So-net無料ブログ作成
テレビ全般 ブログトップ
前の10件 | -

いきなり電線音頭 [テレビ全般]

 台風は、私の自宅のある大阪市内ではさほど影響もなかったけれど、お山の学校ではサッカーゴールがぶっ飛んで隣接する酒屋のフェンスを直撃したり、ボルトで留めてあった屋上のエアコン室外機が横倒しになったり、窓が割れて雨が吹きこんだりとかなり大きな被害があった。山から吹きおろす暴風をまともに食らったんやろうなあ。
 一日授業と放課後の会議でばたばたと過ごす。帰宅してから録画してあった朝ドラ「わろてんか」やら、まだ見てなんだ土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」の第7回を見たりする。「のぼせもん」は小松政夫さんを主人公にした実録ドラマ。小松の親分さんご本人が番組ナビゲーターの役割で出演し、名コンビである伊東四朗さんが植木等の父親役で出演している。で、小松さんが次回予告をしていたらいきなり伊東さんが画面に入ってきて無言で小松さんの肩を叩き、電線音頭のポーズをとる。と、リズムをとる音がバックに流れ、小松さんが電線音頭を歌い出す。伊東さんが踊りだす。「よいよいよいよいおっとっと」のところで伊東さんが踊りをやめ、「お呼びでないね」と植木さんのギャグをやってみせる。
 練り上げられたコンビの絶妙の間に感服することしきり。「芸」とはこういうもののことをいうのです。しかしまあNHKもやるもんやなあ。まあ第1回からずっと見ていて「なんで小松の親分さんとイトシロさんのからみがないかなあ、もったいないなあ」と内心思うていたけれど、残り1話というところまで引っ張って、満を持して投入、ということやったのかな。よほど好きな人がいてるんやね。この前の土曜に録画した最終回も楽しみであります。
 夜、CSでベイスターズがカープを破って日本シリーズ進出という試合結果を知る。あの甲子園の泥試合が転機となったように思う。なんか複雑な気分であります。すんだことをとやかく言うつもりはないけれど、あの時降雨コールドで引き分けて、タイガースがファイナルステージに進出していたらまた違うたドラマが生まれていたやろうね。泥試合を制してファーストステージを突破したベイスターズ。対するカープがベイスターズに勝ったのは降雨コールドとなった初戦のみ(アドバンテージの1勝は除く)。なんとも皮肉な結果としか言いようがないですねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

新井美羽 [テレビ全般]

 今日は完全休養日。昨晩は冷えこんだので早朝に尿意を催して、平日よりも早く目覚める。そのまま起きて昨夜録画した深夜アニメを何本かと、前クールからの積み残しのアニメを何本かとを見る。朝食後、無性に眠くなり二度寝。昼ごろ起きてきて昼食をとり、たまっている録画をまた少し見てから、午睡。目覚めたらもう夕食の時間。寝ても寝てもまだ眠い。夕食後は辻村深月「ハケンアニメ!」(マガジンハウス文庫)を少し読む。それからパソコンに向かう。ものかき関係のお仕事も少々。
 今週からNHK朝のテレビ小説「わろてんか」が始まった。主人公のモデルは吉本せいというので、見ることにした。今週は主人公藤岡てんの少女時代を描く。子役は「おんな城主信虎」でおとわの少女時代を演じた新井美羽さん。「信虎」の時も達者な演技に驚かされたけれど、今回も「げら(なんでもすぐに笑う人、の意)の少女を元気よく演じている。
 少女時代を演じる子役に食われるというのはようあるパターンやけれど、「信虎」の場合、バトンタッチしたあとの柴咲コウさんが子役の演技のテンションをうまく引き継いでスムーズに移行した。さて、今回の葵わかなさんはどうやろなあ。今日の放送のおしまいにちょっとだけ姿を見せたけれど、さほど違和感はなかった。これはきっと子役の新井美羽さんのうまさなんやろうと思う。役を理解して演じているからバトンタッチしても違和感がないんやないかと思う。後生おそるべし。どんな役者になるのやら、あるいはすぱっとやめるのやら。
 ドラマとしてはまだ始まったばかりなんでなんとも言われんけれど、シンケンレッドとゴセイレッドがそれぞれ重要な役回りで出るのを見ると、「戦隊」を毎年見続けている
身としては感慨深いものがあるなあ。
 気になるのは、主人公藤岡てんに弟がいてへんこと。吉本せいの場合、二人の弟が吉本興業の柱になっていくんやけれど、その役割を誰がやることになるのか。丁稚の風太(鈴木福→濱田岳)あたりがそうなるのかな。興行の裏の面を引き受けた林正之助のような人物は登場せんのかもしれんな。そこらあたりどう描くか気になっているんやけれど。まあ今後の展開に期待、ということで。      

