So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

宗主国の皇帝 [大相撲]

 大相撲小言場所「夏場所をふりかえって~朝乃山、平幕優勝~」 を更新しました。

 今日も完全休養日。朝はテレビを友とし、昼食前に少しパソコンで書きもの。昼食後はたっぷり午睡。昨日くらい寝たら、日曜日は午睡は短めになるんやけれど、今週は相当疲れてたんやろうなあ。
 夕刻、相撲中継を録画で見る。わずか数番を見るために米大統領としんぞう総理が取組のすべてを止めて入場。貴賓席には座らず、マス席に特別席を作らせ、そこに陣取る。警備のためにもう幕内の相撲が始まっているのに列をなして所持品検査で足止めを食らう観客の様子がうつされる。SPたちが大統領席を囲んで立っているので、正面側の席の観客は土俵が見えにくそうだ。
 なによりもこの人たちの入場で力士たちは待たされ、妙な空気の中で相撲を取らねばならなんだ。
 表彰式では総理も大統領も優勝力士よりも目立とうとしていた。天皇賜杯の重みも何もあったもんやない。大統領にへつらう総理の姿は、宗主国の皇帝と属国の王を思わせた。あんなもんに拍手なんかいらんと思うた。
 皇族の方々は、観客の邪魔にならんように弓取り式が終わるまで待ち、手を振りながら静かに退出される。品格の違いというのはこういう時にあらわれるのであるなあ。
 プロ野球中継の録画を見ながら夕食。中継時間が終わった残りは昨日と同様ニコニコ動画で見る。さあ、ゆったり過ごした貴重な休日は終わり。明日からまた多忙な日々が始まるのですね。しつこいようやけれど、10連休はいらんから、3連休を小分けにしていただきたい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相撲の神様の悪戯 [大相撲]

 今日は完全休養日。朝早く起きて、昨日の相撲を見る。栃ノ心が朝乃山に辛くも勝ったかと思うたら、物言いがついて長い競技の結果行司差し違えで朝乃山の勝ち。うーむ、これは厳しい判定やなあ。悪くても取り直しかなと思うたけれど。結局この一番が優勝争いに大きく関係してくることになった。
 そのあと朝食を取りながら「なつぞら」のたまっているのを一気に見る。朝ドラというのは毎日ちょびちょび見るようにできているんであって、こんなふうにまとめてみるもんやないですね。それから昨日の深夜に録画したアニメを全部見て……。ああ疲れた。50代後半のおっさんがやることやおまへんな。
 昼食後、午睡。たっぷり眠る。疲れが捕れたかどうかはともかく、睡眠負債は少しましになったか。夕刻起きてきて、録画した相撲をまず見る。十両は貴源治が優勝。幕内は朝乃山が豪栄道に力勝ち。こうなると相撲の神様が降りて来たとしか言いようがないね。で、大関復帰のかかる栃ノ心は何が何でも勝ちたかったから、鶴竜を立ち合いの変化でかわして勝ち、朝乃山の優勝が決定。正直、栃ノ心の変化はせめられんのですよ、私。勝ったかと思われた一番を負けにされたら、相撲内容よりも星勘定を優先させたくもなろうて。昨日の相撲が取り直しになっていたら、今日の展開も変わっていたやろう。相撲の神様も酷なことをする。
 それから録画したプロ野球中継を見る。0-6で負けていたから、放送時間終了後の分はわざわざニコニコプロ野球のタイムシフト視聴はせんでもええかなと思うていたら、9回表、放送時間終了直前に糸井のホームランで3点差に。ビデオ終了後、すぐにパソコンを立ち上げてニコニコ動画で続きを見た。負けたけれど、1点差にまで迫るおもろい展開になった。タイムシフト予約はしておくもんですねえ。
 というわけで、テレビか寝てるかという一日でした。心の平安というのはこういう時訪れるものであるなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニコニコ動画はピンチ? [日常生活]

