So-net無料ブログ作成

木村進の死 [追悼]

 なんでこんなに眠いんやろう。寝不足やからです。それはわかってるけれど、いろいろあってなにもかもうっちゃらかして寝るなんてことはでけんのです。
 というわけで、今日も試験監督をしていると睡魔に襲われて困る。その後は6月に行う「人権講演会」の打ち合わせの電話などをして、昼前に退出。芦原橋にある支援学校で「道徳教育推進担当者研修」なるものに行かねばならなんだのです。
 私のような不道徳な人間に「道徳教育推進担当者」をやらせるという暴挙をしたのは前任の校長。またもや実践計画を書いたり報告を書いたりせねばならんのかと思うと、非常に憂鬱であります。研修を受けたけれど、道徳教育と人権教育の区別がつかん。定時に終了し、大阪環状線で帰宅。
 喜劇役者木村進さんの訃報 に接する。享年68。
 私が子どもの頃の吉本新喜劇のエースやった。若くて芝居ができて、ギャグの間も絶妙。特にコンビを組んでいた間寛平さんとのやりとりは、寛平さんのどう飛んでくるかわからんボケを自在にキャッチし、見事にボケ返すもので、まさに名コンビやった。
 ABCが「てなもんや三度笠」のリメイク版である「わろてんか三度笠」を製作した時も、このコンビを起用したけれど、残念ながら「てなもんや」にはおよばなんだ。それよりも、坂田利夫さんを入れてトリオで丁稚役をした「あっちこっち丁稚」(これはリメイクやないけれど「番頭はんと丁稚どん」の吉本版ということになるか)の方が人気は高かった。吉本新喜劇が一番おもろかった時代、やないかな。申し訳ないけれど、今の吉本新喜劇はテレビで見る限り、パワー不足。人の場面を食うてでも笑いを取りにいく迫力が感じられん。
 残念ながら三代目博多淡海を襲名したあと脳内出血で倒れ、以降は車椅子生活で、表舞台から消えてしもうた感がある。それでも自分の劇団を作ったりもしてはったみたいやけれど、それも大きく報じられることはなかった。
 寛平さんが今も全国区で活躍しているのとは対照的ではあるけれど、寛平さんも木村さんと組んでいた時ほどの面白さはないと思う。
 すべてにおいて芸達者であるこういう喜劇人は今の吉本新喜劇からは出てこんのやろうなあ。子どものうちから親の喜劇一座で身につけたものやもんなあ。そういう意味では平成以降ではこういう喜劇役者の存在はまず無理やろう。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:お笑い