So-net無料ブログ作成

宗主国の皇帝 [大相撲]

 大相撲小言場所「夏場所をふりかえって~朝乃山、平幕優勝~」 を更新しました。

 今日も完全休養日。朝はテレビを友とし、昼食前に少しパソコンで書きもの。昼食後はたっぷり午睡。昨日くらい寝たら、日曜日は午睡は短めになるんやけれど、今週は相当疲れてたんやろうなあ。
 夕刻、相撲中継を録画で見る。わずか数番を見るために米大統領としんぞう総理が取組のすべてを止めて入場。貴賓席には座らず、マス席に特別席を作らせ、そこに陣取る。警備のためにもう幕内の相撲が始まっているのに列をなして所持品検査で足止めを食らう観客の様子がうつされる。SPたちが大統領席を囲んで立っているので、正面側の席の観客は土俵が見えにくそうだ。
 なによりもこの人たちの入場で力士たちは待たされ、妙な空気の中で相撲を取らねばならなんだ。
 表彰式では総理も大統領も優勝力士よりも目立とうとしていた。天皇賜杯の重みも何もあったもんやない。大統領にへつらう総理の姿は、宗主国の皇帝と属国の王を思わせた。あんなもんに拍手なんかいらんと思うた。
 皇族の方々は、観客の邪魔にならんように弓取り式が終わるまで待ち、手を振りながら静かに退出される。品格の違いというのはこういう時にあらわれるのであるなあ。
 プロ野球中継の録画を見ながら夕食。中継時間が終わった残りは昨日と同様ニコニコ動画で見る。さあ、ゆったり過ごした貴重な休日は終わり。明日からまた多忙な日々が始まるのですね。しつこいようやけれど、10連休はいらんから、3連休を小分けにしていただきたい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。