So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

阪神園芸を呼ぶ? [日常生活]

 朝からどんより、昼は雨。今日こそ甲子園は中止かと思うたら、夕方にはあがる。それでもけっこうしっかり降ってたのに、ちゃんとナイトゲームをやる。いやはや阪神園芸の実力いよいよ恐るべし。
 今日はお山の学校は体育祭の予行。学校のグラウンドは阪神園芸にケアしてもろうてるわけやないので、さすがに水が浮いて予行はできません。体育館で全体の流れの確認のみ。私の役割は生徒が荷物を置いている教室の施錠のみ。
 仕事部屋にこもり、来週の授業の準備や、月曜から昨日まで暇がなくて手を出せなんだ仕事を少しずつ片づける。
 午前中はなかなかエンジンがかからず苦闘したけれど、午後からエンジンも温まってきたらしく、予定していた仕事をひとつずつ片付けていく。それでも高湿度低気圧でぐったりしており、定時に退出。
 帰宅後、ナイター中継を見る。息を呑むような投手戦。ところが金本監督はホークスの圧に負けたか謎の投手交代。これが裏目に出て3連敗。テレビ中継が試合途中で終わったんで、ラジオに切り替える。これで逆転勝ちしていたら、放送権を持っているカンテレを恨むところです。
 体育祭担当の先生は「明日は予定通りやります」と職員朝礼で宣言してはったけれど、あのグラウンドに水の浮いた状態を見ていたら、ちょっと心配ですね。雨傘番組として授業の支度だけはしておくべきかなあ。まさか阪神園芸さんを呼んでグラウンド整備をしてもらう、てなことはないか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しほりかす日記 [日常生活]

 朝から雨天。それでも出勤(あたりまえ)。今日は午前中は多少は余裕があるので午後の授業の教材作成。テストをせんでえええもんなら、毎回「歴史秘話ヒストリア」を見せてすましたいところなんですけれどね。私のおしゃべりなんかよりもよほど歴史を楽しく知ることができように。
 もっとも、金曜日の体育祭が雨天延期になったら、日本史の授業をやらねばならず、教材が間に合わん。いっそのこと転勤した年に当時の生徒に見せた大河ドラマでも見せるか。金曜日の好天を祈るのみ。ただ、明日は夕刻から雷雨との予報もある。グラウンドコンディションが悪かったら来週月曜日に延期という可能性もあるなあ。うーむ。
 まあ、お天気とけんかしても仕方なし。
 へろへろになって帰宅。追っかけ再生でタイガースの試合を見る。阪神園芸の実力恐るべし。ちゃんとナイトゲームができているやないですか。残念ながら連敗。
 明日はお山の学校は体育祭の予行。グラウンドコンディションが悪い場合は体育館で種目ごとの動きの確認やとか。明日は落ち着いてマイペースで仕事できそうです。
 本日のしぼりかす日記は以上!

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

鳥谷の記録ストップ [プロ野球]

