれど、「米朝」というと私にはやっぱり「アメリカと北朝鮮」やなく「桂米朝」やねんなあ。そういう方、まだまだ多かろう。
 ゆりこ都知事の側近がひとり国政政党「日本ファースト」を立ち上げたと、これも大きな見出しがついているけれど、大阪府民である私には「都民ファースト」と同様維新の会の二番煎じという感じがするね。都議会で知事の会派が圧勝したと東京のメディアでは大騒ぎしているけれど、これも大阪府民は経験済み。
 都民ファーストでも日本ファーストでもなんでもええけれど、これ、日本全国を席巻するのかいなと、これも維新の会がそうはならなんだだけに、何を騒いでるねんという感じがするな。
 ああそうか。大阪でゼロサム先生が大暴れし、維新だ都構想だと大騒ぎしていた時、他の地方ではこんな感じで見てたのかもしれんね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

衆愚の支持率 [時事ネタ]

 今朝の朝日新聞を読んでいたら、保守の論客で知られる佐伯啓思さんが寄稿していて、「支持率」に政権が振り回されていることと、それをあおるメディアに対する批判をしてはった。それを読んで思うた事を少し。
 佐伯さんは「森友学園問題」「加計学園問題」をことさらに騒ぎ立てることに対して批判してはるけれど、肝心なところをわざと無視してはるんやないかと感じるのです。これは産経新聞のサイトに寄稿してはる人らにも共通しているんやけれど、問題なのは、これらの問題は時の権力者がその権力を私したり、あるいは権力者の顔色をうかがって物事がなされたりすることやないかと思うのですね。
 確かにこれらの学校設立については一地方の学校建設というささいなことかもしれん。そやけど、各メディアや有権者はこれがもっと大きな過ちへの萌芽やということを察して問題視しているんやないかと、私は思うのです。
 内閣支持率に踊らされるなと佐伯さんは主張してはるけれど、それは有権者を下に見た物言いやないかと思う。国民を衆愚と思うてなんだら、こういう物言いはでけんのやないか。それはとんでもない話で、民の声に耳を傾けん権力者が歴史上どういう評価を受けているか、学者たるもの知らんはずがなかろうと思うのですが、如何。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彼女の誇り [時事ネタ]

 週刊誌というのは新聞で書かれへんことを書けるのが強みでして、「週刊朝日」みたいな比較的おとなしめのものでも、「それがどうしたでもおもろい」というようなことが書いてある。
 今週の記事では稲田前防衛大臣が、人からつっこまれた時に必ず使う決まり文句を紹介している。
「私は司法試験に受かってるのよ! あなたはどうなの!?」
 ああなんてかわいそうな人なんでしょう。司法試験に合格したということしか誇ることがないのね。必ず六法全書を携行していたんやそうです。その割に憲法違反言動が多かったのは御愛嬌、ではすみません。この人にとっては六法全書は自分を飾るアクセサリーに過ぎなかったのでは。
 これ、国会でも言うたらよかったのに。
「自衛隊も候補を応援してるとはどういうことですか?」
「私は司法試験に受かってるのよ! あなたはどうなの!?」
「まつ毛エクステをしている間にミサイルが打ちこまれたらどうするんですか?」
「私は司法試験に受かってるのよ! あなたはどうなの!?」
「森友学園の弁護士をしてましたよね?」
「私は司法試験に受かってるのよ! あなたはどうなの!?」
 実は国会議員には弁護士出身という人はけっこういてるのでありました。医師もいてれば、五輪の金メダリストもいてる。金メダリストなんて司法試験合格よりもっと難しいことをしてるわけですぞ。
 でもまあ新聞そんなことが書いてあったても「それがどうした」ですわなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ないことの証明 [時事ネタ]

