So-net無料ブログ作成
読書全般 ブログトップ
前の10件 | -

歴史戦と思想戦 [読書全般]

 愛すれどTigers「連敗続くも山賊打線封じで交流戦終了」を更新しました。

 毎度のこと、月曜日は授業で手いっぱい。で、放課後は奨学金説明会に欠席した生徒向けの追加説明会。これ、明日もあるんやねえ。終了後はぐったり。定時に退散。帰宅後は今日の「なつぞら」を見たり、読書をしたり。
 山崎雅弘「歴史戦と思想戦――歴史問題の読み説き方」(集英社新書)読了。巷に出回る「日本礼讃本」や「嫌韓、嫌中本」のどこが問題なのかを、戦前、戦時中の「思想戦」という大日本帝国がとった作戦と、産経新聞社が始めた「歴史戦」との類似点を指摘することによって明らかにしていく。「歴史戦」の問題が「まず結論ありき」であることや、わざと現在の「日本国」と「大日本帝国」との違いをあいまいにして、「大日本帝国」を否定するものを日本全体を否定する「反日」と決めつけて攻撃したり、現在の政権に反対するものをすべて仮想的である韓国や中国の見方をして日本を否定するものとみなす手法などを論理的に解明していく。もやもやしていたものがすっきりと晴れていく気がする。人権を守ろうとしたりしている人たちを罵倒する人たちの考え方など、理解しがたいところがあったんやけれど、本書のおかげで明確になった。こういう「物差し」になる論を常に心に留め置きたいものである。とはいえ、「歴史戦」を戦う人たちにとってはこれも「反日」ということになるんやろうなあ。なにしろ彼らの価値観のよりどころである「大日本帝国」を否定しているんやからね。もやもやすっきりしない人たちに読んでほしい一冊。できたら「歴史戦」に洗脳されている人たちにも精読していただきたいんやけれど、無理かなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

訴訟王エジソンの標的 [読書全般]

 今朝もゆっくり目に起床。午前中はテレビを友としたり、パソコンに向かい新聞サイトの社説巡回などを行う。相変わらず産経新聞の「主張」が面白い。“昨年は総理に対して「帰れ」と心ないやじがとんだ”と書いているけれど、そんなやじを飛ばされるようなことをしてきたということには触れないからねえ。心にもない「県民のみなさんに寄り添い」という言葉に対する返答やないのかなあ。
 昼食後、午睡。夕刻起きて追っかけ再生でプロ野球中継を見る。さすがにライオンズに対して3連勝というのは虫がよすぎたか。
 夜は読書。グレアム・ムーア/唐木田みゆき・訳「訴訟王エジソンの標的」(ハヤカワ文庫NV)読了。エジソンの直流か、ウェスティングハウスの交流かという米国の「電流戦争」を描いた歴史小説。ウェスティングハウスの弁護士であるポール・クラバスの視点から、発明王が実業家に仕掛ける大量の特許訴訟との戦いを描く。キーになるのはニコラ・テスラ。個人的な発明が組織的に変わっていく様子などを、スリルに満ちた筆致で描き出す。著者が巻末に書いているけれど、史実にのっとった上で潤色を加えている。どこに潤色を加えたかまでちゃんと巻末で説明しているのは、ノンフィクションとして読まれへんようにということなんやろうなあ。私は特に電力戦争についてさしたる関心があったわけやないけれど、米国が大きく変わる歴史の潮流を、「電力」「発明」「訴訟」というポイントを押さえながら描き出しているのをたっぷりと楽しむことができた。エジソンにしても、ステラにしても、著者はいくぶん突き放した視点で人物造形をしていて、それがまたおもしろい。米国の歴史にくわしくなくても十分楽しめる作品です。グラハム・ベルがちょろっと出てきてるんやけれど、それがまた効果的。どの国のどの時代に限らず、草創期の熱気というのはほんまに面白いですねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ヒッキーヒッキーシェイク [読書全般]

 今日は4つの仕事を同時並行する形で進めんなならんことになってしまい、あわただしい1日になった。朝になって急遽やらねばならんことができたり、もう大変。管理職も私の一日の仕事をすべて把握しているわけやないにしろ、忙しいことはわかっているやろうに。愚痴をこぼしていても仕事は進まんので、休む間もなくお仕事。昨日から続いている生徒指導、明日の講演会の準備、奨学金の説明会、そして授業、さらには会議。ああきつい。定時によれよれになって退散。
 帰宅後はプロ野球中継。今日こそ勝ったと思うたのになあ。逆転負け。嗚呼!
 津原泰水「ヒッキーヒッキーシェイク」(ハヤカワ文庫JA)読了。幻冬舎の見城社長に単行本の実売部数をばらされ、文庫化も取り消されたのを早川の塩澤編集長が「この本が売れなかったら私は編集者を辞めます」と宣言して文庫化した話題の一冊。京都の丸善には、目立つところに平積みされていた。もし幻冬舎から文庫化されていたら、扱いも小さくひっそりと並べられていたやろうから、これはもう塩澤さんの勝ちやね。
 ヒキコモリのカウンセラーをしているJJが、年齢性別関係なくクライアントを選び出し、あるプロジェクトを始動させる。プロジェクトを進めるうちにヒッキーたちの間に人間関係ができてきたりするなど、それぞれのメンバーに大きな変化が生まれていくところが読みどころ。現代のビルドゥングス・ロマンというてええかと思うけれど、説教臭いところは一切なし。ストーリーがぐいぐいと読み手も登場人物も引っ張っていく。親本が話題にもならなんだのはタイトルのせいかもなあ。とにかく話の運びがうまい。ただし、うますぎてしまい、ラスト付近になると展開がある程度読めてしまうのが難点かも。とはいえ見城社長にボロカスに言われるほどひどい作品やないことは確か。そうかというて塩澤編集長が首を賭けるほどの大傑作かというと、そこまで至ってはいないんやないかとも思う。とはいえ、ヒッキーたちの心理描写など、学校現場にいてる者としてはけっこううならされるところが多々あり。けったいなところで話題になって、私もそれで読んでみたんやけれど、きっかけはどうあれ多くの人に読まれてほしい作品であることは確かですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

赤松真人 [読書全般]

 愛すれどTigers「連日の総力戦でリリーフ陣が奮闘」を更新しました。

 朝、まだ拳銃強奪犯が見つからない時間帯に出勤。電車の中でいきなり発砲されたりしないことを祈りつつ本を読んでいたら、スマホがぶるるんと震える。何事ならんと見てみたら、妻からのメッセージで強奪犯確保の一報。朝、7時前の発表やったので、午後から授業があることが確定。午前中は週末の人権講演会の講師に渡す花束の手配などをする。なんとなく休校という感じで午前中を過ごし、午後から授業に切り替えるというのはけっこう難しかった。
 放課後は会議なども早く終わったので、定時に退散。相変わらずしんどいなあ。帰宅して何本かHDDレコーダーに録画してあった番組を見る。
 思えば去年、6月の「たちよみの会」翌日の月曜日は震度6の地震で休校。今年は拳銃強奪犯のせいで半日休校。変なジンクスができないことを祈るばかりです。
 赤松真人「赤松真人38。 もう一度あの場所へ」(ザメディアジョンプレス)読了。広島東洋カープの赤松真人外野手。胃がんで胃を切除し、抗がん剤治療を経てようやく二軍戦に復帰してきた。本書はその赤松選手の闘病記と、半生記をミックスしたもの。編集者の考えもあるんやろうけれど、闘病記と半生記を交互に配置する構成よりも、第一部を闘病記の前半にし、第二部を半生記にし、第三部を闘病記の後半に当てるという形の方がよかったんやないかと。特に闘病記の部分は、現役のプロ野球選手がかなり進行したがんと闘い、復帰に向けてあがいているところをもっと深く掘り下げてもらいたかった。おそらく今ごろは一軍に復帰しているやろうというタイミングを見計らって出版されたんやないかと思うけれど、残念ながらまだ赤松選手の一軍での出番はない。もう少し待ち、一軍戦に出場したところあたりまで語ってもろうたら、かなり感動的になると思うんやろうけれど。赤松選手の思いが十分に伝わり切っていないように感じられた。聞き書きをまとめるのではなく、ちゃんとしたスポーツライターに依頼してノンフィクションとしてまとめてもろうた方がよかったんやないかと愚考する次第。そやないと赤松選手に対しても失礼なんやないかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

だれがコマドリを殺したのか? [読書全般]

 今日はお山の学校は学年別校外学習。生徒も教員もほとんど出払っていて森閑としている。私は引率にはあたっておらず、学校で留守番。たまっていた事務作業や来週からの授業の準備に専念。ひとり部屋で自分のペースで仕事ができるのはええけれど、時間をうまく区切って作業を進めんとだらだらしてしまう。こういう時、学校というのはありがたく、定時にチャイムが鳴る。あ、3時間目が終わったな、ここらでコーヒーでも飲むか。という具合です。予定していたことはほぼできたんで、定時に退散。小雨の中、帰宅。
 帰宅してプロ野球中継を追っかけ再生で見る。Bsに逆転負け。そら、Bsにしたら同じ京阪神をフランチャイズとしているのに、しかも自分らの主催試合やのに、テレビでも基本はタイガース応援やもんなあ。意地でも勝ちたいよなあ。しかも相手投手はFAで相手チームに出ていった奴やもんなあ。負けたのは残念やけれど、悔しいとか腹立つとかそういう感情にはならんね。
 イーデン・フィルポッツ/武藤崇恵・訳「だれがコマドリを殺したのか?」(創元推理文庫)読了。久しぶりに古典ミステリを読んだなあ。結婚相手がほぼ決まっている若い開業医が、他の娘に一目ぼれ。相手も一目ぼれで、おじの反対を押し切って結婚。しかしつまらぬ隠しごとをしていたせいで、二人の間には一気に溝ができ、そして妻はついに病死してしまう。ところが妻の死後1年以上たってから、もとの夫に殺人の嫌疑がかかり、という話。オースティンを思わせる男女の中を描く恋愛小説的展開の前半部分から、嫌疑をかけられたもと夫の友人である探偵が冤罪を晴らすべく活躍するミステリ展開の後半部分への切り替わりが面白い。タイトルを見たらヴァン・ダインやクィーンみたいにマザー・グース見立ての殺人事件でも起こるのかと思わせるけれど、実は病死した若妻のあだ名が「コマドリ」なので、それに引っ掛けて作中で探偵がつぶやく言葉がタイトルになっているのですね。フィルポッツは見立て殺人なんてパズルは書かないのです。これまで読んだ2冊と同様、殺人者はサイコパスゆないかと思われる。どうも作者の興味関心はミステリとしての完成度以上に、殺人者の心理を描くことにあったみたいやね。でも、ここで出てくるトリックは、ミステリ初期の作品としてはなかなか斬新なものなんやないかな。男女の機微と本格ミステリが見事に融合した秀作です。でもなかなかミステリ展開にならんので、パズラーの好きな読者はいらいらしてしまうかもね。私は面白く読んだけど。

 6月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

百田尚樹の引退 [読書全般]

 朝から眠い。行きの車中も眠い。職場についても眠い。帰路も眠い。プロ野球の中継を見ていても眠い。パソコンに向かっている今も眠い。鼻ポンプを寝ている間にはいだりすることもあったりしているから、呼吸が止まりかけてポンプが強く作動すると眠りから覚めて、そこから眠りが浅くなるのかもしれん。
 特に今日は短縮時間割の関係で私の持ち授業がなかったから、緊張感を欠いてよけい眠くなったんかもしれん。そやけどこういう日にこそたまっていた事務作業やらなんやらを片づけるにはちょうどええのですね。スローペースやけれど、やろうとしていた印刷やら打ち合わせやらなんやら、かなり片付いた。
 タイガースはホークスに快勝。同じパ・リーグでもマリーンズやファイターズがかなりしつこい野球をしてくるのに対し、ホークスは意外に雑やなあと感じた次第。
 夜、ニュースサイトを見ていたら、百田尚樹さんが作家活動を引退するとのこと。ええんやないですか。最近では権力者の提灯持ちみたいなことばかりしている感じなんで、こんなことばかりしていて総理が権力を失うた時にはどうするんやろうと思うていた。
 参議院選挙への立候補は否定してはるみたいやけれど、やったらよろしいやん。ここまできたらしんぞう総理と一蓮托生でええんとちがいますか。どっちにしても、権力をバックにして反対するものを罵倒するというようなことしかでけんようになった時点で、作家としてはもうあかんよなあこの人と思うてたけれど、ご本人も自覚してはったということかいねえ。表向きは最新作を読み返して満足したからやということらしいけれど、そんなことあるかしら。
 私もものかきのはしくれであって、力量不足でお話が作れんと感じることはあっても、こんなん書きたいあんなん書きたいという気持ちはまだまだ残ってる。ものを書くというのはそういう業なんやと思う。そやから、たった15作だけで書きつくしたなんて言葉、ちょっと信じられんのですけれど、如何。

 6月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「影の総理」と呼ばれた男 [読書全般]

 朝はゆっくり目に起きる。今週の「なつぞら」をまとめて見る。先輩の女性アニメーターのモデルは中村和子さんか。東映動画初期の女性アニメーターというと、中村さんか奥山玲子さんかどちらかかと思うけれど、役名は「麻子」と書いて「マコ」と呼ばれているから、「和子」と書いて「ワコ」と呼ばれた中村さんがモデルやろうと考えた次第。高校生の時分からアニメ関係の本を読みまくって得た知識がまさかこの歳になってみるドラマでよみがえってくるとは。たぶんドラマを見ている人のほとんどはそんなことは考えんと見ていると思うけど。
 午後は月例の京都の医者行き。今月は待合の患者さんが非常に少なく、かなり早く帰阪できた。往路は「京とれいん雅洛」で、座席数が少ないのに観光客や鉄道ファンの子どもたちがようけ乗っていて、座れず。立ったまま読書。復路は普通にすいていて、座れたけれど、本も読まれずうつうつと仮眠。
 帰宅後、追っかけ再生でプロ野球中継を見る。満塁ホームランなどで7回までに10点差をつけられたけれど、8回と9回の攻撃で5点差まで迫る。大差がついてもしゅんとしないのが今シーズンのタイガースのええところですね。試合終了後、午睡。けっこうしっかり寝る。
 菊池正史「『影の総理』と呼ばれた男 野中広務 権力闘争の論理」(講談社現代新書)読了。ひとつの権力に皆が従うことを嫌い、弱者のために権力を握ろうとした政治家として野中広務を描く。著者は日本テレビの政治部デスク。東京出身で私よりも少し下の世代の人。そやから、蜷川府政の悪いところし書かなんだりしてる。リアルタイムで京都の政治状況を見て育った身としては、そこらあたり一面的で物足りない。取材はきめ細かいし、野中という政治家の功罪もわかりやすく説明しているけれど、例えば差別問題などへの切り込みは浅い。野中広務の評伝としては、やはり魚住昭「野中広務 差別と権力」(講談社文庫)の方が問題点に深く切り込んでいておもしろいと思う。特に野中が自民党総裁になれなんだ理由の一つである麻生太郎の総務会での差別発言が本書ではすっぽりと落ちている。また、京都では共産党が強いから解放同盟はそれほど力を持ってなんだはずなんやけれど、そこらあたりの踏みこみも足りない。まずは入門編として本書を読み、そして「差別と権力」を読むと、野中広務という政治家について理解が深まると思う。とはいえ、今、野中ありせばしんぞう総理への忖度などに対して徹底的に抗戦していたやろうという指摘には同感するけれどね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ホームズ連盟の冒険 [読書全般]

 愛すれどTigers「高山が代打満塁サヨナラホームラン!」を更新しました。

 鼻の調子がすこぶる悪し。夜中に息苦しくなって鼻ポンプを外す。あまり熟睡できんまま起床。お山の学校につく時には汗をかいている。扇風機を微風にしてほてった体をさますけれど、ちょっと油断したら冷えてくしゃみが出る。仕事部屋は夜のうちに冷えているのですね。夕方になると蒸し暑くなってくる。授業がぱんぱんの月曜日なんで、放課後はばてばて。定時に退散。
 帰宅して今日の「なつぞら」その他を見る。あとは高井信さん編集のファンジン「SFハガジン」が届いていたので、楽しく読みました。私は今回も寄稿しております。ちょっとずつお話を作る頭を取り戻したいので、次回に向けて想を練ることにしよう。
 北原尚彦「ホームズ連盟の冒険」(祥伝社文庫)読了。既刊「ホームズ連盟の事件簿」に続く、パスティーシュ集第2巻。ホームズの周辺の人々を主役にした短編集。本巻ではモリアーティ教授やモラン大佐、ワトスン夫人にマイクロフト・ホームズ、給仕のビリー少年、そしてホームズにワトソンを引きあわせただけで退場したスタンフォードと楽しい顔ぶれ。特にモリアーティ教授の話は、なんで教授が大学教授から犯罪界のナポレオンになったかを描いたもので、ここらあたり、北原さんがあれこれと楽しく妄想を、いや想像力をふくらませている様子が目に浮かぶ。北原さんが訳した「モリアーティ秘録」と重ね合わせるとよけいに楽しい。一番楽しかったのはスタンフォード氏の話。なるほど、「緋色の研究」だけで彼が退場して影も形もなくなってしもうたのはなんでか、を非常にみごとに解決して見せてくれる。海外のホームズ・パスティーシュ作品と比べてもひけを取らないどころか、そのマニアックな楽しさではこのシリーズの方が断然上やと思うね。ホームズファン必読、ですぞ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ヒーローたちの戦いは報われたか [読書全般]

 今日はお山の学校の体育祭本番。空は曇天。気温もそれほど上がらず、まずはよかった。私は教室の施錠や立ち番。生徒たちが歓声をあげているのを微笑ましく見ている縁側のおじいさん、てな感じでありました。月曜の授業準備をなんとかやって、定時に退散。
 帰宅後は追っかけ再生でプロ野球中継を見る。1点を争う緊迫した試合も、カープにサヨナラ負け。そやけど投げる方もうつ方も実力伯仲という感じで、こんな感じで今シーズンはいってほしいですねえ。
 鈴木美潮「昭和特撮文化概論 ヒーローたちの戦いは報われたか」(集英社文庫)読了。著者は読売新聞の記者で、私とは同世代。学生時代にテレビ特撮番組にはまり、現在は特撮番組に関するイベントのプロデュースなども手掛けているようです。そやけど、特撮マニア向けの蘊蓄本やないのです。日本のテレビ特撮ヒーロー史と、背景にある時代性との関係を考察しつつ、ヒーローたちの系譜をたどる。そして、時代とともに変わっていく特撮ヒーロー像について考察する。むろん大の特撮マニアなので、間にトリビアコラムをはさんでみたり、スーツアクターに対するリスペクトにひとつの章を割いたりもしているんやけれど。つまり本書は昔特撮を見ていたけれど、大きくなるにつれて「卒業」した大人たちに対して、特撮ヒーローの魅力とカルチャーとしていかに優れたものであるかを説くというものなのですね。マニアにとっては目新しいことは書いてないかもしれんけれど、そんなんはどうでもよろしいのです。特撮ヒーローにかつて憧れた大人たちに、彼らがその時代ごとに発してきたメッセージを思い出して、と訴えかけてくる。ここにあるのは「愛」です。読んでてそれがびんびん伝わってくるのです。ただし、解説は特に読まんでもええと思う。柳田理科雄さんは自分が書いている本は本書と同質だとばかり書いていて、本書や特撮ヒーローの魅力について伝わってくるものがなかった。こういう本の解説は特撮ヒーロー番組に関わっている現場の人か、ヒーロー愛を隠さないSF作家の方に依頼すべきやったと思うなあ。それはともかく、特撮ヒーローが今も大好きな大人も、はるか昔に「卒業」した大人も、著者の「愛」に心うたれてほしい。そんな一冊です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

金魚の眼が光る [読書全般]

 今日は試験監督はなし。来週の授業準備はなんとかできた。職員の健康診断もあったけれど、私は今年も人間ドック受診の予定なんで、胸部X線撮影だけやったので、その分余裕もあったかな。定時に退散。
 帰宅してまず相撲の録画を見る。栃ノ心は3敗目。あと1勝で大関復帰というところで足踏み。炎鵬も勝ち越しを前に連敗。なかなかすんなりいかんもんやねえ。相撲のあとは野球中継を追っかけ再生で見る。こちらは0-0のまま9回裏にサヨナラ勝利。タイガースもスワローズも両チームともチャンスは作るけれどあと1本が出ない。ああしんどかった。
 山田正紀「金魚の眼が光る」(徳間文庫)読了。呪師霊太郎シリーズの第2巻。とはいえ、「人喰いの時代」のようなメタフィクション的な構成ではなく、横溝正史風の本格探偵小説。呪師霊太郎はあくまで脇にまわり、主人公は北原白秋に憧れる女性編集者。白秋の故郷である柳河に、親族会のために行くことになり、そこで白秋の「金魚」という同様になぞらえた殺人が起こる、という筋立て。非常に読みやすく、楽しめたのは確かなんやけれど、「人喰いの時代」みたいな込み入った仕掛けを期待したりもしていたので、少し肩透かしを食らうた気分かな。本書だけがハルキ文庫で復刊されてへんのはなんでやろうと思うていたんやけれど、霊太郎シリーズとして並べると弱いのであえて復刊しなかったということなんかなあ。それでも復刊するならシリーズものなら全部そろえてほしいというのがファン心理なんですけれどね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書全般 ブログトップ