So-net無料ブログ作成

R-1ぐらんぷり2019 [演芸]

 今日も完全休養日。午前中はテレビを友として過ごす。昼食後、午睡。
 夕刻、大相撲春場所初日の模様を録画で見る。序二段で元大関照ノ富士が復帰。はたきこみで再起への勝利をあげていた。さすがに力が落ちたとはいえ序二段まで落ちたら相撲のテクニックが違うなあ。今年は10日目に行く予定をしているんやけれど、ぜひその日に取組があってほしい。取的の相撲は7番しかないので、目当ての力士の取り組みがない場合もあるのですね。上位では鶴竜が御嶽海に負けたけれど、御嶽海は場所前まともに稽古ができてへん力士とは思えんなあ。一番勝負の強さの真骨頂ですね。
 続いてプロ野球オープン戦、タイガース対ジャイアンツの試合をこれも録画で見る。FA移籍の西が好投。若手の馬場も2失点ならば上できやと思うけれど、なにしろ打つ方が、ねえ。誰でもええから一発ぶちこんでよ。
 追っかけ再生で「R-1ぐらんぷり2019」を見る。優勝は霜降り明星・粗品。最終決勝に進んだのはほかにセルライトスパ・大須賀だーりんず・松本りんす。みんなコンビの片割ればかり。ピン芸人よしっかりせよといいたいけれど、実はBブロックのおいでやす小田粗品と同点で、得点を入れた審査員の数が多い方が勝ち抜けというルールで粗品が最終戦進出。私はおいでやす小田の成金がぜいたくな生活になれないで叫ぶという今回のネタはよく練られていて間もよく、少なくとも大須賀よりは上やったと思うているので、この結果には納得でけん。Bブロックではマツモトクラブの嘘をつくと犬が吠えるネタも作りこまれていてやはり上位に置いておきたいと感じたので、今のブロック制勝ち抜きのシステムはやはり不公平やと思う。フジテレビはこの形が好きで、「THE MANZAI」でも非常に出来のいいコンビがブロックの壁に阻まれて最終戦進出ならずというのを見てきている。「M-1グランプリ」が盛り上がるのは、全員が同じ土俵で競うからやし、「R-1」はカンテレが中心でやっていたころは一発勝負やった。一番レベルの高いBブロックを勝ち抜いた粗品のフリップ芸が優勝するのは当然やったと思うし、そうやなかったら、おいでやす小田に対して申し訳ない。ただ、今回は視聴者からの得点というのがなくなって、これはよかったと思う。テレビで見ているのとその場で見ているのとでは温度差が絶対出るからね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:お笑い

nice! 0

コメント 2

高井 信

 R-1、私はAブロックの3人目まで観て、くすりともならず、4人目の途中で観るのをやめました。おいでやす小田は好きなので、そこまで我慢すればよかったかも。
by 高井 信 (2019-03-11 10:31) 

t-kita

 Aブロックは確かに出来が良くなかったですね。おいでやす小田は去年よりも出来がよかったので、なんとか最終戦に残してあげたかったなあ。Aブロックに入っていたら文句なしに勝ち抜いていたと思うんですよ。
 私はとりあえず全員見ないと気がすまないんで、最後まで見ました。なんか以前よりもレベルが落ちてきているような気がします。なんでこんな人が決勝に残ってるんやろうというできの人が多すぎますね。
 昔はバカリズムや友近でも優勝でけんくらいレベルが高かったのになあ。
by t-kita (2019-03-12 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。