So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

殺人鬼にまつわる備忘録 [SF]

 いつもの日曜よりも少しばかりゆっくり目に起床。それだけ疲れていたのですね。毎週土曜の朝に見ている深夜アニメの録画を優先的に見、「仮面ライダー」「戦隊」を見てから出かける。今日は「たちよみの会」例会。出勤した翌日に例会に行くのはなんか変な感じですね。休日出勤というのは、1日だけでも生活リズムを狂わすということになるわけやからね。
 今日の例会には古参会員Y氏が顔を出してくれた。仕事があるというのに、ありがたいことです。タイガースについて意見交換をしたりする。もう何の会やらわからんようになってきた。例会終了後、「丸善」で文庫、新書を何冊か買う。アイリッシュの復刊が出ていたのがありがたかった。創元さん、ありがとう。来月にはもう一冊アイリッシュの復刊がある。アイリッシュ、来てるのかな?
 帰宅して妻と何本か録画した深夜アニメを見る。続けて見ると疲れるものです。パソコンを立ち上げて書きものなどしはじめたら、少しうとうと。明日はしっかり午睡したい。ものかき関係の仕事も締め切りまでになんとかなりそうやしね。
 小林泰三「殺人鬼にまつわる備忘録」(幻冬舎文庫)読了。「記憶破断者」の文庫化に当たりタイトルを変更。このタイトルの方が内容には合うてるかな。主人公の田村二吉は「前向性健忘症」という特殊な病気で、短期記憶が数十分しかもたなく、すぐにあらゆることを忘れてしまう。そのため、忘れてはならんことはすべてノートに記入している。そして忘れたらいちいちノートを読み返すのですね。で、雲英(きら)という超能力者が登場する。人に触れて指示を出すと、記憶が上書きされ偽の記憶を植えつけさせることができるという能力。小林さんは超能力者にいじめられたことがあるのか願望があるのか知らんけれど、こういう能力のある人物は性格の破綻した幼稚な異常者として登場させることが多いのですね。雲英も窃盗、痴漢から殺人までやって、そばにいる人間の記憶を改変し、逃げるというひどい奴。この記憶改変者と短期記憶喪失者が遭遇したらどうなるか、というのが本作の読みどころ。ノートをたよりに必死で殺人鬼に立ち向かう主人公の作戦が成功するかどうなのか。人の記憶の不確かさというものを絶妙に扱い、スリル満点のミステリに仕立て上げていて、一気に読んでしもうた。タイトルが変わってるんで単行本「記憶破断者」をお持ちの方は間違えて買わんようお気をつけください。改題してることを裏表紙の内容紹介文や帯に明記しておくべきでしょうね、担当編集者さん。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

さいはての島へ [SF]

 お山の学校の文化祭を明日に控え、今日は準備日。私は担任があるわけでなし、だしものを企画しているわけでなし。というわけで、保健委員会の展示のお手伝いを少しと、ゴミ捨て場の立ち番が2回あっただけ。後は仕事部屋にこもって授業準備やの事務作業やのをたっぷりと。本番の明日もそんな感じで終わりそう。
 ゴミ捨て場の立ち番をしていたら、生徒は来なかったけれどカラスと蚊はよう来た。季節はずれの蚊にかまれ、かゆかった。仕事部屋に戻ってからメンソレータムを塗る。メンソレはすごいよ。かゆみが止まるよ。かゆみ止めをわざわざ買わんでもええよ。万能薬とは言わんけれど、擦り傷切り傷だけやないのです。
 定時に退散。バスに乗っていたら、運転手さんが電車が人身事故の影響で運行を中止していることを告げる。大回りになるけれど、別の路線までそのままバスに乗り続けてもよかったんやけれど、「このバスは振り替え輸送の対象ではありません」などと言うもんやから、とりあえずいつもの駅で降りる。駅の外で一服つけたり、改札が開いたので早めに電車に乗ってずっと座って発車を待ったり。いつも乗る電車より50分ほど遅れる形でなんとか発車。ただ、途中の駅で停車したまま待ってたり、私の降りる駅の手前で「信号待ち」でかなり長いこと停止したり。1時間くらい遅れて帰宅。
 仕事はあまり疲れなんだけれど、帰宅するのに気疲れしてしもうた。帰宅してからはプロ野球CSの中継をちらちらと見たり、サンテレビ「熱血!タイガース党」を見たり。セ・リーグはカープがしごく当然のように3連勝して日本シリーズ進出。まあ5割を切った3位のチームが独走した優勝チームにかなわんのは当たり前で、順当な結果になってよかった。パ・リーグはホークスが勝ってタイとする。こちらはシーズン終わりまで優勝争いをしていた相手やから、それくらい拮抗した勝負になってもおかしくないか。
 アーシュラ・K・ル=グウィン/清水真砂子・訳「さいはての島へ ゲド戦記3」(岩波少年文庫)読了。前半の三部作完結編。大賢者となったゲドが若い王子とともに黄泉の国まで旅をする。スタジオジブリ製作のアニメの原作にもなっている巻やけれど、やはり単発で1作だけアニメ化というのは原作者に失礼であるよな。
 とにかく重苦しい。死線を超えるという経験をする若者が、その尋常ならざる試練を切り抜ける物語ですね。「言葉」「名前」がキーワード。正しく発せられる言葉のみが世界を動かすというのが作者の言いたいことなのかなと感じた次第。そして、時を置いて書かれた後半に物語は続くのであります。

