So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

実況アナの成長 [テレビ全般]

 今日は諸般の事情で金曜時間割に変更。昨日までの2日間で1週間のほとんどの授業が終わり、今日は授業なし。なんかもう今週は終わったというような気分になってしまう。明日からの授業準備、あと2週間に迫ったテスト作成の準備、打ちあわせあれこれに、保護者からの奨学金関係の問い合わせ電話対応など、やることは多い。ただ、今日は妙に涼しかったのと、緊張感が切れたのか再々眠気に襲われたりしてそれほど進捗せず。明日はなんとかせんならんね。
 帰宅してプロ野球中継を見る。タイガースのメッセンジャー投手が先取点を取られ、そのままずるずると負け。ワンチャンスをものにしたジャイアンツと、再三のチャンスをミスなどでつぶしたタイガース。負けるべくして負けた試合。BS日テレの実況アナウンサーは以前ひいきの引き倒し実況をした田辺研一郎アナウンサー。微妙な当たりの内野安打を結果が出る前に「打ち取ったぁっ!」と実況した方。おそらくあの後指導が入ったんでしょう。審判の判定が下るまで辛抱できるようになっていた。若手アナウンサーはこうして成長していくんやなあ。そやけどあまり意味のないデータを持ち出してくるところはまだまだですね。今度はNHKの小野塚アナウンサーの実況をよく聞いて言葉のセンスや間を学んでいただきたい。
 と、書いたところでふと気になったんやけれど、スポーツの実況担当アナウンサーは、当然自局の先輩の実況を聞いたりして勉強するんやろうけれど、他局の中継を見たり聞いたりするような研修はあるんやろうか。私は新任のころから現在に至るまで、他の学校の授業を見学に行ったり、他の教科の授業を見学したりする機会が設けられていたりして勉強になったものやけれど。そこらあたり、知りたいなあ。自局の先輩からの指導だけやと、偏ってしもうたりすると思うんやけどね。
 どなたかそこらあたりの事情にくわしい方、ご教示いただければ幸いです。

nice!(0)  コメント(0)