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ネット中継が頼り [テレビ全般]

 大相撲小言場所「秋場所をふりかえって~混戦場所を日馬富士が制す~」 を更新しました。

 相撲に関しては上のリンクから今場所の「小言」を読んでいただければよいと思うけれど、やはり強い横綱がどっしりと仁王立ちしているからこそ若手の活躍もベテランの味わいも映えるんやなあと実感したということだけ書いておく。
 先週の疲れ、昨日の墓参の疲れ、朝からアニメなど見倒した疲れなどもあって、午睡はたっぷり。ふだんの就寝時間よりも明らかに長かった。
 でも、相撲と野球を続けて見たら、やっぱり疲れました。まあ、外出しなかった分楽に過ごせたかなあというところです。
 今日でサンテレビの今シーズンの野球中継は終了やと湯浅アナが言うていた。うーむ、横浜スタジアムの試合や、雨で振り替えになった甲子園の中日戦はどうなるのよ。明日からは帰宅したらラジオにはりつき、映像はスポーツニュースに頼ることになるのか。
 まあ、横浜スタジアムの試合はニコニコ生放送で見られるからええけれど。
 これもまた毎年のこと。ほんまに全試合見たかったら、タブレットを買うてネットの「虎テレ」を見られるようにするしかないのだなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

延長戦に八つ当たり [テレビ全般]

 朝から雨。強く降ったりやんだり弱く降ったりと、一日中じとじと。気圧は低い、湿度は高い。気温が低くても少し動くと汗がだくだく。授業に行ってもフェイスタオルが手放せん。
 相撲は高安と宇良がやはり途中休場。日馬富士は立ち合い待ったをしたが伊之助親方はそれを認めず琴奨菊にずるずると寄り切られて1敗。3日目にして役力士全員に黒星がつき、土つかずは平幕ばかり。これは平幕優勝の可能性が出てきたなんて、ちょっと気が早いか。それにしても荒れ過ぎる秋場所やなく、混沌の秋場所になってきた。長年相撲を見続けてきているけれど、今場所みたいなのはめったにお目にかかれん。
 相撲に続いてタイガースのナイター中継を試合開始から2時間遅れで追っかけ再生で見始めるけれど、これがまた最終回に同点にされて延長12回引き分け。ばてばてで帰って、それからそこから相撲中継と野球中継のはしごをして。相撲は仕切り直しを飛ばし見し、野球は1.5倍速で見たけれど、それでも6時半過ぎから10時半まで4時間近くもテレビにはりついているような具合。そらまああなた自分から疲れに行ってるようなもんですわ。
 タイガースが同点に追いつかれんとあっさり勝っててくれたら楽やったのにと、これは八つ当たりですねえ。

 9月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野球中継というコンテンツ [テレビ全般]

 大相撲小言場所「平成二十九年名古屋場所展望~新大関高安誕生~」 を更新しました。

 午前中は深夜に録画したアニメを見たり、先月まで見ないでためていた「ゼロから始まる魔法の書」を何話か見たりする。
 昼食後は午睡。今週から甲子園は週末もナイターになったので、デーゲームの放送時間を気にすることなく安心して寝られた。いやー、たっぷり5時間くらい寝たねえ。今日はナイター中継はMBS。BSでは放送しないのですね。ABCが放送権を持っている時はBS朝日で完全中継してくれるのにね。ここらあたり、東京キー局の野球中継というコンテンツに対する考え方がはっきり出ていて面白い。日本テレビは地上波中継をするときはBS日テレとリレー中継する。BS-TBSはBSのみの中継の時も放送延長はなしです。
 こういう放送局がチームを持っていたんやから、ベイスターズが低迷したのもわからんではないね。
 中継終了時、ゲストのトミーズ雅さんが「もう30分くらい延長でけへんの」と訴えていた。アナウンサーは「それを聞くと全社員が苦笑してしまいます」というようなことを言うていたけれど、雅さんの思いはテレビの前のタイガースファンの思いを代弁してくれたもの。「苦笑」ですましてたんではあきませんで。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

八千草薫 [テレビ全般]