 10月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

こわれた腕環 [SF]

 今日から後期の授業。午前中4時間連続で授業をし、急いで菓子パンを腹につめこんでから学生支援機構の奨学金第2回募集説明会を行う。30分間でなんとかすませ、休む間もなく生徒支援委員会の会議。朝8時55分から午後2時30分ごろまで、一息つく間もなく仕事というけっこうハードなスケジュールをこなし、やっと一服つけられた。あしなが育英会に提出する書類の作成やらネットにつないでの教材研究などをしてたら、もう定時。とっとと退散。帰宅してすぐパソコンを立ち上げ、ネット配信の「虎テレ」に接続。甲子園最終戦の配信は、テレビ中継がないため「無料お試し」。これでパケット料金を使わずに最終戦を楽しめた。以前は甲子園最終戦を見に行くのが「儀式」になっていたけれど、ここ数年はそれもかなわず。もう少し交通の便の良い勤務先に転勤できたら「儀式」も復活させたいな。最終戦だけでも勝ってよかった。
 試合終了後、金本監督がマイクを前にひたすらお詫び。謝らんでもええねんで。その点星野仙一という人は言葉の使い方がうまかった。「この悔し涙を、来年は喜びの涙にかえてみせます」と宣言し、満場のタイガースファンを魅了したもんなあ。むろんその中には私もいたわけですけれど。それでほんまに優勝させたんやからすごいもんです。
 アーシュラ・K・ル=グウィン/清水真砂子・訳「こわれた腕環 ゲド戦記2」(岩波少年文庫)読了。地下の神にその身を幼い頃から捧げられ、大巫女となるよう教育される少女アルハが登場。彼女のすごす「アチュアンの墓所」の描写がさすがにうまい。闇の中にある地下の迷宮を手探りで探検するアルハと、壊れた腕環の半分を探すゲドとの出会い、ゲドへの警戒から信頼関係を作りあげていくまでをじっくりと描きだす。そう、信頼関係なんて一朝一夕に形作ることなんてでけんよ。ル=グウィンは多くの頁をさき、そこを読み手がじりじりするほどじっくりと描いていく。自由を取り戻したアルハ、いや、本当の名であるテナーの今後がいやでも気になる。閉じた世界にとらわれた少女が広い世界を知る、これは子どもが大人になることを示しているんやろう。子どもが大人になる過程での葛藤などを、墓所からの脱出という形で描き出しているのだなあ。次巻が楽しみ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

影との戦い [SF]

