So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

氷雨 [季節ネタ]

 お山の学校は、昼ごろみぞれが降る。大阪市内も夕刻みぞれが降ってきたと妻に聞いた。東京は積雪23cmやそうな。地上の交通は麻痺し、空の便も欠航。大阪はほんまに雪の降らん土地ですわ。太閤さんが町をつくったのもむべなるかな。
 雪は降らなんでも、寒いものは寒い。とにかく1時間おきにもよおしてきて、しょっちゅうはばかりに行っておりました。仕事部屋はずっとストーブをつけて温めていたんやけれど、会議のために部屋を空けることになり、火を落とす。1時間と少したって、会議やの明日の仕事の打ち合わせやのをすませて部屋に戻ると、けっこう温もっていたはずやのにひんやりとしている。一気に冷めたんですな。一人部屋やからこういうことになる。誰でもええから相方がいてたらストーブをつけっぱなしでもかまへんのやけどね。
 帰るころにはみぞれは雨に。氷雨ですね。歌の文句にもありました。「外は冬の雨まだ止まぬ」と。
 新明解国語辞典第五版で引いたら、「氷雨」は秋の冷たい雨のことらしい。なんたること。作詞・作曲のとまりれんさん、歌詞の季節が間違うてますぜ。
 でも、ネットで検索したら、デジタル大辞泉によると夏の氷雨は雹や霰のことで、冷たい雨やみぞれが冬の雨やそうな。どっちが正しいのか。大辞林第三版では、晩秋・初冬の冷たい雨のことらしい。
 つまり、氷雨の語釈は辞書によって微妙に違うのですね。
 どっちにしても東京は大雪、大阪はみぞれで寒中らしい天候でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。