 やっと金曜日。今週はなぜか毎日午前中ずっと眠くて苦しんだ。今日も試験監督のあと、コーヒーをがぶ飲みしても眠くて困った。午後からは来月に行われる「人権講演会」の打ち合わせのため、市民ホールへ。毎度のことながら、帰りは電車とバスの乗り継ぎが悪く今日も1時間近くバス停で待たされる。いつもならそのために本を用意していくんやけれど、今日は出かける支度をしているところへ、差別用語についての指導の相談をしにきた先生とぎりぎりまで話をしていたんで、ホールの担当者に渡す書類と財布はなんとか忘れず紙袋に入れたんやけれど、持っていくつもりやった熱中症対策用のペットボトルのお茶と本を入れ忘れてしもうた。50分ほどスマホをいじって過ごす。なんてもったいない時間の使い方よ。ああ、この私が本を忘れるなんて! 職場に戻り、成績処理関係の作業などをしてから定時で退散。
 帰宅後はプロ野球を追っかけ再生で見る。今日の中継はBS-TBS。中継延長はなし。夕食後、放送終了すぐにパソコンを立ち上げて「ニコニコプロ野球中継」で観戦。そやけど前にも増して途中で画面が消えて「プレミアム会員になれば見られます」という表示が頻繁に出、しかももとの画面に戻らん。「ニコニコ」苦戦していると聞いていたけれど、これ、ちょっと危ないんやないか。仕方がないのでスマホの「DAZN」に切り替えて試合終了まで見、すぐにラジオに切り替えてヒーローインタビューはラジオで聞く。
 というわけで、相撲を見ている時間がなかった。ああもう13日目なんて一番おもしろい日やのに。明日はお休みなんで、朝のうちに見てしまうことにしよう。先週は歓送迎会やったんで、やはり翌朝見たんやったっけ。BS-TBSもBS日テレみたいにサブチャンネルで延長してくれへんかなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金魚の眼が光る [読書全般]

 今日は試験監督はなし。来週の授業準備はなんとかできた。職員の健康診断もあったけれど、私は今年も人間ドック受診の予定なんで、胸部X線撮影だけやったので、その分余裕もあったかな。定時に退散。
 帰宅してまず相撲の録画を見る。栃ノ心は3敗目。あと1勝で大関復帰というところで足踏み。炎鵬も勝ち越しを前に連敗。なかなかすんなりいかんもんやねえ。相撲のあとは野球中継を追っかけ再生で見る。こちらは0-0のまま9回裏にサヨナラ勝利。タイガースもスワローズも両チームともチャンスは作るけれどあと1本が出ない。ああしんどかった。
 山田正紀「金魚の眼が光る」(徳間文庫)読了。呪師霊太郎シリーズの第2巻。とはいえ、「人喰いの時代」のようなメタフィクション的な構成ではなく、横溝正史風の本格探偵小説。呪師霊太郎はあくまで脇にまわり、主人公は北原白秋に憧れる女性編集者。白秋の故郷である柳河に、親族会のために行くことになり、そこで白秋の「金魚」という同様になぞらえた殺人が起こる、という筋立て。非常に読みやすく、楽しめたのは確かなんやけれど、「人喰いの時代」みたいな込み入った仕掛けを期待したりもしていたので、少し肩透かしを食らうた気分かな。本書だけがハルキ文庫で復刊されてへんのはなんでやろうと思うていたんやけれど、霊太郎シリーズとして並べると弱いのであえて復刊しなかったということなんかなあ。それでも復刊するならシリーズものなら全部そろえてほしいというのがファン心理なんですけれどね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

オーナーはお年? [コンビニ]

 今日も午前中は不調。午後からは持ち直して、親睦会の会計の仕事や会議。教材作成は進まず。明日こそなんとかせねば。
 定時に退出。帰宅して録画した相撲中継をまず見る。なんと栃ノ心は阿炎に引き落とされ、鶴竜は碧山をもろに引いて押し出されてともに2敗に後退。11日目にして幕内のトップは平幕の朝乃山一人という意外な展開。でもこのまま朝乃山が千秋楽まで勝ち続けるかというと、上位と当てられて苦しみそうやからなあ。おもしろくなってきた。
 続いてプロ野球中継を追っかけ再生で見る。今季のスワローズ戦はどの試合も息詰まるような接戦になるので面白いなあ。そして、昨日梅野捕手がヒーローインタビューで「明日も勝つバイ」とやったのに、連勝。ついに“新庄の呪い”が解けた! いやあよかったよかった。
 現在のマンションに転居した時にはすでにあった近所のローソン。行き帰りに寄るのに便利なところにあったんで、毎日というわけにはいかんけれど、よう利用させてもろうていた。そのローソンがついに今月末で閉店という貼り紙がしてあった。マンションの1階にある店なんで、このあともまた別なコンビニが入るかもしれんけれど、店のパートの人とも顔見知りになっていたし、寂しいものはあるね。そういえばここしばらくオーナーの名札をつけていた高齢の男性の姿を見ることがなくなった。実はこのオーナー、もう1軒ローソンを経営してたけれど、何年か前に閉店して現在の店だけに絞っていた。朝から不器用にレジでバーコードを読み取っていたりしていたのに。
 推測するに、オーナーが高齢で経営から手を引くことにしたんやないかと。というのも、朝夕結構にぎわっていて、立地的にも近くにビジネス街があったりして、集客が悪くて閉店したとは考えられんからなんですね。
 朝のパートの人だけやなく、夕方のパートに入っている人もずっと顔ぶれが変わってへんだし、安定した感じやったからね。
 最近は人手不足でセブンイレブンなんか24時間営業をしないでもよいというところへ方向転換したりしているし、オーナーが経営を続けられなんだらフランチャイズ店の場合はもう閉店ということになるんやろうなあ。長いこと利用させてもろうていただけに、さびしい限りです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木村進の死 [追悼]

 なんでこんなに眠いんやろう。寝不足やからです。それはわかってるけれど、いろいろあってなにもかもうっちゃらかして寝るなんてことはでけんのです。
 というわけで、今日も試験監督をしていると睡魔に襲われて困る。その後は6月に行う「人権講演会」の打ち合わせの電話などをして、昼前に退出。芦原橋にある支援学校で「道徳教育推進担当者研修」なるものに行かねばならなんだのです。
 私のような不道徳な人間に「道徳教育推進担当者」をやらせるという暴挙をしたのは前任の校長。またもや実践計画を書いたり報告を書いたりせねばならんのかと思うと、非常に憂鬱であります。研修を受けたけれど、道徳教育と人権教育の区別がつかん。定時に終了し、大阪環状線で帰宅。
 喜劇役者木村進さんの訃報 に接する。享年68。
 私が子どもの頃の吉本新喜劇のエースやった。若くて芝居ができて、ギャグの間も絶妙。特にコンビを組んでいた間寛平さんとのやりとりは、寛平さんのどう飛んでくるかわからんボケを自在にキャッチし、見事にボケ返すもので、まさに名コンビやった。
 ABCが「てなもんや三度笠」のリメイク版である「わろてんか三度笠」を製作した時も、このコンビを起用したけれど、残念ながら「てなもんや」にはおよばなんだ。それよりも、坂田利夫さんを入れてトリオで丁稚役をした「あっちこっち丁稚」(これはリメイクやないけれど「番頭はんと丁稚どん」の吉本版ということになるか)の方が人気は高かった。吉本新喜劇が一番おもろかった時代、やないかな。申し訳ないけれど、今の吉本新喜劇はテレビで見る限り、パワー不足。人の場面を食うてでも笑いを取りにいく迫力が感じられん。
 残念ながら三代目博多淡海を襲名したあと脳内出血で倒れ、以降は車椅子生活で、表舞台から消えてしもうた感がある。それでも自分の劇団を作ったりもしてはったみたいやけれど、それも大きく報じられることはなかった。
 寛平さんが今も全国区で活躍しているのとは対照的ではあるけれど、寛平さんも木村さんと組んでいた時ほどの面白さはないと思う。
 すべてにおいて芸達者であるこういう喜劇人は今の吉本新喜劇からは出てこんのやろうなあ。子どものうちから親の喜劇一座で身につけたものやもんなあ。そういう意味では平成以降ではこういう喜劇役者の存在はまず無理やろう。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:お笑い

東日流外三郡誌 [読書全般]

 愛すれどTigers「菅野撃ち10得点も、カープには3連敗」を更新しました。

 昨日外出した疲れが取れ切ってへんのかな。一日中眠かった。今日からお山の学校は定期考査。2時間連続テスト監督で、これがまた眠い。終わってから仕事部屋に戻ると、少しばかり意識を失うておりました。これはいかんと気力を振り絞り、午後はタブレットの故障チェックのお仕事にかりだされて、電源が入るか、ネットにつなげられるかなどのテストを行う。それが終わると、親睦会の会計の仕事で銀行や郵便局をまわる。定時に退散し、帰宅後すぐに相撲中継の録画を見る。
 貴景勝が昨日一日だけ再出場し、やはり今日から休場。先は長いんやから、焦ったらあかん。で、不戦勝の相手はなんと栃ノ心。先場所の入れ替え戦で大関陥落の憂き目を見た栃ノ心が、今場所は不戦勝で勝ち越しを決めることになるとは。めぐり合わせというのは面白いものですね。
 斉藤光政「戦後最大の偽書事件『東日流外三郡誌』」(集英社文庫)読了。と学会の本などでもおなじみの青森で起こった偽の古文書「東日流(つがる)外三郡誌」について、その顛末をずっと追い続けていた地元紙東奥日報の記者が、時系列に沿ってその時の状況を書きつづった貴重な記録。和田という人物が歴史の真相を書いた門外不出の古文書と称して役所に持ちこみ、村の作成した村史に掲載された。これに対して学者が自分の論文の一部を盗用し、史実をねじ曲げるのに悪用した著作権侵害である訴えたという事件を取材するうちに、著者はその古文書の欺瞞を紙面で暴いていく。
 本書の読みどころは、「東日流外三郡誌」なる古文書の欺瞞を暴いていく過程よりも、偽書を売りこむことによって振り回された人々の人間模様にあるというてもええやろう。村おこしのために祭りを作りたい役場の人たちの思惑を利用して偽のご神体を売りこんだりした和田という男の人物像を、その過去を探ることで浮き彫りにしていったり、「東日流外三郡誌」を本物だといった手前ひっこみがつかなくなり、最後まで擁護し続けた古代史家の古田武彦。その権威を利用する和田。そしてその影響はなんとオウム真理教にまで広がっていく。信じたいものしか見ない人間の悲しい性を、事件の顛末を書きつづることにより浮き彫りにしていく。そこが本書の読みどころ。歴史に興味のあるなしに関係なく非常におもしろく読めると思いますよ。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

立って見とき [日常生活]

 今日も朝からアニメやらなんやらいろいろ見て、疲れて眠くなってきたけれど、「たちよみの会」例会のために京都四条河原町へ。
 気候がええ時期なんで、往路の阪急の特急は子ども連れの乗客でいっぱい。私は一番前の車両の一番前の席に座ることができたんやけれど、鉄道好きの子どもを連れた親が傍若無人というのかなんというのか。
 子どもを老人や障碍者、妊婦などの優先席に座らせて運転席を後ろから見させる。途中の停車駅で一度出ていってすぐ戻る。むろん座席はお年寄りが待ってましたと座っている。
「しょうがないなあ、立って見とき」
 最初から立って見させたらええのにね。眠いので目を閉じてうつうつしようとしても子どもたちが気になって寝られへん。
 河原町の駅に電車が入ると、「わ、『京とれいん』や」と子どもが騒ぐ。「よし、あれに乗るぞ」やて。折り返し乗車かいな。あかんやろ。
 というわけで、眠い眠い状態で「フランソア」へ。ここも例によっていっぱいの人。古参A氏がきてくれて、丸善まで着き合うてくれた。
 早目に帰阪して相撲と野球の中継を録画で見る。栃ノ心と鶴竜がそろって負けて勝ちっ放しはなし。タイガースは今日も完敗。
 ああ、また眠くなってきた。そろそろ寝よう。自宅なら電車好きの子どもに邪魔されることはないやろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死の接吻 [読書全般]

 今日は完全休養日。朝から昨日の相撲と野球の録画を見、さらに1週間分の「なつぞら」をまとめて見、昨夜録画した深夜アニメを見、昼食後に午睡。アラームを野球中継の時間帯にセットし、一度は起きたにもかかわらず、二度寝してしまう。テレビ中継の終わったあたりで目覚め、ラジオで試合途中から実況中継を聞く。試合終了後、テレビ中継の録画を見てから相撲中継を見る。栃ノ心が7連勝で大関復帰まであと3勝。もしかしたら2度目の優勝もあり得るかもよ。炎鵬は照強との小兵対決。同じくらいの身長の力士とは取りづらいのか、足を払われて肩を押されると仰向けにひっくり返されてしもうた。勝ちっ放しの鶴竜が勢いに乗ってきた。白鵬がいない場所の鶴竜は生き生きしているように感じるけれど、私の気のせいか。
 アイラ・レヴィン/中田耕治・訳「死の接吻」(ハヤカワミステリ文庫)読了。古典というほどではないけれど、レヴィンのデビュー作にして唯一新刊で読めるもの。実業家の娘と結婚して財産を手に入れようという野心を持った男が、まだ学生のうちにその娘を妊娠させてしまう。このままでは娘と結婚しても勘当されてしまう。堕胎を勧めるが、娘は拒む。このままではお嬢さん育ちの妻を抱えて大学を中退し、働かなくてはならんようになる。そこで彼は娘を自殺に見せかけて殺害。うまくいったかと思われたが、娘の姉が妹の死に疑念を持ち、他殺やないかと調べ始める。姉はついに真相に近づくけれど……。という倒叙スタイルのサスペンス。ただし、男の名前はなかなか明らかにされず。姉の登場から物語は二転三転。展開が変わるごとに驚かされる。これがデビュー作やったとは。とにかくおもしろい。通勤の車中で読んでいたら、おもしろいところでページを閉じんならんのがもう辛抱たまらんようになる。そやからというて仕事中に読むわけにもいかず。というわけで、休みで時間のたっぷりある時に読むことをお薦めします。「ローズマリーの赤ちゃん」をはじめとする他の作品がなんで品切れ絶版状態なんかようわからん。あらためて、ぜひ復刊を!

 明日、5月19日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

幹事は辛いよ [日常生活]

 今日は午後から弁天町まで行って市岡高校で人権教育研究会の総会と講演。終了後、電車を乗り継ぎ、千里中央のホテルへ。職場の歓送迎会で、親睦会会計の私は受付業務。幹事長の同僚とホテル側とうちあわせたりして準備。ところが人がなかなかそろわん。生徒指導が重なり、さらに保護者からのクレームの電話の対応に管理職が追われるなどしていて、司会役の人までが開始時間になっても来られない。
 仕方なく幹事長が司会をし、私はもう一人の幹事の人と交代で、遅れてくる人の受け付けをする。会場内で歓声が起きているのに、一人寂しくなかなか来ぬ人を待つ身の辛さよ。交代して会場に入り、ひたすら食事をして、転出した人への餞別を渡したりというようなことをした後、また交代で受け付けに。
 司会の人たちは後半になってやっと来場。ホテルの係の人と打ち合わせをしていないので、タイミングがよろしくない。保護者対応をしていた管理職は、閉会10分前にやっと会場入り。最後まで来られないかとひやひやしていたけれど、間に合うてよかった。
 来年度の仮予約をしたりしてから、やっとのことで帰路に。
 野球も相撲も録画してあったけれど、今日はもう見られへんなあ。明日の朝、早起きしてみるか。
 欠席者への払い戻しやホテルへの支払いなど、会計の仕事はまだまだ残っている。せっかく転出した人とゆっくり話したりしたかったけれど、その時間もなし。幹事は辛いねえ。

 5月19日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -