So-net無料ブログ作成
日常生活 ブログトップ
前の10件 | -

実力テストの封筒 [日常生活]

 本日からまた通常の出勤時間に戻る。たった2日間でも30分早く起きるだけで生活のリズムが変わってしまい、週末が近いということもあってけっこうきついものがある。とはいえ入試の採点業務はよほどのことがないと休みにくい。採点業務が一通り終わるまでは気力でもたせていたけれど、その後は仕事部屋に戻りスローペースでお仕事。とはいえ奨学金の採用通知が1人分足りず、電話で問い合わせたりとここにきてまたストレスがたまるような事態発生であります。
 お仕事をそろりそろりとしていたら、仕事部屋に内線電話がかかってきた。「はい、喜多ですけれど」と言うて出ると、「あ、先生、ベネッセのテスト入れる袋どこか知らん?」と中堅の先生で、いつもは丁寧語で話してくる方なのに、えらいタメ口。しかも校内実力試験を入れる封筒のことについて聞いてくるなど、明らかに人違いをしている。いつ気づくんやろうと思いながら「僕はその封筒については全くわかりませんが」と返事をしたりする。話がかみ合わないのになかなか気付かず、「また新しいの作ってくれるかなあ」なんて依頼してくる。
「つくってもいいけれど、校内実力テストは僕の管轄とは違うと思うんですけど」と私が言うたところで、やっとおかしいと気づいたらしく「あの……A先生(仮名)じゃないの?」と聞き返してきた。「喜多ですけれど……」と言うと、「失礼しましたっ!」とあわてて切らはった。
 採点業務はしんどかったし、通常運転に戻すためり準備も忙しいし、余裕がなかったんやろうねえ。もっとはやく私やということを言うてあげられたらよかったんやけれど、こちらも元気がないもんで、うまく切り出せず悪いことをしたなあ。
 みなさんも間違い電話にはくれぐれもご注意を。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もしかして母親は…… [日常生活]

 ついに入試本番。試験監督をしていて、なんとなく見覚えのある感じの女子生徒がいてた。むろん、今日が初対面。そうや、若い頃中学校の講師をしていた時によく話をしていたモナカさん(愛称)に似ているんや。
 で、ちょっと計算してみた。モナカさんを担当したのは採用試験合格の2年前。採用されてから今年で26年になるから、28年前です。当時の彼女は13歳。足すと41になる。おお、モナカさんたちはもう41歳なんかあ。嘘みたい。まあ私はまだ28歳でしたからね。それがあと数年で還暦となるわけやから、不思議でもなんでもないんやけれど。
 で、今日入試会場にいてる生徒たちは15歳。もしモナカさんの子どもやったとしてもおかしくない年ですね。26歳で産んでいる勘定になる。願書を見ても保護者名は父親のものが書かれているので、母親の名前はわからん。
 あまりしげしげとみつめるわけにはいかんので、ちらりちらりと目をやる。マスクをしているので顔立ちははっきりとわからん。願書に貼られている証明写真を見た限りではモナカさんには似てへん。でも証明写真というやつ、本人らしくなかったりするからねえ。
 体型や顔の輪郭、髪のくせなどがそっくりなんで、モナカさんを思い出したのですね。たぶんモナカさんのお子さんやないとは思うけれど、41歳にもなれば中学生の時に住んでいたところにずっといてるわけやなかろうから、結婚して大阪北部にいてる可能性はゼロやない。
 で、試験監督中、28年前のことをあれこれと思いだしたりしていたのであります。前にも書いたけれど、試験監督というのはほんまにただただ生徒の様子を見ているだけの時間が長いので、そんなことでも考えたりしてへんともたんのですよ。
 にしても、モナカさんもガッキーもナガタくんもシブちゃんもみんな41になってるんか。どんな大人になってるんやろうなあ、私のことなんか覚えてへんわなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も前倒し [日常生活]

 明日は入試本番。準備の仕事のあいまに1・2年生の成績つけや退学していった生徒がやっと郵送してきた奨学金関係の書類の処理など事務作業を細々と。この時期になると疲れがたまっているのかいくぶん風邪気味。去年の日記にもそんなことを書いている。あ、去年は「抗生物質医者」の先生のところでインフルエンザの検査をしてもろうているのだった。今年は別のお医者で血圧の薬を処方してもろうている。
 でも、今日の血圧は昨日よりも少し高い。長年かかりつけている京都のお医者さんによると高血圧はストレス性のものかもしれんという診立て。普通の内科と心療内科では診立てがやはり変わるので、いろいろな可能性がわかってありがたい。
 というわけで、定時に退散。帰宅して録画した番組を見たり本を読んだり。
 例年同様、入試の日は30分早く出発せんとあかん。お山の学校に勤務していると、これが一番こたえますね。毎年書いていることやけれど、今日は早く寝て明日に備えるのです。今年も日記更新時間は前倒しです。明日もです。もっと職場が近くなってくれたらと、この2日間だけはほんまに強く願うのです。前任校は多少前倒しになっても苦にならんくらい近かったからなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キラキラネーム [日常生活]

 午前中は入試受付業務。私は受験者の基本台帳作成係。ふりがなをつけんと読めん名前年々増えているけれど、私の担当した時間帯にはどっひゃーというようなキラキラネームはなかった。私の教えた生徒では「愛」と書いて「きずな」、「渚」と書いて「まりん」、「星」と書いて「てぃあら」、「雪」と書いて「ましろ」と読ませる名前が印象に残っている。「愛」さんはプリントやテストにはひらがなで「きずな」と書いて提出していたなあ。その気持ち、わからんでもない。
 歴史上の有名人の名前がついているケースもままあるけれど、たいてい「龍馬」ですね。「信長」とか「秀吉」というのは目にしたことはない。声優さんに島崎信長という人はいるけれど。一番すごかったのは「空海」かな。いくらなんでも弘法大師の法名をつけるのはやり過ぎやないかと思いましたね。
 最近よく見るのは「海(かい)」とか「大地」かな。同じ学年で各クラスに必ず「かいと」と読む名前の生徒がいた年もあった。「海斗」とか「魁人」とか感じで見たらかなり印象は違うんやけれど。「翔」と書いて「と」と読ませるケースは多いね。「勇翔(ゆうと)」とかいう感じね。「翔ぶ」と書いて「とぶ」と読ませるので「翔」の読みは「と」と思うてるのかもしれんけれど、送りがなつきで「とぶ」やねんから、用法としてはおかしいと思うぞ。
 てなことを毎年入試のシーズンになると思うのでありました。私にとってキラキラネームは春の季語なのでございます。

 2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チキンラーメンを食べたい! [日常生活]

 さすがに朝はお山の学校近辺でも雪は残ってませんでした。
 試験監督やら奨学金説明会の準備やら入試の準備やらこまごまとお仕事。さすがに3連休明けはなかなかペースがつかめません。明日は出願受け付け。あれやこれやで忙しくなりそう。
 定時に退散。諸般の事情で妻は日帰り帰省。帰宅して妻が帰ってくるまで「まんぷく」を見たりして過ごす。
 「まんぷく」はいよいよインスタントラーメン開発のめどが立ってきて、昨日と今日ではめんを油で揚げる乾燥方法を考案するところまできた。で、これを見てると無性にチキンラーメンが食べたくなるのですねえ。でも自宅にチキンラーメンは常備してへんので食べられへん。で、今朝、出勤途上にコンビニでチキンラーメンのカップを買うてしまいました。もう辛抱たまらんかったのね。
 というわけで昼食は萬平さんならぬ百福さん開発のチキンラーメンをいただく。
 以前「昭和偉人伝」というBS朝日の番組で安藤百福をとりあげていた時、日清食品の社長が言うてはったけれど、チキンラーメンとカップヌードルのスープの味は創業者の意向で絶対変えたらあかんのやそうです。アンタッチャブルやねんて。つまり、萬平さんならぬ百福さんが池田の家の小屋で作りあげた時の味を今日も味わうているわけです。確かに子どもの時分からこの味と香りは変わらんよなあ。
 さすがにチキンラーメン1杯では「まんぷく」にはなりませんでした。夕刻、障碍者共同作業所のパン屋さんが出張販売に来たので、アンパンを買うて腹の虫をなだめたのでありました。

 2月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

鼻と無呼吸 [日常生活]

 朝から雨。気温は高め。そのせいか体がだるい。事務作業やら教科での打ち合わせやらなんやら。なんとか1日を乗り切って定時に退出。帰りは青空が広がっていた。朝に使用した傘を持って帰ったんやけれど、傘が荷物になるねえ。かというて職場に置き傘はあるから、なるべく持っていった傘はその日に持って帰りたい。そやないと職場に傘がたまって家にはないなんてことになるからね。
 昨晩は鼻の調子が悪く、器具から空気を送りこむと鼻の穴を刺激して鼻水がたまり、口で息をしてしもうていた。起きたら口が渇いていたからね。妻によるといびきもかいていたらしい。器具をつけて寝るようになっていびきをかくことはなくなっていたそうやから、これまではちゃんと鼻で息をして寝ていたのですね。
 今日はとりあえず鼻炎薬を食後に飲んでみて、今のところはなの調子はそんなに悪くないんで、今晩はちゃんと深く眠れるんやないかな。
「機械を使うたらすぐにようなるというものでもないんやねえ」と妻に言われたけれど、確かにその通り。特に今週は先週よりも呼吸がよう止まってたみたい。機械本体の表示では先週は1時間に0.2回くらいまで下がっていたのに、今朝は1時間に1.7回は機械が無呼吸と感知している。おそらく鼻がつまり口呼吸をした回数が多かったということなんやろうね。
 もともと我が家の家系は鼻が弱い。亡くなった叔父はいつも鼻づまりみたいな感じのしゃべり方やったしね。私は風邪をひくとまず鼻にくる。肥満だけが睡眠時無呼吸症候群の理由ではないのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

待たされてまた待たされて [日常生活]

 今日は月例の京都の医者行き。午前中は深夜アニメを見て、昼前に出発。阪急桂駅のロッテリアで昼食。子どもの団体が並んでいて注文するまでに時間がかかり、注文を受けてからハンバーガーを作るまで時間がかかり、いつもよりも20分以上遅れて医院に到着。待合室は患者でいっぱい。自分が呼ばれるまでまた時間がかかり、薬局から出てきた時には先月よりも30分以上過ぎていた。
 駅前の床屋で整髪。料金は安かったけれど、安いなりの腕しかない理容師で、まあもう二度といかんやろう。駅ビルの中のブックファーストで文庫や新書を買う。買おうかどうか迷いに迷うて時間がかかる。午後3時ごろ駅の改札に行ったらえらい人だかり。これより10分ほど前に阪急京都線で人身事故があり、運転停止。一服つけに近くのコンビニに行ったりもしたけれど、大半は改札前で読書。ひたすら運転再開を待つ。1時間半遅れで運転再開。幸い特急に乗れ、しかも座ることもできた。でもここで寝たら終点まで熟睡しそうやったので、眠気をこらえて読書。夕刻に帰宅。ここで午睡したら夜中まで爆睡しそうやったので、眠気をこらえて妻と録画した番組を見たりする。
 夜のニュースで中学生が踏切ではねられたという報道を見る。これかあ。こういう事故やったら遅れても仕方ないわなあ。そやからというてはねられた中学生を恨むわけにもいかず。
 今晩は鼻にかぶせた器具なども気にならず爆睡しそうです。ああなんか一日が長かったなあ。明日は午睡するぞう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思いもよらぬ個人指導 [日常生活]

 行きの車中で「週刊朝日」を読んでいたら、ゼロサム先生と田原総一郎さんの対談が掲載されていた。ゼロサム先生、相変わらずですねえ。人の話を聞かない、決めつける。議論より多数決。住民投票の敗北から何も学ばなんだのかしらん。両者話がかみ合わず、それはそれで面白い読み物でした。でもその場にはいたくないな。
 お山の学校に着くと、白いものがちらちらと。ああ寒い。
 今日は1年と2年の授業があり、授業が始まるまでにねじを巻きなおすのが大変でした。午後からの授業は2年生と3年生が合同の選択科目。3年が一足先に抜けたので、2年だけ数名を相手にすることになった。まるで大学のゼミみたいな感じになる。で、教室に行くと、生徒はたった1名しかいてへん。学年の職員室に行って聞いたら、その生徒以外はみんな発熱で欠席やとか。1対1の個人指導ですわ。
 生徒もやりにくかろうが、こちらもやりにくい。とりあえず予定していたプリントを渡して授業を始めるけれど、もともとグループワークなどを想定して作った教材なんで、さすがに1対1ではやりにくい。最終的には自習みたいな感じになってしもうた。こんなこともあるんやなあ。
 定時に退散。帰宅して録画しておいた「Hugっとプリキュア」の最終話などを見る。主人公の出産シーンがあるプリキュアというのは初めてですねえ。せめて子どもの父親の顔くらい出したれよ。この最終回は賛否両論あるかも。私は、夢のかなった未来の様子を見せてしまうのにはあまり賛成でけんなあ。夢のある未来、未来への可能性というものは往々にしてそううまくはいかんもんなんやから、可能性があるよ、というだけにとどめておいた方が余韻もあってよかったんやないかと思うたけれど、如何。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熟睡して起こされて [日常生活]

