So-net無料ブログ作成

ヒト夜の永い夢 [SF]

 昨夜は久しぶりに鼻ポンプをつけずに寝る。朝までぐっすり寝る。でもまだ眠い。それでも今日しておきたかった仕事はなんとか片づける。定時に退散。帰路、医者に寄り、鼻ポンプのデータをもとにいろいろと問診。血圧の薬はまだしばらく続けることに。鼻ポンプもなんとか続けていくことになった。
 帰宅後、追っかけ再生でプロ野球中継を見る。若い左腕投手同士が互いに完封ペースでの投球。結局タイガースは一発に泣く形になったけれど、阪急阪神HDの株主総会に出て「ドラフト2位3位の指名選手を見てよそのスカウトが笑っている」と言うてのけた株主さん、今日投げた高橋遥人はドラフト2位。どこのスカウトが笑うたかしらんけれど、指名した選手すべてがレギュラーになれる世界やないんやからね。毎年頓珍漢なことを言う株主は絶えんなあ。
 柴田勝家「ヒト夜の永い夢」(ハヤカワ文庫JA)読了。あの南方熊楠が粘菌を使うてロボットを作りだすという着想はなかなかのもの。当時の実在の人物を山ほど出し、最後は北一輝と南方熊楠の対決となるなど、おもしろそうな話なんやけれど、意余って力足らずというのか、せっかくのアイデアが生きてきていないように感じた。まあ山田風太郎の明治ものと比べたらあかんとは思うんやけれど、虚実ないまぜにする場合、いかにもありそうでなさそうな絶妙の組み合わせにしなければならない。乱歩と熊楠のとりあわせなんてのも面白いけれど、後半になるとそれらの人物の描き分けができなくなってしまい、物語が破綻してしまう。もっとアイデアを寝かせておいて、熟成するまで待ってもよかったんやないかと思う。そういう意味では残念。それと、夢と多元宇宙をからめるならば、もっとアイデアに説得力をもたさなならんと思う。こちらも意余って力足らず、かなあ。もっと深く掘ることのできる題材なのに、私には薄っぺらく感じられてならなんだ。ところで、これだけの力作にもかかわらず、巻末に一切参考文献を表示していないのはなんでなんやろう。もしかしたらそれほど参考文献にあたらずに書いたのかなあ。どんな文献にあたったのか、どれくらい読みこんだのか。それが知りたい。力作ではあるけれど、傑作にはならなんだ、というのが偽らざる感想。熊楠の評伝をちゃんと読んでみたくなった。

 6月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

せんじつまえ [SF]

 愛すれどTigers「がんからの復活!原口サヨナラ打!!」を更新しました。

 降ったり曇ったりの一日。奨学金関係の生徒向け資料作成の合間を縫うように、授業準備。さらには懇談に来た保護者と奨学金について話をしたり、それに関連して大阪府育英会に連絡をとったり。さらには漫研の生徒から明日までにとかいうて印刷を依頼されたり。親睦会会計の仕事がまだでけてへんのになあとか、いったい私の本業はなんですのん。
 今日は新聞休刊日。行きの車中でスポーツ紙の即売版を読む。休刊日に限って劇的な試合やったりするのだねえ。むろん読書もする。今読んでいる小説で、一度引っかかってしまったところがあった。
 主人公が昭和初期の大阪に出てきて飲み歩いたりする場面なんやけれど、「千日前」という地名にわざわざ「せんじつまえ」とルビがふってあった。別に昭和初期に「せんにちまえ」が「せんじつまえ」と呼ばれていたとかいうことはなかったと思う。作者は東京の人。巻末に参考文献が一切書いてないんでどういう資料を用いて書かれているのかわからんのやけれど、作者が読んだ本にそんな記述のあるものがあったんやろうか。そやけど、千日前はまだ火葬場やった時分から「せんにちまえ」のはずです。「らくだ」という落語のサゲは「千日(せんにち)の火屋や」というんやけれど、もし「せんじつ」と呼んでいたんやったら、米朝師匠はちゃんと「せんじつ」と言わはるはず。
 わざわざ「せんじつまえ」という異なる読み方をさせるべくルビをふったというからには何か理由があったのか。ご本人と面識がないので、こんなところで書くしかないけれど、作者の柴田勝家さん、または早川書房の編集担当さん、ぜひその理由を明らかにしていただきたい。むちゃむちゃ気持ち悪くて困ってるのですよ。ご存知の方がいたらご教示ください。
 ところで妻にこのことを話したら、「せんじつまーえのせんじつどう、食堂百貨のせんじつどう、甘党フアンのせんじつどうへ行こうじゃなあいか」などと子どものころにテレビやラジオでしょっちゅうやっていた「せんにちどう」のCMソングの替え歌を歌いだした。そこでこの歌が出てくるところが大阪の子ですねえ。