 今日も授業と奨学金関係の相談や、提出書類のチェックなどで1日ずっと息をつぐ間もなし。明日の授業の教材も作成できず。残業してでも作ろうという気力もわかない。帰る直前に手洗いに行き、鏡で自分の顔を見たら、明らかにしぼんでおりました。定時で退出。
 今週の「週刊朝日」は表紙が秋田犬のマサル。フィギュアスケートのザギトワ選手に贈られた犬です。グラビアは猫写真家の岩合さんが撮影した和犬特集。行き帰りの車中でわんこの写真を見ながら癒されておりました。
 帰宅して、ラジオでタイガースの試合を聞く。テレビ中継は7時から9時前と短かったので仕方ない。テレビ中継の始まる時間やなと思うた瞬間にすっと眠りに落ち、30分ほどすやすや。これで疲れが少し取れた。夕食を取りながら追っかけ再生で野球中継を見、放送時間終了とともにラジオに切り替え。
 鳥谷敬内野手の連続試合出場記録が1939試合でストップ。メッセンジャーが好投していたので代打を出す機会がなく、接戦で最終回は一番からの好打準やったから、ここも出番なし。
 いつかは止まる日が来るとは思うていたけれど、とうとうきたか。金本監督もかなり我慢して毎試合代打や守備固めで起用し続けていたけれど、調子の上がらん選手がベンチウォーマーになるのは仕方ないし、記録継続のためだけに出続けるのは本人にとってもさらしものみたいで嫌やったんやないかな。どうせ大衆週刊誌が金本と鳥谷の確執とか内紛とか好きなことを書きたてるやろうけれど。そんなもん優勝したら全部吹っ飛ぶよ。雑音を封じるためにもぜひ優勝してもらいたい。フルイニング連続出場記録の保持者である金本監督やからこそ、試合に出続けることが鳥谷選手のモチベーションになっていることは誰よりも理解していたに違いないしね。ここで気持ちを鬼にして記録を止めた金本監督の苦衷の決断に、選手たちはぜひこたえてほしいものです。
 明日は仕事部屋にどひゃっと奨学金の申込書を持った生徒たちがくるんやなあ。ああ、これで3日連続昼休みなしか。昼食を取る時間だけはなんとか確保しているんやけれど。昨日はコンビニおにぎり、今日はコンビニサンドイッチ。さて明日は……カロリーメイト、かなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ウマ娘 [テレビアニメ]

 愛すれどTigers「甲子園でGに3タテ返しで2位に浮上」を更新しました。

 朝食を取りながら録画したアニメ「ウマ娘 プリティダービー」などを見る。スマホゲームのアニメ化で、人気競走馬を擬人化して女の子にしたもの。スマホゲームのキャラクターを使っているだけやったら途中で見るのをやめていたんやろうけれど、アニメ制作のP.A.WORKSがきっちりと作りこんでいるので、なんかもう楽しかったりする。なんで尻尾と耳が馬の女の子がいてるのかとか、わざわざ靴の裏に蹄鉄を打つねんとか、そういう設定上の疑問点の説明は一切なし。ウマ娘とはそういうもんやと、そこは理屈抜きで話を進めている。設定が奇抜なだけで、内容は女の子たちががんばって成長していくスポーツものなんですよねえ。こんなにきっちりと作られたら、やめられんやないの、と実は毎週楽しみにしたりしている。
 今日は朝から奨学金関係の質問攻め。保護者の電話に生徒の訪問。放課後には保護者がやってきた。人数が多いので、一人ずつていねいにでけんのが申し訳ないけれど、もう少し早目に来てくれよ、締め切りぎりぎりに押しかけてくるから説明をはしょらんならんのやないの、とぼやきたくもなる。
 その間に、来月の人権講演会の打ち合わせの日を決めるホール担当者との電話もあり、社会科教員を集めて決めごとをしたりとか。明日の教材作成はどうなるんやろう。
 しほりカスになって帰宅。それでも月曜日はプロ野球中継がないんで、妻といっしょに「カウボーイ・ビバップ」など何本かアニメを見て過ごしたりするのでした。うーむ、そろそろ生活パターンの見直しが必要やなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

午睡後も生あくび [日常生活]

 大相撲小言場所「夏場所をふりかえって~鶴竜連覇、栃ノ心大関へ~」 を更新しました。

 今日は完全休養日。午前中は深夜に録画した番組をひたすら見、昼食後午睡。夕刻からプロ野球中継と相撲中継を録画で見る。
 プロ野球中継は延長時間もたっぷり取られていたから安心はしていたけれど、もし昨日みたいな展開やったら最後まで見られんところやった。それくらいしっかり午睡。よほど体が睡眠を欲していたのでしょう。相手のミスもあり、タイガースが大勝。前回の甲子園ではジャイアンツに3連敗していたので、3連勝できっちりとお返しをした。
 相撲は、上記「大相撲小言場所」にも書いたけれど、栃ノ心が勢に勝って13勝で大関昇進は確実。白鵬は予想通り鶴竜に敗れる。少しは抵抗したけれど、何が何でも勝ちにいくという執念は伝わってこなんだなあ。手心を加えたとはいわんけれど、勝って優勝決定戦にしたろうというような意気ごみで取ってほしかったなあ。
 というわけで、世間でなにかたいへんなことが起こっていても私には全く関係ないというような一日でありました。
 そやからというて疲れが完全に取れたとはとても言い難く、野球を見ても相撲を見ても生あくびが出た。というわけで、こんな日記になりました。まあ、「大相撲小言場所」はがんばって書いたので、許して下さいね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

睡眠妨害の大学生 [日常生活]

 今日は月例の京都の医者行き。午前中は昨夜録画したアニメをたっぷり見て、昼前に出る。往路の阪急の特急内でうたた寝。診療後、特急で梅田まで行く。幸い座れたのでまたうたた寝しようと思うたら、4人がけの席の向かい側に座っていた大学生男子のおしゃべりのせいで眠れず。K都S業大の学生らしく、片方は関西弁で片方は標準語。標準語の学生は真面目なタイプでまともなことを言うてるんやけれど、関西弁の方ははっきりとアホな奴で、無垢でまじめな女と着き合うて、その女が喫煙しはじめたり夜のバイトを始めたりするようになるのを楽しみにしたいやとか、留学したらハッパとクスリを覚えるようになるとかくだらんことばかり大声で話す。標準語の方は適当に聞き流し、「クスリはだめだよね」てな感じでどうでもええような返事。私の横には女性が座っていたんやけれど、その正面で臆面もなくこういうことを話せる神経が理解でけん。聞きたくなくても声がでかいので耳に入る。結局ずっと目をつむっていたんやけれどうたた寝どころか嫌な気分にさせられた。
 阪神百貨店に行き、理容室で整髪。タイガースショップをのぞき、東梅田地下の旭屋書店で新刊書を購入し、地下鉄で帰宅。
 帰宅後はプロ野球中継を追っかけ再生で見る。2点差で勝っていたけれど、継投ミスで同点にされ、それでもなんとかサヨナラ勝利。毎日しんどい試合ばっかりですね。そのあと相撲中継を録画で見る。鶴竜と栃ノ心の1敗対決は鶴竜に軍配。栃ノ心は優勝を意識し過ぎたのかな。これで白鵬が今日明日と連勝したら優勝決定巴戦の可能性も……と思うたら、白鵬は逸ノ城に完敗。世代交代の一番という感じやね。これで明日白鵬が鶴竜に負ければあっさりと鶴竜の連覇か。できれば鶴竜と栃ノ心の優勝決定戦が見たいけれど、難しいかなあ。
 田中啓文「鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人」(集英社文庫)読了。シリーズ第3巻。横町奉行の雀丸の活躍に鴻池はんが惚れこみ……という展開に。「三悪人」が今ひとつ機能しないので、雀丸をめぐる恋のお話みたいな方向に話がきている。それにしても田中さんは相変わらずUMAが好きだんなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バス酔いの生徒 [日常生活]

 出勤時、バスの中で本を読んでいたら、後方の席から「先生、先生」と声をかけられる。若い女性が二人、私を呼んでいる。前任校の教え子か? 見覚えのない顔やけれど。見覚えがないはずで、その二人は一番後ろの窓際に座っていた現任校の生徒が吐いたので、助けを求めていたのでした。すぐに座席を交代し、やはり同じバスに乗っていた同僚とポケットティッシュをその生徒に渡す。
 一度吐いたらかえってすっきりしたようで、その生徒は冷静にティッシュで福についた汚れやバスの窓についた汚れを拭いた。お山の学校の最寄り停留所で降りると、その生徒につき添って保健室へ。内線電話で担任に連絡したりと慌ただしい出勤になった。いつもの一服がでけなんだけれど、煙草よりも生徒ですからね。午前中は授業や教材作成を落ち着いてやる。
 昼過ぎに育英会より連絡があり、不備書類を週明けに送ってほしいとのこと。それは役所に行かんとそろわん書類です。今日中に生徒に連絡せんならん。すぐに文書を作り、担任に渡しにいく。ところがですね、該当の生徒も担任も体育祭の練習でグラウンドに出てまして、暑い中、私もグラウンドを走り回って担任さんを探す羽目に。
 放課後は体育祭の係別の打ち合わせ。時間が迫ってきているのに、次々と仕事部屋に奨学金相談の生徒がやってきて、その対応に追われる。
 うーむ、心づもりでは非常にゆったりと仕事ができるはずやったんやけどなあ。なんかばたばたしているうちに一日が終わってしもうた。
 帰宅して録画した相撲を見ていると、日大総長の謝罪会見が始まる。何を言うかとしばらく見ていたけれど、謝罪以上の何事もなし。これなら早送りですっとばすんやった。十両の取り組みはほとんどぶっ飛んだ。栃ノ心が引き落としにバッタリ倒れて鶴竜と1敗で並ぶ。白鵬に勝って隙ができたかな。
 かなり遅れて追っかけ再生で野球を見る。タイガースは1対0というまことに厳しい試合を制したけれど、連日こんな僅差の試合を見せられるときついなあ。勝ったからええけどさ。
 昨日同様妙に疲れた一日でございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰順と降伏 [テレビアニメ]