 鼻に空気を送り込む装置をつけはじめて1週間。寝入り端はかまわんのやけれど、明け方に近くなり私の呼吸が乱れてくるとより強く鼻に空気を送りこむもんやから、それで目が覚めてしまう。呼吸が止まったら心臓に負担がかかったりなんかして質のよい睡眠がでけんようになり、かというて鼻への刺激で再々目が覚めて浅い眠りを断続的に続けるというようではやはり質のよい睡眠にならん。たぶん明け方になるほど鼻の穴が乾燥して送りこまれた空気が鼻を刺激する、てなところなんやと推測するけれど。でも入眠からしばらくは気持ちよく眠れているわけで、装置の表示を見たらこの間にほとんど呼吸は止まってへんことがわかる。
 効き目はあるんですね、もちろん。どうもいたしかゆしというのかなかなか理想的な治療というのは難しいようやなあ。
 というわけで、午前中は例によってテレビを友とし、昼過ぎから午睡。器具はつけずに寝る。夕刻まで快眠。妻によるといびきはかいてなんだらしいから、寝る時に鼻で呼吸する癖がちゃんとついている可能性はある。とりあえず2週間は続けてみて、記録をお医者の先生に診てもろうてから、かな。
 起きて、録画した相撲を見る。なんと白鵬は休場。玉鷲と貴景勝がそれぞれ勝って、優勝決定は千秋楽に。予想外の展開になりましたなあ。もし貴景勝が連続優勝したら大関昇進やという声も上がるかもしれん。私としては3場所連続10勝以上してというところまで様子は見たいなあ。まだまだ若いし、これが勢いか実力かを見極めてから大関に昇進させた方がよいように思うのです。今場所の優勝については、苦労人玉鷲に花を持たせてやりたいという気持ちですね。優勝するチャンスなんてめったにまわってこないんやから。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今年は「息」 [日常生活]

 今日はお山の学校やなく港の学校である市岡高校で全日人権研修。むろん直行直帰。家をゆっくり出られるというのはありがたいことやなあ。明るいうちに帰宅できるのは嬉しいことやなあ。
 午前は関大の先生の講演。午後はスクールソーシャルワーカーの方(実は何年か前にはお山の学校を担当してはったこともある)によるワークショップ。特に午後のは実践してはることをわれわれに体験させるというもので、非常に役に立った。
 グループワークで自己紹介をするのに、漢字一字で今年の目標をあらわしてみせるというのがあり、私は少し考えた結果、「息」という漢字にしました。夜、寝ている時に息が止まらないのようになるのが今年の目標ですからね。
 帰宅後、録画した相撲を見る。貴景勝が白鵬を撃破。なんと白鵬は下位に3連敗。なんとか今までみたいにあしらおうとしているのに、思うようにいかんみたいですね。先場所休場して手術をした影響はあるんやろうなあ。こんなん白鵬と違うわと思う。明日にも玉鷲の優勝が決まるかもしれんというびっくりの展開になってますね。
 江戸川乱歩・編「世界推理短編傑作集3」(創元推理文庫)読了。収録作の中では、クリスティの「夜鶯荘」、レドマンの「完全犯罪」、バークリーの「偶然の審判」が私の好み。特にクリスティはちょっとサキを思わせるようなサスペンス風味が効いていて楽しめた。短編の場合、ちょっと皮肉のきいた毒のある話が私の好みらしい。古典となったいろいろなパターンの海外ミステリ短編を楽しめる、ミステリ入門者にもマニアにも対応できる名アンソロジーですね。乱歩先生がいかにすぐれたアンソロジストであるかほんまにようわかります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 日常生活 ブログトップ