So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

空気を変えた男 [プロ野球]

 今日は年休……ではなく、カレンダー通りの週休であります。相変わらずテレビを見たり、午睡したり。
 午後はプロ野球中継。地上波ではなく、BS日テレで見る。地上波は放送延長がないのです。実況は同じ日テレでも地上波とBSでは別。地上波の解説は桑田さんと赤星さん。BSの解説は篠塚さん。音声だけでも地上波に切り替えれんもんやろうか。篠塚さんはあまり表現力が豊かやないんで、あれだけ卓越した打撃技術を持っていた人とは思われんほど平凡な解説。桑田さんも赤星さんも徹底した理論派で細かすぎるくらい。もうええからというくらいくわしく、わかりやすい。天才肌と努力家の違い、なのかな。
 BS日テレになると、地上波とは違いジャイアンツ一辺倒の実況にはならんのです。試合前半はタイガースがリードしていたせいかまるでサンテレビかというくらいタイガースの選手を主語に置いた実況をしていた。もしかして、アナウンサーは日テレの隠れタイガースファン? あえて名は秘す。
 タイガースが負けたんわけですが、あ、負けたなと思うたのは、ジャイアンツの上原投手が登板した時。明らかに球場の空気が変わったなというのが、テレビを通してでもはっきりわかった。マウンドに上がって投球練習をしている段階で、もう球場全体が上原の後押しをしているし、タイガースの打者はみんなそれまで手を出してもいなかった球に手を出して引っかかっているし。大山、糸原、高山といった若手にはあの空気はかなりきつかったのでは。あの回の先頭が福留さんやったらまたわからなんだけれどね。
 ジャイアンツは毎試合上原投手に投げさせたら全部勝つんと違いますか。その前に肩を壊してしまいますな。年齢的にも142連騰はきついか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

打ち取った? [プロ野球]

 オープン戦首位のジャイアンツが1点しか取れず、最下位のタイガースが先発野手全員安打の13安打5点で沢村賞投手菅野を打ち崩す。日本テレビの田辺研一郎アナウンサーはよほどのジャイアンツファンと見えて、日テレ通常比1.5倍くらいのひいき放送。
 2回表、2死満塁でタイガース高山選手の打ったセカンドゴロは人工芝特有の高いバウンド。たとえカープの菊池内野手やったとしてもアウトにとれるかセーフになるか微妙な当たりやったのに、ジャイアンツの二塁は2年目で初開幕スタメンの吉川尚内野手。これは微妙な判定になるかなと息を呑んだその瞬間、田辺アナウンサーは自信満々に「打ち取った!」と絶叫。高山選手はヘッドスライディングできっちりセーフ。
 そのあと3回表に大山選手の2点本塁打で4点差をつけると、田辺アナウンサーの意気消沈ぶりたるやなかった。3回裏のジャイアンツの攻撃の時には前の回までのどの打者も必ずヒットを打つかのような実況が鳴りをひそめ、なんかもう淡々と状況を説明。試合終盤にジャイアンツ坂本選手のセカンドゴロを「センターに抜けるか?」とやったけれど、鳥谷選手のほとんど正面。トンネルでも期待していたのかしらん。
 いやあ、ABCはトラ番ですの朝日放送の中邨アナウンサーでもここまで極端なことはありませんぞ。あ、サンテレビの各アナウンサーは実況に関してはNHK並みに正確にきっちりとやってますからね。
 というわけで、田辺アナウンサーよりも時々表に出てくる副音声の亀梨くんのほうがよほど公平にプロ野球情報を伝えてくれていたのでした。
 池波正太郎「梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安 七」(講談社文庫)読了。作者死去のため絶筆となった最後の長編は、前巻に続き仕掛人同士が狙い合う殺伐とした展開。おそらくこの展開ならば以降のシリーズも不毛な殺し合いが続いていたんやないか。「生きていてはためにならない人」を金をもらい殺しを請け負うというコンセプトなしでの「江戸の暗黒街」の抗争というようなシリーズになっていたなんて、想像もしてなんだ。テレビの「必殺」シリーズのようなパターンにならんようにしようとしてたらこうなってもうたんかな。なんか残念であります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

外れる予想と外れない予想 [プロ野球]