 朝食をとりながら深夜に録画したアニメ「グランクレスト戦記」を見ていたら、冒頭で引っかかってしもうた。領主が城を取り囲まれ、同盟国の総大将である国のお姫様に携帯電話みたいな道具(たぶん魔法を使うた道具というものなんやろう。今までそんな道具出てたっけ)で援軍を要請したが断られる。そこで領主の使者が敵陣に行き「連合への帰順を求めております」と攻め手の大将に言う。そしたら大将、「帰順は認めない。領地と成員をさしだし降伏するならば、命は助けよう」と使者を追い払うのですね。で、帰順を申し出た領主が逆切れして先頭に入る、という話。
 帰順は認めず、降伏せいという言葉の使い方がひっかかったのです。帰順してきた領主の命を取るつもりやったのか、この大将。だいたい帰順と降伏はどう違う。要は降参してるわけでしょう。攻城戦で血の一滴も流さずにすむならそれにこしたことはない。攻城戦は籠城している方が有利なんやから、帰順を申し出てきた使者をはねつけるとは面妖な。
 というわけで、辞書で意味を調べてみた。
「帰順=(敵対していた者が)服従すること」
「降伏=(戦争などで)自分が負けたことを認め、相手の命令・要求にしたがうこと」
 以上、新明解国語辞典第五版より引用。
 ああ、違いがわからん。そこで別の辞書でひいてみた。
「帰順=(そむいていたものが)心を改めてつきしたがうこと」
「降伏=(ある国がほかの国に)降参してしたがうこと」
 以上、三省堂国語辞典第七版より引用。
 ああ、帰順と降伏はどう違うんや。帰順を願い出た領主が逆切れするのはわからんでもない。「あなたにしたがいます」と言うてるのに、「したがうのは認めない。したがって領地と成員をさしだせ」と返事してきたんやもんなあ。混乱しまっせ。そやから籠城すればええもんを打って出てやられるのであります。
 いやまあ「グランクレスト戦記」というのは一事が万事こんな調子でいつも頭を抱えて見ているんやけれど、最近は頭を抱えるのが楽しくなってきたのです。ツッコむ楽しさというのか。それでも帰順と降伏にどう区別をつければええのか。水野良の小説ではここのセリフはどうなってるのかな。読まれた方、ご教示いただければ幸いです。
 本日は試験週間の最終日。明日からの授業の準備やら会議やらをして帰宅。
 録画した相撲を見る。栃ノ心と白鵬ががっぷり四つの大相撲。そして栃ノ心が勝つ。全勝が見えてきた。もし鶴竜に負けたとしても来場所の大関昇進は間違いないね。いやー、見ててこっちも力が入って疲れましたわ。
 そのあと追っかけ再生でタイガース対スワローズ戦を見る。こちらはこちらで8回表まで両チーム無得点というきつい試合。なんとかタイガースは勝ったけれど、これも見てて疲れたなあ。朝からいろんな意味で疲れる一日でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

狐笛のかなた [読書全般]

 一日雨。しかも弱いのがだらだら一日降り続く。湿度は高く気圧は低い。こういう日が一番しんどい。そやけど仕事を休んでええというわけやない。出勤したところでああやれやれほっこり。午前中は試験監督と事務作業。午後からは教員向けの校内研修の支度、そして本番。帰宅したらさらにやれやれほっこり。
 研修はLGBTに関する生徒指導について。現職でトランスジェンダーの教員の方を呼んで、御自分の体験や御自身がどのように生徒と接しているかなどを語ってもらいながら、指導のキモを伝授していただく。実は前任校の同僚。お山の学校の先生方はどのように聞いていただいたやろうか。
 タイガースの試合は雨天中止。帰宅後、相撲をゆっくりと録画で見る。栃ノ心は11連勝。勢いがついてきた。強い。明日の白鵬戦が楽しみ。今日までの相撲を見ていたら、圧倒的に栃ノ心有利と見るけれど、勝負事は実際にやってみんとわからんからね。明日勝てば、全勝優勝の可能性が高くなるんやないか。今の栃ノ心に白鵬が勝つには封印しているエルボースマッシュを決めるしかなかろうけれど、それをしたら白鵬は完全にヒールになるやろうなあ。
 上橋菜穂子「狐笛のかなた」(新潮文庫)読了。長編シリーズではなく、1冊のみで完結している。上橋さんの作品で初めて文庫化された作品。呪師の娘と別の呪師に使い間にされている狐の切ない愛の物語に、領主の後継者問題がからむ。日本風の舞台設定なんやけれど、異国っぽくもある。そこらあたりの描き方はさすがにうまい。解説によると本作が書かれた時点でもう「守り人」シリーズは佳境に入っていたようで、あの大作と並行して別な世界観の物語を書いてはったわけですね。なかなかできることやないですよ。
 本作には「守り人」のジグロや「鹿の王」のヴァンみたいな「漢」は出てこんのも、興味深い。呪師にあやつられながらも、本来なら殺すべき娘を愛し、自らの命を削っても自分を操る呪師に逆らうけなげさが見どころか。
 ただ、話のもっていきようなどは他のシリーズ作品と似通ってしまうあたり、上橋さんの弱点かもしれんね。物語が降りてくるタイプの書き手であるようなので、小細工しないで書くとそうなってしまう。各作品ともテーマは多彩なだけに、展開のさせ方にもバリエーションがあれば、なんていうのは贅沢ですか。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

鳥らしく [日常生活]

 朝、コンビニでスポーツニッポンを購入。「タイガース川柳」、今週も自信作はなかったのであきらめつつ紙面を開くと、佳作入選。週間賞にはさすがという秀句が選ばれてました。
 新記録 バントで飾る 鳥らしく
 球団史上最多出場記録を作った試合で、代打で出場した鳥谷選手が表情を変えずにきっちりとバントを決めたのを詠んだわけですが、選者の成瀬國晴さんは「鳥らしく」を気にいって下さった模様。ま、朝から気分はよろしいね。
 今日の私は印刷屋さん。明日の教職員研修用の資料やら人権意識調査アンケート用紙やらをリソグラフでひたすら刷る。資料は4枚組みなので、ソート機で組み、ホチキス止め。そのほか、府教委に提出する報告書作成やらテスト採点やら。とにかくひたすら事務作業。
 その間にも、断続的に生徒がきたり保護者が電話してきたり。印刷屋さんをしていた時にも仕事部屋に保護者からかかってきていたらしい。取り次いでくれた事務室の方が、何度も電話があったんですが、その度に部屋の電話につながらなかったと少し非難がましく言うのには閉口した。私は教員であって奨学金事務専従ではないのですが。やはり副担当者が要るわい。
 帰宅後は相撲を見て野球を見て、そして聞いて、また相撲を見る。プロ野球中継は今日は完全中継やないんで、まず幕下以下の相撲を見てしもうてから、野球中継を追っかけ再生で見て、放送時間が終了したらラジオに切り替え、試合終了後、十両以上の取り組みを見た、なんでそこまでして見るのか。好きやからとしかいいようがないね。栃ノ心は10連勝で、数字の上でも大関昇進は確定的になった。そやからというて明日から全部力を抜いて負けていいというわけやないのがしんどいですなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感