So-net無料ブログ作成
読書全般 ブログトップ
前の10件 | -

天下一の軽口男 [読書全般]

 今日から入試の採点にかかる。採点、点検を繰り返し、より正確な数字を出していく。ここでええ加減なことをしたら後から全部やりなおさんならんからね。しかし長時間続けているとミスも出やすくなる。適宜休憩をとりながら、効率よくやってかんなんのです。
 今日は面接試験があった関係で昨日に続いて30分前倒しの出勤。早めに帰宅できてもへろへろ。夕食後、この前HDDレコーダのエラーで録りそこねた「どろろ」をネット配信で見る。このシリーズはBDにダビングして保存しようと前の回も置いていたんやけれど、録りそこねたのは悔しいなあ。DVDかBDが発売されたらまた考えよう。
 木下昌輝「天下一の軽口男」(幻冬舎時代小説文庫)読了。上方落語の祖といわれる米沢彦八を主人公に、元禄時代に現れた芸人たちの姿を描く。これまで読んだ「宇喜多の捨て嫁」や「人魚ノ肉」のような猟奇性はなく、それよりもほとんど記録に残ってへん米沢彦八の人物像を掘り下げている。こういう確固とした人物像のない歴史上の人物というのは書くのが難しそうやと思うたね。伝承を生かしつつ、独自の視点でいちから造形していかんなんのやから。難波村の漬物屋の次男坊が好いた女子をなんとか大笑いさせてやろうとするところから始まり、師匠となる江戸落語の祖、鹿野武左衛門との出会い、江戸で他の芸人から嫌がらせを受けた後、大坂にもどり京都落語の祖、露の五郎兵衛との交流など、落語という話芸を作りだしていった者たちが絡み合うて「笑い」を追求していく。ただ、作者の関心は特に「笑い」にはないのか、あくまで新しい話芸を創造していく人間の生き方に焦点をあてているように感じた。もちろんそれはそれでええんやけれど。それでも多くの資料を読みこんで、人物像の定かでない彦八をいきいきと描き出しているのはやはりなかなかの腕前。人を笑わせる芸人の「業」をもっと迫力のある筆致で描き出してほしかったところではあるけれど。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

スゴすぎない謎学 [読書全般]

 本日は「たちよみの会」例会。午前中にまとめて深夜アニメやら朝のヒーロータイムを見てから出かける。
 フランソア喫茶室のレジのところに「3月4日より3月末まで改装工事のため休みます」と貼り紙がしてあった。今月も顔を出してくれた古参Y氏に来月の例会の場所について相談。とりあえず1ヶ月だけのことなんで、四条大橋の東側、東華菜館の隣の「ドトールコーヒー」がええんやないかということになった。
 またホームページで案内するけれど、久しぶりに顔を出してくれるというような方がこの日記を見ていてくれたらええんやけれど。
 例会後、「丸善」へ。ウールリッチ「黒衣の花嫁」や「テヅコミ」の4・5巻などを買う。
 Y氏は所用で5時に散会。一人で夕食をとってから帰宅。
 帰宅後は妻と録画したアニメや、今日放送の「いだてん」などを見る。今日の「いだてん」はかなり落ち着いてきた感じで、金栗選手のストックホルム行きに向けて話も盛り上がってきた。視聴率は悪いらしいけれど、スタッフは気にせずおもしろいものにしていってほしいね。戦国時代が舞台でないと見ないなんて視聴者はほっといてもええと思うぞ。
 小佐野カゲトシ「阪急電車 スゴすぎ謎学」(KAWADE夢文庫)読了。雑学本ではあるけれど、京都出身で電車というたら叡電くらいしか知らなんだ子どもの私が大阪に行く時にはたいてい阪急電車に乗っていたし、今は大阪地下鉄と乗り継いで阪急を毎日利用しているので、ちょっとでもくわしいことを知りたいなあと思うて買うてみたんやけれど、それほど「スゴすぎ謎学」というほど目新しいことは書いてなんだ。鉄道ファン向けでもなく、沿線住人向けというわけでもなく、誰をターゲットにしているのかようわからん。例えば「阪急電車の吊り広告に週刊誌の宣伝がない」なんてことすら書いてへんのやもんなあ。これは沿線に学校が多いので、高校生などに見せたくない煽情的な見出しのものを排除しているからなのですね。ほか、巨人軍以前に宝塚運動協会というプロ野球チームを持っていたこととか、私でも知ってるくらいのトリビアも書いてへんのやからなあ。著者は関西とはあまり縁のない方らしいので、阪急に対する思い入れもあまりないんでしょうね。こういう本は対象に「愛」のある方に書いていただきたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

