So-net無料ブログ作成

ネルソンズの「レニングラード」 [音楽]

 本日は建国記念の日でお休み。朝から寒く、大阪市内北部でも粉雪がちらちら。ベランダからはるか北方を眺むれば、お山の学校に雪ぞ降りける。なにしろそちらの方は真っ白く雲がかかっていて何も見えんのやもん。あれは積っておるね。祝日でよかった。あれを見ただけでおそらく出勤する気がなくなっていたに違いない。もっとも私が出勤する時間帯はまだ夜が明けてへんから雲の様子など暗うて見えんのですけれど。
 寒くて辛く、朝食後、アニメ「ピアノの森」「不機嫌なモノノケ庵 續」などを見てからすぐに布団にもぐりこみ、午前睡。昼ごろ起きてきて「まんぷく」など見ながら昼食をとる。それから少しパソコンに向かい、あとはCDを聴きながら読書。全3巻という長い話の中巻の真ん中へんまで読む。上巻はかなり癖があって読みづらかったけれど、中巻は慣れてきたのと話が見えてきたのですいすいと読めた。下巻を読み切ったらまた日記に感想を書きます。
 聴いていたCDはアンドリス・ネルソンズ指揮バーミンガム市響の「ショスタコーヴィチ 交響曲第7番“レニングラード”」です。8年ほど前に録音されたライヴ盤で、若々しくきびきびとした演奏。少し軽めかなあ。同じ「レニングラード」を再録音したのが今月末には発売されるので、聴き比べてみるのも面白い。今はやはりネルソンズ指揮ボストン響の「ブラームス交響曲第1番」を聴いております。ちょっと力強さに欠けるかなあ。来年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートの指揮が決まっているけれど、ここまで聴いたところではあまり個性的な指揮者やないという感じですね。アバドの最初のブラームス全集と感じが似てるかな。ということはニューイヤーもアバドみたいに特に指揮者の色の出ないものになるか。そこまでニューイヤーを楽しみにしているわけではないですけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。