So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

巨神計画 [SF]

 今日も休暇を取り休養に努める。とはいえ一日ゴロゴロしててもなんなんで、雑誌などを買いにコンビニに行ったりはした。朝のうちに行ったんやけれどむちゃむちゃ暑かったんですぐに帰りましたけれどね。
 午前中はたまっているアニメなどを見てから、昼食後に少し午睡。暑くて寝苦しかったのかわりと早く目覚めたので、寝床で読書。去年は教員免許更新のためにダウンロードしたテキストをひたすら読んでいたけれど、今年はそこまでせんでもええ。
 夕刻からはラジオでナイター中継を聞く。今日は地上波もBSも中継なしなのです。こういう時にはタブレットかスマホを買うといたらよかったと思うなあ。もっとも月に1試合あるかないかのテレビ中継なしの日のために月払いでDAZNに入会するのはもったいなくもあろうけれど。まあ、試合はタイガースの負けやったから、明朝の「おはようコールABC」でハイライトを見ればよいか。
 シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織・訳「巨神計画 上・下」(創元SF文庫)読了。「巨神計画」というても、東京ドームでのジャイアンツ対タイガース戦を盛り上げる計画でも、オール阪神巨人の漫才独演会のプランをたてるわけではありません。わざわざ書かんでもわかるか。全国各地から巨大ロボットのパーツが発見される。「インタビュアー」なる謎の人物がいろいろな専門家を呼び集め、ついにパーツをすべてそろえる。操縦できるのはロボットに適合した男女2名のみ。しかし、完成した巨神の強大な力のために国際政治は大きく動き……。なんやしらんテレビアニメの設定みたいやと思うたら、解説には「UFOロボグレンダイザー」が作者のヒントになった、とか。そんなアニメみたいな設定を米国人の作家がどう料理するかというのが読みどころ。ただし、それは私にとって、ですけれど。おーい、話が終わってへんぞ。「インタビュアー」なる人物が何者かもわからんし、巨神をこしらえた古代に地球に来ていた生命体の秘密もわからんし。実はこれは3部作の第1作なのでした。というわけで、実は第2作「巨神覚醒」について「本の雑誌」で山岸真さんが紹介していたのを読んで興味がわいたので、まず第1部を読んでみたのです。子の終わり方やったら第2部も読まなあかんやん。というわけで、「巨神覚醒」も近いうちに読む予定。続けて読んでもええけれど、読みたい本は他にもあるので。そんなこんなで評価は未訳の第3部を読んでから、ということになるかな。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

メッセンジャーとエルドレッド [読書全般]

 愛すれどTigers「能見、藤川、ベテランの妙味」を更新しました。

 今週から夏季休業を活用して年次有給休暇をまとめてとることにした。ほんまはお山の学校やったら涼みにいくような感覚になりそうなもんやけれど、わざわざ早朝から家を出て夏バテをしに行くような状況なんで、疲労回復に努めることにしたのです。お医者の先生にもこの時期に休みがとれるようならしっかり休んだ方がええといわれてるからね。
 気温は上がったけれど、タワーマンションのベランダは風が強く、湿気はあったけれど割と過ごしやすい。朝から録画した深夜アニメをまとめて見て、昼食前に午睡。昼食後は寝床で読書。荻上チキ「いじめのない教室」(PHP新書)を読み切る。これはお仕事用の参考書。今週出勤する時に仕事部屋に持って行こう。内容的にも非常によいものやったから、人権図書の書架に寄付してもええかな。
 お勉強のあとは、ランディ・メッセンジャー「ランディ・メッセンジャー すべてはタイガースのために」(洋泉社)とブラッド・エルドレッド「フラッド・エルドレッド 広島を愛し、広島に愛された男」(洋泉社)をたてつづけに読了。それほど中身が詰まっていたわけやないから、一気に読めた。両方とも翻訳者の名前は入ってへん。まさか二人とも日本語で執筆したわけやないやろうから、奥付に記載されている「執筆協力」の服部健太郎という方がまとめたんやろうね。文体も内容も構成もそっくりやからね。日本に来てびっくりしたのは選手が素振りの練習をすることなんて、ここまで同じことに驚いているのは面白いなあ。日本でプレーをすることに決めた理由、野球を始めたきっかけ、日本でプレイしはじめた頃の思い出などが綴られている。これまで来日した米国野球経験者の名義で書かれた本は日本野球に対する戸惑いや批判が全面に出ることが多かったけれど、両者はタイガースとカープでそれぞれ在籍年数の記録を更新しているだけに、そういう論調はほとんどなし。どちらもあとから来た米国経験者に、早く日本野球になじむように勧めている。
 私がこれまで読んだ外国人選手名義の著書ではランディ・パース「バースの日記」(集英社)がかなり愛憎入り混じった本音を記してあって興味深かったなあ。
 それにしてもここまで同じような構成にしてしまうのは編集がまずいんやなかろうか。まあ、メッセンジャーの本はタイガースファンしか読まんやろう、エルドレッドの本はカープファンしか読まんやろうとたかをくくったかな。私みたいな物好きを想定してなんだ、ということか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