 愛すれどTigers「2018年度、『執念』で優勝狙う」を更新しました。

 家の近くの公園の白木蓮は開き切ってしぼみ始めているけれど、お山の学校の近くの白木蓮は今が盛り。かなり暖かい一日やったけれど、それだけ気温差があるんやなあ。
 来年度に向けて準備を少しずつせんならんところなんやけれど、今年度の締めがまだできていないところもあり、いろいろと忙しい。とりあえず今年度は明日出勤したら明後日から年休消化の予定なんで、明日にはある程度けりをつけねばならん。まあ焦らず自分のペースでいくしかないんですけどね。
 関西のスポーツ紙でのセ・リーグ順位予想は、たいていカープかタイガース。これが関東になるとカープかジャイアンツというところになるのかな。
 私は野球解説者やないので順位予想なんてする気もないんやけれど、希望を込めて優勝はタイガース。優勝争いはカープ、ベイスターズの昨シーズンのAクラスチームにスワローズがからむと見ている。ジャイアンツはマイコラスの抜けた穴をFAの野上が埋められるかどうか。リリーフで上原が復帰したのが大きな戦力という向きもあるけれど、米大リーグ復帰組は復帰1年目は日本の野球に戻すのが難しいようで、あまり過大に評価してはいけないと思う。ドラゴンズは新外国人次第かな。
 パ・リーグはやっぱりホークスかなあ。ただ、今季はバファローズがけっこうええとこまでいくんやないかと思う。イーグルスも若手がのびてきているんで怪我人さえ出なんだら優勝争いに加わってくるやろう。私の希望的予想としてはタイガースからライオンズに移籍した榎田が大活躍して優勝、なんてところです。
 勝負事は予想してもその通りにいかんから面白い。元国税庁長官の証人喚問みたいに予想通り証言拒否の連発なんて具合にはいかんもんね。何のために証人喚問したのやら。あほらしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

星野仙一追悼試合中継 [プロ野球]

 大相撲小言場所「平成三十年春場所展望~高安に初優勝のチャンスか~」 を更新しました。

 今日は月例の京都の医者行き。午前中はテレビを友とし、昼前に出る。阪急の快速特急「京とれいん」で桂へ。診療後、桂駅東口のブックファーストで文庫新刊などを購入。帰路の車中で読書。帰宅してすぐに午睡。
 夕刻に起きてきて読書の続き。夕食前に、録画しておいたプロ野球オープン戦「タイガース対ドラゴンズ」を見る。星野仙一追悼試合のため、タイガースの選手・監督はみな背番号と胸番号を77に。ドラゴンズは先日行われた追悼試合で使用した背番号20、胸番号77のユニフォームで出場。両チームが特別ユニフォームを着たことで追悼試合らしさが際立ったね。
 タイガースのユニフォームには背番号の上にそれぞれの選手たちのネームが「KAENMOTO」というように入っていたから、テレビで背中が映った時に誰だか区別がついたけれど、ドラゴンズのユニフォームはネームなし。新人や若手選手が出てくると誰が誰かわからんぞ。あ、新外国人のアルモンテ選手は1年以上のばしているというあごひげのおかげで一発で覚えたな。
 甲子園はオープン戦とはいえ大観衆。新外国人のロサリオ選手も本来の甲子園の応援スタイルを肌で感じることができて、それがよかったのと違うかな。
 こういう試合を所属した各球団でしてもらえる星野さんはほんまに幸せ者。テレビ解説の田淵幸一さんは本来TBSの専属解説者やから系列やないABCの中継の放送席に座るのは珍しい。これも追悼試合ということで実現したことやね。田淵さん、福本さんのツーショットという貴重な映像も見られた。
 夕食後、読書。適菜収「問題は右でも左でもなく下である」(KKベストセラーズ)を読了。安倍政権、トランプ政権、小池旋風などを大阪の橋下維新と結びつけて論じる数少ない論者というだけで私は好感を持っている。本書では「保守主義」を自認する著者が自称右翼やコンサバ左翼をぶった切り、現代日本の抱える問題の本質をずばりと指摘していて痛快。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タイガースファンの俳優 [プロ野球]