 愛すれどTigers「中谷が2カード連発、糸原もプロ初アーチ」を更新しました。

 昨日の大雨のせいか、朝から蒸し蒸し。自宅から最寄り駅まで歩くだけでばてばて。早朝で涼しいはずやのに。
 今日は成績つけに専念……したいところやけれど、集中して仕事をしていると、たびたび電話がかかってきて中断。ぼっち部屋で一人仕事をしていても、そっとしておいてもらえんのです。
 定時に退出し、急いで帰宅。録画しておいた相撲を見る。大関は豪栄道と照ノ富士が連敗。横綱は日馬富士が連敗。嘉風と宇良の動きがいい。稀勢の里に負けはしたけれど、貴景勝のケレン味のない押し相撲も見てて気持ちよかった。
 今日の相撲中継はほとんどBS放送。地上波では参議院の閉会中審議の中継をしていたのです。新聞記事やらニュースサイトの記事では、案の定「文書はある」「ない」の応酬に終わったみたい。参考人招致やもんなあ。何を言うても偽証罪には問われんもんなあ。とりあえず内閣としては「閉会中審議をした」というアリバイだけは作れたわけで、これで幕引きにするつもりなんでしょう。もっとも、これで幕引きにしたら、ますます内閣支持率が下がるやろうけれど。あるということを証明するのは簡単やけれど、ないということを証明するのは難しい。
 まあ、総理外遊中に審議をしたのは正解かも。最近あの方ぶち切れやすくなってるからね。むきになって金切り声をあげるだけでマイナスの印象を与えてしまうやろうから、自民党の作戦は少しは成功したのかもな。さあ、帰国してからどう出るか、ですね。

 7月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。なんと祇園祭の宵山です。でもやります。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

都民ファースト圧勝 [時事ネタ]

 愛すれどTigers「大山のプロ入り初ホームランで連敗脱出」を更新しました。

 東京都議選は予想通り自民党の惨敗。どうもしんぞう総理のコメントを新聞などで読んでいると、現有議席の維持くらいできると思うていた節がある。また、敗因についてもなんかわかってへんみたいな感じがする。
 防衛大臣が自衛隊も自民党の候補を応援しているというような失言どころか問題発言に対しても庇うてたりする、その感覚があかんのやということにまだ気がついてへんのかな。それ以上に、「あの大臣はやめさせなあかんで」と直言する人が周辺にいてへんというのも問題やね。
 それにしてもおもろいもんですなあ。実はたかが地方議会選挙やのに、それが国政を左右させるんやからね。東京いうんは不思議なところですわ。大坂府会議員選挙で維新が大躍進しても、別に国政には大きな影響はないもんな。ちょびっとだけ関心は持たれるけどさ。
 そういう意味では産経新聞の社説(主張)は正しいかもね。あくまでこれは東京都議会の選挙で国政選挙とは関係ないと主張しているからね。ただ、しんぞう総理を守るためにそういう主張をしているのか透けて見えるのがアレですけれどもね。各紙の社説を読み比べて一番論点を整理していたのは毎日新聞かな。
 あ、しんぞう総理が会見で「我々に驕りやゆるみがあった」と言うていたけれど、これ、読売新聞の社説に書かれていたのをそのまま言うてるだけですわ。自分では何が悪いかわからんから、スポークスマンたる読売新聞の社説に書かれたとおりに言うてみたんかな。そんな気がするんやけれど、如何。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

政権末期の総理 [時事ネタ]

 蒸し暑い一日。今日も今日とてホンダラダホイホイ。しんどいですねえ。
 しんぞう総理、下がった支持率以上に窮地かも。東京都議選で応援演説に呼ばれへんのやそうです。呼ぶとイメージダウンになるということやね。これ、政権末期の総理はだいたい呼ばれんようになる。読売や産経がどんなに印象操作しようと、立候補者は肌で民意を感じているのですね。
 もっとも、権力を私する権力者の末路とは哀れなものです。もっとも、ご本人はそういう意識があるんだかないんだか。基本的に何が大事なことがわかってない人やと思うんで、自業自得というか身から出た錆というか。「私か妻が関与していたら議員も辞める」などと啖呵を切ったのもまずかったね。そのために官房長官はじめお友だちが必死になって隠蔽しようとしてはぼろが出て。
 都議選の結果次第では立ち往生なんてことになるかもしれんなあ。
 東京のことなんかどうでもええけれど、それが国政を左右するとなると注目せねばなるまいて。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレスと高安と鳥谷仮面と和製スノーデン [時事ネタ]