エンジェルメイカー [読書全般]

 入試準備業務に一日中追われている感じ。もっともチーフの先生は毎日残業につぐ残業、休日出勤も当たり前という状態ですからね。贅沢は言うておれん。とはいえ奨学金のお仕事もちょこっと入ってきたりして、落ち着かんこと限りなし。
 定時に退出。帰宅してからはビデオを見たり読書したり。
 ニック・ハーカウェイ/黒原敏行・訳「エンジェルメイカー 上・中・下」(ハヤカワ文庫NV)読了。3冊一気読み、とは言いつつも親本の「ハヤカワミステリ」では、これは1冊やったそうやから、早川書房も無茶をしますねえ。上巻はかなり癖のある話の進め方でなかなかその世界はいりこめなんだけれど、上巻の終わりごろからやっとなじんできて、あとはすんなりと読めた。主人公のジョーは機械職人。ただし父親はギャング。母親は父の死後は修道尼。ある「本」の修理を依頼されるけれど、そのために世界が滅亡するかもしれないという騒動に巻きこまれる。もう一人の主人公はイーディーという名の老婆。実は先の大戦ではスパイとしてインドの藩王シェム・シェム・ツェインと長年死闘を続けてきた女傑。この3人の運命が交差し、最後は地球の命運をかけた戦いに。ミステリ、やない。冒険小説的要素が強いけれど、けったいな人物が次から次へと登場し、どたばたとからみあう。マッドサイエンティストの発明がこの戦いの原因となり、その装置を破壊することが最終目的になるあたりSF的といえるかもしれんけれど、SFやない。SF的な設定を小道具に使うているというだけですからね。ただ、見かけはちょっと筒井康隆みたいな感じがしないでもないけれど、イギリス人のギャグセンスは筒井作品とはかなり違う。
 おもしろくないわけやないけれど、なんだかから騒ぎをしてるだけというようにも感じられて、私が期待していたものとはちょっと違うたかな。上巻の帯の惹句「世界の危機を救うのはしがない職人と謎の老女!?」にひっかかったなあ。裏表紙のストーリー紹介にある「ジャンルを超えて熱狂的に評価された傑作サスペンスにしてエンターテイメント!」というあおりにもひっかかったか。とっちらかったごった煮がお好きな方にはお薦めするけれど、ミステリやSFの妙味を期待した私のような読み手には今ひとつそのおもしろさが伝わってきませんでした。題材は悪くないんやから、料理の仕方でだいぶ変わったと思うけれど、杉江松恋さんの解説ではデビュー作はこれよりもとっちらかってるようなんで、そういう書き方しかでけん作家なのかもしれんね。

 2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

大相撲の不思議 [読書全般]

 本日の授業を持ちまして、今年度の私の持ち時間は終了。次に教壇に立つのは4月のはじめ。2ヶ月のブランクが空くことになる。もっともその間に一切仕事がないわけやなく、試験監督、入試業務、新入生受け入れ準備など考えようによっては授業よりよほどしんどい状況が続くのでありますが。
 放課後、一瞬脱力状態となるも、成績業務など今日中にやっとかんなん仕事を片付け、定時に退散。こういう時に帰りの車中で林譲治さんの小説を読もうとするとよけいに頭を使わんならん。しかし読みかけたら続けて読まんと構成が緻密なのでブランクは作りたくないんですよね。
 帰宅後、へたる。夕食後は少しうつうつ。妻も体調がすぐれない。夫婦してしんどいだるいを連発。こういう日は早く寝ましょう。
 内館牧子「大相撲の不思議」(潮新書)読了。横綱審議委員もつとめた著者は、横審退任後東北大の大学院で相撲史を本格的に研究し、東北大の相撲部監督までつとめている。そんじょそこらの「スー女」とはわけが違うのであります。そういう著者が書いたものやから、大相撲という「異界」について非常に深く読み解いている。しかもこれがとても読みやすくわかりやすい。相撲界という一筋縄ではいかないけったいな世界についてここまで明快に解説してくれるのはありがたい。少しでも相撲に興味のある方は一読をお薦めする。私も相撲に関する本はいろいろと読み、雑誌の特集記事なども読んできたけれど、こんなふうにまとめることなんてとてもやないけれどできませんわ。いやあ、天皇賜杯に刻まれている日付が「大正16年4月29日」やったなんて初めて知った。なんで「大正16年」なのか、それも論拠を示して推察してはります。いやあ、相撲の世界、知れば知るほど奥が深いわ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

毒入りチョコレート事件 [読書全般]

 今日は1日中エクセルにデータを打ちこみ、総合的な学習の成績つけ。試験のない科目で、1学年全員の成績をつけねばならん。データの入力ミスのないようによく見返しながら打ちこんでいくので時間がかかった。それでもなんとか全員の成績を出すことができたんで、やれやれ。疲れ果てたところで会議。あーしんどかった。
 定時に退出。帰宅したらほんまにへばってしまいました。きつかったあ。
 アントニイ・バークリー/高橋泰邦・訳「毒入りチョコレート事件」(創元推理文庫)読了。この前読んだ「世界推理短編傑作集」所収の「偶然の審判」がおもしろく、それを長編化したものやということで読むことにしたのです。むろんミステリファンにはおなじみの古典的な作品なんで、私が今さら何も言うべきことはないんやけれど、さすが古典として評価されているだけのことはある。毒入りチョコレートを食べて殺された女性と、やはり少しだけ食べて重体となったその夫。そのチョコレートは別の人物のもとに送られてきたものをゆずられたので、被害者は偶然に殺されたと思われたんやけれど、「犯罪研究会」というサークルの6人のメンバーが次々と競争で推理して真相に迫っていく。いかにも真相を言い当てている推理を他のメンバーが次々と覆すという趣向は、推理小説の恣意的な展開を皮肉ったものと取れるし、実際「偶然の審判」で披露された推理も本書で作者は自らの手でそれを覆したりしているのですね。先に原型となった短編を読んでいたので、そのおもしろさが際立った。バークリーの他の作品も読んでみたくなったぞ。こうして読みたい本がまたまた増えていく! ミステリにまで手を広げたらこうなるとはわかっていたことではあるけれどもね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

オニマル [読書全般]

 今日で3年生の試験は終了。月曜には答案返却。採点をしっかりやらねばなあ。
 お山の学校では出勤した直後くらいから本格的な雨。帰宅時にも降っていたので置き傘を手に退散。下界に帰ってきてもよう降っておりました。帰り際に医者による。睡眠時無呼吸症候群の治療データの提出と診療。来月も引き続き就寝時に器具をとりつけて寝ることになった。
 田中啓文「警視庁陰陽寮オニマル 鬼刑事VS吸血鬼」(角川ホラー文庫)読了。シリーズ完結編。というても、第2シーズンが終了したという感じですね。第1シーズンのオニマルも3冊で完結しているから、第3シーズンもあるんやないかなあ。
 今回のメインは東京万博の工事現場で作業員たちが次々と行方不明になり、吸血鬼として人々を襲うようになるというストーリーをメインに置き、使者の空中焼失というトリックを使うた第1話、背中に般若の刺青を入れた男が錯乱していきなり殺人を犯す事件を解決する第2話と本格ミステリが続いた後、吸血鬼と対決する伝奇小説となる第3話で締めくくられる。例にもれず地口も含みつつ、田中さんの好きな要素がつめこまれたシリーズで、特に最後の吸血鬼との対決は圧巻。
 さて、鬼丸とペニーのコンビ、第3シーズンではどんな形で活躍してくれるのやろうか。今後の展開が楽しみなシリーズ。伝奇小説ファンもミステリファンも楽しめるお得なシリーズとしてお薦めであります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

男の不作法、女の不作法 [読書全般]

 お山の学校は寒かった。なんぼがんがんストーブをたいてもちっとも温もらんのです。そういえば去年がそうやったなあ。というわけで、試験監督、成績つけ、明日の準備と会議などで1日乗り切った。
 定時に退出。帰路、最寄駅前の本屋さんに寄ったりしてから帰宅。帰宅して、ああ相撲は昨日が千秋楽やったんやなあと少しさみしくなる。まああんまり延々と本場所が続いたらお相撲さんが大変なんで、仕方ないですな。
 妻と録画したアニメを何本か見たりする。
 内館牧子「男の不作法」「女の不作法」(幻冬舎新書)読了。「週刊朝日」の連載エッセイで自ら紹介してはったので、気になって購入。男と女、それぞれのやってしまいがちな不作法を拾い上げ、なんでそれが不作法かを説き、戒める。むろん、読者に対してだけではなく、ご自分に対しても、であります。
 ああ、こういう奴いてるよねで、すましてはいかんのである。自分も気をつけんと不作法をやらかしているんやないかと戒めるための本なんである。さすが数々のヒット作を出した脚本家だけに、人間観察が鋭い。四半世紀以上前に、著者が角川スニーカー文庫から出した少女小説を読んで非常に面白かったことを今でも覚えている。双葉社の「いちご文庫」でデビューすべく少女向けの小説をあれこれ読んで研究していたのである。著者の小説を読み、「これは私には書かれへん」と思うた記憶がある。また、ここまでのレベルならば読者はついてきてくれるのかなと思うたものである。もっとも双葉社の編集長はもう少し読解力のない層を想定していたらしく、ますます内館さんの小説は参考にならなんだわけであるけれど。
 売り飛ばした記憶はないので、今も文庫の本棚のどこかに埋もれているはず。栴檀は双葉より芳し。もう一度読み直してみてもええかもしれんなあ。今検索したら「可愛いコになれない」「恋人なんていらない」というタイトルで2冊出ております。2冊とも持ってます。
 話が大きくそれた。とにかく著者ならではの観察眼で世の中の「みっともないこと」を読み手につきつける、おもしろくも怖い本でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

C市からの呼び声 [読書全般]

 いつもなら「たちよみの会」例会の翌日の月曜日は朝から疲労困憊やったりするんやけれど、今朝はそれほどでもない。鼻に空気を送りこむ器具のおかげで疲れがとれる程度には熟睡できているのかな。因果関係はわからんけれど、もしそうやったら医者に行ったかいがあったというものです。とはいえ今日は授業ぱんぱん日なんで、帰宅して相撲を見、夕食を取ったあとはほっとして眠気が襲ってきた。今晩も熟睡できますように。
 相撲は白鵬が独走の気配。こういう展開になったら勢いに乗ってくるからなあ。ここは貴景勝に期待したいところですね。
 小林泰三「C市からの呼び声」(創土社)読了。小林さん怒涛の3冊一気刊行、最後の1冊。これはクトゥルーもの。クトゥルーの怪物が復活すると予想される町に研究施設を建てて対抗しようとするマッドサイエンティストとクトゥルーの怪物たちとの死闘を描く。私はラブクラフトやクトゥルーについてはそれほど関心がないので、小林さんがいろいろと仕掛けているクトゥルーとのからみについてはちょっとわからんかったりしたけれど、異界からの侵略というテーマを小林さんがどう料理するかというところに絞って読むと、侵略ホラーSFとして楽しむことができた。単発で発表されて他の本に収録されている「C市」という短編に、その前日譚である「C市に続く道」という長編を足したもの。
 「C市」単独では少ないページ数に様々なことをつめこんでしまっているけれど、「C市に続く道」を置いたことでかなり読みやすくなっている。
 登場する学者連中がみんなマッドサイエンティストというのはとてもおもしろかったけれど、やはりクトゥルー神話にあまり関心がない私には本書の真の面白さは理解できてへんのかもしれんなあ。あ、デビュー作「玩具修理者」ともストーリーがからんでいたりするので、小林作品の愛読者はそこらあたりで楽しめますね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

生きづらい明治社会 [読書全般]

 昨日の夜はさっそく装具をつけて寝る。おもしろいもので、寝ていても装具が鼻に空気を送りこんだら感じるんですね。ああ、今鼻に空気を通してるな、と。つまりこれまで息が止まっていたらその段階で眠りが浅くなっていたということらしい。そこで空気を送りこんで息をさせるのを眠りながらも感じ取ってしまうと、まあそういうことみたい。効果のほどはまだようわからん。こういうのは劇的に改善する人もいてればそうやない人もいてるらしい。ただ私の場合、起きた時に鼻の中が渇いてすっきりしていたという感じかな。口はずっと閉じていたらしく、これまでのように寝ながら口呼吸をして起きたら口がからからということはなかった。その証拠に午睡した時には装具をつけずそのせいか口呼吸をしていて口はからからになってたもんな。これからは午睡する時も装具をつけるようにしようか。
 午前中は深夜アニメの録画を見て、夕刻は相撲の録画を見る。絶好調やった御嶽海が足を痛めて休場。相手の北勝富士が昨日の鶴竜戦とあわせて2日連続の不戦勝の珍記録。相撲を取らずして2勝とはついている。ちなみに2日連続の不戦敗を記録しているのは富士乃真。土俵下で控えていたら上から落ちてきた力士の下敷きになり足を痛めて土俵に上がれず不戦敗。翌日の割り返しも間に合わずそのまま休場で不戦敗。まあこういう不運な記録はよほどのことがない限り出んやろうね。
 松沢裕作「生きづらい明治時代」(岩波ジュニア新書)読了。明治時代の資本主義のもと、格差が激しくなったのに、社会保障制度が整備されておらず下層社会の人々がいかに生きづらかったかをわかりやすく示している。しかも著者のいうところの「通俗道徳のわな」により、「努力したものが成功する」という常識がまかり通りいくら努力しても上昇不可能な条件下におかれている者までも「ダメ人間」扱いされていたという。そしてこの生きづらさは現在の状況に通じるものであることを示す。そういう意味では明治時代を理想とする日本会議の方々や現在の総理大臣のもくろみは、憲法を変えんでも成功しているといえるかもしれんね。いろいろと考えさせてくれる一冊。明治時代の生きづらさは戦争へとつながっていくことになったけれど、さて、現在の閉塞感は私たちをどこに連れていくんやろうか。

 明日、1月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

ピクニック・アット・ハンギングロック [読書全般]

 歳をとるといろいろと体にガタがくるものでございます。実はずっと以前から妻に「寝ている時によく呼吸が止まっている」と指摘され、それでもそのままほっといたんやけれど、血圧がかなり高くなってきていたり睡眠負債をひどく感じるようになってきたので、先々週から最寄り駅と自宅の間にある医院に行って検査をしてもろうたりなんかしていたのです。
 はっきりと「睡眠時無呼吸症候群」やと診断され、さらに血圧も下げんならんと言われ、妻に頼んで家庭用の血圧計を買うてきてもろうたり、お医者の先生からは血圧を下げる薬を処方してもろうたり。そして今晩からは睡眠時に呼吸が止まらんようにする器具を借りて本格的に治療が始まることになりました。入院せんでも毎晩鼻に空気を送りこむ機械を自宅で装着したらええだけなのはありがたい。どれだけの効き目があるかはわからんけれど、これでちょっとでも疲れがたまらんようになってくれたらありがたい。
 帰宅して相撲を見る。栃ノ心に続いて鶴竜も休場。今場所の主役は白鵬か、あるいは貴景勝や阿武咲ら伸び盛りの若手たちか。いよいよ世代交代の時期が来たんやなあと思いつつ、早く宇良や炎鵬、照強、翔猿らが幕内で活躍してくれんかなあなどと思いながらテレビを注視しております。
 ジョーン・リンジー/井上里・訳「ピクニック・アット・ハンギングロック」(創元推理文庫)読了。映画は見てへんのやけれど、東京創元社のサイトで紹介されてるのを見てものすごく読みたくなった。1900年ごろのオーストラリアの寄宿制の女学校が舞台。ハンギングロックという巨石のあるキャンプ場へピクニックに行った少女たち4名とと引率の教師1名が行方不明になってしまう。やがて一人は若いイギリス貴族に発見されるけれど失踪時の記憶が失われている。そして、この事件を機に女学校やその関係者たちの間に様々なほころびが生じはじめ……。
 謎めいた失踪事件はきっかけに過ぎず、物語の中心はその影響で変化していく人間関係にある。特に老齢の学院長が押しつぶされていく様は胸が締めつけられるほど。あとがきに当時の編集者によってカットされた最終章も一応訳載されているんやけれど、確かにこれは不要やったね。すべての謎は崖の彼方、それでええのです。ミステリ小説やなく、どちらかというとホラー小説に近いんやけれど、ミステリ風に展開されていくから面白い。映画の方も見たくなってきた。いずれ機会を見つけてDVDを借りることにしよう。もしBSで放送されるようなことがあれば忘れずに録画しよう。すべてがはっきりしないまま運命を狂わされていく人々の姿に、人間の弱さ、強さその他もろもろが描きだされていく。怖いもの見たさにページをめくらされる、そんな感じの小説です。原著が刊行されたのは1967年。なんとこれが本邦初訳。なんで今まで訳されてこなんだのか、それもまた謎ですわ。

 1月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書全般 ブログトップ