逆走台風 [日常生活]

 昨夜半、台風が東から西へ逆走し、近畿地方を直撃。私は熟睡していて朝まで全く気がつかなんだけれど、3時半ごろが最も強く風が吹いていたらしく、窓はがたがたいう、どこかからがんがん物音はするで、妻は怖くなり私がぐーすか気持ちよく寝ている横を通ってリビングに行き、床の上で寝ていたという。
 そんなことも知らず、朝6時過ぎに目覚めた私は隣に妻がいてへんのに気がついてリビングに行くと、そこでまるまって寝ているのを見つけて驚いた。風はまだ強かったけれど、妻がベランダに出てみる。私もタバコ片手にベランダに出ようとするけれど、履物が一足たりない。妻が探してやっとあっちこっちに飛ばされているのを見つけたけれど、びしょびしょではけたもんやない。玄関から一足持ってきた。南側のベランダが特にひどく、一服つけるための腰かけは吹っ飛んでる、小型の物置は前後が裏返っている、植木鉢がこけている……。惨状というほどやないけれど、まあそれくらいですんでよかったというのか。
 台風通過後は青空も見えたりしたけれど、夕方からまた風が吹いてきた。ベランダで一服つけていると涼しいくらい。ここまで涼しくなくていいけれど、明日からずっと気温は低めでお願いしたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魔都の貴公子 [読書全般]

 台風の影響で、比較的過ごしやすい気温になった。なにより自宅の寝床でごろごろしていられるのがよろしい。今週蓄積した疲労を少しでも取らねば。というわけで、朝は昨夜録画した深夜アニメを何本か見て、それだけで疲れて眠くなったんで、昼食前に少し寝て、昼食後に妻とたまっている録画を何本か見てから午睡。
 台風が東京に接近しているため、神宮球場のスワローズ戦は中止。安心して(?)ゆっくりと寝る。
 夜から少し雨が降りはじめるけれど、降ったりやんだり。風もさほど強くない。台風の時にベランダに出たりしたらえらいことになるはずなんやけれど、穏やかなもの。ただ、空気は湿っているので風が吹いてきてもあまり心地よくないね。
 野球中止のため、読書。田中啓文「警視庁陰陽寮 オニマル 魔都の貴公子」(角川ホラー文庫)読了。「オニマル 異界犯罪捜査班」シリーズに続いて、登場人物はほとんどそのままに新シリーズ開始。警視庁に「陰陽寮」ができ、主人公の鬼丸刑事は室長のペニー稲垣の指名で異動、という設定に変わったんで、シリーズ名も変わったということなんでしょう。警視庁の中でいびられる「陰陽寮」という場面を織りこんだりして新味を出している。
 中編ミステリが2本。「土俵の鬼」では巡業の土俵から力士の死体が発見され、そこに河童目撃事件がからむ。田中さんは好角家やと知っていたけれど、細かいところまで目が行き届いていて好感が持てた。一点だけ気になったのは呼び出しを名字で呼ぶ場面。一応呼び出しは名字なしということになっているから、ここは名前で読んだ方がそれらしかったんやないかと。重箱の隅をつつくみたいですみません。「人形は見ていた」は文楽劇場が舞台となり、主人公コンビは大阪に出張。ここでは大阪の文化行政に対する姿勢に一言物申したいという思いがこもっている。新シリーズの第1巻ということで、ミステリとしてはそれほど難しいものにはなってへんし、地口も抑制されているね。コアな啓文ファンには少し物足りないかもしれんなあ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「右翼」の戦後史 [読書全般]