 朝から少しずつ風が強くなってきた。気象情報では明日、大阪直撃であります。朝から妻は諸般の事情で実家に。雨が強く降ってくる前に帰ってこれたらええんやけれど。私は朝食後、昨夜録画した深夜アニメを見てから午睡。昼過ぎに起きて昼食をとる。
 ちょうど食べ終わったくらいに妻が帰宅。私はプロ野球中継を見る。放送枠が短かったんで、中継終了後はスマホで続きを見た。その間、妻はベランダの鉢植えを玄関に移動させたりする。台風の影響で、明日のナゴヤドームは試合中止。ドーム球場での中止は珍しい。
 試合終了後、読書。読了後は妻とテレビを見たりする。何度かベランダへ一服つけに出るけれど、今のところはそう風も強くなく、雨も弱い。問題は明日ですね。
 アーシュラ・K・ル=グウィン/清水真砂子・訳「影との戦い ゲド戦記1」(岩波少年文庫)読了。ル=グウィンの訃報をきっかけにちゃんと読もうと思いつつ数ヶ月。私はファンタジーの熱心な読者やないのと、ル=グウィンに関しては若い頃最初に読んだ「マラフレナ」のおもしろさが理解できず、相性悪い作家のカテゴリーに入れて手を出しかねていたのです。そろそろ読んでみようかなとついに1巻に手をつけた。そんなに勇気のいることではないですね。書評家を名乗るくせに「ゲド戦記」も読んでなんだのかいとあきれられるかもしれんけれど、こういうのはタイミングがあるんですよ。
 傲慢な少年ゲドがつまらぬ理由で自分の手に負いかねる魔法を使い死にかける。それ以降謙虚になった彼は、魔法でできた「影」と戦うことになる、というお話。子どもが大人になる過程をファンタジーという入れ物で表現した、という感じかな。シリーズはまだまだこれから。大人になったゲドがこれからどのような冒険をしていくのか。1巻だけではなんともいえんなあ。やっぱりル=グウィンとの相性はそれほど良くないのかにあ。訳文のせいなのかなあ。ちょっと読みにくい感じがした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

星系出雲の兵站 [SF]

 明け方降雨。傘を持って出るけど、往路も復路も幸い雨にあわず。仕事中は降ったりやんだりやったんですけどね。今日は授業は空き日。一日事務作業に徹する。さくさくとまではいかんまでも、積み残していた仕事を少しばかり進められた。定時に退散。
 帰宅して録画した相撲を見る。ついに稀勢の里に土。初日から5連勝してるんやから、明日から切り替えて最後まで取り切ってほしい。御嶽海は豪栄道に一気にの攻めで敗れ、嘉風にも土。でも鶴竜と高安が元気なんで、優勝争いは面白くなってきた。
 追っかけ再生でプロ野球中継を見る。スワローズ原の前に2安打のみで完敗。原は高山のはずれ1位やんか。高山、早く一軍に戻っといで。
 林譲治「星系出雲の兵站 1」(ハヤカワ文庫JA)読了。人類が植民した出雲星系で、独立をも視野に入れる壱岐星系自治体の領域に異星人らしきものが出現し、ついに戦端が開かれる。本巻の3分の2くらいは出雲星系の設定説明に費やされる。林さんはアイデアの塊みたいな人なんで、この設定もアイデアをたっぷり綿密に盛り込んだもの。ただし、林さんの書き癖で、説明部分とストーリー展開の塩梅がどうしても説明重視になってしまう。むろんその説明がなかったらストーリーを理解でけんようになるということは承知なんやけれど、ここで挫折する人もいてるかもなあ。終盤3分の1くらいからストーリーが一気に動き出し、盛り上がったところで以下次巻。作者あとがきを先に読んでおいたら、林さんの書きたいことが何かわかるから、説明部分をしっかりと読みこもうという気になるかも。物語は始まったばかり。異星人はなぜこの星系に現れたのか、何をしようとしているのかなど、少しずつ解明されていくんやろう。それも林さんらしく理詰めに。楽しみであります。

 9月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

トリフィド時代 [SF]

