So-net無料ブログ作成
検索選択
季節ネタ ブログトップ
前の10件 | -

新たに作られた「風習」 [季節ネタ]

 昨日予想していた通り、駅前のコンビニではバイト君が声を枯らして巻きずしを売っていた。通りすがりの、おそらく私より年上の男性がつぶやく。
「お、帰りに買うか」
 うーむ、これは行事として食わねばという意味合いなのか、夕食にちょうどええと思うてのことなのか。そやけどわざわざ値段の高い日に買うことはないと思うぞ。
 ネット検索してみても、江戸時代に花柳界で船場の旦那が遊びでやりはじめたくらいのことしか由来はわからん。なんで節分なんか、なんで恵方を向くのか、なんで丸かぶりなんか。
 由来のこれだけ怪しい「風習」が日本中に広まるとはねえ。コンビニ恐るべし。最近ではロールケーキを丸かぶりしたりするとかいうのもあるらしい。巻いてたらなんでもええんか。もうなにがなにやら。こうやって新しい「風習」が作られていくんやね。ここ数年突如盛り上がりだしたハロウィーンの馬鹿騒ぎも同じことか。
 というわけで、我が家では鰯と豆を食して厄払いをしました。さすがに豆まきはせなんだけれどね。明日からは残った豆をおやつにポリポリかじりましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まるかぶり発祥の地 [季節ネタ]

 明日は節分。帰り道のコンビニ店頭で太巻きを売り切るためにバイトの子が店頭で必死に売り込みをかけたりするんやろうな。いまや全国的な風習になった「恵方巻き」やけれど、ずっと以前、この日記を書き始めた頃にこの風習が大阪のどこで行われていたかについて触れたことがある。
 というのも、「恵方巻きのまるかぶりは大阪の風習が発祥」という説明はされていたけれど、いったい大阪のどこで行われていたかは明らかにされてへんからなんですね。
 妻はご両親も大阪の人なんやけれど、そんな風習は知らなんだ。大阪のごく狭い範囲での風習やないかと思われるんですね。で、故黒田清さんが日刊スポーツに連載していた「ニュースらいだー」で戦前、黒田さんが子どもの頃に丸かぶりしていたことを書いてはった。黒田さんは船場の商家の生まれ。つまり、船場の商家にはこの風習があった。ここまでは確認したけれど、それ以外にこの風習に関するはっきりした文章にはあたれてなんだ。
 ところが今日、朝日新聞のサイトで“「巻きずしの丸かぶり」発祥の地?”という見出しを見つけた。これは! 十数年ぶりに疑問の答えが見つかるかと興味しんしんで読んでみた。以下引用。
“節分の3日、「巻きずしの丸かぶり」発祥の地と伝わる大阪市此花区にあるホテルで、市立咲くやこの花高校の生徒らが作った巻きずしが提供される。  区によると、水運が栄えた江戸時代ごろ、船頭衆らから「腹が減った。切らずにそのままおくれ」との声が続々上がり、丸かぶりするようになったという。”
 うーむ。なんと中途半端な情報でしょう。丸かぶりの発症かもしれんが、これだけでは節分に恵方に向かって丸かぶりした由来がわからんではないか。
 太巻きを切らんとかぶったのは此花の船頭だけやあるまい。私が知りたいのは「恵方巻き」の由来なので、これにはがっかり。
 ま、別に研究者ではないし、現任校では「なにわ学」なんて授業はないから、すぐにでも知りたいわけでもない。またどこかでひょっくりと由来に触れた文章にあたることもあるやろうから、それを待つしかないか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

センター試験は12月に! [季節ネタ]

 日に日に寒くなってきた。今週末は大阪でも雪が降るかもしれんそうで、土日とも外出の予定があるだけに、予報よ外れてくれと願うばかり。センター試験もあることやしね。
 それにしても、センター試験の日というのは雪が降りやすいんやなあ。ニュースを見ていたら、毎年雪で実施時間が遅れたの何のとやっている。
 これは共通一次と呼ばれていた私の学生時代と変わらん。これ、1ヶ月くらい前倒しでやったらどうかなあと思う。寒さのピークはだいたい1月から2月ごろで、12月やったら雪で困らされることは格段に少ない。それに、正月返上でセンター試験用の受験勉強をすることもなくなるし(私学の入試や二次試験はそういうわけにはいかんけれど)。
 今は公募推薦で年内に合格が決まったりするケースも増えているから、年明けにこだわる必要はないと思う。AO入試なんか8月くらいに合格内定が出てたりするもんね。
 センター入試には来年度から筆記試験も加わるそうなんで、12月にテストを実施して、採点の時間に余裕をもたせることもできるんやないかな。
 どんどん寒くなっていく。冬眠したい気分でありますね。毎年書いていることやけどさ。

 1月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケーキは決めてから買おう [季節ネタ]

 今日はクリスマス・イヴ。録画した深夜アニメを見たり午睡したりしてから、ケーキを買いに駅前に。ケーキ屋に入り、おいしそうなものを選ぶ。とはいえクリスマス・イヴやとふだんよりケーキの種類が少なめなんで、わりとすんなり決まる。私の前に注文している人が「ザッハとクリスマスプリンと」と注文したので、よし自分の番と「えーと、ザッハと……」と注文しはじめたら店員さんに「もう少しお待ちください」といわれてしもうた。前のお客さん、まだ注文しきってなんだのですね。ちゃんと考えてから注文してよ、と思うけれど、後に並んでいる者がいてることとかあまり考えたりしないタイプの人なんでしょうねえ。私の後ろにもみっちりとお客さんは並んでいるんやから、私なんか決まってなんだら決まるまでに「お先にどうぞ」と順番を譲ったりするんやけれど。
 いらいらするほどには待たされず、私と妻の分のケーキを買い、帰宅。
 夜は鳥料理とケーキ。BGMにバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック演奏のクリスマス・アルバムをかけ、少しだけムードを作る。クリスマスプレゼントに、妻からはウルトラ怪獣のスタンプをもらう。「よくできました」とダダの絵の横に書いてあったりするようなもので、さっそく年明けにはプリントに使用しましょう。
 私から妻にはコミックスを何冊か。森薫「シャーリー 2」と施川ユウキ「バーナード嬢、曰く」全3巻を贈る。誕生日にはブルーレイをはりこんだんで、クリスマスはちょっと控え目に、というところ。
 というわけで、今年も例年通りの穏やかなクリスマス・イヴを過ごせたのでありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の漢字は「金」 [季節ネタ]

 今日で私の年内の授業は終了。実は明日も授業は行われるんやけれど(台風で休校になった分の代替)、時間割の関係で私の持ち授業はなし。そう思うとほっとしたんやろうね。午後から一段と体が重くなった感じがする。帰宅し、夕食後うたた寝。こういうケースはあまりないのです。
 この前今年の漢字とかいうて清水寺で「金」と書いてはったけれど、なんかああいうの好きな人いてはるねえ。翌日のスポーツ紙では各界の著名人に色紙を渡してそれぞれに「今年の漢字」を書かせてた。お遊びなんで目くじらを立てる必要はないけれど、ようあんな風にリクエストに上手いことこたえられるなあと感心したりもする。
 漢字一文字であらわせられるほど薄っぺらい一年やったわけやあるまいに。
 私は、よう書かんなあ。今日一日であっても漢字一文字では表現でけんね。一年となるとそれが365日積み重なるわけやし。
 お遊びとしては別にかまわんけれど、私にはあんまり面白い遊びには感じられん。どうせなら四字熟語で表現するくらいにしといたら、かなり面白くなるんやないかと思うけどね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳥の画像 [季節ネタ]

 本日も完全休養日。日刊スポーツの占い欄に「そろそろ年賀状を作り始めよ」というようなことが書いてあり、よけいなお世話と思いつつ、夜は、パソコンを立ち上げて鶏の画像検索。
 鶏というのは鮮明な写真やと実は非常に気持ち悪いのですねえ。使いにくいなあ。手塚先生に敬意を表し「火の鳥」の画像を……とも思うたけれど、あまりに芸がないのでやめ。
 それならばと「ひよこ」で画像検索。こちらは成鳥よりかわいらしい。チキンラーメンのひよこちゃんという手もあるか。前の亥年、エースコックの豚さんを年賀状に使用したから、そのつながりで……10年前の年賀状のデザインなんか誰も覚えてへんて。
 ならば、チキンラーメンに便乗して発売された即席めんの袋の画像を並べるのも面白いか。「ピヨピヨラーメン」なんていかにもバッタもの臭いけれど、このラーメンがのちに「サッポロ一番」になるのです。いやそんなトリビアはどうでもよろしい。
 怪獣はどうか。リトラとかラルゲユウスなんてウルトラQの怪獣の写真をと思うたけれど、リトラはゴメスを倒したあと死んでしまうのですねえ。正月からゲンの悪い。
 というわけで、しばらくは毎晩鳥ネタの画像を検索することになりそう。一発でコレと思うものにはなかなか当たらんもんですねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

墓参と「祇園饅頭」 [季節ネタ]