 タイガースがカープに3連勝して首位をキープ。3連敗せなんだらええと思いながら見ていたら、もうどっちが昨年の優勝チームかわからんようになってしもうた。次に甲子園でカープ戦があるのは交流戦後。その時はカープの選手も気持ちを切り替えてくるやろうけれど、この3連敗がどうしても残像としてあらわれてくるんやなかろうか。いやー、ほんまに勝負というのはわからんもんです。
 朝、日曜恒例の「戦隊」「仮面ライダー」「プリキュア」などを見終えたあと、ビデオデッキのチャンネルはそのままABCになっていた。昨夜録画した「進撃の巨人」などを見終え、ストップボタンを押すと、そのままABCの番組がテレビには映っている。我が家ではこれを「地の番組」なんて呼んでます。で、石坂浩二やとか浅岡ルリ子やとか加賀まりこやとかが出ている「やすらぎの郷」という帯番組の再放送みたいなのをやっているのですね。
 ドラマの中では「姫」と呼ばれている八千草薫さんが、実にお美しい。私は子どもの頃に「けったいな人々」に出てはるのを見て、船場の大店のお嬢さんというのはこういう品のある方なんやと刷りこまれたのでありますが、それ以来、大ファンとは言わんまでも好きな女優さんなのであります。
 やはり品があるなあ。ほんまにええ歳の取り方をしてはる。ずっと昼のドラマを見ている妻によると、彼女が登場してからドラマの空気が変わったらしい。こういう女優さんはもう出てこんのやなかろうか。宝塚から映画に転向した頃のポートレートなんか見たら、今見ても実に可憐で、もし同世代やったら大ファンになってたんやなかろうか。
 アニメや野球ばっかり見てんと、たまには往年の大女優の挙措に触れたりせんといかんねえ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

クドカンの大河ドラマ [テレビ全般]

 愛すれどTigers「ジョンソン打ちで開幕白星スタート」を更新しました。

 今日から新年度開始。新転任の新たなメンバーとの顔合わせや、細々とした問い合わせ、そしていくつかの会議と多忙な一日。前任校で同僚やった方が管理職で転勤してきはったけれど、この方とはいっしょに甲子園に行ったりと気心も知れているので、移ってきてくれてよかったです。
 転勤してきて3年目、しかも仕事は昨年から引き続き同じ役回りということで、気分的には少し楽かなあ。
 というわけで、帰宅してからもテレビを見たりしながらゆったりと過ごす。
 夜、ネットにつないでニュースサイトを見ていたら、再来年の大河ドラマが発表されていた。「いだてん~東京オリムピック噺」というタイトル。以下、朝日新聞のサイトより引用。
“日本選手が初めて参加した1912年のストックホルム五輪から、64年の東京大会までを中心に描く。
 主人公は2人で、リレー形式でつなぐ。前半は、ストックホルム大会のマラソン競技に出場した金栗四三(しそう)を勘九郎さんが演じる。後半は、朝日新聞の記者をしながらコーチとして日本水泳の礎を築き、東京大会誘致に奔走した田畑政治(まさじ)を阿部さんが演じる。同時代を生きた5代目古今亭志ん生の架空の落語に乗せ、笑いの絶えないドラマを目指すという”
 これはまた予想外のところを突いてきたなあ。さすがに戦国と幕末ネタはもう尽きたということか。朝のテレビ小説が近代を生きる実在の女性たちをモデルにしたドラマで人気を取っているんで、それにあやかったのかな。脚本はなんと宮藤官九郎さん。おお、これは期待できるかも。「大河ドラマらしくない」とかいう頭の堅い方々からの抗議に負けないようにしてほしいものです。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

宇宙戦隊キュウレンジャー [テレビ全般]

 今日も完全休養日。午前中はテレビを友とし、昼食後は午睡といつものパターン。「宇宙戦隊キュウレンジャー」が第一話。9人組というシリーズ史上最多のメンバーというので、若者たちの顔の見分けがつくかとおっちゃんは心配してたんやけれど、着ぐるみの宇宙人もメンバーの中に混じっているので、おっちゃんの見分けのつく程度に若い役者は抑えられるみたいですね。味方の宇宙人の声のキャストにM・A・Oの名が。おお、「ゴウカイジャー」では市道真央の名で顔を出して出演し、声優メインになってM・A・Oの名で声で出演というのは珍しいパターン。ゴウカイイエロー役でゲスト出演したりしたらおもしろかろうとか、番組の内容とは関係ないところで勝手に一人で盛り上がっていたのでした。
 まあ第一話なんてのはまだ顔見せの段階やから、おもしろくなるかどうかはわからんけどね。でも、地球だけが舞台やないみたいなんで、逃げ回るモブの人たちも宇宙人のメイクやかぶり物をしてたりするのが楽しかったりする。まさか本格SFになることはないやろうけれど、戦隊ものとしては久しぶりにSF風味の強いものになりそう。そういう意味では楽しみかもしれんね。
 夜は妻とともに録画したドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」「精霊の守人II」「おんな城主直虎」「空想大河ドラマ 小田信夫」などを見る。あ、「小田信夫」は本格的な大河ドラマのセットを使うたコントみたいな番組です。NHKというのは時々こういう不思議な遊びをするから油断でけん。「大河ドラマ」と銘打つ割に4回でおしまいというのもふざけてて楽しい。頭の堅いお方は「受信料の無駄遣い」とか「民放みたい」とか言うのかもしれんけれど、民放ではこんなに豪華なセットと衣装でコント番組は作れません。NHKやないとでけん番組なんです。というか、こんな遊びにスポンサーはつかんよ、たぶん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

