So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

相撲界乱世の始まり? [大相撲]

 大相撲小言場所「初場所をふりかえって~栃ノ心が平幕優勝~」 を更新しました。

 朝からテレビを友とする。土曜深夜は 「ラーメン大好き小泉さん」 「ミイラの飼い方」などなんともいえんおかしみのあるアニメが今クールは多いねえ。
 なかなか気温はあがらず、昼の気象情報では最高で5℃とか。朝から床暖房でリビングを暖めていたけれど、切ったらすぐに寒くなったものなあ。というわけで、昼からは布団にくるまり、冬眠。夕刻、なかなか布団から出られん。
 それでもなんとか起きて、録画した相撲を見る。優勝の栃ノ心は千秋楽も好調の遠藤に勝って14勝1敗と堂々たる優勝。
 ただ、日馬富士の引退届をすんなり受理したつけが今場所現れたんやないかと思うている。むろん日馬富士は引退してへんでも今場所は謹慎やったやろうけれど、番付に名前があるのとないのとでは鶴竜にかかるプレッシャーも違うていたやろう。
 栃ノ心の優勝は、見てて嬉しかったし、怪我で下位に落ちている力士たちの励みにもなったやろうと思う。でもね、協会としてはもろ手をあげて万歳とはいかんのと違うかな。
 千代の富士の引退後、大乃国、北勝海、旭富士と立て続けに引退して曙が横綱に昇進するまで平幕優勝が相次ぎ、乱世さながらの状況が1年ほど続いたことがあったけれど、今後はそういう状況が再現されるんやないかなあ。栃ノ心の優勝はその兆しやないかという気がしてならんのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。