So-net無料ブログ作成
検索選択

ペギー葉山の死 [追悼]

 今日から授業開始。さらには奨学金の説明会と午前中は緊張のしっぱなし。そらあなた、2ヶ月半ぶりの授業でっせ。まあ、昨年一年間お付き合いいただいた生徒たちばかりなんで、初対面の緊張感がなかっただけまだましかな。
 歌手、ペギー葉山さんの訃報に接する。享年83。死因は肺炎。
 ウルトラの母、死んでもうたなあと、リアルタイムで「ウルトラマンタロウ」を見ていた世代はまずそう思うわけですね。
 あの「ドレミの歌」の訳詞者というのももちろん知っておりました。実は、「ドーナツ、レモン……」ときて、次のミ以降も食べ物で統一しようと思うたけれど、ミでつまり、ファで困ったそうですね。でも、楽しいしうまい訳になってると思いますよ。直訳したら「ミーは自分をさす言葉」てな感じになるわけで、「ラはソの次の音」なんて、元の歌詞も非常に苦労していたりなんかするわけで。二番なんか「ドんなときにもレつをくんで……」と「あいうえお作文」にしている。この言語センスはただごとやないとおもうね。
 子ども向けの歌番組にもよう出たはりました。こういうほんまに歌のうまい人の歌声を聞いて育ったというのは、ありがたいことやなあと思う。ほんまもんに触れることがで得られる経験というのは、何物にも代えがたい価値があると思うからね。
 肺炎で倒れる直前まで、ステージのリハーサルに出たはったりしたという。83歳で現役やったわけで、これもまたすごいことやと思う。生涯現役と簡単にいうけれど、なかなかそうはいかんもんですよ。
 謹んで哀悼の意を表します。

 4月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

浅田真央は涙を見せない [スポーツ]

 明日から授業開始のため、あれこれと準備。へろへろになって帰宅。
 妻が録画した浅田真央さんの引退記者会見を見たりする。
 さすがやなあと思うたのは、最後の挨拶をしている時に感極まって涙がこみ上げてきたら、後ろを向いて指で涙をふき、気持ちを整えてから元にかえって挨拶を続け、それでもまた言葉につまると再度報道陣に背を向けて涙をふき、最後の最後まで「笑顔の浅田真央」を見せて終わったこと。
 妻から事前に聞かされていたものの、やはり自分の目で確かめるのが一番。
 どう見せるか、という競技を幼い頃からずっと続けてきて、世界のトップに立っただけのことはある。涙を見せるのは決して恥ずかしいことやないとは思うけれど、彼女の美学には反していたんやろうね。
 後ろを向いているわずかな時間の間に心を落ちつけられるんやから、これはちょっと我々凡人には真似できませんわ。控室に戻ってから大泣きしたかもしれんけれど、それは他の人たちのあずかり知らぬところで行われるべき、ということなんやろうね。
 ところで、朝、弁当を買うためにコンビニに寄って、スポーツ紙の見出しをちらちら見てたら、「真央に国民栄誉賞」というのが目に入ったので、おおしんぞう総理も無視でけんかとちょっと抜いて確かめたら、「真央に国民栄誉賞を」でした。「を」は折りたたまれた内側に小さく添えられている。これこそスポーツ紙の真骨頂。やりますなあスポーツニッポン。

 4月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

浅田真央の引退 [スポーツ]

 今朝のスポーツ紙の一面はどれも「浅田真央引退」一色。まあそうやろうね。
 夕刻、タイガースの試合速報のメールが携帯に届く。今日のベイスターズ戦は降雨中止。まあそうやろうね。帰路、駅のホームで妻に録画予約の取り消しをメールで依頼しておく。
 帰宅したら妻はニコニコ。野球中継が中止になったんで、浅田真央特番の録画が可能になったのでした。テレビ朝日はビートたけしの番組をすっとばして浅田真央の特番を放送。妻はさっそく見ていた。ジュニア時代の映像などだけではなく、ロシアのスケート選手からのビデオメッセージなども入れていて、この動きの早さはただ事ではないと妻は感心。昨日の夜に引退をブログで発表した、その日のうちにゲストをかき集め、大阪や福岡のスタジオからも中継したりしている。それくらいせんと、ビートたけしの番組をすっとばしたりはでけんよなあ。
 これからはアイスショーに出たり、テレビ解説をしたりするのかな。日本だけやなく世界中にファンのいる人気スケーターやったから、アイスショーなんか引っ張りだこになるんやないか。むろんギャラも相当なものになるやろうね。
 ジュニア時代から常にトップクラスで活躍し、プレッシャーもわれわれなんかには想像もつかんほどのものやったやろうから、ほんまにお疲れ様でした。
 明日の引退記者会見は各局で生放送ということになるんやろう。しんぞう総理もこの際やから国民栄誉賞くらいどんと出してみたらええんやないですか。それだけの値打ちはあると思うけどね。まあ共謀罪やら森友問題やらなんやらでそんな余裕はありませんか。

 4月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

入学式にくしゃみ阻止 [日常生活]

 愛すれどTigers「北條、上本のホームランでG倒」を更新しました。

 今日は始業式と入学式。天候が気になったけれど、雨が降ることなく無事新学期のスタートとなった。
 予想以上にお山の学校は寒く、体育館で式に参列していたら、だんだん体が冷えてきて鼻がむずむずしはじめた。くしゃみが出そうになったので、鼻をつまんで止める。以前妻が見ていたテレビで、くしゃみが出そうになった時は鼻の頭を下から押し上げて息を吸い込むと、鼻への刺激でくしゃみが出なくなると言うていたのを思い出して、やってみる。
 おお、鼻のむずむずが治まった。若干鼻がつまったけれど、鼻水が出ると、粘膜を保護するからくしゃみが止まるんやそうです。
 いやあ、粛々と進む入学式の最中に大きなくしゃみをして注目されたくなんてないもんね。テレビで仕入れた豆知識がこんな時に役に立つとは思うてもいなんだわい。
 式が終わると、仕事部屋に戻ってストーブをつけて体をぬくめたけれど、なかなか暖まらなんだ。帰路、駅から自宅まで歩いていたら汗ばんできた。夕方なんで昼より冷えてるはずなのに、大阪市内はやっぱりぬくいんやなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏場所も即完売 [大相撲]

 今日も完全休養日。午前中はテレビを友とし、昼食後、午睡。起きてからプロ野球中継を見る。夜もテレビを友とする。なにしろ昨日の深夜アニメは新番組が多く大量に録画したもんやから、1日では見切れんくらいあるのです。そこまでして深夜アニメを見るかね。あほなおっさんや。
 大相撲夏場所の前売り券が昨日発売されたところ、電話とネット販売で、受け付け開始の朝10時から2時間とかからず完売したそうな。春場所からの異常事態はまだ続いているのですね。
 お粗末なのは相撲協会。国技館の窓口に並んで前売りを買おうとしている人たちに200枚の整理券を配っていたのに、窓口が開いた正午にはもう売り切れ。せっかく並び、整理券を手に入れた人たちの手に券が渡らんということになってしもうた。整理券を発行したからには、その分だけは席を確保しとかなあかんでしょう。それやったら整理券なんか配りなさんな。
 どうせ春場所と同じように転売目的で買うた者もけっこういてるはず。国技館の窓口に並んだ人の中には、毎場所のように窓口で買うと決めてはる人もいてたという。そういう熱心なファンを大切にせな、今のような異常な熱気が冷めた時、この人たちが「二度と国技館には来ない」となってへんとは限らんのやからね。
 春場所で午前中に売り切れたという教訓を全然生かしてへん。分割して販売するなど、今後はちゃんと対策を練っていただきたい。特に窓口に並んで買いに来たような人にはちゃんと席を確保しておくべし。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

雨天中止とアラーム [日常生活]

 今日は完全休養日。雨天やけれども家の中でだらだらしてたら関係ない。
 午前中はテレビを友とし、昼食後、午睡。野球中継を見たいので携帯のアラームをセットしておいた。アラームが鳴って一度は目が覚めるけれど、すぐに二度寝してしまう。何度か繰り返して鳴るようにセットしていたけれど、そのたびに三度寝、四度寝。アラームではなく、耳元でメール到着のバイブレーターの音が響いて、それで目が覚めた。試合結果を知らせてくれるメールであります。
 あ、試合終わったんや。結果については見ないようにして、起きる。えらい早いこと終わったやんなあ。0-0で8回くらいに糸井がホームランを打って青柳がプロ入り初完封でもしたかな、というようなアホなことを考えながら、再生。
 確かに0-0でした。ただし、3回途中で試合は降雨中断。こんな中断で、早いとこ試合が終わって……。ノーゲームと違うかこれはと思いながら早送りですっとばしていたら、やっぱり試合中止。今季初めてというくらい先発投手が安定した立ち上がりやったのに、中止とはついてへんなあ。
 というわけで、妻といっしょにやけっぱちみたいに録画したアニメを見まくって過ごしたのでありました。ほんま、ええ歳して何してるんやら。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京唄子の死 [追悼]

 昨日あんな日記を書いたせいかタイガースは惜敗。関係ありませんか。
 朝から雨。降ったりやんだりを繰り返す。甲子園のナイターも降ったりやんだりの中で行われた。オープンエアの球場を本拠地にしている以上、雨のせいでボールが見えなくて補給できなんだなどという言い訳は通用せんからなあ、糸井君、高山君。これも含めて野球でありますよ。
 漫才師で女優の京唄子さんの訃報 に接する。享年89。死因は肺炎。
 漫才師というても、もともと女剣劇の女優と、劇団員が夫婦となり、独立して顔を売るために転向したという。そやから漫才師としての全盛時は短かった。ラジオからテレビに切り替わるあたりが一番おもしろかったらしい。残念ながらその時分の映像は「てなもんや三度笠」くらいしか残ってへん。
 唄子さんを「大口」と言うていじるのは鳳啓助さんのアイデアやったらしい。実はそれほど口が大きいわけやなく、残っている映像を見ても口紅を厚塗りして大きく見せているという感じですね。「大口」を強調されるのをご本人は嫌がっていたらしいし。啓助さんはとにかく唄子さんに好きな芝居をさせてあげたかったんやろうなあと思う。漫才で顔が売れたら、「唄啓劇団」が仕事の中心になっていって、漫才はたまにしかしなくなった。唯一商品化されている映像の「お笑いネットワーク」での漫才でも「漫才は久しぶり」と言うたりしている。
 離婚後も名コンビとして活躍したけれど、啓助さんが亡くなってからは、それなりに活躍はしていたものの、特に演技派というわけでもなく、個性が際立っていたというわけでもなく、という感じで終わってしまわはったなあと私には思えてならん。
 そういう意味では、鳳啓助さんあっての京唄子さんやったんやろうなあと思う。ただ、今残されている音源や映像で、啓助さんの他に類のないボケにびしりとつっこんでいく間の良さは、唄子さんやなかったらでけなんだんやないか。それくらい絶妙の間合いがこのコンビにはあったのですよ。「唄子啓助おもろい夫婦」でのやりとりにその片鱗は感じさせたけれども。私としてはもっとネタの映像を残しておいてほしかったなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

辞めない大臣たち [時事ネタ]

 お山の学校のぼっち部屋は寒いんだかぬくいんだかわからん。ぬくいかなとストーブを切ると冷えてくるし、寒いなあと思うてストーブをつけると汗をかくし。体温調節が難しく、仕事は思うたよりもはかどらなんだけれど、なんとか今日仕上げてしまう予定までは進めることができた。やれやれ。
 それにしても自民党というのはよほど人材がいてへんらしい。復興大臣とあろうものが「自主避難したものは自己責任だから援助できない」旨の発言をし、記者に反論されると「うるさい」やと。避難したくてしてるんと違うでしょ。原発の放射能が広がったのは住民の責任ということになるぞ。
 昔やったらこういう大臣が出たら、総理が自分の任命責任を感じて辞任させるか解任するかしたもんやけれど、しんぞう総理は何の措置もとらん。第一次内閣で大臣が次々と自任して支持率が下がったので、今回は辞任させんということなんかな。なんか本末転倒のような気がするがなあ。
 防衛大臣、文部科学大臣、法務大臣、そして復興大臣と最低でも4人は昔やったら交代させてるんやないかと思うけれど、そこまで追い込まれん野党もなんだかなあ。マスメディアもなんか腰が引けてるし。
 せっかく原口がサヨナラホームランを打っていい気分になってるのに、なんでこんなネタで日記を書いてしもうたんや。おかしいなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中山美保の死 [追悼]

 今日はひたすら新年度の教材作成。前任校で使うた教材を元にパワーポイントとプリントを新たに作る。頭が疲れました。
 吉本新喜劇の女優、中山美保さんの訃報 に接する。享年78。死因は肺血腫による呼吸困難。
 新聞では「吉本のミポリンよ」を代表的な持ちギャグのように報じていたけれど、書いた記者と私とは世代が違うのかなあ。私が一番印象に残っているのは、他の役者さんたちから目尻の小じわをからかわれると、「これは飾りよ」といなす決め台詞やなあ。
 中山美穂さんが売れた時に「吉本のミポリンよ」とやって受けを取っていたけれど、これは普通でけんと思うたね。キャリアが違う若いアイドルと名前の読みが同じというただそれだけのことなので、本来は後から出てきた方が遠慮するくらいでないといかんやろうてなもんなんやけれど、まあ東京の芸能プロが吉本新喜劇を知らんでもそれは仕方ない。そやけど、ベテラン女優としては全国的な知名度は低くとも吉本新喜劇では美人女優として売っていた人なんやから、プライドがなかったはずがない。それやのに「吉本のミポリン」とそれを逆手にとって笑いを取るわけやから、みごとなプロ根性ですわ。
 私の中学くらいの頃は母親役や旅館の女将役といったところで存在感を見せていた。アクの強いメンツを相手に自在に受ける芝居は、もっと評価されてしかるべきやと思うんやけれど。こういう役回りの人がどしっと根をはっていたんやから、往年の吉本新喜劇はおもろかったんやなあと、今さらながらに思う。
 そう、今の吉本新喜劇には中山美保さんみたいな役回りの人がいてへんのやねえ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

不満だらけの奨学金 [教育]

 今日は午後から教育センターで日本学生支援機構の奨学金説明会。新たに設置された「給付型奨学金」に関して詳細が知りたかったけれど、手続き上の説明ばかりで、給付型奨学金を受けられるのは各学校に1名だけで、どういう基準でその生徒を選ぶかのガイドラインは「作成中」で示されず。各学校の責任で推薦してくれやの周知をお願いしますやの、学校の担当者に責任を丸投げするような言葉ばかり。まあ、機構の担当者からは同じことしか言われんのやろうけれど、その立場を理解しつつも現場の負担ばかり重くなるようなやり方や、事務的な答弁にはいささかうんざり。
 借金の勧めを教員がせんならんような現状が少しでも改善されればと思うんやけれど、そこらあたりの認識があまりにもなさすぎるように感じたなあ。質疑応答では不満の声も多くきかれ、説明の予定時間をはるかにオーバーしてしまうほどやった。
 ぐったりして帰宅。ナイター中継を最初ラジオで寝転びながら聞いていたら、眠ってしもうた。夕食を取りながら録画しているテレビ中継を追っかけ再生で見る。藤浪君が畠山選手に与えた四球が原因で乱闘に。バレンティンが矢野コーチをぶっ飛ばし、金本監督がつかみかからんばかりにバレンティンに迫っていく。いくらなんでもバレンティンはやり過ぎ。それにしても藤浪君、しっかりしてや。春季キャンプではWBC用の球でしか練習してなんだらしい。解説の江夏さんが一言「大事なのは日本の試合なんですけどね」とばっさり。藤浪君、日本で活躍できなんだら米国のチームも相手にはしてくれへんのですぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校