 今日から生徒も登校開始。全校集会という名の始業式で、校長あいさつの後、「いじめアンケート」について全校生徒に告知。今さら足が震えたりはせんけれど、1ヶ月ぶりに生徒の前に立つといささか緊張いたしますなあ。
 集会の後は実力テストの試験監督。というか、障碍のある生徒の代筆。解答用紙はマークシート式。去年の教員免許更新講座のテスト以来ですねえ。均等に塗りつぶすのが難しいうえに、自分のテストやなく生徒のテストやから塗りつぶし方が悪くて結果が悪くなったらいかんから気を遣うね。
 午後からは台風の影響で暴風警報が出たので生徒は完全下校の指示が出る。同僚の中にも時間休をとって早退した人もいてたみたい。ぼっち部屋なんで、そこらあたりの状況がようわからんのです。私は明日から始まる授業の準備など。暴風警報も大雨警報も出ているのに、風はそよとも吹いてへんし、雨も降ってへん。けったいな警報ですわ。大雨が降るかもと大きめの傘を持っていったのに、荷物にしかならなんだ。
 夜になってようやく台風らしく風雨が強くなってきた。ナゴヤドームは台風とは関係なく試合をしていた。タイガースのサヨナラ負け。ナゴヤドームはやはり鬼門か。
 ジョン・ウィンダム/中村融・訳「トリフィド時代 食人植物の恐怖」(創元SF文庫)読了。新訳版が出たんで読み直してみることにした。何十年ぶりの再読でしょうか。彗星の光を見たものはみな盲目になってしまい、光を見ずにすんだ少数の人類は無秩序になった世界にそれぞれの形で秩序を作りあげようとする。しかし人間が無力化した世界には三本脚で移動する食人植物「トリフィド」が増殖し、秩序を作りあげる前に対抗策もとらねばならなくなった。
 SFのアイデアをうまく使うた、無力化した人々がいかに生き残るかというサバイバル小説やったのですね。第二次大戦後すぐに書かれた小説なので、そこらあたりも意識して書かれたんやろうと思われる部分もある。盲目になった人々は敗戦国の国民。生きのびた人々は焼け野原から復興する人々。トリフィドは、大戦後も続く冷戦構造の隠喩、てなところでしょうか。もちろんそこまで深読みせずとも、ゾンビものの原型としてホラー小説として読むもよし、大きなアクシデントに見舞われた人々を描くパニック小説として読むもよし。さすがに70年以上も読み継がれているだけのことはあると、おっさんになって読み返すといろいろと考えさせられてしまうのでした。長い間読み返してへん方は再読することをお薦めします。むろん若い方にもお薦め。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

巨神覚醒 [SF]

 今朝は夏の高校野球の開会式。そのためプリキュアもライダーも戦隊もぶっ飛ばす特別編成。大阪では当たり前なんやけれど、関東では珍しいことらしく、夜にニュースサイトを見たらネット上でブーイングのツイートが多数あったとか。冬に大雪で大慌てする都市部の人を雪国の人が鼻で笑うような感覚ですかな。高校野球シーズンというたらそういうもんやというのが関西では常識ですからね。
 録画して会長あいさつなどは早回しですっとばし、入場行進と皇太子殿下あいさつと選手宣誓などみたいところだけを見る。殿下は来年の今ごろはもう天皇陛下となってはるんやなあ。
 午睡のあとは読書など。夕刻からナイター中継を見る。タイガースは連勝。先発の小野はよたよた、得点は内野ゴロの間の生還とか押し出し死球とかあんまりすかっとしなかったけれど、まあ勝ったからよろし。
 シルヴァン・ヌーヴァル/佐田千織・訳「巨神覚醒 上・下」(創元SF文庫)読了。「巨神計画」の続編。今作では異星からもう一体巨大ロボットがいきなりロンドンの真ん中に出現し、前作で人間が組み立てたロボットと戦うたり、謎の霧を噴出して大量殺戮したりと、なかなか派手な展開。というてもテレビアニメみたいな戦いは1回だけで、基本的には異星人ロボが一方的に地球人を殺戮する話。
 ただ、ここでは異星人ロボ(なんと13体も降下してくる)は地球侵略のためにくるんやないのですね。何のためにくるのかは読んでもらわんとわからんのですが、その手があったかと感心してしもうた。主要登場人物の死もあり、新たな人物も登場し、となかなか先が読めない展開を楽しめた。来春発売予定の「巨神降臨(仮)」ですべては明らかになるらしいけれど、やはり予想外の展開やと解説の堺三保さんが書いてはるので、楽しみに待ちたい。前作も未読の方は三部作全部そろうてから読むのがええんやないかと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

巨神計画 [SF]

 今日も休暇を取り休養に努める。とはいえ一日ゴロゴロしててもなんなんで、雑誌などを買いにコンビニに行ったりはした。朝のうちに行ったんやけれどむちゃむちゃ暑かったんですぐに帰りましたけれどね。
 午前中はたまっているアニメなどを見てから、昼食後に少し午睡。暑くて寝苦しかったのかわりと早く目覚めたので、寝床で読書。去年は教員免許更新のためにダウンロードしたテキストをひたすら読んでいたけれど、今年はそこまでせんでもええ。
 夕刻からはラジオでナイター中継を聞く。今日は地上波もBSも中継なしなのです。こういう時にはタブレットかスマホを買うといたらよかったと思うなあ。もっとも月に1試合あるかないかのテレビ中継なしの日のために月払いでDAZNに入会するのはもったいなくもあろうけれど。まあ、試合はタイガースの負けやったから、明朝の「おはようコールABC」でハイライトを見ればよいか。
 シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織・訳「巨神計画 上・下」(創元SF文庫)読了。「巨神計画」というても、東京ドームでのジャイアンツ対タイガース戦を盛り上げる計画でも、オール阪神巨人の漫才独演会のプランをたてるわけではありません。わざわざ書かんでもわかるか。全国各地から巨大ロボットのパーツが発見される。「インタビュアー」なる謎の人物がいろいろな専門家を呼び集め、ついにパーツをすべてそろえる。操縦できるのはロボットに適合した男女2名のみ。しかし、完成した巨神の強大な力のために国際政治は大きく動き……。なんやしらんテレビアニメの設定みたいやと思うたら、解説には「UFOロボグレンダイザー」が作者のヒントになった、とか。そんなアニメみたいな設定を米国人の作家がどう料理するかというのが読みどころ。ただし、それは私にとって、ですけれど。おーい、話が終わってへんぞ。「インタビュアー」なる人物が何者かもわからんし、巨神をこしらえた古代に地球に来ていた生命体の秘密もわからんし。実はこれは3部作の第1作なのでした。というわけで、実は第2作「巨神覚醒」について「本の雑誌」で山岸真さんが紹介していたのを読んで興味がわいたので、まず第1部を読んでみたのです。子の終わり方やったら第2部も読まなあかんやん。というわけで、「巨神覚醒」も近いうちに読む予定。続けて読んでもええけれど、読みたい本は他にもあるので。そんなこんなで評価は未訳の第3部を読んでから、ということになるかな。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

パラレルワールド [SF]

 今日も今日とて猛暑日。お山の学校の仕事部屋の温度計は、昨日と同じ。夏休み前最後の職員会議で、府教委から「生徒の熱中症予防対策をとるように」と通達がきたと管理職が伝達。私は思わず「教職員の熱中症予防対策についての通達はないんですか」と質問してしまいましたよ。むろんそんなもんはなし。校長は苦し紛れに「クーラーのある部屋で仕事をするようにしてください」と言うたけれど、それができるんならとっくにやっとるわーい。
 とはいえ、やらねばならん仕事はやらねばならん。府教委の通達では熱中症防止に「こまめに休憩をとらせ、水分補給をしっかりさせるよう」言うてきているので、私もそれにしたがいこまめに休憩をとり、水分補給をしっかりしておりました。
 むろん定時に退出。帰宅して録画していた相撲中継を見る。御嶽海は土俵際まで高安を押しこむも高安がつま先立ちで残り、一瞬早く足が出ていて敗れる。もういっちょ、という感じの微妙な一番やったけれど、打ち出しの時間が迫っていたんで取り直しを避けたのかなあ。勘太夫の軍配が御嶽海にあがったくらい。もっともかなり迷ってから上げていたけれど。それでも2敗力士がいなくなったんで、御嶽海優位はまだ変わらんけれどね。
 小林泰三「パラレルワールド」(角川春樹事務所)読了。小林さんからご恵贈いただきました。なななんと地震と洪水で両親を亡くしてしまう男の子の話。この時期の出版はタイミングが合い過ぎですね。ただし、この少年は事故をきっかけに生じた二つのパラレルワールドにほぼ同時に存在するという状況におかれてしまい、「世界A」では父親を亡くし、「世界B」では母親を亡くし……というぐあいで、それぞれの世界に生きている両親の橋渡し役みたいなことをするのです。若い夫婦はそれぞれが亡くなったはずのパートナーとの絆を、息子を通じて結びあう。という作者らしからぬ心温まる物語、ではない。そこはそれ小林泰三さんのことですから、やはりとんでもない邪悪な人物が登場し、物語は急展開。パラレルワールドの縛りをうまく使いながら、家族たちと邪悪な男とのスリル満点の戦いが描かれることになる。そしてまたこの物語は少年の成長物語でもあるのです。とても面白かったです。小林さん、ありがとうございました。小林泰三ファンはもちろん、そうでない方にもお薦めいたします。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

半村良讃 [SF]

 朝から雨。今日は事務作業あれこれ。近隣の花屋に行き、来週の講演会で講師に渡す花束の予約注文をするなど、雑事多し。教員は授業だけしてたらええと思いなや。放課後は奨学金のネット申し込みをまだしてへん生徒の入力に付き添う。定時に帰れるかと思うていたら、そのぎりぎり直前に別の生徒がやってきて、結局30分ほどよけいにかかってしもうた。そやけど「俺は定時に帰るから入力はまた来週」てなわけにはいかんのよ。役所やとそうなるんやろうけれど、教員がそれをしたら今後の信頼関係をも損なうことになるしねえ。
 帰路は晴天。帰宅してすぐにプロ野球中継を見る。仙台でのイーグルス戦。仙台はずっと雨。それでも藤浪が今季初勝利。よかったよかった。交流戦最下位争いの相手だけに、ここで負けたらあかんぞよ。
 日下三蔵・編「日本SF傑作選6 半村良」(ハヤカワ文庫JA)読了。デビュー作の「収穫」をはじめ、「およね平吉時穴道行」「農閑期大作戦」「わがふるさとは黄泉の国」「夢の底から来た男」など初期を代表する短編と、「戦国自衛隊」を収録。
 おもしろい! うまい! 昔読んだ時には気がつかなんだけれど、どの短編も記憶よりもページ数が少ないのですね。そやのにちょっとした中編を読んでいるくらいの中身の濃さがある。「戦国自衛隊」もそう。こんなに短かったっけ、と思いながら一気に読んでしもうた。
 そやからというて大幅に省略されているという感じでもないのが、半村さんの凄さなのですね。大きく深い内容を過不足のない密度で展開させている。ただ、「石の血脈」の原型となった「赤い酒場を訪れたまえ」だけは、多くのアイデアを少ない枚数に詰め込み過ぎたという感じがした。これは仕方ない。あの分厚い大長編を短編の中におさめようとしているんやもんなあ。そら無理があります。「戦国自衛隊」ももう少し枚数がほしかった。歴史改変もののはしりというべき作品やけれど、他の歴史改変ものと違うのは、歴史の流れを調整するために自衛隊がタイムスリップさせられたという発想。歴史の流れが自然法則としてタイムスリップという現象を起こさせたんやないかと、ここらあたりははっきりと種明かしをしてへんのでこちらが想像するしかないんやけれど、大筋としては間違うてへんと思う。ジャンル書評家として一時期は出版される架空戦記を軒並み読んでいた私には、ブーム時に乱造されたものとは一線を画す芯が一本通っていると、改めて感じましたね。
 これで第一世代作家によるSF傑作選の第一期がすべて刊行されたわけやけれど、さて第二期のラインナップはどうなるのか。豊田有恒、山野浩一、高斎正、石原藤夫など実力派はまだまだいてますからね。日下さん、楽しみにしてますよ。

 6月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ: