So-net無料ブログ作成
季節ネタ ブログトップ
前の10件 | -

雨中の門番 [季節ネタ]

 今日はお山の学校の文化祭。私のお仕事は学校周辺の巡回、閉鎖してある門の立ち番、校内の巡回。つまりほとんど警備係として1日を過ごしたのであります。まあ、クラス担任でもなく、人権教育担当を専らとしている教員に文化祭でまわってくる仕事なんてそんなもんです。
 朝一番の校外巡回の最中に雨が降りはじめ、少しずつ降り方が強くなっていったので傘をさし、相棒の若い先生と雑談をしながら周辺の酒屋やコンビニの駐車場をみまわる。生徒の保護者が駐車したりすることがあるので、そのチェックであります。まだ一般公開される前の時間やったし、特に異状なし。1時間ほど仕事部屋で事務作業をしてから、門番の仕事。雨はますます強くなっている。今日は業者とPTA役員以外はすべて受付を通ってもらうので、入ってこようとする人に受付のある門の場所を指示する。また、早退するという生徒にも受け付けを通るように指示。ただ突っ立っているだけやけれど、地面に跳ね返った雨でズボンのすそがひどく濡れ、体も冷えはじめてきた。1時間で門番から解放され、すぐに校内巡回。招待券で入ってきた他校の生徒たちと勤務校の生徒たちの間でトラブルが起こったりしないか、生徒たちがハイテンションになってアホなことをしでかしてないか、校内を行ったり来たり。
 警備の仕事が終わり、遅めの昼食をとるともうぐったり。文化祭終了後、保健委員の展示の後片付けの指導をした後は、来週の授業に向けての準備やとか奨学金関係の雑務をこなし、やっとこさ退出時間が来たので、すぐに出る。
 これがまた困ったことにバスも電車も土曜ダイヤなんで、いつもよりも少しずつ時間が後ろにずれているのですね。定時に退出したのに、帰宅は少しばかり遅くなる。
 台風接近で、月曜日あたり暴風警報が出るやもしれん。幸いその日は今日の分の代休なんで、暴風雨の中をよたよたと歩かんですむ。そのことを思えば、文化祭は無事に終了したんやから、まあよかったと思わんとね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

地域の運動会 [季節ネタ]

 今日は体育の日。あちこちで地域の運動会なども開かれたことでしょう。
 私たちは結婚した直後、パナソニック市にあった団地に住んでいて、いきなり団地の自治会長をやるはめになってしもうた。その直後に阪神淡路大震災が起きて、地震による被害に関係したトラブルの処理に追われた。それを書きだすときりがないので、それはまた別の機会に。
 で、体育の日です。なんでも地域の小学校で行われる自治会単位の運動会で、自治会長にも自動的に役割が振られていて、それまで何のかかわりもなかった地域の運動会であいさつみたいなことまでやらされる羽目になった。
 なんでそういうシステムになっていたんかようわからんけれど、何の愛着もないというかそこに引っ越してきたばかりで土地柄も何もわからんところの運動会で何のあいさつをすればええというんや。あれには全く閉口した。
 むろん翌年からその運動会に参加することもなく、何年かして今の住まいに転居したのであります。
 大型マンションで、地域の行事に参加する義務もなく、そういう地域住民の運動会などというものとも無関係で過ごしてきた。ただ、この辺ではそういう運動会をやってるかどうかも知らん。というのも、この3日間、家でだらだらと寝て過ごしていたけれど、運動会のにぎわいらしい物音が聞こえてくるわけでなく、聞こえてくるのは近くの中学校で毎日練習している吹奏楽部のやかましい音だけ。
 マンションが次々と新築されている地域だけに、そういう昔ながらの関わりみたいなものは薄いのかもしれんなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古都のコンビニは異国情緒 [季節ネタ]

 今日は、盆休みを一日長くとれるように制定された「山の日」。
 そやからというわけやなく、京都東山まで墓参。週間予報で曇り時々雨とあったので、多少暑くとも曇っていたらましやろうとこの日に決めていたのです。
 かんかん照りのええ天気やんか、もう。
 というわけで、汗だくになって山登り。ふだんはお山の学校に、墓参は東山にと私には毎日が「山の日」ですわ。
 墓参を終えて円山公園でポロシャツを着替える。おっさんになってよかったと思うのは、公園でシャツを脱いでも誰も気にもしてくれんこと。脱いだシャツは、豪雨を浴びたかの如くびしゃびしゃ。
 熱中症対策にペットボトルの麦茶を持参したけれど、1本ではききません。帰路、八坂神社石段下のローソンで追加でもう1本購入。店の中は国際色豊か。店の中で飛び交う複数の言語はもう誰が何語をしゃべっているのかわからんくらい。
 南座横の「祇園饅頭」でおはぎを買い、帰宅。即寝床に倒れこみ、爆睡。
 夜になっても火照りが消えず、ベランダで夜風にあたっても汗はひきません。しょっちゅう水分補給。熱中症にはなってへんにしても、けっこう危なかったのかな。
 というわけで、毎年のことながら墓参は遠足でございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花火の煙 [季節ネタ]

 今日は月例の京都の医者行き。本来なら来週の予定なのですが、お医者も盆休みということで、1週間繰り上げて診療してもらう。
 大阪も京都も無体に暑い。36度を超える猛暑日なのでした。体温やんけ。そらのぼせる。薬を出してもろうたら、速攻で帰阪。帰宅してすぐ寝転んで風通しのよい部屋でラジオをつけてプロ野球中継を聞く。途中でテレビに切り替え、中継時間終了とともにラジオにまた切り替える。
 夜は淀川の花火大会。例年書いているとおり、マンションのうちの部屋は窓の方角が花火大会の場所と正反対なもんで、音ばかり聞こえて肝心の花火が見られん。そこで今年はテレビ大阪の花火中継をテレビで見る。テレビ画面で花火が連発されるとタイムラグで窓の外から音が聞こえてくる。ああ、近くで花火してるねんな、と実感。
 今年は風向きの関係からか、花火大会終了後、窓からえらい火薬の匂いが入ってきた。こんなん初めてやなあ。風向きが変わると、部屋の奥にまで匂いが漂うほど。確かにえらいようけ花火を打ってた。ごっつ派手な花火やったのは、テレビ画面を通じてもわかった。来年は淀川の土手まで見に行こうかな。
 というわけで、花火そのものはテレビで見ることしかでけなんだけれど、火薬の匂いで花火を体感するという珍しい体験をしたのでありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

閃光花火 [季節ネタ]

 今日はまた一段と蒸す。室温は常時30度ほどで安定していたんやけれど、汗まみれでお仕事。メンテナンスの関係でパソコンを使用でけんということもあり、書類の発送作業をすませ、時間休をとって早退。通常営業の時間に帰宅したら、天神祭を見に来た浴衣集団でごった返すんやないかという予測もあったしね。すいている時間に帰宅して正解。
 帰宅してしばらくぶっ倒れていたけれど、夕刻少しばかりたまっているアニメを見てから、野球中継を見る。
 6時くらいにどどどんと花火の試し打ちの音が聞こえてきた。野球を見ていると、外ではどどどどどんどんとほとんど切れ目なく花火の音がする。新聞によると5000発用意しているとか。最後のやけくそ打ちの時には見よう。なにしろ野球は目が離せん展開。1岩貞が筒香にソロホームランを打たれたけれど、その1点だけで8回まで投げる。ところがベイスターズの今永の前に打線は沈黙。これで負けるんやから岩貞も運がないなあ。試合終盤にどかどかどかとやけくそ打ちが始まる。
 花火好きの妻は食事の支度をしている時もそわそわ。夕食後、すぐにベランダに。私も少し遅れてベランダに出る。
 おおお、凄いぞ。特に閃光を放って消える新しい花火は、遅れて聞こえるどおおおおんという音が腹に響く。線香花火ならぬ閃光花火というところか。
 CGで作られた花火の映像は美しかろうが、この腹に応えるどどどどんという響き、空気が動いて音を伝えてくる感覚、これは生の花火にはかなわんのやなかろうか。
 というわけで、今年も自宅のベランダから花火を楽しむ天神祭でありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二大祭横目制覇 [季節ネタ]