 6月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

最初の接触 [SF]

 今日から懇談週間。短縮授業なので、事務作業をひたすら行う。まだまだやらねばならんことはあるけれど、とりあえず一段落。さすがに疲れた。定時で退散。帰宅して追っかけ再生でプロ野球中継を見る。9回裏、さらっとドリスが締めて終わるかと思うたら、追いつかれて延長戦に。連日試合が長いですよ。その分寝る時間が遅くなるやないですか。まあ、勝ったからよし。明日も短縮。いろいろとやらねばならぬことが残ってるなあ。
 高橋良平・編「伊藤典夫翻訳SF傑作選 最初の接触」(ハヤカワ文庫SF)読了。「ボロゴーヴはミムジィ」に続くアンソロジー第2弾。今回は1960年代にSFマガジンに掲載された伊藤さんの訳した短編のうち、宇宙SFをよりすぐったもの。ファースト・コンタクトというジャンルを決定づけたラインスターの「最初の接触」をはじめとして、宇宙サバイバルのウィンダム「生存者」、超高速でとぶ宇宙船の中の様子を描写したブリッシュ「コモン・タイム」、植民星で起こるトラブルをスリリングに描いたホセ・ファーマー「キャプテンの娘」、異星人の医師との意思疎通が描かれるホワイト「宇宙病院」、宇宙を次々と一人の男が転移していくナイト「楽園への切符」、西洋人の文化侵略を宇宙を舞台に移して皮肉たっぷりにあらわしたアンダースン「救いの手」の7編を収録。オールド・スタイルのSFは、まさに新ジャンルの開拓期という感じで今やと当たり前になっているような話でもわくわくした感じで読ませるなあ。むろん、伊藤さんの作品選択眼の確かさと、こなれた訳文の力あってのことです。「救いの手」なんて、今読んだ方が実感がわいて面白いんやないやろうか。やっぱり古びて感じられるものもあれば、そうやないものもある。ここらあたりの編集は、高橋さんのさじ加減のうまさというのもあるんやろうと思う。絶版や品切れが多いのでなかなか読まれへん名作を選りすぐってあるので、それだけでも値打ちがある。すれっからしのSFものから初心者まで、どなたが読んでもそれぞれの立場で楽しめる一冊やないでしょうか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

巨神降臨 [SF]

 今日はほとんど一日中パソコンの前に向かい、ここ2週間ほど取りかかっている生徒指導の記録をまとめる作業に没頭。いくら書きものが好きなわたしでも、報告書をかねた指導記録を時系列に沿ってまとめていくのはきつかった。放課後はその記録に基づく会議。少しばかり残業して退出。
 帰宅後、追っかけ再生でプロ野球中継を見る。BS朝日は試合終了まで完全中継してくれるから安心。というても、まさか4時間半、延長12回裏、高山の代打満塁サヨナラホームランでけりがつくなんて試合、見てるだけで大変でしたぞ。でもまあ内容もつまっていて見ごたえのある試合で非常によかった。書きものの疲れが少しは吹っ飛んだかな。
 シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織・訳「巨神降臨 上・下」(創元SF文庫)読了。「巨神計画」「巨神覚醒」に続く三部作完結編。巨大ロボットの対決を描いていたこれまでからうってかわってロボットの母星に運ばれた主人公たちが異文化と衝突したり、地球に帰還した彼らが、巨大ロボットを使い世界を支配しようとする米国や異星人の遺伝子を多く受け継いでいる者たちに対する差別に対抗する物語になる。いやまさかこういう展開になるとはね。そしてそこにまた主人公たちの家族関係の問題なんかもからませて、現代社会に対する警鐘という趣の作品となっている。文明批評という点ではまさしくSFの本道を行っているという感じやし、巨大ロボットものでそれをやるというのは、日本のアニメの影響を隠さず反映させたものとして、非常に興味深く読めた。ここのところ古典ミステリを集中して読んできたけれど、こうやって最新海外SFを読むと、いろいろと頭の使い方が違うので刺激になるなあ。とにかく理屈抜きに面白い。お薦めであります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

臓物大博覧会 [SF]

