So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

土俵外の騒動の余波 [大相撲]

 ひさしぶりに「どすこい日記」といきましょう。
 まず白鵬。今日から休場。両足の指の負傷が原因とのこと。立ち合いの張り手とかちあげを封印し、思うように勝てなくなったので焦って稽古して悪化させたんか、場所前の騒動はさすがの白鵬でも精神的な打撃を与えていたんか。というわけで、初場所の主役と目されていた白鵬の不在で、がぜん優勝争いが面白くなってきた。
 稀勢の里は5日目にして4敗。進退のかかる場所といわれてきただけに、かなり厳しい状態になった。大関時代、なかなか横綱に昇進でけへんのはメンタル面に課題があるといわれてきたけれど、今の稀勢の里はあの頃よりも悪い。あのころはメンタルに課題があっても、肉体的には特に問題はなかった。「心技体」のうち、2つも具合が悪いわけで、中盤戦からの巻き返しがなるかどうか。
 現状、鶴竜が5連勝しているけれど、久々の出場で千秋楽までスタミナがもつかどうか。とりあえず勝ち越しは狙えるところまできた。引退は免れそうな雰囲気やね。
 それにしても、やっぱり場所前の騒動はかなりこたえているなあ。なんか、見ていてもいつもの場所のように純粋に楽しまれへんのです。

 1月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。