 今日は盆の入り。朝のうちから支度をして午前中のまだ気温が上がらんうちに墓参をすまそうと早目に家を出る。
 阪急の特急で河原町へ。烏丸まで座れず、その段階で疲れているのではあかんよなあ。東山山麓途中にある墓地についた時にはもう汗でびしょびしょ。京都の夏をなめていたわけやないけれど、午前中でも30度はこえていたんやろうねえ。往路で500mlの麦茶ペットボトルを1本あけ、復路で同じものを1本あける。いずれもコンビニのポイントで購入。毎朝コンビニでせっせと買物していたかいがあった。
 四条河原町のブックファーストに寄り、涼む。いやちゃんと本も買いましたよ。黒川博行「後妻業」を購入。もっとも帰路の特急では座った途端に睡魔に襲われ読書どころやなかったけどさ。
 帰宅して汗みずくの服を着替え、午睡。夕刻に起きて、妻と「祇園饅頭」のおはぎを食する。いつも墓参の際には買うようにしているんやけれど、さっぱりしてこくのある甘味がよろしいなあ。たまには舌に贅沢させてもよいでしょう。
 夜はテレビでナイター観戦。今夜は涼しい風も入ってこず、扇風機に当たりっぱなし。それでも汗が止まらん。今夜は扇風機をかけて寝た方がええかもな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お返しの名目 [季節ネタ]

 今日は「ホワイトデー」。仕事帰りに最寄駅前の洋菓子店で「ホワイトデー・ボックス」という詰め合わせを買い、妻に贈る。無条件にセットものを買うたんやない。ちゃんと中身を確認してから買いましたよ。おいしそうやなあと思えるものやなかったら、食べてもらわれへんものね。
 妻には喜んでもらえたようでなにより。去年は京都の八ツ橋のお店で変わったお菓子を買うたけれど、今年はオーソドックスにいったわけやけれど、こうやって毎年いろいろと考えながらものを贈るというのは楽しいものやね。
 しかしまあ「ホワイトデー」なんてよう考えたもんやなあと毎年思う。贈り物にはお返しをという、非常に日本的な発想ではあるけれど、本命チョコやろうと義理チョコやろうとなんやろうともらいっ放しというのはなんとなく心苦しい。「ホワイトデー」なるものをお菓子業界で考案してくれたおかげで、気持ちよくお礼の気持ちをあらわすことができる。いや別に名目がなかったらプレゼントをしたらいかんということはないやろうけれど。
 職場ではこの土日に旅行に行かはった方たちがお土産を職場にもってきてくれたはって、私も奥伊勢の柚子入りのカステラなんぞをおいしくいただいた。明日は春場所を見に行くから、お相撲さんのお煎餅か軍配型のクッキーかなんかをお土産に買うて帰ることにしましょう。いつもいただいてばかりでは申し訳ないですもんね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての本気チョコは [季節ネタ]

 今日は聖バレンタインの日。いつまでたっても妻が渡してくれないものですから、催促がましいことを言うてしまいましたよ。言われて妻も「買うた事で完結して。渡すの忘れてた」とか。
 というわけで、今年も無事妻からいただきました。有名洋菓子店のおしゃれなセット。来月はお返し、奮発せな。
 今年は日曜日ということもあって、いわゆる義理チョコというものはなし。私は義理堅いところがあって、いただいた方には(もちろん生徒にも)ちゃんとお返しを翌月してるのですけれど、今年はそれはなしですみそうです。その分、妻に一点集中いたします。
 それにしても、この風習、私はいつごろ知ったのかなと記憶を掘り起こすと、たぶんテレビで不二家の「ハートチョコレート」を宣伝しているのを見て知ったんやなかったかな。小学校も高学年時分やったと思う。
 妻とつきあうようになるまで、私には「本気チョコ」なるものは縁のないものでありました。なんと寂しい青春であったことよ。まあ、最初からあきらめムードではあったけれど。それだけに妻とつきあいだして、初めてもろうたチョコレートは嬉しかったなあ。
 とまあ、おっさんおばはんになっても、こういう行事はやはり楽しいものなのでありました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伝統行事雑感 [季節ネタ]

 今日は小正月。夕食後、餅入りのぜんざいをいただく。別に鏡餅を飾ってたわけやないんですけどね。正月の餅の残りやと思うんですけど。
 恵方巻きなんて風習が商業ベースで全国に広まったりなんかしているけれど、鏡餅を割って食べるなんてコンビニの儲からん風習は残っているんやろうか、などと愚考。
 仕事上はとっくに正月気分ではなくなっているんやけれど、これで一応正月はしまいですね。玄関に飾ってあった締め飾りも外さんとなあ。これもあまり飾っている家は見かけんようになったねえ。マンションの扉の脇に小さいのを毎年飾っていたけれど、同じフロアの各ご家庭でそんなことをしているところもないし、来年からはやめとこか、という話を昨年末に妻からされた。個人的には締め飾りがないのはさみしいけれど、やむを得ないか。
 幼い頃はあたり前に各家庭でやっていたことが、気がついたらなくなっていたり、一部だけで行われていた風習がコンビニの戦略で当たり前のように全国で広がっていたり。
 伝統とかなんとか思われているものも、はやりすたりで変化していくもんなんやろうねえ。そういう意味では「伝統」という言葉を軽々に使うもんやないように思いますが、如何。

 1月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。人数が集まれば新年会をしたいと思いますので、多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 季節ネタ ブログトップ