 今朝は曇り空。出かけるまでは快適。そやけど、最寄駅に向かうて歩くともう汗だく。お山の学校の仕事部屋はやはり32~34度あたり。麦茶と濡れタオルと扇風機に頼りつつ、お仕事。昨日、留守にしている間に生徒が奨学金の書類を持ってきてくれていたので、朝一番で学生支援機構に郵送。これでとりあえず大学予約奨学金の第1回推薦作業は終了。もっとも、書類の不備やなんかがあったりして夏休み中にもかかわらず思い切り早い締切日を設定して出し直しをさせたりするんやないかなあ。一切不備のないことを願う。
 でもまあ気がついたらすぐに第2回募集の準備をせんならんようになるんやで、きっと。
 午後はスローペースで報告書を作成し、管理職に渡す。定時に退散。
 帰路、駅前の本屋さんに寄って妻の「月刊フラワーズ」を買い、帰宅。
 帰宅後はプロ野球中継を見る。神宮球場は27度ですて。なんと羨ましい。
 安田浩一「『右翼』の戦後史」(講談社現代新書)読了。「ネットと愛国」「ヘイトスピーチ」などで現代の「右翼」についてルポを書いてきた著者が、いわゆる「右翼」団体の戦前から現在への変遷をたどる。著者らしく、資料を引用しながらだけでなく、戦後から高度経済成長にかけて活躍した生き証人たちから直接話を聞くなどしてしっかりと裏をとっている。決して「右翼」の思想に共鳴はしないけれど、そやからというて全否定したりもせんところが著者らしい。こういう姿勢を取り続けているので、信頼して読めるのです。「右翼」だけでなく表裏一体の「左翼」の戦後史にもなっている。「愛国」と「反共」が本来あり得ないはずの「親米」になってしまうところなどの矛盾もていねいに解き明かしていく。非常に興味深く読めた一冊。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

足跡 [日常生活]

 今日は前任校で人権研究会の夏季セミナーが行われ、朝はゆっくりと出勤。30分で着くんやもんなあ。
 午前中は「子ども食堂」の実践についての話を聞く。いろいろと考えさせられるところ多し。昼食はかつてのフランチャイズやった社会科の職員室でパンを食べる。いたるところに私の足跡が残っている。「ここから先は生徒は入ってはいけません」という貼り紙、色あせた「あしたのジョー」のポスター、連絡用の黒板に書いたメモまでまだ消されてなんだ。社会科に寄付した本は利用する人がいてへんのか本棚の奥の方に追いやられていたけれど。
 午後はSNSによる人権侵害をいかに防ぐかと、在日韓国人の大学生による「本名と通名のどちらを名乗るか」についての体験談。毎年参加しているけれど、いろいろと刺激になるね。
 休憩時間に職員室にも顔を出すけれど、わずか3年で顔なじみの先生が減ってしもうていて、ゆっくり話をする相手もなし。ちょっと寂しかったかな。
 定時に終了。帰宅した時間は、いつもなら阪急電車に乗る時間。なんて近いんや。というか、お山の学校が遠すぎるのです。
 そやのにプロ野球はゲリラ豪雨のために1時間以上も開始が遅れ、試合終了は10時半を過ぎていた。早く帰れた恩恵があまりなかったなあ。
 明日はまた汗だくになってひとり部屋でお仕事か。ああなんて落差が激しいんでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イーリアスとオデッセイア [読書全般]

 今日も猛暑。酷暑よりは多少ましになったらしい。お山の学校では昼にセミが鳴いていたもんな。セミというのは気温が高すぎると鳴かんそうな。これまでは昼になるとぴたりとセミの声がやんでいたもんねえ。
 とはいえ暑いものは暑い。今日も濡れタオルと湯ざましと扇風機と麦茶の世話になりながら報告書をひとつ仕上げる。あとひとつあるんやけれど、半分くらいできたところで定時に退出。阪急電車は人身事故の影響で運行停止。バスで北千里から千里中央に移動して北大阪急行、地下鉄と乗り継いでようよう帰宅。今日は天神祭で、梅田近辺も浴衣姿の若い女性やらでいっぱい。
 帰宅してナイター中継を追っかけ再生で見ていたら、天神祭の花火の音がどどどーんどどどどと聞こえてくる。一度横になったら起きられず、一服つけにベランダに出た時に少しだけ花火を楽しむ。花火好きの妻は最後のやけくそ打ちまで見ていた。
 夏はやっぱり花火やねえ。
 タイガースも久しぶりにカープに勝ち、少しばかり溜飲が下がる。明日もたのんまっせ。
 バーバラ・レオニ・ピカード/高杉一郎・訳「ホメーロスのイーリアス物語」「ホメーロスのオデッセイア物語 上・下」(岩波少年文庫)読了。今さらながらにイーリアスとオデッセイアの内容くらいちゃんと知っとかんとあかんなあと思うけれど、岩波文庫版の「叙事詩」の形式のまま訳されたものはいかにも読みにくそうやったんで、青少年向けに小説の形に再話したものを読むことにした。
 いやー、なんか紀元前のギリシアっておもろいなあ。嫁さんを寝とられた国王が盟主に泣きついて戦争を始める、オリュンポスの神々はそれぞれひいきの軍に勝たせようとする。戦争が終わっても帰ってこない王の后のもとにまだ王の生死も定かではないというのに求婚者が群がってくる。王の館では押しかけてきた求婚者たちに毎日酒食を提供し、財産を食いつぶされそうになる。
 ここまで「常識」が違うと、戦争の勇壮な物語も、英雄の艱難辛苦もなにやら喜劇的な色彩を帯びてくるなあ。とはいえ、さすがは2000年以上も読み継がれてきた物語。かなり楽しく読めました。私にはこれで十分ですね。挿絵も古代の壁画みたいな雰囲気で実にええ感じでありました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