 天気予報で雨やったので、傘を持って出る。いつもは折りたたみですますんやけれど、今日は大きめの傘。気象予報士の言うことは聞いてみるものですねえ。お山の学校の最寄りバス停に降りたらかなりしっかりした雨が降っていた。昼ごろはあがりかけていたんやけれど、夕刻になり窓の外はびゅうびゅうと風の音が鳴っている。定時に退出。まるで台風の時みたいな強風で、傘の骨はしなり、曲がり、油断したら風にとばされそうになる。
 バスに乗り、乗り継ぎの阪急の駅に着くと、あら不思議。風は吹いてはいるけれど、傘を取られるような強風ではない。お山の学校はやはりお山の中にあるんやなあと実感。
 帰宅したらもうばてばて。それでも録画した番組を少しばかり見る。土曜の朝にテレビ大阪でやっていた毎年恒例の「石田純一のタイガースキャンプSP」では俳優の石田純一さんが金本監督や藤浪投手にインタビュー。サービス精神旺盛で、キャンプを見に来たタイガースファンといっしょに記念撮影をしたりしている。芸能人も大変ですね。ほんまにタイガースが好きなんやなあ。開幕時の一軍メンバーの予想をして金本監督に見せると、「いいとこ突いてますね」と監督。もっとも、私が予想してもそんな感じかなというものではありましたが。
 タイガースファンとして有名な俳優といえば西田敏行さん、渡辺謙さん、佐藤隆太さん、宮崎美子さんあたりが知られているけれど、実は石坂浩二さんとかあまり公言してはらへん大物がいたりする。テレビ的に使いやすいのは石田純一さん、佐藤隆太さんといったところらしく、佐藤さんはABC「虎バン」でレギュラー出演をしている。
 かつて新井貴浩選手がタイガースにいた時分、岩下志麻さんが新井ファンでタイガースを応援してはったけれど、新井さんがカープに戻ったあとはどうなったんやろう。新井さんにくっついてカープファンになっているのでしょうか。大物はそこらあたりあまり大っぴらにしないんで、ようわからんけれど、どなたかご存知でしたらご教示ください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

選手名鑑はコーチから [プロ野球]

 貴乃花親方がここにきてテレビでしゃべったり週刊誌のロングインタビューに応じたりしているけれど、理事選挙が終わるまではいらんことはしゃべらんと決めていたんやろうかね。とにかくこの先2年間は協会の要職からは離れることになるんやから、その間に貴景勝、貴源治、貴公俊の3人を横綱大関に育て上げることですわ。師匠として弟子をそこまで出世させたら、協会内での発言力が強まるものなのです。むろん貴乃花親方はそれくらい承知のうえでのここまでの行動やったんやと思うけれどね。有望な弟子がいてるから、あえて理事選挙で落選する道を選んだ、というのはうがち過ぎかな。
 今日は「週刊ベースボール」の「選手名鑑号」の発売日。どこよりも一番早い選手名鑑なんやけれど、そのため顔写真の一部は昨年のものを使用している。プレス用の顔写真は、一軍と二軍のキャンプを別々にやってるチームはオープン戦が始まってから撮影したりしているからね。
 新しい写真を使用した名鑑は後日買うとして、とりあえず現時点での新メンバーを確かめることができるのがありがたい。私は特にコーチ陣の顔ぶれをみるのが楽しみ。昨年までタイガースでコーチをしていた久保さんがホークスに移っていたり、長年スカウトをしていた人が久々にコーチとしてユニフォームを着ていたり、現役引退後すぐにコーチに就任していたり。
 現役時代には縁のなかったチームのコーチについている人は、選手育成の手腕を買われているんやろうね。今季、ホークスからイーグルスに移籍した佐藤投手コーチなんか引っ張りだこですもんね。
 というわけで、往復の車中で細かな文字を舐めるように読んで楽しんでいたのでした。
 うーん、読みかけの小説が読まれへんよ。今はハヤカワ文庫から出ている日本SF作家選集の「筒井康隆」(日下三蔵・編)を読んでいる。何しろ分厚いもんやから、なかなか読了でけんのですよ。まあ、短編集やから読むのを中断してても何ら問題はないんやけど。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

星野仙一追悼号 [プロ野球]

 訃報から1ヶ月近く。星野仙一さんの追悼誌が早くも3種出ている。
 一番早かったのは日刊スポーツ。タブロイド版の新聞スタイル。内容は、現役時代や3チームで優勝した時の記事の再録が中心。新聞スタイルを生かして、3種類の表紙を用意。中部地方ではドラゴンズ投手時代の写真を、関西地方ではタイガース監督時代のユニフォーム姿を背中から撮ったもの、東北地方ではイーグルス監督時代のユニフォーム姿をやはり背中から撮ったものと販売する地方別に変えているところ。とじこみにポスターをつけているんやけれど、関西版ではタイガース監督の時の胴上げを全面に。裏面には反面ずつドラゴンズ監督時の胴上げ写真とイーグルス監督時の胴上げ写真がついている。私は当然関西版を買うているわけやけれど、中部版ではドラゴンズ胴上げが全面になっているんやろうし、東北版ではイーグルス胴上げが全面になっているんやろう。けっこう凝ったことをしたものですね。
 続いてはベースボールマガジン社。こちらの表紙はドラゴンズ監督時代のアップ。内容もドラゴンズでの現役時代と監督時代にページを多く割いている。これは当然で、星野さんは本来ドラゴンズの人やったからね。特徴としては学生時代にもけっこうページを割いていることと、週刊ベースボールでの数多い対談からの抜粋で星野さんの生の言葉をより多く伝えていることかな。
 昨日出たのがサンケイスポーツ。こちらは時々の担当記者がそれぞれの時代の思い出を新たに書き下ろしていることが特徴か。自社と契約している解説者の追悼文を多く掲載している。出版の早さでは日刊スポーツに負けたけれど、ちゃんとしたムックとして時間をかけて編集することで違いを出したという感じ。
 私は3種とも買いました。タイガースを優勝に導いた監督やからね。監督退任後もタイガースの人として活動してはったし。
 それにしてもこんなに追悼号が出るというのは異例ではあるよね。売れるから出す、ということなんやろうけれど、星野仙一という人物の存在感は格別やったということか。
 おそらく長嶋茂雄さんが亡くならはったら、これに倍する追悼号が出ることやろう。でも、たぶん私は1冊も買わんやろうな。長嶋さんはあくまで「敵」なのです、私にとっては。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロサンゼルス・エンゼルス [プロ野球]

 私は阪神タイガースのファンでありますが、米国メジャーリーグのことについてはそれほど知識があるわけやない。
 このたびファイターズの二刀流大谷翔平選手の入団が決まったエンゼルスなんですけれど、新聞を読んでいたら「ロサンゼルス・エンゼルス」と書かれていた。私の子どものころは確か「カリフォルニア・エンゼルス」でありました。で、そうすりこまれていたから、ブルーウェーブの長谷川滋利投手が移籍した時に「アナハイム・エンゼルス」になっていて驚いた記憶がある。この時は確かウォルト・ディズニープロダクションズがオーナーで、ディズニー本社がアナハイムにあるのでその都市名を冠したということやった。
 で、今回はロサンゼルスですか。ディズニーが手放したので、本拠地のある都市名を冠したのかな。
 わからん時はとりあえずウィキペディア。ほほう、最初は「ロサンゼルス・エンゼルス」で、ドジャースタジアムに間借りしてたのね。で、本拠地球場ができてアナハイムに移転した時に州名を冠して「カリフォルニア」になり、ディズニーが経営に参画して地域密着型のチームにするため「アナハイム」に。ディズニーのあとのオーナーが広範囲にファンを集めたいと考えて「ロサンゼルス」に戻した、と。ただし、アナハイム市民の抗議もあって、正式名称は「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」なんやそうです。ややこしいなあ。
 日本のプロ野球ではオーナー企業が変わると、広告塔という意味もあるためチーム名がその企業のものになる(例・南海ホークス→福岡ダイエーホークス→福岡ソフトバンクホークス)。これに対して企業名を外して本拠地の都市名だけにしたらよいという意見もある。横浜ベイスターズはオーナー企業がマルハからTBSにかわっても都市名を冠していたのでチーム名はそのままやった。米国流で、ファンには好評やったと聞く。ただし、TBSからDeNAにオーナー企業がかわった時に、横浜DeNAベイスターズにかわってしもうたので、純粋に都市名のみを冠したチームはなくなってしもうたわけですね(カープの正式名称は広島東洋カープで、ちゃんと企業名が入っています)。
 でも、米国でもオーナー企業が変わると本拠地を動いてなくてもチーム名は変わるんやねえ。いやあ、大谷君のおかげでひとつ勉強になった。でも、実社会では何の役にも立たん知識ではあるけれどなあ。

 12月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

人的補償の妙味 [プロ野球]

 プロ野球のフリーエージェントと言うのは面白いねえ。米国はほんまに好きなチームに行けてとる側もとられる側も実にビジネスライクなんやけれど、これが日本になると情がからんだりしてそれがドラマになる。「人的補償」なんてそれの最たるもので、期待の若手であっても、一軍の主力やなかったらプロテクト枠から外れてしもうたりする。レギュラーが固定されているチームの若手なんか、その人的補償で移籍した先で開花する場合もある。
 かつてタイガースが新井貴浩内野手を獲得した時は、赤松真人外野手をカープに譲るはめになってしまい、赤松選手はカープにはなくてはならん選手になった。タイガースの場合、レギュラーをとりかけている若手よりも余剰戦力になっているベテランをとるケースが目立つ。平野内野手の時の高宮投手やとか、久保投手の時の鶴岡捕手やとか。
 なんでそんな選択をしたのとその時は思うんやけれど、FAでとった選手よりも意外に戦力になったりするのが面白い。高宮投手はジャイアンツの阿部キラーとしてならしたし、鶴岡捕手は藤浪専任捕手みたいになって、若きエースの力を引き出すリードをした。
 さて、今回は大和内野手の人的補償でベイスターズから若手投手をとるらしい。ラミレス監督が歯ぎしりして悔しがるような有望選手を引っこ抜いていただきたいものです。で、ふたを開けたらゴメス後藤選手やったりしてね。それはないか。
 あとは補強としては韓国のイーグルスで活躍するロザリオという選手をかなりの好条件で獲得しようとしているらしいけれど、日本の野球に合うかどうか。それよりもジャイアンツで余剰戦力になってしもうたギャレット・ジョーンズ選手あたりを狙うのも面白いと思う。いやいや、外国人選手をとったつもりで、ジャイアンツを首になった村田内野手をとってもええんと違うかな。どんなに安い年俸でも入団するやろうし、実績からいうても外れの可能性のある新外国人よりも活躍が期待できる。
 新井貴浩選手がカープで復活した例もあることやし、村田選手はお買い得やないかと思うんですけれどねえ。
 ああ、相撲のごたごたと違うて、野球のストーブリーグはなんかわくわくできて楽しいなあ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

通好みの新人王 [プロ野球]

 土曜日よく寝て、日曜日には街に出て、おつむはリフレッシュできたみたい。金曜日に行き詰っていた教材作成がようやくできた。ほんまに金曜日は頭が働いてなんだんやなあ。
 そのかわり、日曜日の帰路に特急電車の中で立ちづめやったんで、体の方は疲れていたのか、朝からずっと眠かった。
 職場は2年生が修学旅行で不在。教員も当然ついていっているんで、放課後はなんとなくがらんとしている。気温が低かったせいもあるけれど、寒々としてましたなあ。
 帰宅して、妻から給湯器買い替えの件のレクチャーを受ける。業者から聞いた話を伝えてくれる。選択肢がいくつかあり、答えを出さねばならん。向こうも商売ですからね、ちょっとでも高めのものを買うてもらおうとするのです。しまいには電気も大阪ガスで、と売り込みをかけてきたそうな。今日は疲れているので結論は明日以降かな。
 そんなこんなで録画した相撲を見るのが遅くなりました。稀勢の里が5敗目。体が思うように動いてへん感じ。それでも休場はせんのやろうな。15日間出て負け越しという可能性も出てきた。勝負の世界は厳しいなあ。
 プロ野球ではMVPと新人王が決定した。MVPはホークスのサファテ投手とカープの丸外野手。ここらあたりは順当かな。新人王はライオンズの源田内野手とドラゴンズの京田内野手。なんと両リーグともショートという、これは珍しいケースやないかな。たいていどちちらかが投手やったりする。どちらも打撃以上に守備力と脚力が評価されたんやろう。なかなか渋い選出になったなあ。我らがタイガースからはベストナインはなし。2位のチームでこれは珍しいんやなかろうか。それだけポジションが固定されてなんだということやろうね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感