 今日は進学予約奨学金申し込みのインターネット入力を実施。生徒たちをコンピュータ教室に入れて一斉に入力させる。これがすむと、今日の午前中までなかなか他の仕事に集中し切れてなんだのが、急にはかどりはじめた。
 まあいうたらひとつの山場ですからね。乗り越えたという気持ちが強かったんやろう。去年も同じ仕事をしているんやけれど、今年の方がストレスをより強く感じていたなあ。去年は必死のパッチやったから、ストレスを感じる余裕すらなかったということかもしれん。
 明日から再開される授業の教材もなんとか仕上げ、今日はいつもの時間に退出できた。帰宅したらもうぐったりやったけれど。
 相撲は高安が10勝目をあげ、数字上は大関昇進のラインをクリアした。でもね、白鵬の張り手に顔をそむけているのを見てたら、なんか大関昇進直前の力士という感じがせんのですよ。日馬富士戦でどういう相撲を取るか、そちらに注目やね。
 タイガースは顔面死球の鳥谷が黒い仮面をつけて出場。代打だけやったけれど、あのマスクはちょっとピッチャーはびびるのと違うか。どうせなら黄色と黒の縞柄にしてタイガーマスクみたいにしてほしかった、なんてふざけたことをいうてはいられん。鼻骨骨折やそうですからね。仮面ではなくフェイスガードなんですね。
 加計学園の認可にしんぞう総理の圧力があったという文書は本物やと前文部官僚が明言。官房長官はいまだ「出所不明の怪文書」と突っ張っているけれど、前文部官僚は「証人喚問に応じます」ときっぱり。和製スノーデン登場という感じやね。日本やからCIAに消されることはないやろう。ここまで言われて証人喚問をやらなんだら、しんぞう内閣は圧力があったことを暗黙のうちに認めることになりはせんかい。堤防に空いた穴がだんだん大きくなってきたなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

内親王婚約 [時事ネタ]

 保護者向けのプリント作り直しなどなど予定外の仕事が入ってばたばたと。職場は午後から職員の健康診断。私は今年も人間ドックに申し込んでいるので、X線胸部間接撮影のみ。それでも女性職員がすべて撮影を終えるまでけっこう待たなならなんだ。待っている間に仕事はでけんからなあ。まあこういう日もある。
 新聞紙上は秋篠宮眞子内親王の婚約でしんぞう総理の「共謀罪」関係の記事や「加計学園」関係の記事が隅に追いやられている感じ。このタイミングは何よ。別に私は陰謀説とかそんなものには興味はないけれど、なんか臭いと感じてしまう。陰謀とかいう大層なものやなく、見え見えの「加計隠し」ってところか。
 全国紙、地方各紙の社説では、「祝福したい」「これをきっかけに女性宮家の創設を考えるべし」というような論調が多かったけれど、さすが違うのは産経新聞。「うれしいニュースがとどいた」という書き出しには驚いた。内親王の婚約を心待ちにしていたということですか。そして「女性宮家」などとは一切書かず「旧宮家の皇籍復帰を含め、皇統を厚くする検討が必要」と主張している。他紙はたいていは皇籍復帰に関しては現実的でないとしているのと正反対。
 まあこういう論調の新聞が一紙でもあるのは悪くはないけれどね。そやけど明治天皇の子孫という肩書で好き勝手書きまくってようけ本を出している竹田さんなんか、皇籍復帰させたらまずいんやないの、と思うてしまうのでありました。

 5月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 時事ネタ ブログトップ