So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

関西芸術座「ティーンズ・シャドー」 [演劇]

 今日は勤務校の芸術鑑賞日。今年度は演劇を見る番で、関西芸術座 「ティーンズ・シャドー 女子拳闘物語」 を吹田メイシアターで見る。
 昨年芸術鑑賞の担当になってから、上演作品の選定から交渉、打ち合わせなどを何度も行ってきただけに、やっと当日がきたかと思うと感無量であります。
 内容は、定時制のボクシング部が舞台で、廃部寸前のクラブに女子が4名入部してきて、それぞれ家庭の事情やらいろんな問題を抱えながらボクシング部に打ちこんでいくという筋書き。学校向けの芝居やから、たとえばつかみの部分にダンスや歌を入れてみたりとなかなか工夫(苦労?)してはる。
 よくあるパターンの筋書きとはいえ、ボクシングリングを模したセットや、迫力のあるボクシングシーンなど、はじめて観劇をする生徒たちにも生の迫力が伝わるような作りになっていて、最初はざわついていた生徒たちも次第に集中して見るようになり、終演時には大きな拍手が起こった。
 校長を楽屋に案内してあいさつしてもろうたり、演劇部の生徒を残してキャストの方と交流する場を設けたり、芝居がはねてもけっこう長い時間残っていた。もう一人の担当者の先生もよく動いてくれはって、私の及ばないところをきっちりフォローしてくれはって、なんとか成功裡に終わってよかったよかった。
 1年以上かけてきた仕事が終わり、帰宅したらどっと疲れが出たけれど、タイガースがブラゼルの3打席連続ホームランなどで快勝し、気分は爽快。
 さて、明日から気持ちを切り替えて日常業務に集中せねば。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0