酷暑 [日常生活]

 気象庁はこの夏の猛暑を「災害と同程度」と発表しているそうな。そらそうやろうね。最高気温40度を超える場所が何ヶ所もあるなんて、どう考えてもまともやない。
 新聞によっては社説で「酷暑」と書いているものもあった。そうやね、猛暑の域を超えてるね。今朝も蝉しぐれの中、汗を滴らせながら出勤。命の危険を感じながら出勤せんならんのはこたえますね、さすがに。
 今日も濡れタオルと湯ざましと麦茶と扇風機で乗り切る。とはいえ昨日以上に心身ともに重く、報告書作成も入力ミスなど連発してはその度にやり直し、実に効率が悪い。完成は明日に持ち越し。
 むろん定時に退散。タワーマンションの真ん中へんはけっこうええ風が吹いていて、扇風機と組み合わせれば、なんとかしのげるね。
 帰宅後はナイター中継を見る。サンテレビでは夏休みに入ると「キッズ解説」と称して放送席に子どもを招待しているけれど、今日からさっそく小学生の女の子が放送席に座っていた。浜野アナウンサーが「今年は何回くらい甲子園に来ていますか?」ときくと、「5回です」と答える。
 5回も! 羨ましいなあ。おっちゃんはここ数年甲子園どころやないんでずっとテレビ観戦ばっかりなんですぞ。
 キッズ解説の応援も虚しく、カープにまた負けた。そやけど1-3やから、ええ勝負はしてるよね。ジャイアンツなんか6点差をひっくり返されて負けたりしてるんやから、まあよしとしよう。そない思わんとやってられませんがな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビッグデータも民間委託 [教育]

 愛すれどTigers「ロサリオが2試合3発でついに点火」を更新しました。

 今日の仕事部屋も日中は34度。朝から首に濡れタオルを巻いて仕事。奨学金の書類を日本学生支援機構へ送付。今年から送付先が委託された民間企業に変わる。昨年までは収入の証明は役所に証明書を取りに行ってもろうてたんやけれど、今年からはマイナンバーを使用。こんなビッグデータを委託するんやから、よほど信用のおける企業なんやろうけれど、それでええんかいなと不安がないではない。
 そやけど指示通りにせんと事務作業が滞るわけやから、いちいち文句は言うてられん。この大幅な変更のおかげで新たに段取りを考え直さなならんようになったので、それで今年は苦しんでいたのです。
 まだ書き直してもらわんならん生徒がいたりするので、仕事が完了したわけやないけれど、とりあえず締め切りぎりぎりではあったけれど書類送付まですまし、ほっと一息。プレッシャーから解放され、しばらく扇風機にあたりながら休憩。そうしてもええくらいの責任の思い仕事はしたと思うよ。
 定時に退出。今日は相撲も野球もないので、以前録画して見てなんだ番組を見たりなんかして過ごす。明日は明日で人権関係の報告書作成など、締め切りが迫っている仕事をせんならん。ていねいに作成してるんやけれど、教育委員会の方たちはちゃんと隅から隅まで読んでくれているんやろうね。そうやないと仕事に張り合いがないぞ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

御嶽海は天然ボケ? [大相撲]

 大相撲小言場所「名古屋場所をふりかえって~御嶽海初優勝~」 を更新しました。

 昨夜はいろいろあって就寝が遅くなり、それに合わせて起床も遅れる。それでも朝から昨夜録画した深夜アニメを見、昼食後、午睡といつもの日曜日。ただ、やはり昼も寝苦しかったんか、起きてもあまりすっきりしない。
 起床後、録画していた相撲中継を追っかけ再生。御嶽海は豊山に逆転の小手投げを食らう。星勘定以上に、この黒星は大きいと私は思う。もう相撲の神様は御嶽海の上から離れつつあるんやないか、と。
 表彰式の時に行われる土俵下インタビューで沢田石アナウンサーに「15日間どうでしたか」と聞かれて「暑かったです」と答える御嶽海は天然ボケなんでしょうか。それとも計算してわざとすかしたんでしょうか。
 夜は追っかけ再生でナイター中継を見る。今日もBS-TBSの中継。試合終了直前に放送終了。今日もやはりタイムシフト予約をしていたので「ニコニコプロ野球」で最後の1アウトとヒーローインタビューを見る。メッセンジャーは天然ボケはかまさず、ていねいに受け答えをしていました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