So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
テレビアニメ ブログトップ
前の10件 | -

SF考証の無駄遣い [テレビアニメ]

 今日はハッピーマンデーの敬老の日。朝食時に昨夜録画した深夜アニメを見る。「ISLAND」が最終回。せっかく堺三保さんにSF考証をさせているのに、最初にばらまいた謎は一切解き明かされることのないままに愛する者同士が結ばれてめでたしめでたしとはなんたることか。きっと堺さんも苦労したことでしょう。これでは堺さんの無駄遣いやないか。というか、SF考証をある程度ちゃんとしているせいで、全部見んでもええ話を最後まで見ることになったということか。ほんま無駄遣い。
 朝食後、とにかく眠く、寝る。昼食をとるために起きてきて、食後に午睡。夕刻起きてきて、録画した相撲中継を見る。平幕では竜電が勝ち越し。御嶽海は白鵬に敗れて場所後の大関昇進は難しくなってきた。鶴竜と白鵬が土つかずで引っ張る。高安と豪栄道、竜電が1敗で追う展開。稀勢の里は栃ノ心を破って勝ち越しまであと1勝。引退の危機はこれで回避されたかな。
 相撲を見終えてプロ野球中継の録画を見ようとしたら、もう4回表。試合開始時間から1時間たっての中継開始やったんですね。確認しとくべきやった。パソコンを立ち上げて、ニコニコ動画のタイムシフト視聴で最初の1時間分を見る。それからビデオに切り替える。試合は接戦の末サヨナラ負け。
 というわけでテレビを見ている以外はひたすら寝て疲労回復に努めた一日でありました。2日連続出かけたのもあって、ほんまよう寝た。でも疲れは取り切れてへんなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

怪盗銭形 [テレビアニメ]

 朝食時に昨夜録画したアニメ「ルパン三世パート5」を見る。サブタイトルは「怪盗銭形」。ルパンが狙ったお宝を先回りしてルパン同様の手口で盗むライバルが登場。実は記憶を失うて泥棒の一味に助けられた銭形警部やった、というお話。ルパンのジャケットは赤。つまり「ルパン三世パート2(赤ルパン)」にありそうなエピソード、なんですね。ただし、「赤ルパン」の話としても非常に丁寧に作ってあるので昔の赤ルパンのようにいらっときたりはしないのです。
 なんというても、ここまでのエピソードでルパンを出し抜こうと何人もの敵が登場してきたけれど、ことごとく最後はルパンがなんとか切り抜けるのに対し、「怪盗銭形」はルパンには負けんのですね。なぜなら、記憶を失うていてもこと盗みの手口については骨の髄までルパンを研究し尽くしているから、泥棒をやらせたらルパン並みの腕を発揮できるというわけです。
 ここが赤ルパンの銭形との大きな違い。道化役にまわることが多かった赤ルパンの銭形を見ていると、とても敏腕刑事とは思えんのですが、今回の「怪盗銭形」では銭形警部はほんまは敏腕なんやということを暗に示している。スタッフの「ルパン愛」を今回のシリーズでは特に感じるんやけれど、むろんそれはレギュラーメンバー全員に対する愛情でもあるわけです。それを前面に押し出したのが昨日放送された「怪盗銭形」なんやと思うのです。
 「パート5」はおそらく2クールの予定やろうと思うので、あと1ヶ月で終わるんやろうけれど、こんなに「ルパン三世」のおもしろさを追求したシリーズをやられたら、次に「パート6」を作るスタッフは大変やろうなあと思うた次第。
 本日もお山の学校の仕事部屋は蒸し蒸しと暑く、1リットル入り紙パックの麦茶を飲み切ってしまい、学生食堂前の自販機で追加で十六茶を購入せんならんかった。そやないと、帰路の最寄り駅から自宅までの途上で脱水症状を起こしてしまいかねんもんねえ。
 夜はプロ野球中継を見る。甲子園に帰るとタイガースは勝てんなあ。今季は甲子園の魔物にとり憑かれているのかなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

狂気に対する誤解 [テレビアニメ]

 金曜深夜はなんや知らん深夜アニメが多い。「ちおちゃんの通学路」とか「ぐらんぶる」みたいなギャグアニメは楽しく見られるんやけれど、「殺戮の天使」やとか「ハッピーシュガーライフ」みたいなホラーや狂気というもの対して根本的な誤解があるようなものは見ていてしんどくなる。目をむいて力みかえったしゃべり方や哄笑をすれば「狂気」、血を流せば「スプラッタ」、なにかに偏執しながらよだれを垂らして笑えば「サイコホラー」と思うているんと違うやろうなあ。
 というわけで、昼食後も録画したアニメをひととおり見たらくたびれたので昼前に午睡。
 午後は妻が出かけたので私も近くの本屋まで行ったりなんかする。一時ほどの酷暑ではないけれど、ちょっと歩くと汗だくになる猛暑であることには違いない。
 帰宅してへばっていたら、妻が帰宅。夕刻から例によってナイター中継を見る。そろそろ乗り換えるスマホの会社選びもしていかんならんなあ。乗り換えてから設定とかもせんなんから、余裕のある日がええんやけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ひそねとまそたん [テレビアニメ]

 朝、アニメ 「ひそねとまそたん」 最終話を見てから出勤。翼竜が戦闘機になるというユニークな発想、そしてその操縦をする「Dパイ」と呼ばれる若い女性たちはなんと翼竜に呑みこまれ、翼竜と心が合った時だけ胎内がコクピットになる! 「Dパイ」たちは誰もがなにか欠落している。欠落していないと「Dパイ」にはなれない。そして「Dパイ」たちの真の目的は……。と、この半年おおいに楽しませてもらいました。キャラクターたちの人物造形がいい。少しずつ見せながらクライマックスにもっていく演出もうまい。こういうアニメがあるから、深夜アニメチェックはやめられんのですね。今クールの一番のヒットやなかったか。
 お仕事は淡々と、できることから少しずつ進め、テスト作成など予定していたことが一つ片付いた。それでも一日体がだるく眠く例によって一気に仕事を進められんのは自分でも歯がゆいね。
 定時に帰宅してナイター中継を見る。楽勝かと思うてたら頼みの秋山が不調で乱戦になり、スワローズに打ち負けてしもうた。せっかくカープが負けたんになあ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

4人のはずが5人 [テレビアニメ]

 例によって午前中はテレビ漬け。昼食後は午睡。台風の影響で、ベランダは北からの強風が吹き、肌寒い。今日の午睡は夢見が悪く、熟睡とはいかなんだ。夕刻起きてきて、プロ野球中継を追っかけ再生で見る。今日はBS朝日で完全中継があったんで、安心して午睡できた。来週の土日は外出の予定があるんで、今週はよう寝とかんと。
 そやけど1週間先の分まで寝だめはでけんのでした。
 先週、「HUGっと! プリキュア」は4人目のプリキュアが誰かわからんようになっていて面白いと書いたけれど、どうやら候補のうち2人が来週プリキュアとなって登場するらしい。予告編ではそうなってる。きっとなんか奇跡が起きて5人目のプリキュアも可能になるということなんでしょう。ずるいなあ。おもろないなあなどとおっさんが書くのは、ちょいと恥ずかしいですね。よい子たちが喜んでくれるなら、それくらいずるしてもかまわんということなんでしょうね。
 戦隊シリーズは11人編成の先シーズン、2つの戦隊が競う今シーズンと新機軸を次々と打ち出してきた。放送の時間帯変更で、なんとか視聴率を維持したいとスタッフが悪戦苦闘しているということでしょう。時間帯変更にならなんだプリキュアはまだドラスティックに変更する必要はないということかなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

4人目のプリキュアは? [テレビアニメ]

 今回の「HUGっと! プリキュア」はちょっと先が読めん部分があって面白い。4人目のプリキュアがいつかは現れるということが開始当初に語られているんやけれど、その4人目の候補が誰かがわからんようにしている。これまでやったら赤ちゃんが出てきてたら一気に成長してプリキュアになるというのはあった。また、敵やったキャラクターが味方になってプリキュアになるというのも何度かあった。またまた、年下の女の子でプリキュアの秘密を知っているキャラクターがプリキュアになるというのもあった。
 で、今回のプリキュアやけれど、その3パターンに当てはまる登場人物がすべて出てきているのですね。つまりこの3人の中から誰かが4人目のプリキュアになるんやろうけれど、それが誰になるのか、現時点ではまだわからんようにしている。さすが15年もシリーズを続けていると、これまでのパターンを踏まえてひとひねりするという芸当も可能なんですな。「魔法つかいサリー」以来の伝統もある。今後が楽しみです。
 というわけで、朝からアニメを見、午睡し、昼過ぎに起きてきてプロ野球中継を見て……という昨日と同じパターンで一日を過ごす。
 夜は久しぶりにドラマ「西郷どん」を見た。かなりたまってきたので、ぼちぼち見ていかんとなあ。まだ島津斉彬が生きてますねんもん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ウマ娘 [テレビアニメ]

 愛すれどTigers「甲子園でGに3タテ返しで2位に浮上」を更新しました。

 朝食を取りながら録画したアニメ「ウマ娘 プリティダービー」などを見る。スマホゲームのアニメ化で、人気競走馬を擬人化して女の子にしたもの。スマホゲームのキャラクターを使っているだけやったら途中で見るのをやめていたんやろうけれど、アニメ制作のP.A.WORKSがきっちりと作りこんでいるので、なんかもう楽しかったりする。なんで尻尾と耳が馬の女の子がいてるのかとか、わざわざ靴の裏に蹄鉄を打つねんとか、そういう設定上の疑問点の説明は一切なし。ウマ娘とはそういうもんやと、そこは理屈抜きで話を進めている。設定が奇抜なだけで、内容は女の子たちががんばって成長していくスポーツものなんですよねえ。こんなにきっちりと作られたら、やめられんやないの、と実は毎週楽しみにしたりしている。
 今日は朝から奨学金関係の質問攻め。保護者の電話に生徒の訪問。放課後には保護者がやってきた。人数が多いので、一人ずつていねいにでけんのが申し訳ないけれど、もう少し早目に来てくれよ、締め切りぎりぎりに押しかけてくるから説明をはしょらんならんのやないの、とぼやきたくもなる。
 その間に、来月の人権講演会の打ち合わせの日を決めるホール担当者との電話もあり、社会科教員を集めて決めごとをしたりとか。明日の教材作成はどうなるんやろう。
 しほりカスになって帰宅。それでも月曜日はプロ野球中継がないんで、妻といっしょに「カウボーイ・ビバップ」など何本かアニメを見て過ごしたりするのでした。うーむ、そろそろ生活パターンの見直しが必要やなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

帰順と降伏 [テレビアニメ]

 朝食をとりながら深夜に録画したアニメ「グランクレスト戦記」を見ていたら、冒頭で引っかかってしもうた。領主が城を取り囲まれ、同盟国の総大将である国のお姫様に携帯電話みたいな道具(たぶん魔法を使うた道具というものなんやろう。今までそんな道具出てたっけ)で援軍を要請したが断られる。そこで領主の使者が敵陣に行き「連合への帰順を求めております」と攻め手の大将に言う。そしたら大将、「帰順は認めない。領地と成員をさしだし降伏するならば、命は助けよう」と使者を追い払うのですね。で、帰順を申し出た領主が逆切れして先頭に入る、という話。
 帰順は認めず、降伏せいという言葉の使い方がひっかかったのです。帰順してきた領主の命を取るつもりやったのか、この大将。だいたい帰順と降伏はどう違う。要は降参してるわけでしょう。攻城戦で血の一滴も流さずにすむならそれにこしたことはない。攻城戦は籠城している方が有利なんやから、帰順を申し出てきた使者をはねつけるとは面妖な。
 というわけで、辞書で意味を調べてみた。
「帰順=(敵対していた者が)服従すること」
「降伏=(戦争などで)自分が負けたことを認め、相手の命令・要求にしたがうこと」
 以上、新明解国語辞典第五版より引用。
 ああ、違いがわからん。そこで別の辞書でひいてみた。
「帰順=(そむいていたものが)心を改めてつきしたがうこと」
「降伏=(ある国がほかの国に)降参してしたがうこと」
 以上、三省堂国語辞典第七版より引用。
 ああ、帰順と降伏はどう違うんや。帰順を願い出た領主が逆切れするのはわからんでもない。「あなたにしたがいます」と言うてるのに、「したがうのは認めない。したがって領地と成員をさしだせ」と返事してきたんやもんなあ。混乱しまっせ。そやから籠城すればええもんを打って出てやられるのであります。
 いやまあ「グランクレスト戦記」というのは一事が万事こんな調子でいつも頭を抱えて見ているんやけれど、最近は頭を抱えるのが楽しくなってきたのです。ツッコむ楽しさというのか。それでも帰順と降伏にどう区別をつければええのか。水野良の小説ではここのセリフはどうなってるのかな。読まれた方、ご教示いただければ幸いです。
 本日は試験週間の最終日。明日からの授業の準備やら会議やらをして帰宅。
 録画した相撲を見る。栃ノ心と白鵬ががっぷり四つの大相撲。そして栃ノ心が勝つ。全勝が見えてきた。もし鶴竜に負けたとしても来場所の大関昇進は間違いないね。いやー、見ててこっちも力が入って疲れましたわ。
 そのあと追っかけ再生でタイガース対スワローズ戦を見る。こちらはこちらで8回表まで両チーム無得点というきつい試合。なんとかタイガースは勝ったけれど、これも見てて疲れたなあ。朝からいろんな意味で疲れる一日でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

キズナアイの声優は? [テレビアニメ]

 今日はお山の学校は3学年そろって校外学習。生徒の騒ぐ声もなく、教員もほとんど出払っている中、仕事部屋で黙々と教材作成。午後からは弁天町まで出張。市岡高校で人権教育の研修会。終了後、直帰。書棚部屋の整理は明日にまわすことにする。
 例によって夜はナイター中継を見る。タイガースは大敗。勢いがついた時のカープ打線は手がつけられんなあ。あまりの大敗に解説の福本豊さんはほとんどしゃべらず。
 試合が早く終わったので、録画しておいた「キズナアイのBEATスクランブル」を見る。自称ヴァーチャルYouTuberのキズナアイが「昆虫物語 みなしごハッチ」を見ながらツッコミを入れている。これがなんとなくあほらしくておもろい。声優さんは非公開。時々関西弁が混じるけれど、イントネーションなど正確なんで、関西出身の方なのでは。声質などから見当をつけてみるけれど、確証のないことは書かん方がよかろう。私が書いたことが拡散するとは思わけんけれど、デマを発信したことにされてしまうのは嫌やからね。
 というわけで、なんやかんやで疲れております。この日記を書くのにクナッパーツブッシュ指揮ウィーンフィルの小品集を聴き始めたんやけれど、あまりにおもろい超名演なんで、BGMがわりにはなりません。これは職場の仕事部屋にもっていってかけるのは危険やなあ。つい仕事の手を止めて聴きいってしまうに違いない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カウボーイ・ビバップ [テレビアニメ]

 愛すれどTigers「メッセ、生涯虎宣言」を更新しました。

 今年は月曜日と火曜日が時間割が満杯で事務作業などがほとんどできない。昨日は休養をたっぷり取って臨んだんやけれど、やっぱりきついね。授業が多いのもきついけれど、教材作成や奨学金事務の仕事が進まんのがもどかしい。
 今週もしぼんで帰宅。こういう日はあまり深刻なアニメを見たりしない方がよろしい。夕食前には「プリキュア」を見る。妻が久しぶりに見て、「やっぱり魔法少女の王道はすごい」と感心していた。子どものころに「魔法使いサリー」をはじめとする東映動画の魔女っ子もので育っているだけに、本家本元のストレートな魔法少女(プリキュアは魔法少女やないけれど、系譜としてはサリーちゃんの子孫であろう)にストレートに反応してしまうんやろうね。
 夕食後はKBS京都で再放送している「カウボーイ・ビバップ」を見る。こちらは等倍速でじっくりと味わう。何度も見ているし、DVDも持ってるんやけれど、やっぱり録画して見てしまうのです。1998年の製作で、CGを使うてへんのやけれど、きちんと作れば、手描きの作画の方が動きが生きているということを再確認。CGはきれいに動き過ぎて面白みや味わいに欠けるうらみがある。日本のアニメはこの時期が質的にはピークで、今はいささか下降気味なんやないかと思わずにはいられない。
 いやいや話も作画もデザインも音楽もすべてがかっこいいなあ。明日に向かって元気出てきたよ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - テレビアニメ ブログトップ