So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
読書全般 ブログトップ
前の10件 | -

根本陸夫伝 [読書全般]

 愛すれどTigers「マツダスタジアムでカープに連勝」を更新しました。

 昨夜からの雨がやまず、傘をさして出勤。昼ごろに上がる。お山の仕事部屋は多少湿気ていたけれど、室温は低く汗もほとんどかかず。快適に仕事を進める。ただし、今日は空き時間がほとんどなく、明日の授業準備を少しした程度であとは授業と会議。
 帰宅して録画した相撲中継を見る。稀勢の里は貴景勝に押しこまれながらもびくともせずねじ伏せる。御嶽海も危なげない相撲で連勝。栃ノ心も力強い相撲で連勝。横綱大関みんな勝つ。そうそう、こうやないとな。
 高橋安幸「根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男」(集英社文庫)読了。単行本の刊行時からずっと文庫化を待ち望んでいた本。カープの監督として衣笠、山本浩、水谷、三村といった選手を鍛え上げ、初優勝の下地を作り、ライオンズの監督、管理部長ではトレード、ドラフトで大胆なチーム改造をして広岡監督、森監督の黄金時代を支え、ホークスの監督、球団取締役でも王監督の招聘、思い切ったドラフト戦略で最強軍団を作りあげた、人呼んで「球界の寝業師」、根本陸夫。著者は根本に関わりのある人々にインタビューをして、この多面的な人物の姿を浮かび上がらせる。誰もが根本の凄み、情熱、怪人ぶりを称賛する。ジャイアンツ人気に頼っていた球界地図を最終的には書きかえたという功績は大きい。ただ、読んでいて気になったのは称賛する人たちばかりなところ。例えば最終的に衝突した広岡監督などからも話を聞いてほしかったし、根本の暗黒面にももっと切りこんでほしかった。また、カープの監督をやめた後、ABCで解説をしていたんやけれど、その時代のエピソードはほとんどない。よく組んでいた植草アナにその時代のことを聞けば、欠落した部分が埋められたんやないかと思う。単行本未収録やった中学時代の友人や家族の証言が加わっているので、そこらあたりは文庫化されるのを待っててよかったかな。それにしても根本絶賛本みたいになっているのはやはりひっかかるなあ。それだけ料理しにくい人物やったということかな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

天平の女帝 [読書全般]

 今日も汗だくでお仕事。遅れて持ってこられた書類をまとめて郵送したり、来週の授業準備をしたり、面接練習をしたり。定時に退散。
 帰路、妻との連絡にLINEを使用。スタンプを使おうと思うたけれどやり方がようわからんので、テキストを送信。帰宅してから妻を目の前にしてスタンプの送り合いをする。50代半ばでのスマホデビューやからね。なかなか思うようにはいかんもんですなあ。
 もっともLINEで連絡を取り合う相手は妻か友人Y氏くらいしかいてへんのですけどね。
 夜はナイター中継を見る。まあ、つまりなんです、タイガースは3連敗。先発投手のやりくりに困っている相手が出してきた谷間の投手にやられてるんやから、どうなってるんだか。
 玉岡かおる「天平の女帝 孝謙称徳 皇王の遺し文」(新潮文庫)読了。歴史書では奈良時代末期に道鏡とともに政治を乱したとされる孝謙天皇(重祚して称徳天皇)と、道鏡の帝位を阻止した女官和気広虫を主人公にした物語。物語は女帝の崩御で追放されていた広虫が許されて都に戻るところから始まる。実は広虫は女帝の最大の理解者で、その死後に藤原永手、藤原百川らによって女帝の目指した男女ともに活躍できる朝廷という理想が崩されていく様子が描かれる。女帝は広虫の回想として登場し、その治世がどのようなものだったかが語られる。
 通説を覆し、現代に通じる男女平等の社会を作ろうとした女帝の孤独、そして歴史の流れに押し流されながら自立した生き方を進む女官たちの姿が生き生きと描かれる。女帝の理想があまりにも現代風なのには違和感を覚えなくもないけれど、奈良時代という権謀術数の時代を描き切っているところに意義があると思う。特に女帝と道鏡の関係、和気広虫と清麻呂の姉弟の関係や、都に住む隼人たちの描写などは、おそらくこれまでにはない視点からなされたもので、男性社会に呑みこまれつつもそれにあらがう姿に悲壮感はなく、常に前向きというあたり、非常に面白かった。ドラマや映画のモチーフになることのあまりない時代だけにとっつきにくい人もいてると思うけれど、実は奈良時代は非常にドラマチックなので、もっとこの時代を舞台にした小説が書かれたらええのになあと思うた次第。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

走れメロス [読書全般]

 朝食をとりながらNHKEテレ「100分de名著」を見る。番組開始からずっと欠かさず見ているのです。そのせいで読みたくなったものもあるしね。今月は夏休みの中高生向けに週替わりで「星の王子さま」「ソロモンの指環」「走れメロス」「百人一首」を読み解く。
 今週は「走れメロス」。中学時代に教科書で読んだ時は王様が悪者で困った奴というような読み方をしていたはず。メロスとセリヌンティウスの友情物語、てなとらえ方やったんでしょうか。
 それ以来一度も読み返したことはなかったけれど、今日の番組を見てびっくり。これは王様が主人公の話なのだ、というのですね。国王として庶民を見た時に、その醜い面を見て人間不信に陥った王様が、メロスという若者のおかげで人間不信を解くという話なのだ、と。
 これを見て宿題の感想文を書く中高生に対して、国語の先生はどう反応するのかねえ。それはそれで想像するとおもしろい。
 それよりも驚かされたのはメロスです。とんでもない奴です。自分とは直接関係ない王の暴虐に激怒し、あろうことか暗殺をたくらみ、妹の結婚式に出んならんなどとわがままを言いだし、自分の身代りに親友を人質に差し出す。妹の結婚式に出て宴席で楽しんでいたら、その親友のことなど忘れてしまう。まあなんとか時間までに帰還してまるくおさまるわけですが。それにしても困った人ですよ、メロス君。
 いやあ、どう見ても王様の方が人間としてまともやなあ。人間不信に陥り、人を裏切った者を次々と処刑する。確かにやり過ぎではあるけれど、権力者としては私欲のために恐怖政治をしいているというわけやないもんね。
 今度また時間を作って学校図書館で「走れメロス」をちゃんと読みなおしてみよう。
 本日はまた猛暑。しかもけっこうみっちりと仕事があり、盆休みの間に休めた体を逆に酷使する羽目になってしまいました。ああしんどかった。
 まあ夜はタイガースがきっちりと勝ちパターンを守って連敗を止めたからよしとしましょう。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

阪堺電車177号の追憶 [読書全般]

 愛すれどTigers「大山の決勝打でカープに勝ち越す」を更新しました。

 今日は延長盆休みの最終日。この夏は有給をしっかり使いましたぞ。どうせ冬季休業も春季休業も休暇を消化しきれんというのがわかってるからね。明日はリハビリ出勤。今日くらい過ごしやすい気温やったらええんやけれど、台風接近で湿った空気が入ってくるみたいやしね。
 朝食後、少し寝て、昼ごろ起きて昼食。土日と京都に行ったので疲れていたんかなあ。むろんそれを見越して今日まで休みをとってたんやけれどね。
 午後からは読書。初心者にスマホの使い方を教えるNHKEテレの「趣味どきっ!」の録画も見る。うーむ、ほんまにガラケーさえ使いこなせておらず、パソコンも触ったことのない人向けみたいな内容なんやなあ、これ。検索の仕方とか、そんなんわかってますから。参考になったのは写真のとり方と編集、くらいかな。
 山本巧次「阪堺電車177号の追憶」(ハヤカワ文庫JA)読了。大阪では唯一残っている路面電車の阪堺電車。昭和の初めに新車として運行された車両177号の追想という形で、昭和初期から終戦前後、高度経済成長期からバブル期、そして平成に至る時代の流れに沿って起こったささやかな事件を連作の形で綴りながら、それぞれの事件に登場する人物が何らかの形でつながっているという構成をとる。ミステリ要素が少し入っているけれど、それよりも阪堺沿線に生きる人々の日々の営みの描写が中心になっている。いわゆるどぎつい大阪のイメージやなく、落語の人情噺を思わせるような雰囲気の話やけれど、大阪を知らん人が本書と黒川博行さんの小説を続けて読んだら、頭が混乱するかもしれんねえ。心温まるエピソードみたいなのが少しばかり苦手な私は黒川作品の方が好みではあるけれど。間をとって田辺聖子さんか。でも田辺さんの小説は実はけっこうえぐかったりする。「大阪ほんま本大賞」なる賞を受賞しているけれど、帯に書店員さんの書く推薦文「じんわりと胸が熱くなりました」というほどぐっとはこなんだなあ。ええ話ではあるんやけれど。もう少し毒が混ざってた方がより面白かったかな。ええ人しか出てこん小説というのは苦手なのです。これはもう好き好き、かな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

国体論 [読書全般]

 今日は「たちよみの会」例会。古参Y氏がきてくれて、楽しく雑談。早めに切り上げて丸善へ。寺町をぶらつき、「かつくら」でとんかつを食し、散会。
 帰宅後、プロ野球中継を追っかけ再生で見る。いきなり岩田がバレンティンにホームランを打たれたけれど、ゴロを打たすために投げた低めの球をスタンドに運ばれた。あれを持っていかれたんでは手の打ちようがないね。
 車中で丸善で購入したマンガ、施川ユウキ「バーナード嬢、曰く 4巻」(一迅社)を一気読み。SF者の琴線に触れるネタがさらに増えたなあ。
 白井聡「国体論 菊と星条旗」(集英社新書)読了。第二次大戦の敗戦で天皇は元首から象徴となり、日本を戦争に突き動かしていった「国体」は天皇から「アメリカ」に移った、という著者の主張を、戦前と戦後の対比、さまざまな文献などから裏付けていく。日本国憲法よりも日米安保条約が上位にあると断じ、今上陛下の退位の「おことば」に隠された陛下の意思を読み解く。
 オバマからトランプに大統領が変わると速攻で渡米してトランプのご機嫌をとる総理大臣の醜態、反米親中親韓を主張すると反日と決めつける「保守」論者などの行動原理が、戦後の「国体」はアメリカであることを露呈させているという説明には首肯せざるを得ない。そして、敗戦時とほぼ同じ状況が近づいていると著者は警告する。それを誰よりも敏感に感じ取っているのが今上陛下であり、「おことば」にはその危機感がこめられているという。
 もし著者の主張が正鵠を射ているとしたら、第2の「敗戦」のあと、次の「国体」はどこに移るのか。気鋭の政治学者による警世の書であると、読了後、頁を閉じて身震いしたのであります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

エラリー・クイーンの冒険 [読書全般]

 今日も朝から録画した深夜アニメを見たり、残しておきたい番組をBDにダビングしたりして過ごし、朝食後、少し寝る。管理職からの電話で起こされる。奨学金に関する教育委員会の調査の締めきりやそうで、それやったら私が前倒しの盆休みをとる前の出勤日にいうてよ。
 昼食後、読書。夕刻、ナイターの開始時間に合わせてスマホで中継を見る。今日は読売テレビで7時から9時までの2時間のみの中継なのです。DAZNのお試し期間なので無料。しかし長いことつないでいたせいで早くも速度制限がかかったりなんかして困ったことです。
 夕食後、テレビ中継も終わり、再びスマホで中継を見る。便利といえば便利やけれど、やはりスマホは「携帯電話」やないですね。
 エラリー・クイーン/中村有希・訳「エラリー・クイーンの冒険」(創元推理文庫)読了。新訳版であります。クイーンの本格ミステリの精髄といえる短編が11編。いずれも一見しただけではわからない謎をクイーンらしく実に論理的に解きほぐしてみせる。長編ではいろいろな要素をとり混ぜて謎を何層にも重ねたりしているけれど、短編ではトリックのみでの勝負となるだけに、ミステリ作家としては腕の見せ所となるんやろう。
 それだけに、例えば猫嫌いのはずの体の不自由な老婆が7匹の黒猫を次々とペットショップに注文する、なんて謎を明確に解読していったりするのですね。クイーンの本格推理をたっぷり堪能できて楽しませてもらいました。「エラリー・クイーンの新冒険」もぜひ新訳で出していただきたいと強く希望いたします。

 8月19日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

人魚ノ肉 [読書全般]

 今日は日帰り帰省。昼食後に家を出て、昼過ぎに実家に。正月以来の帰省という不孝者です。まあ、3月末はいろいろと多忙で帰省する暇はなく、5月の連休は片づけものを最優先にしていたから、こちらにはこちらの事情があるわけですが。
 父は外出中で、母に持っていった洋菓子の詰め合わせを食べてもらいながらゆったりとした時間を過ごす。父が帰宅後もゆっくり過ごし、父の車で阪急の駅まで送ってもらう。さすがに両親とも認知力が落ちていて、なにかあったらすぐに実家に帰れるように、転勤をかなり本気で希望していかんならんと感じた次第。お山の学校から実家に帰ろうと思うたら、ほんまに交通手段が限られてしまうのです。
 帰宅後、夕食をとりながらプロ野球中継を追っかけ再生で見る。メッセンジャーの粘りの投球などで快勝。いや、横浜スタジアムではほんまに負ける気せんね。
 木下昌輝「人魚ノ肉」(文春文庫)読了。「宇喜多の捨て嫁」で多面的に対象を描く手腕を発揮した作者が、本書でも幕末を舞台に様々な人物の視点から物語を綴っていく。本書のポイントはタイトルになっている「人魚ノ肉」。人魚の肉を食らえば妖となり、血を飲めば不死となる。若き日の岡田以蔵、坂本龍馬、中岡慎太郎、そして新撰組の幹部たちが人魚の肉を食い、それぞれの形で妖となる。史実の真相は人魚の肉によって生じたものやったというのがこの作品のキモ。本書の伝奇妖異小説としてのおもしろさは、奇想天外な発想というだけやなく、そこにうまく史実を当てはめているというところにある。「宇喜多の捨て嫁」同様鬼気迫る筆致で読ませる。山田風太郎賞候補になったというのも当然でしょう。史実と違うとかいうて怒りだす方には薦めませんが、伝奇小説ファンにはお薦めであります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

昭和の怪物 七つの謎 [読書全般]

 愛すれどTigers「5点差を逆転、北條初サヨナラ打」を更新しました。

 今日はヒロシマ原爆忌。せっかく朝早く起き、休みを取っているんやから、8時15分には黙祷しようと思うていたのに、例によって深夜アニメを見まくって疲れてしまい、うたた寝をしている間に時間が過ぎてしもうた。あほですわ。
 午前中は読書。昼食後も読書。無性に眠くなってきたんで、仮眠のつもりで寝床に。しっかり午睡。とにかく猛暑のためいくら扇風機をつけても汗が出る出る。昨日の晩、寝苦しかったので熟睡できてなんだんやなあ。妻もすぐに疲れて寝ていたしね。夕刻は台風の影響からかベランダから強く湿った風が吹きこんできた。そやけど夜になってまたやんだ。今晩も寝苦しいのかなあ。明日は外出の予定。今日こそしっかり寝ますぞ。
 保坂正康「昭和の怪物 七つの謎」(講談社現代新書)読了。昭和史を追い続けている著者が、長年積み重ねてきた生き証人へのインタビューや文献から、東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺錠太郎、瀬島龍三、吉田茂にまつわる「謎」を解き明かそうと試みる。東條内閣の首相秘書官、石原の教え子などの関係者や犬養道子、渡辺和子、麻生和子といった近親者の証言、さらに瀬島本人へのインタビューなどから、定説とされるものの裏に隠れた「真実」を探し出そうとする。それでも不可解なままのものは残ってしまう。著者は推測するにとどめ、わからないものはわからないとはっきりさせている。そこに誠実な姿勢を感じる。犬養道子や渡辺和子への尊崇の念、そして瀬島の胡散臭さなど、著者の感じたものがダイレクトに伝わってくる。ネットの風説を無条件に信じる前に、本書で示された生き証人の声をしっかりと読んでほしいと思うのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

烏検校 [読書全般]

 今日も朝は早く起きて、昨晩録画したアニメをたっぷりと見てから二度寝。昼食後は読書。窓から吹きこむ風も熱風であります。
 夕刻より3日ぶりにナイター中継を見る。2日間も試合がなかった分、ファンを楽しませようというのか、5時間を超える長時間ゲーム。最後は二転三転してタイガースのサヨナラ勝利やったからまあよかったけど、スワローズファンの方はさぞがっくりきたことでしょう。テレビ解説の中田良弘さんも関本賢太郎さんも最後は疲れたかサンテレビ橋本アナウンサーに話を振られても反応が鈍くなっていた。ヒーローインタビューの北條選手も開口一番「疲れました」。サンテレビ湯浅アナウンサーが「明日に向けて一言」とふると、「明日に向けて、早く寝ます!」。テレビで見てるこちらも疲れました。
 加瀬政広「なにわ人情謎解き帖 烏検校」(双葉文庫)読了。シリーズ第2巻は長編。島流しにする下手人たちをつれて港に行こうとした同心大吾。しかし、安政南海地震に遭遇し、津波から逃げる際に下手人たちをわざと逃がす。これをとがめられて7日後までにその4人を探し出さねば切腹する羽目に陥る。一方梓巫女のお駒はそこひの手術が成功して目が見えるようになり、「お救い小屋」の手伝いをしていた。そこに「烏検校」なる者の仕業とされる連続殺人事件の謎解きがからみ……。
 下手人脱走と連続殺人、そしてお救い小屋の3つがバランスよくからみ、上質のミステリになっているから、レギュラー登場人物のキャラクターに頼ることなく読ませる作品に仕上がっている。本書がデビュー2冊目とは思えないくらい、かっちりした話なのに感服。また、「お救い小屋」の描写など、非常にリアリティを感じさせ、そこはやはりアニメーターとして映像的にものをとらえてきた人だけのことはあるなあと感じさせてくれた。田中啓文さんの「鍋奉行」「横町奉行」両シリーズとともに、なにわ捕物というカテゴリーができてくれれればええのにな。もちろん先達の有明夏夫さんの「大浪花諸人往来」シリーズがその嚆矢であるわけですけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

困難な成熟 [読書全般]

 本日も猛暑日。仕事は休み、休養に徹する。というても熱帯夜で寝苦しかったんか、営業日の30分前に目覚め、いつもの朝のように深夜に録画したアニメを見て過ごしているんやから。朝食後、寝不足やったんやろう睡魔に襲われて再び寝床に。午前中は熟睡。昼食後は扇風機にあたりながら録画したアニメを見たり、読書をしたり。
 ニュースでは大阪市長が「全国学力テストで政令市最低だったので、対策を講じたい」と言うていた。夜、ネットにつないで新聞のサイトを見ていたら、「結果は教員のボーナスに反映させる」と言うてるそうな。教員がさぼってるから子どもの成績が低いというてるわけか。
 全国でも最下位やった沖縄の「琉球新報」の本日の社説より引用しておく。
「学力テストの結果は、家庭の経済状況、さらには、親の労働環境を映し出しているといえる。貧困を克服するために、親の働き方改革をはじめ、あらゆる方策を講じる必要がある」「一斉テストの本来の目的は教師の指導方法、授業の改善に役立てることにある。学校、都道府県の競争や序列化を招くなら本末転倒だ。児童生徒の健やかな成長のために適切に活用したい」「正答率だけに目を向けるのではなく、背景にある本質部分を見落としてはならない」
 私の言いたいことをそのまま書いてくれたはる。これは奨学金担当である私の実感でもあるのです。大阪市長も背景にある本質部分を見落としてはならんぞ。
 内田樹「困難な成熟」(夜間飛行)読了。若い編集者が独立して作った出版社のメールマガジンで、その編集者が質問した「責任を取るとはどういうことでしょうか」「フェアネス(公平・公正)とはどういうことでしょうか」「働くとはどういうことでしょうか」「人生は運と努力、いずれによって決まるのでしょうか」「いったいどういう人が大人なのでしょうか」というような本質的な質問に内田さんがていねいに答えている。私はこれまで割と内田さんの本は読んできているので、本書に書かれている内容の多くはそのまとめみたいなものになっている。ならば、読まんでもええやないかと言われそうやけれど、私は自分の中の物差しがぶれてへんか確かめたい時に内田さんの本や森達也さんの本を読むことにしている。喉もとにひっかかっていたようなことが、すとんと腑に落ちるのです。そして自分なりにいろいろと考えるヒントが随所にちりばめられているのです。本書を読んで腑に落ちない人もいてるんやないかと思う。そういう人とはきっと見えている景色が違うんやろうなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書全般 ブログトップ