So-net無料ブログ作成

ヒッキーヒッキーシェイク [読書全般]

 今日は4つの仕事を同時並行する形で進めんなならんことになってしまい、あわただしい1日になった。朝になって急遽やらねばならんことができたり、もう大変。管理職も私の一日の仕事をすべて把握しているわけやないにしろ、忙しいことはわかっているやろうに。愚痴をこぼしていても仕事は進まんので、休む間もなくお仕事。昨日から続いている生徒指導、明日の講演会の準備、奨学金の説明会、そして授業、さらには会議。ああきつい。定時によれよれになって退散。
 帰宅後はプロ野球中継。今日こそ勝ったと思うたのになあ。逆転負け。嗚呼!
 津原泰水「ヒッキーヒッキーシェイク」(ハヤカワ文庫JA)読了。幻冬舎の見城社長に単行本の実売部数をばらされ、文庫化も取り消されたのを早川の塩澤編集長が「この本が売れなかったら私は編集者を辞めます」と宣言して文庫化した話題の一冊。京都の丸善には、目立つところに平積みされていた。もし幻冬舎から文庫化されていたら、扱いも小さくひっそりと並べられていたやろうから、これはもう塩澤さんの勝ちやね。
 ヒキコモリのカウンセラーをしているJJが、年齢性別関係なくクライアントを選び出し、あるプロジェクトを始動させる。プロジェクトを進めるうちにヒッキーたちの間に人間関係ができてきたりするなど、それぞれのメンバーに大きな変化が生まれていくところが読みどころ。現代のビルドゥングス・ロマンというてええかと思うけれど、説教臭いところは一切なし。ストーリーがぐいぐいと読み手も登場人物も引っ張っていく。親本が話題にもならなんだのはタイトルのせいかもなあ。とにかく話の運びがうまい。ただし、うますぎてしまい、ラスト付近になると展開がある程度読めてしまうのが難点かも。とはいえ見城社長にボロカスに言われるほどひどい作品やないことは確か。そうかというて塩澤編集長が首を賭けるほどの大傑作かというと、そこまで至ってはいないんやないかとも思う。とはいえ、ヒッキーたちの心理描写など、学校現場にいてる者としてはけっこううならされるところが多々あり。けったいなところで話題になって、私もそれで読んでみたんやけれど、きっかけはどうあれ多くの人に読まれてほしい作品であることは確かですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。