 朝から体が重いけれど、今週いっぱいはなかなか休めん。今日は目いっぱい授業。事務作業は遅々として進まず。そちらは明日にまわすしかない。
 定時で退散。帰宅後すぐに相撲中継の録画を見る。大急ぎで飛ばし見をしたので今ひとつ集中して見られなんだ。炎鵬の足取りくらいしか印象に残ってへんなあ。今日も栃ノ心は力相撲で寄り切り。あと7勝で大関に戻れるぞ。で、その大関は3人とも枕を並べて討死に。鶴竜が人が変わったみたいに力強い。
 相撲を見てからプロ野球中継を追っかけ再生で見る。勝っているチームは選手を動かさんというセオリーに反し、ジャイアンツの原監督は先発の新人高橋を球数が100に達したというだけで交代。セオリーは生きていた。ジャイアンツのリリーフ陣をタイガース打線が打ちこんで逆転勝利。ジャイアンツは首位か知らんけれど、リリーフだけ見たら明らかにタイガースの方が上。1点でもリードしたらとにかく逃げ切るというパターンで明日も頼むで。
 小林泰三「臓物大博覧会」(角川ホラー文庫)読了。さまざまなアンソロジーや会社の広報誌などに収録、掲載された短編を集めたもの。純粋なホラーもあれば、SFショートショートもあり、ミステリ仕立てのものもありと、よくいえばバラエティに富んだ、悪くいえばごった煮のような作品集でした。以前読みかけてそのままになっていたものを最初から読み直す。一応プロローグとエピローグをつけて「臓物大博覧会」に来た客に悪夢を見せるという構成にしてあるけれど、必要やったかな。作品自体はどれも小林さんらしさが横溢していて面白かった。ショートショートの「釣り人」だけは毛色が違っていて、初出を見たら会社の広報誌に掲載されたものやった。かなり意図的に「普通のSFショートショート」を書いているのですね。これはなかなかでけんことやと思う。書きおろしの「悪魔の不在証明」が小林さんらしい記述のトリックで読ませ、小林ミステリのエッセンスみたいな感じで面白かった。こういうごった煮みたいな短編集も、作者の守備範囲の広さを示していてよいねえ。

 5月19日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

星系出雲の兵站 [SF]

 愛すれどTigers「福留、セ・リーグ5万号のサヨナラホームラン」を更新しました。

 昨晩の深夜アニメは録画本数が少なかったので、かなり前に録画した劇場版アニメ「ピアノの森」なども見られた。いつものように「仮面ライダージオウ」「竜騎士戦隊ジュウソウジャー」を見たあと、無性に眠くなり、昼前まで寝る。昼食後はパソコンを立ち上げて少しかきものをしたり、本を読んだりしてからプロ野球中継を見る。今日は久しぶりに試合時間がテレビ中継より長くなり、ラジオに切り替え。福留のサヨナラホームランの実況を聞いた後、スマホのアプリ「DAZN」で見る。その後は夕食をはさみ、読書。うーむ、いつもの日曜日と変わらんではないか。明日もまだ休みなんやなあ。お片づけをちょっとだけしないといけないなあ。
 林譲治「星系出雲の兵站 4」(ハヤカワ文庫JA)読了。シリーズ第一部が完結。内憂外患を抱えた星系壱岐と、大国である星系出雲が異星人ガイナスの出現で協力して戦線をはる。本書はいよいよガイナスとの直接対決。とにかく異星人の描写が徹底している。全く思考回路も行動原則も人類とは違う。そんな敵と戦う中で一点だけ共通点を見つけ、そこを突破口とするところなど、戦記シミュレーションで鍛えた林さんらしい展開のさせ方やと感心した。また壱岐と出雲の社会構造の違いなども、架空戦記を何作も書く中で磨き上げた歴史観を生かしている。とにかくこれアイデアの塊みたいな人なんで、本書も一行にたっぷりとアイデアがつまっていて、読みとばしなんぞできんのです。ただし、前にも書いたけれど、設定などすべて説明しようとするので、小説としてはかなり読みにくいのが唯一の難点なのですね。これはもうご本人の性格がそうなんやから仕方ないとはいえ、やはりカットできるところは思い切って描写しないとか、説明の部分は会話で進行させるとか、もう少しだけ工夫すればどなたにでもお薦めできるのですが。さて、第二部はガイアスの秘密が明かされていくという展開になるようなので、再開を楽しみにしたいですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

カムパネルラ [SF]

 今日も完全休養日。早朝から昨夜録画した深夜アニメを見る。それから「ジオウ」「リュウソウジャー」を見て、午前中残りはパソコンを立ち上げてかきものなど。昼食後、午睡。明日からフル稼働せんならんので、ひたすら休養につとめる。
 夕刻起きてきて、録画しておいたタイガース開幕第3戦を見る。残念ながら1点差で惜敗。それでも強力なスワローズ打線を3試合で3失点に抑え、4得点で2勝1敗なんやから、文句なし。タイガース打線が打たれへんのはキャンプ中からいわれてきたことやからあきらめもつくけれど、スワローズ打線にタイガースの投手陣の強さを感じさせただけで満足です。
 山田正紀「カムパネルラ」(創元SF文庫)読了。作者にここまで宮沢賢治に対する思い入れがあったとは知らなんだ。主人公が宮沢賢治の死ぬ直前の世界にまぎれこむけれど、その世界では賢治はすでに死んでおり、早世したはずの妹が生きていてその娘と主人公がかかわっていくことになる。しかもその世界は「銀河鉄道の夜」とリンクしていて、彼はジョバンニと呼ばれてカムパネルラを殺したことにされてしまう。
 こう書いているとSF風味の幻想小説みたいでしょう。ところが、作者はいろいろと仕掛をしていて「1984年」のような統制社会に対する反逆という物語になっていく。宮沢賢治とジョージ・オーウェルの世界観を力技で一本化してしまうところがさすが山田正紀。ただし、宮沢賢治や「銀河鉄道の夜」を事前に読んでいないとわかりにくいところはあるかもしれん。読んだことがなくてもわかるようにはしてあるけれど、どうしてもこういう作品の場合、未読のままやと作品世界にすっと入っていかれんのは仕方ないかな。あと、ある程度宮沢賢治作品に対する思い入れがないとついていかれへんように思う。私は宮沢作品は嫌いやないけれどのめりこむほどには読まれへんので、「なんでここまで宮沢賢治にこだわらなあかんのかなあ」なんて思うてしまい、本作の持つ「熱」についていかれんところがあった。そこらあたり、読み手を選ぶ小説やないかと感じた次第。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

書評家の創作 [SF]

 今日は新入生対象の説明会のため、午前中は出勤。体育館の壇上で「いじめ」への学校の対応と奨学金に関する注意点を述べる。その間5分。その5分のために早朝から起きてしたくせんならんというのもしんどいことです。あ、5分間しか仕事をしてへんわけやないですよ。半日分の事務作業はきっちりやってますからね。年度内に整理しておかねばならんことは多いのです。
 昼過ぎに退出。でも帰宅したのは2時半くらい。来週の金曜日の午後に半日分の振り替え休暇は取っているけれど、通勤時間のことを考えたら半日ではすまないのだなあ。
 帰宅してポストを覗いたら、高井信のファンジン「SFハガジン126号」から「128号」までの分が送られてきていた。久しぶりにショートショートを書いてみて、没になることも覚悟の上で寄稿したら、掲載していただいたのです。タイトルは「夢バイト」。いずれこのサイトにも掲載しようと思うているけれど、今は「SFハガジン」の会員さんたちだけに読んでもらうことにしたい。
 さっそく開封してみる。わっ、梶尾真治さんや草上仁さん、江坂遊さん、井上雅彦さんといったベテランの作家さんたちも寄稿してはる。さすが「SFハガジン」。私は初めて原稿を送ったんやけれど、商業誌レベルですねえ。
 全く小説を書くことを断念していたわけやないのです。アイデアメモはちょこちょことたまっているし、仕事やアニメ鑑賞や野球観戦や相撲観戦などの合間を縫って書き始めてみたものもあるんやけれど、なまじ書評なんてことを続けていたもんやから、途中まで書いたものを読み返す時には書評家の目になってしまい、自分でその分は没にしていたりしたのです。若い頃ならいざ知らず、この歳になるとなかなか無謀なチャレンジがでけんのやなあ。今回は読み返してみて微妙な線やったんで、高井さんというプロの目で判断していただこうと考えた次第。ファンジンとはいえ久々に人の目に触れるところに原稿が掲載されると、気持ちいいものですね。これを刺激にして今年はもう少し創作の頭に戻していこうかな。
 家近良樹「歴史を知る楽しみ」(ちくまプリマー新書)読了。歴史家が中高生に向けて「なぜ歴史を学ぶか」「歴史研究の意義」をわかりやすく説いたもの。歴史小説家の書いたものと歴史学者の書いたものの違いなど、当たり前のことではあってもなかなか理解してもらえんことをていねいに説明していて、私自身改めて考えさせられる部分も多々あった。特に歴史に名を残す政治家は、自分が後世どのように評価されるかを意識していたという指摘などは、その場限りのごまかし政治が横行する昨今、非常に貴重な苦言やと思う。大河ドラマに「史実と違う」とかいうクレームをつけるような方たちにはぜひ一読していただきたい一冊。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時間SF [SF]

