So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

セクハラ次官 [時事ネタ]

 今日は山積した仕事を少しずつ片づける。と、管理職からまた新たな仕事の依頼が。なんとか仕事の追加は最低限に抑えてもらう。
 というわけで、放課後、打ち合わせが終わり、座るとめまいが。かなりストレスがかかっておるなあ。というわけで、まだまだ仕事山積ではあるけれど、定時で退出。仕事よりも自分の体が大切です。帰宅後、野球中継を見る。タイガースの勝利でちょっとはストレス解消。今はもうタイガースの勝利が最高の薬です。
 財務省のセクハラ次官が辞任。それでも「私はやっとらん」と主張している。セクハラ被害者が自分から申し出てくることはないとたかをくくったか。
 で、先ほど新聞のサイトをのぞいてみたら、なんと被害者の勤めるテレビ朝日が「被害者は弊社の社員」と申し出てきた。さあ、セクハラ次官はどう出る。今度はテレビ朝日を名誉棄損で訴えるか。
 ハラスメントやいじめは被害者の思いがすべてにおいて優先される。加害者が「そんなつもりではなかった」というのは通用せんのです。セクハラ次官には文科省の「いじめガイドライン」を精読することをお勧めしたい。
 日刊スポーツによると、週刊新潮のサイトで聞ける声と、テレビで記者にこたえる次官の声を声紋鑑定したら、ほぼ同一人、もしくは双子の兄弟というくらい一致するんやそうです。さあ、セクハラ次官は日刊スポーツも名誉棄損で訴えるか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感