 愛すれどTigers「ロジャース2連発、メッセも初ホーマー」を更新しました。

 今日は比較的過ごしやすい。気温は30度を越しているんやけれど、35度にならんというだけでこうも違うのか。体力の消耗も激しくなく、水分の摂取も先週と違いそれほどがぶがぶやらんでもよかった。
 帰宅途上の電車には浴衣姿の若者がちらほら。天神祭の宵宮に出かけるんやなあ。祇園祭の宵山も横目に見、天神祭の宵宮も横目に見、という感じですかね。日本三大祭のうち2つも横目に見て帰宅という贅沢野郎ですな、私は。これで神田の三社祭を横目に見たら三大祭制覇ということになるのやけれど、わざわざ祭りを横目に帰宅するためだけに東京に行くのような酔狂な真似はできませんて。
 相撲は終わり、野球の試合もないので、今日は録画してあったアニメを何本か見る。先月までみたいに本格SFアニメはないのがちょっと残念。というか、「正解するカド」「ID-0」と2本もちゃんとしたSFアニメがいっぺんにあるというのが異状やったわけですけれどね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新たに作られた「風習」 [季節ネタ]

 昨日予想していた通り、駅前のコンビニではバイト君が声を枯らして巻きずしを売っていた。通りすがりの、おそらく私より年上の男性がつぶやく。
「お、帰りに買うか」
 うーむ、これは行事として食わねばという意味合いなのか、夕食にちょうどええと思うてのことなのか。そやけどわざわざ値段の高い日に買うことはないと思うぞ。
 ネット検索してみても、江戸時代に花柳界で船場の旦那が遊びでやりはじめたくらいのことしか由来はわからん。なんで節分なんか、なんで恵方を向くのか、なんで丸かぶりなんか。
 由来のこれだけ怪しい「風習」が日本中に広まるとはねえ。コンビニ恐るべし。最近ではロールケーキを丸かぶりしたりするとかいうのもあるらしい。巻いてたらなんでもええんか。もうなにがなにやら。こうやって新しい「風習」が作られていくんやね。ここ数年突如盛り上がりだしたハロウィーンの馬鹿騒ぎも同じことか。
 というわけで、我が家では鰯と豆を食して厄払いをしました。さすがに豆まきはせなんだけれどね。明日からは残った豆をおやつにポリポリかじりましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まるかぶり発祥の地 [季節ネタ]

 明日は節分。帰り道のコンビニ店頭で太巻きを売り切るためにバイトの子が店頭で必死に売り込みをかけたりするんやろうな。いまや全国的な風習になった「恵方巻き」やけれど、ずっと以前、この日記を書き始めた頃にこの風習が大阪のどこで行われていたかについて触れたことがある。
 というのも、「恵方巻きのまるかぶりは大阪の風習が発祥」という説明はされていたけれど、いったい大阪のどこで行われていたかは明らかにされてへんからなんですね。
 妻はご両親も大阪の人なんやけれど、そんな風習は知らなんだ。大阪のごく狭い範囲での風習やないかと思われるんですね。で、故黒田清さんが日刊スポーツに連載していた「ニュースらいだー」で戦前、黒田さんが子どもの頃に丸かぶりしていたことを書いてはった。黒田さんは船場の商家の生まれ。つまり、船場の商家にはこの風習があった。ここまでは確認したけれど、それ以外にこの風習に関するはっきりした文章にはあたれてなんだ。
 ところが今日、朝日新聞のサイトで“「巻きずしの丸かぶり」発祥の地?”という見出しを見つけた。これは! 十数年ぶりに疑問の答えが見つかるかと興味しんしんで読んでみた。以下引用。
“節分の3日、「巻きずしの丸かぶり」発祥の地と伝わる大阪市此花区にあるホテルで、市立咲くやこの花高校の生徒らが作った巻きずしが提供される。  区によると、水運が栄えた江戸時代ごろ、船頭衆らから「腹が減った。切らずにそのままおくれ」との声が続々上がり、丸かぶりするようになったという。”
 うーむ。なんと中途半端な情報でしょう。丸かぶりの発症かもしれんが、これだけでは節分に恵方に向かって丸かぶりした由来がわからんではないか。
 太巻きを切らんとかぶったのは此花の船頭だけやあるまい。私が知りたいのは「恵方巻き」の由来なので、これにはがっかり。
 ま、別に研究者ではないし、現任校では「なにわ学」なんて授業はないから、すぐにでも知りたいわけでもない。またどこかでひょっくりと由来に触れた文章にあたることもあるやろうから、それを待つしかないか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

センター試験は12月に! [季節ネタ]

 日に日に寒くなってきた。今週末は大阪でも雪が降るかもしれんそうで、土日とも外出の予定があるだけに、予報よ外れてくれと願うばかり。センター試験もあることやしね。
 それにしても、センター試験の日というのは雪が降りやすいんやなあ。ニュースを見ていたら、毎年雪で実施時間が遅れたの何のとやっている。
 これは共通一次と呼ばれていた私の学生時代と変わらん。これ、1ヶ月くらい前倒しでやったらどうかなあと思う。寒さのピークはだいたい1月から2月ごろで、12月やったら雪で困らされることは格段に少ない。それに、正月返上でセンター試験用の受験勉強をすることもなくなるし(私学の入試や二次試験はそういうわけにはいかんけれど)。
 今は公募推薦で年内に合格が決まったりするケースも増えているから、年明けにこだわる必要はないと思う。AO入試なんか8月くらいに合格内定が出てたりするもんね。
 センター入試には来年度から筆記試験も加わるそうなんで、12月にテストを実施して、採点の時間に余裕をもたせることもできるんやないかな。
 どんどん寒くなっていく。冬眠したい気分でありますね。毎年書いていることやけどさ。

 1月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケーキは決めてから買おう [季節ネタ]

 今日はクリスマス・イヴ。録画した深夜アニメを見たり午睡したりしてから、ケーキを買いに駅前に。ケーキ屋に入り、おいしそうなものを選ぶ。とはいえクリスマス・イヴやとふだんよりケーキの種類が少なめなんで、わりとすんなり決まる。私の前に注文している人が「ザッハとクリスマスプリンと」と注文したので、よし自分の番と「えーと、ザッハと……」と注文しはじめたら店員さんに「もう少しお待ちください」といわれてしもうた。前のお客さん、まだ注文しきってなんだのですね。ちゃんと考えてから注文してよ、と思うけれど、後に並んでいる者がいてることとかあまり考えたりしないタイプの人なんでしょうねえ。私の後ろにもみっちりとお客さんは並んでいるんやから、私なんか決まってなんだら決まるまでに「お先にどうぞ」と順番を譲ったりするんやけれど。
 いらいらするほどには待たされず、私と妻の分のケーキを買い、帰宅。
 夜は鳥料理とケーキ。BGMにバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック演奏のクリスマス・アルバムをかけ、少しだけムードを作る。クリスマスプレゼントに、妻からはウルトラ怪獣のスタンプをもらう。「よくできました」とダダの絵の横に書いてあったりするようなもので、さっそく年明けにはプリントに使用しましょう。
 私から妻にはコミックスを何冊か。森薫「シャーリー 2」と施川ユウキ「バーナード嬢、曰く」全3巻を贈る。誕生日にはブルーレイをはりこんだんで、クリスマスはちょっと控え目に、というところ。
 というわけで、今年も例年通りの穏やかなクリスマス・イヴを過ごせたのでありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 季節ネタ ブログトップ