スーパーサラリーマン左江内氏 [テレビ全般]

 朝から曇天。夜には雨。予報では明朝も雨らしい。ベランダに出ると北風が吹きつける。寒い。
 午前中はテレビを友とし、昼食後、午睡。夜は妻とともにテレビを友とする。
 昨日録画したドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」 を見る。今週は第3話。原作は藤子・F・不二雄さんの「中年スーパーマン左江内氏」。スーパーマンがスーパーサラリーマンになっているのは、おそらく「スーパーマン」が商標登録されていて使用料が発生するからなんでしょうね。
 配役が原作とはかなりイメージが違うんで原作も愛読していた私は少々心配していたんやけれど、脚本・演出が「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一さんなんで、全く問題なく見られるものになっていた。毎回ムロツヨシの刑事、そして必ず違う店の店員として登場する佐藤二朗の御両名が「勇者ヨシヒコ」と同じような役回りで起用されているのがいい。
 なにより、左江内氏の妻役の小泉今日子が絶品。怠惰でわがままなおばはんという役どころをみごとにこなしている。アイドル時代のキョンキョンも好きやったけれど、今の小泉今日子もええ味の役者になっていてよろしいね。
 原作では最終回で左江内氏がパーやんと出会い……という場面で終わるんやけれど、まさかドラマではちょっと難しかろう。どのように着地するのか、今からたのしみ。深夜枠の「勇者ヨシヒコ」のような好き放題はでけんやろうけれど、まあそこは仕方ないですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「真田丸」終了 [テレビ全般]

 今日は「たちよみの会」例会。古参会員Y氏が参加してくれた。散会後、新京極の「京漬物 大藤」からお歳暮を贈ろうとしたけれど、閉店していた。そういうたら去年の暮れに行った時に店番のじっちゃんばっちゃんが今年でしまいですと言うてはった。お二人がやめはるんかと思うていたら、新京極のお店を閉めるということやったんですね。で、麩屋町通り錦小路を下がったところにある本店まで行って、注文。
 帰宅後、妻が録画していた「『真田丸』最終回直前スペシャル」を見てから、いよいよ「真田丸」最終回に臨む。歴史は変わらなんだ。最後の最後まで見ごたえがあった。信繁と家康の最後の一騎打ちというところで空気の読めない秀忠がしゃしゃり出てきて緊迫感をぶち壊してみたりと、三谷テイスト全開でありますね。
 1年間、ほんまに楽しませてもらいました。三谷脚本の徹底した「真田家から見た戦国」を描くという姿勢には特に感心。できそうででけんのですよ。ええ例が去年の大河「花燃ゆ」で、主人公である杉文の視点に徹し切れず中途半端な印象を残してしもうた。もっとも主人公を杉文に設定した時点で無理があったんやけれど。
 来年は「おんな城主直虎」。柴崎コウさんは気の毒やと思う。これだけ1年間だれることなく戦国に生きる人間を描き切った秀作のあとやもんなあ。どうがんばっても比較されてしまう。ほんまは男やったか女やったかも定かでない主人公というのではよけいに分が悪い。しかも戦国時代前期でしょう。脇を固める役者さんはなかなかええ人を揃えているけれど、1年もつんかなあと心配になってくる。もつとも、ようわかってへん人物が主人公なんやから、人物像を好きに設定できるわけで、思い切り羽目をはずしていただきたいところですね。
 もうこの時点で「真田丸」ロスになっている人、多いんやろうなあ。BSで来年すぐに再放送があったら、また録画してじっくり見直しそうやね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - テレビ全般 ブログトップ