 今日は月例の京都の医者行き。ほんまやったら来週に行く日程なんやけれど、来週の土曜日は合格者説明会で私は奨学金の話をしに出勤せんならんので1週くりあげて今日になった。連日の入試業務で疲れているのでほんまは一日だらだらしたいところなんやけれど。
 診療後、駅前の書店に寄ってざっと新刊文庫や新書の棚を見、買うか買わんか悩んだ末に、もっと読みたいものがたまっているので買うのをやめて、帰路に。帰宅後すぐに午睡。すぐに寝ついた。それだけ疲れていたのですね。
 夕刻起きてきて、録画しておいたプロ野球オープン戦の中継を見る。いよいよ球春。オープン戦の中継まですべて追っかけるのは(CSを受信していないから)物理的に難しいので、放送される限りは追っかけていこう。
 大森望・編「revisions 時間SFアンソロジー」(ハヤカワ文庫JA)読了。リチャード・R・スミス「退屈の檻」、C・L・ムーア「ヴィンテージ・シーズン」が収録されているというだけで値打ちもののアンソロジー。入手困難な短編を拾い上げていくというところにアンソロジストの腕のみせどころがあるわけで、大森さんは特に信頼できるアンソロジストやから、そこらあたりぬかりはない。そしてここ数年に発表されて今でも入手可能な日本人作家の秀作を収録。これとてすべてのSF短編集やアンソロジーをカバーしてへんと全部は読まれへんのやから、こうやってまとめてもらえるとありがたい。
 時間SFを読むのは好きなんやけれど、自分書くとなると理屈のところをうまいこと整理でけへんので難しい。もっとも私は学生時代、最初に同人誌に掲載してもらえた短編は時間を超越した永遠の少女を主人公にしたものなんやけれどね。私の話はどうでもよろしい。アンソロジーの話。やはり海外2作品が秀逸。特にムーアのものは展開も途中で読めてしまうのに、それでもおもしろい。これ1本を読むためだけに購入してもええと思います。時間SFはミステリ系の作家さんと相性がいいのかな。法月倫太郎、小林泰三といったあたりの理屈っぽい短編は時間というものを扱うのにぴったりの展開。津原泰水の「五色の舟」という秀作でまとめている、この配列の妙味も大森さんの腕の見せ所でしたねえ。とても質の高いアンソロジーなんやけれど、現在放送されている同題の深夜アニメとのコラボレーションという形でないと企画でけんあたり、現在の出版事情を考えるとなんか辛いものがあるなあ。タイトルだけ借りていて、深夜アニメとは何の関係もないもんねえ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

架空戦記的宇宙戦争 [SF]

 明け方目が覚めると口で呼吸している。こらいかんと思い、必死こいて鼻で息をする。熟睡するための装置なのに、目を覚まして呼吸を意識して。まあ、心臓や脳に負担をかけんように呼吸をしているわけやから、目的は達成しているというたらそうなんやけれど。なんか違うような気がするぞ。鼻炎薬はあまり効果がなかったみたいですね。
 今日も事務作業に追われる。呼吸することに必死で熟睡してへんから、午後から睡魔に襲われる。困ったことです。まあそれだけ体が機械に慣れて、対抗策を講じているということなんかなあ。うーむ。
 林譲治「星系出雲の兵站 3」(ハヤカワ文庫JA)読了。全くこちらの常識が通用しない異星人との戦争もいよいよ佳境に。さらには出雲星系と壱岐星系の政治的駆け引きに民間企業もからんで、経済小説という色彩も濃くなってきている。前巻までは世界観の説明や技術面の説明の書きこみが多くてしんどかったけれど、本書ではもうその必要がなくなってきて、ストーリーを楽しむことができた。前にも書いたけれど、林さんの温泉源の湯のようにわき出てくる豊富なアイデアを惜しみなくつぎこみ、さらには架空戦記でおなじみの戦争観をストーリーに組みこんでいるから、やはり読み応えがある。つまり架空戦記の手法を使うた宇宙戦記というわけ。ただ、林さんの架空戦記を一度も読んだことのない人にはきつい部分もあるかもね。予定では次巻で完結のはず。着地点をどこに置くのか、それが楽しみですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: