So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「おひさま」休刊 [童話書き]

 小学館より読み聞かせ絵本雑誌「おひさま」休刊の報。第一回おひさま大賞を「おどりじいさん」でいただき、「おおごえこぞう」と計2作だけとはいえ、童話作家として掲載していただいた雑誌だけに、最近は縁遠くなっていたとはいえ、寂しい。大賞の授賞式で審査員の長新太さんとお会いできたことは、私の一生の思い出やね。角野栄子さんには「どこがおもしろいのかよくわからない」と散々な言われようをしましたが。もっとも私も角野さんの作品の面白さはよくわからないので、これはもう感性の違いとしか言いようがない。
 現在の出版事情やと、子ども向けの読み聞かせ絵本雑誌を維持していくのはかなり難しかったんやないやろうか。ようがんばったはったと思う。
 せっかく賞をいただいたのに、ほとんど貢献でけなんで申し訳なかったですが、掲載された数多くの作品は子どもたちの心に残ったはず。
 できたら「おどりじいさん」と「おおごえこぞう」をセットにして単行本にしていただきたかったけれど、まあそれは実績のない新人でしたから、いたしかたなかったかな。
 編集部の皆様、ご苦労さまでした。ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

もえぴ

子供の頃に読んだ「おおごえこぞう」のことを思い出して、検索したところこのブログにたどりつきました。
単行本がでていないのは残念ですが、思い出に残っている作品です。
by もえぴ (2017-12-03 20:41) 

t-kita

 嬉しいです。
 ものかきとして、読んで下さった方の心に残るものを書けたという、それが一番の喜びです。
 残念ながら、私はそのあとなかなかよいものが書けずに今日まで来ましたが、こうやってコメントをいただけて、幸せです。
 ありがとうございました。
by t-kita (2017-12-03 23:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。