So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

笑福亭松之助の死 [追悼]

 今日は入試業務のほか、来週に在校生向けに行う奨学金の説明資料の作成など。ただ、かなり疲労がたまっているので、休み休みの作業となった。月曜からずっと入試業務で緊張しながらの仕事が続いていたもんなあ。定時に退出し、帰宅してからは「まんぷく」などを見たりして過ごす。
 日記を書こうとパソコンを立ち上げてネットの新聞サイトを見たら、落語家笑福亭松之助師匠の訃報に接する。享年93。訃報には「明石家さんまの師匠」と書かれていたりなんかしたけれど、才人落語家やったんですぞ。若手の頃は「宝塚新芸座」で喜劇役者として舞台に立ってはったから、役者としても存在感はあったし、「テレビ・アラカルト」という漫談調の新作では「アムステルダムの朝は早い……て、どこでも朝は早いがな」「家のもん全部がバカボンのパパのしゃべり方でしゃべったら夫婦喧嘩なんか起こらん……“それでいいのだ”」というような小ネタをつないだりしていた。このネタは小林信彦さんが「笑学百貨」というエッセイ集で「日本のスタンダップ・コミック」と絶賛してはった。私が生で聞いたネタではチェーホフの戯曲を落語に仕立てたりしてたなあ。むろん古典落語では「堀川」などを得意にしてはった。
 米朝師匠より歳は上やったと思うけれど、それを感じさせんくらいずっとしっかりしたはった。なにしろ五代目松鶴の弟子ですもんねえ。さんまさんは落語をせんからというので、笑福亭ではなく自分の本名から「明石家」の屋号を作って名前を与えたりしてはったのは、やはり師匠にとって落語は特別なもんやったということなんやろうなあ。
 これで上方落語四天王の代の落語家さんはみんな亡くなってしまわはった。戦後、上方落語の再興を支えた人たちがついにいてはらへんようになったんやね。露の五郎兵衛師匠とともに、側面から上方落語界を固めていった貴重な存在やったと思う。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

実力テストの封筒 [日常生活]

 本日からまた通常の出勤時間に戻る。たった2日間でも30分早く起きるだけで生活のリズムが変わってしまい、週末が近いということもあってけっこうきついものがある。とはいえ入試の採点業務はよほどのことがないと休みにくい。採点業務が一通り終わるまでは気力でもたせていたけれど、その後は仕事部屋に戻りスローペースでお仕事。とはいえ奨学金の採用通知が1人分足りず、電話で問い合わせたりとここにきてまたストレスがたまるような事態発生であります。
 お仕事をそろりそろりとしていたら、仕事部屋に内線電話がかかってきた。「はい、喜多ですけれど」と言うて出ると、「あ、先生、ベネッセのテスト入れる袋どこか知らん?」と中堅の先生で、いつもは丁寧語で話してくる方なのに、えらいタメ口。しかも校内実力試験を入れる封筒のことについて聞いてくるなど、明らかに人違いをしている。いつ気づくんやろうと思いながら「僕はその封筒については全くわかりませんが」と返事をしたりする。話がかみ合わないのになかなか気付かず、「また新しいの作ってくれるかなあ」なんて依頼してくる。
「つくってもいいけれど、校内実力テストは僕の管轄とは違うと思うんですけど」と私が言うたところで、やっとおかしいと気づいたらしく「あの……A先生(仮名)じゃないの?」と聞き返してきた。「喜多ですけれど……」と言うと、「失礼しましたっ!」とあわてて切らはった。
 採点業務はしんどかったし、通常運転に戻すためり準備も忙しいし、余裕がなかったんやろうねえ。もっとはやく私やということを言うてあげられたらよかったんやけれど、こちらも元気がないもんで、うまく切り出せず悪いことをしたなあ。
 みなさんも間違い電話にはくれぐれもご注意を。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天下一の軽口男 [読書全般]

 今日から入試の採点にかかる。採点、点検を繰り返し、より正確な数字を出していく。ここでええ加減なことをしたら後から全部やりなおさんならんからね。しかし長時間続けているとミスも出やすくなる。適宜休憩をとりながら、効率よくやってかんなんのです。
 今日は面接試験があった関係で昨日に続いて30分前倒しの出勤。早めに帰宅できてもへろへろ。夕食後、この前HDDレコーダのエラーで録りそこねた「どろろ」をネット配信で見る。このシリーズはBDにダビングして保存しようと前の回も置いていたんやけれど、録りそこねたのは悔しいなあ。DVDかBDが発売されたらまた考えよう。
 木下昌輝「天下一の軽口男」(幻冬舎時代小説文庫)読了。上方落語の祖といわれる米沢彦八を主人公に、元禄時代に現れた芸人たちの姿を描く。これまで読んだ「宇喜多の捨て嫁」や「人魚ノ肉」のような猟奇性はなく、それよりもほとんど記録に残ってへん米沢彦八の人物像を掘り下げている。こういう確固とした人物像のない歴史上の人物というのは書くのが難しそうやと思うたね。伝承を生かしつつ、独自の視点でいちから造形していかんなんのやから。難波村の漬物屋の次男坊が好いた女子をなんとか大笑いさせてやろうとするところから始まり、師匠となる江戸落語の祖、鹿野武左衛門との出会い、江戸で他の芸人から嫌がらせを受けた後、大坂にもどり京都落語の祖、露の五郎兵衛との交流など、落語という話芸を作りだしていった者たちが絡み合うて「笑い」を追求していく。ただ、作者の関心は特に「笑い」にはないのか、あくまで新しい話芸を創造していく人間の生き方に焦点をあてているように感じた。もちろんそれはそれでええんやけれど。それでも多くの資料を読みこんで、人物像の定かでない彦八をいきいきと描き出しているのはやはりなかなかの腕前。人を笑わせる芸人の「業」をもっと迫力のある筆致で描き出してほしかったところではあるけれど。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

もしかして母親は…… [日常生活]

 ついに入試本番。試験監督をしていて、なんとなく見覚えのある感じの女子生徒がいてた。むろん、今日が初対面。そうや、若い頃中学校の講師をしていた時によく話をしていたモナカさん(愛称)に似ているんや。
 で、ちょっと計算してみた。モナカさんを担当したのは採用試験合格の2年前。採用されてから今年で26年になるから、28年前です。当時の彼女は13歳。足すと41になる。おお、モナカさんたちはもう41歳なんかあ。嘘みたい。まあ私はまだ28歳でしたからね。それがあと数年で還暦となるわけやから、不思議でもなんでもないんやけれど。
 で、今日入試会場にいてる生徒たちは15歳。もしモナカさんの子どもやったとしてもおかしくない年ですね。26歳で産んでいる勘定になる。願書を見ても保護者名は父親のものが書かれているので、母親の名前はわからん。
 あまりしげしげとみつめるわけにはいかんので、ちらりちらりと目をやる。マスクをしているので顔立ちははっきりとわからん。願書に貼られている証明写真を見た限りではモナカさんには似てへん。でも証明写真というやつ、本人らしくなかったりするからねえ。
 体型や顔の輪郭、髪のくせなどがそっくりなんで、モナカさんを思い出したのですね。たぶんモナカさんのお子さんやないとは思うけれど、41歳にもなれば中学生の時に住んでいたところにずっといてるわけやなかろうから、結婚して大阪北部にいてる可能性はゼロやない。
 で、試験監督中、28年前のことをあれこれと思いだしたりしていたのであります。前にも書いたけれど、試験監督というのはほんまにただただ生徒の様子を見ているだけの時間が長いので、そんなことでも考えたりしてへんともたんのですよ。
 にしても、モナカさんもガッキーもナガタくんもシブちゃんもみんな41になってるんか。どんな大人になってるんやろうなあ、私のことなんか覚えてへんわなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も前倒し [日常生活]

 明日は入試本番。準備の仕事のあいまに1・2年生の成績つけや退学していった生徒がやっと郵送してきた奨学金関係の書類の処理など事務作業を細々と。この時期になると疲れがたまっているのかいくぶん風邪気味。去年の日記にもそんなことを書いている。あ、去年は「抗生物質医者」の先生のところでインフルエンザの検査をしてもろうているのだった。今年は別のお医者で血圧の薬を処方してもろうている。
 でも、今日の血圧は昨日よりも少し高い。長年かかりつけている京都のお医者さんによると高血圧はストレス性のものかもしれんという診立て。普通の内科と心療内科では診立てがやはり変わるので、いろいろな可能性がわかってありがたい。
 というわけで、定時に退散。帰宅して録画した番組を見たり本を読んだり。
 例年同様、入試の日は30分早く出発せんとあかん。お山の学校に勤務していると、これが一番こたえますね。毎年書いていることやけれど、今日は早く寝て明日に備えるのです。今年も日記更新時間は前倒しです。明日もです。もっと職場が近くなってくれたらと、この2日間だけはほんまに強く願うのです。前任校は多少前倒しになっても苦にならんくらい近かったからなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スゴすぎない謎学 [読書全般]

 本日は「たちよみの会」例会。午前中にまとめて深夜アニメやら朝のヒーロータイムを見てから出かける。
 フランソア喫茶室のレジのところに「3月4日より3月末まで改装工事のため休みます」と貼り紙がしてあった。今月も顔を出してくれた古参Y氏に来月の例会の場所について相談。とりあえず1ヶ月だけのことなんで、四条大橋の東側、東華菜館の隣の「ドトールコーヒー」がええんやないかということになった。
 またホームページで案内するけれど、久しぶりに顔を出してくれるというような方がこの日記を見ていてくれたらええんやけれど。
 例会後、「丸善」へ。ウールリッチ「黒衣の花嫁」や「テヅコミ」の4・5巻などを買う。
 Y氏は所用で5時に散会。一人で夕食をとってから帰宅。
 帰宅後は妻と録画したアニメや、今日放送の「いだてん」などを見る。今日の「いだてん」はかなり落ち着いてきた感じで、金栗選手のストックホルム行きに向けて話も盛り上がってきた。視聴率は悪いらしいけれど、スタッフは気にせずおもしろいものにしていってほしいね。戦国時代が舞台でないと見ないなんて視聴者はほっといてもええと思うぞ。
 小佐野カゲトシ「阪急電車 スゴすぎ謎学」(KAWADE夢文庫)読了。雑学本ではあるけれど、京都出身で電車というたら叡電くらいしか知らなんだ子どもの私が大阪に行く時にはたいてい阪急電車に乗っていたし、今は大阪地下鉄と乗り継いで阪急を毎日利用しているので、ちょっとでもくわしいことを知りたいなあと思うて買うてみたんやけれど、それほど「スゴすぎ謎学」というほど目新しいことは書いてなんだ。鉄道ファン向けでもなく、沿線住人向けというわけでもなく、誰をターゲットにしているのかようわからん。例えば「阪急電車の吊り広告に週刊誌の宣伝がない」なんてことすら書いてへんのやもんなあ。これは沿線に学校が多いので、高校生などに見せたくない煽情的な見出しのものを排除しているからなのですね。ほか、巨人軍以前に宝塚運動協会というプロ野球チームを持っていたこととか、私でも知ってるくらいのトリビアも書いてへんのやからなあ。著者は関西とはあまり縁のない方らしいので、阪急に対する思い入れもあまりないんでしょうね。こういう本は対象に「愛」のある方に書いていただきたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

社是との葛藤 [新聞]

 明け方になると鼻にかかる空気圧のせいで目覚めが早くなる。今朝も早起きして、昨夜の深夜アニメをひととおり録画で見てから、床暖房を入れたまま昼前まで寝てしまう。昼食時に「まんぷく」を見て、食後、本格的に午睡。夕食直前というくらいの時間まで爆睡。夜、機械のおかげで熟睡はできていると思うけれど、睡眠時間がもともと短かったのがさらに短くなっているような気がする。結局休日の午睡は欠かせなかったりするのです。
 夜、パソコンに向かい例によって各紙の社説の読み比べをしていると、産経新聞の論説委員の方は大変やなあと思う。
 競泳の池江選手が白血病にかかっていたことをカミングアウトしたら、失言五輪相がまたも「東京五輪が盛り上がりに欠ける」と池江選手が白血病にかかったことを非難するように言うたもんやから、各紙は社説で叩いております。産経新聞の論説委員も叩きたいし、叩こうとしているんやけれど、なにしろアベ政権翼賛新聞ですから、叩き方が苦しい。国会で五輪相を責める野党議員を非難して「池江選手を政争の具にするな」と「主張」しているのです。ここでも野党を叩かねばならんという社是にしたがうてはるんやろうけれど、あまりにも苦しいなあ、この理屈は。で、結論は五輪相の失言に対しての非難なんやけれど、辞職までは求めてへんから、迫力がない。いつもの韓国の大統領に対する喧嘩腰の非難と比べたら明らかに腰が引けている。
 社是に逆らえられんのと個人的には五輪相を叩きたい心情の葛藤がありありと見えてしまう、なんか気の毒になってしまう「主張」でありました。

 明日、2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エンジェルメイカー [読書全般]

 入試準備業務に一日中追われている感じ。もっともチーフの先生は毎日残業につぐ残業、休日出勤も当たり前という状態ですからね。贅沢は言うておれん。とはいえ奨学金のお仕事もちょこっと入ってきたりして、落ち着かんこと限りなし。
 定時に退出。帰宅してからはビデオを見たり読書したり。
 ニック・ハーカウェイ/黒原敏行・訳「エンジェルメイカー 上・中・下」(ハヤカワ文庫NV)読了。3冊一気読み、とは言いつつも親本の「ハヤカワミステリ」では、これは1冊やったそうやから、早川書房も無茶をしますねえ。上巻はかなり癖のある話の進め方でなかなかその世界はいりこめなんだけれど、上巻の終わりごろからやっとなじんできて、あとはすんなりと読めた。主人公のジョーは機械職人。ただし父親はギャング。母親は父の死後は修道尼。ある「本」の修理を依頼されるけれど、そのために世界が滅亡するかもしれないという騒動に巻きこまれる。もう一人の主人公はイーディーという名の老婆。実は先の大戦ではスパイとしてインドの藩王シェム・シェム・ツェインと長年死闘を続けてきた女傑。この3人の運命が交差し、最後は地球の命運をかけた戦いに。ミステリ、やない。冒険小説的要素が強いけれど、けったいな人物が次から次へと登場し、どたばたとからみあう。マッドサイエンティストの発明がこの戦いの原因となり、その装置を破壊することが最終目的になるあたりSF的といえるかもしれんけれど、SFやない。SF的な設定を小道具に使うているというだけですからね。ただ、見かけはちょっと筒井康隆みたいな感じがしないでもないけれど、イギリス人のギャグセンスは筒井作品とはかなり違う。
 おもしろくないわけやないけれど、なんだかから騒ぎをしてるだけというようにも感じられて、私が期待していたものとはちょっと違うたかな。上巻の帯の惹句「世界の危機を救うのはしがない職人と謎の老女!?」にひっかかったなあ。裏表紙のストーリー紹介にある「ジャンルを超えて熱狂的に評価された傑作サスペンスにしてエンターテイメント!」というあおりにもひっかかったか。とっちらかったごった煮がお好きな方にはお薦めするけれど、ミステリやSFの妙味を期待した私のような読み手には今ひとつそのおもしろさが伝わってきませんでした。題材は悪くないんやから、料理の仕方でだいぶ変わったと思うけれど、杉江松恋さんの解説ではデビュー作はこれよりもとっちらかってるようなんで、そういう書き方しかでけん作家なのかもしれんね。

 2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ぼっち部屋とチョコレート [季節ネタ]

 今日は聖バレンタインの日。ぼっち部屋の私のところには義理チョコも何も届きません。無理にチョコレートをくれというのではなく、あくまで心のうるおいの問題ですね。転勤1年目は大部屋やったんで、同僚の女性陣がちょっとの気遣いみたいな感じでくださったのです。むろん1ヶ月後にはお返しをちゃんとしたけれども、そういうところでしんどい1年目をなんとか乗り切れたという部分はあった。
 あくまでコミュニケーションの手段の一つやから、いっしょに仕事をしている連帯感というものがそこにはあるわけやね。一人ぽつんと切り離されていると、そういうのはない。気楽ではあるけれど、寂しくもある。いろいろな思いが錯綜する3年目のぼっち部屋風景であります。転勤がなければ来年度もぼっち部屋の予定。午前中は今や名曲喫茶みたいなムードの漂う仕事部屋で事務作業。
 午後からは入試出願受け付け。とはいえ2日目の午後というのはほとんど出願者はいてへん。よって、出願書類の読み合わせ作業やら受け付け終了後の撤収作業などが中心になる。でも、ときおり雑談などしながらわいわいと仕事をするのもええものです。なによりストレスを一人でためこむということがない。
 久しぶりにそういう雰囲気を味わいながらの仕事。忙しいのが苦にならん。
 帰路、内科医に寄り、睡眠時無呼吸の診療を受けてから帰宅。こちらはまだしばらく鼻に空気圧を感じながらの睡眠が続くことに。次に行くのは1ヶ月後の予定。それまでに少しでも改善されていればええんですけれどね。まあ何事も一朝一夕にはいかんものです。
 あ、妻からは心のこもったとびきりおいしいフレーバーのチョコレートをいただきました。大切にちびちびと食べることにします。

 2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キラキラネーム [日常生活]

 午前中は入試受付業務。私は受験者の基本台帳作成係。ふりがなをつけんと読めん名前年々増えているけれど、私の担当した時間帯にはどっひゃーというようなキラキラネームはなかった。私の教えた生徒では「愛」と書いて「きずな」、「渚」と書いて「まりん」、「星」と書いて「てぃあら」、「雪」と書いて「ましろ」と読ませる名前が印象に残っている。「愛」さんはプリントやテストにはひらがなで「きずな」と書いて提出していたなあ。その気持ち、わからんでもない。
 歴史上の有名人の名前がついているケースもままあるけれど、たいてい「龍馬」ですね。「信長」とか「秀吉」というのは目にしたことはない。声優さんに島崎信長という人はいるけれど。一番すごかったのは「空海」かな。いくらなんでも弘法大師の法名をつけるのはやり過ぎやないかと思いましたね。
 最近よく見るのは「海(かい)」とか「大地」かな。同じ学年で各クラスに必ず「かいと」と読む名前の生徒がいた年もあった。「海斗」とか「魁人」とか感じで見たらかなり印象は違うんやけれど。「翔」と書いて「と」と読ませるケースは多いね。「勇翔(ゆうと)」とかいう感じね。「翔ぶ」と書いて「とぶ」と読ませるので「翔」の読みは「と」と思うてるのかもしれんけれど、送りがなつきで「とぶ」やねんから、用法としてはおかしいと思うぞ。
 てなことを毎年入試のシーズンになると思うのでありました。私にとってキラキラネームは春の季語なのでございます。

 2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -