So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パラレルワールド [SF]

 今日も今日とて猛暑日。お山の学校の仕事部屋の温度計は、昨日と同じ。夏休み前最後の職員会議で、府教委から「生徒の熱中症予防対策をとるように」と通達がきたと管理職が伝達。私は思わず「教職員の熱中症予防対策についての通達はないんですか」と質問してしまいましたよ。むろんそんなもんはなし。校長は苦し紛れに「クーラーのある部屋で仕事をするようにしてください」と言うたけれど、それができるんならとっくにやっとるわーい。
 とはいえ、やらねばならん仕事はやらねばならん。府教委の通達では熱中症防止に「こまめに休憩をとらせ、水分補給をしっかりさせるよう」言うてきているので、私もそれにしたがいこまめに休憩をとり、水分補給をしっかりしておりました。
 むろん定時に退出。帰宅して録画していた相撲中継を見る。御嶽海は土俵際まで高安を押しこむも高安がつま先立ちで残り、一瞬早く足が出ていて敗れる。もういっちょ、という感じの微妙な一番やったけれど、打ち出しの時間が迫っていたんで取り直しを避けたのかなあ。勘太夫の軍配が御嶽海にあがったくらい。もっともかなり迷ってから上げていたけれど。それでも2敗力士がいなくなったんで、御嶽海優位はまだ変わらんけれどね。
 小林泰三「パラレルワールド」(角川春樹事務所)読了。小林さんからご恵贈いただきました。なななんと地震と洪水で両親を亡くしてしまう男の子の話。この時期の出版はタイミングが合い過ぎですね。ただし、この少年は事故をきっかけに生じた二つのパラレルワールドにほぼ同時に存在するという状況におかれてしまい、「世界A」では父親を亡くし、「世界B」では母親を亡くし……というぐあいで、それぞれの世界に生きている両親の橋渡し役みたいなことをするのです。若い夫婦はそれぞれが亡くなったはずのパートナーとの絆を、息子を通じて結びあう。という作者らしからぬ心温まる物語、ではない。そこはそれ小林泰三さんのことですから、やはりとんでもない邪悪な人物が登場し、物語は急展開。パラレルワールドの縛りをうまく使いながら、家族たちと邪悪な男とのスリル満点の戦いが描かれることになる。そしてまたこの物語は少年の成長物語でもあるのです。とても面白かったです。小林さん、ありがとうございました。小林泰三ファンはもちろん、そうでない方にもお薦めいたします。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

半村良讃 [SF]

 朝から雨。今日は事務作業あれこれ。近隣の花屋に行き、来週の講演会で講師に渡す花束の予約注文をするなど、雑事多し。教員は授業だけしてたらええと思いなや。放課後は奨学金のネット申し込みをまだしてへん生徒の入力に付き添う。定時に帰れるかと思うていたら、そのぎりぎり直前に別の生徒がやってきて、結局30分ほどよけいにかかってしもうた。そやけど「俺は定時に帰るから入力はまた来週」てなわけにはいかんのよ。役所やとそうなるんやろうけれど、教員がそれをしたら今後の信頼関係をも損なうことになるしねえ。
 帰路は晴天。帰宅してすぐにプロ野球中継を見る。仙台でのイーグルス戦。仙台はずっと雨。それでも藤浪が今季初勝利。よかったよかった。交流戦最下位争いの相手だけに、ここで負けたらあかんぞよ。
 日下三蔵・編「日本SF傑作選6 半村良」(ハヤカワ文庫JA)読了。デビュー作の「収穫」をはじめ、「およね平吉時穴道行」「農閑期大作戦」「わがふるさとは黄泉の国」「夢の底から来た男」など初期を代表する短編と、「戦国自衛隊」を収録。
 おもしろい! うまい! 昔読んだ時には気がつかなんだけれど、どの短編も記憶よりもページ数が少ないのですね。そやのにちょっとした中編を読んでいるくらいの中身の濃さがある。「戦国自衛隊」もそう。こんなに短かったっけ、と思いながら一気に読んでしもうた。
 そやからというて大幅に省略されているという感じでもないのが、半村さんの凄さなのですね。大きく深い内容を過不足のない密度で展開させている。ただ、「石の血脈」の原型となった「赤い酒場を訪れたまえ」だけは、多くのアイデアを少ない枚数に詰め込み過ぎたという感じがした。これは仕方ない。あの分厚い大長編を短編の中におさめようとしているんやもんなあ。そら無理があります。「戦国自衛隊」ももう少し枚数がほしかった。歴史改変もののはしりというべき作品やけれど、他の歴史改変ものと違うのは、歴史の流れを調整するために自衛隊がタイムスリップさせられたという発想。歴史の流れが自然法則としてタイムスリップという現象を起こさせたんやないかと、ここらあたりははっきりと種明かしをしてへんのでこちらが想像するしかないんやけれど、大筋としては間違うてへんと思う。ジャンル書評家として一時期は出版される架空戦記を軒並み読んでいた私には、ブーム時に乱造されたものとは一線を画す芯が一本通っていると、改めて感じましたね。
 これで第一世代作家によるSF傑作選の第一期がすべて刊行されたわけやけれど、さて第二期のラインナップはどうなるのか。豊田有恒、山野浩一、高斎正、石原藤夫など実力派はまだまだいてますからね。日下さん、楽しみにしてますよ。

 6月17日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:

光瀬龍讃 [SF]

 やはりABC「おはようコール」はちゃんとタイガースの勝利を伝えていました。よかったよかった。
 今日は夏日。さすがにお山の学校でもちょっとばかり汗ばむ。
 とにかく締め切りのあるものから着実に仕事を片付けていく。教材作成には手間取ったけれど、まあなんとか月曜日の授業には間に合うた。水曜日はどうしよう。それでも仕事は家には持ち帰らないのです。
 放課後、会議。勤務時間を過ぎてしまう。なんかしらんけれど出んならん会議が多すぎるなあ。平常の30分遅れのバスに乗り、帰宅。タイガースの試合を見る。藤浪君、復活の道は険しいか。
 日下三蔵・編「日本SF傑作選 5 光瀬龍」(ハヤカワ文庫JA)読了。このシリーズはなにしろ分厚いもので、読了まで思いのほか時間がかかった。
 東キャナル市を舞台にした「宇宙年代記」と同じ舞台で展開される「東キャナル文書」「アマゾン砂漠」「火星人への道」や、「無の障壁」「勇者還る」「スペース・マン」などの初期宇宙ものを収録。宇宙空間での個人のちっぽけさをこれでもかこれでもかとかき続けてはったんやなあ。ストーリーで読ませるというよりも、孤独な世界での人の感情を俯瞰したような作品が多い。いくつかはミステリタッチのものもあり、実は意外に芸域は広い方なのです。実際、私が小学生の時に毎週掲載されていたショートショートは、福島正実さんが少し怖い感じのSF、石川喬司さんがユーモラスなSF、そして光瀬龍さんは謎解きミステリと分担してはった。そやからそのころの私は光瀬さんを推理作家やと思いこんでいたのです。これらのショートショートで単行本となったのは福島さんのものだけ。光瀬さんの子ども向きの謎解きミステリショートショートなんて珍品、日下さんの企画で単行本に収録されたりせんのやろうか。
 脱線した。とにかく光瀬さんはヒトという生き物の小ささと宇宙の大きさを徹底的に追求してはったんや。何のひねりもないストレートな作品が多いけれど、「未来を過去として」書くという姿勢にブレがないのには感嘆。今の若い読者にはどううつるかなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

時空のゆりかご [SF]

 今朝も朝から少しひんやり。お山の学校は曇っていて風が強く体感温度はかなり低かった。たまらずストーブをつける。妻に聞くと、市内はそれほど寒くはなかったらしい。
 明日以降の準備で、教材作成など。今年は久々に日本史を受け持つことになり、南北朝のところなどを復習しつつプリント作成などしているんやけれど、足利尊氏と足利直義兄弟の確執と南北朝の対立が絡まっててややこしくも面白い。昔見た大河ドラマ「太平記」を思い出す。ただ、ドラマで見てる分にはええけれど、教えるとなると難しいなあ。教科書の簡単な記述ではわけがわからんので、プリントで補うしかないんやけれどねえ。専門分野やない科目というのはほんまに大変です。
 退出直前に卒業したばかりの生徒から電話。予約した奨学金が振りこまれてへんという。実は予約をとっただけで正式に手続きをしてなんだのですね。「明日すぐに学生課に行って手続きしなさい」と指導。説明の冊子を全く読んでへんのやなあ。まあ、電話してくるだけよしとせねばなるまい。おかげでバスを1本逃したけれど、私の帰宅が遅れることよりも生徒の奨学金の方が大事やもんな。
 帰宅してプロ野球中継を見る。タイガースが新人高橋遥人投手の素晴らしい投球でカープに連勝し、首位に立った。明日のスポーツ紙が楽しみです。「タイガース川柳」にはきっと秀句がたっぷり投句されることでしょう。来週の入選は難しいな。
 エラン・マスタイ/金子浩・訳「時空のゆりかご」(ハヤカワ文庫SF)読了。夢の未来からタイムマシンで時間遡行したダメダメな主人公のために歴史は私たちの知っている現在のような「悪夢」のようなものに変わってしまう。いろいろあって主人公はまた時間遡行をして自分が歴史を変えた転換点に行くのだが……。ヴォネガットの影響を受けたという作者が描くシニカルなタイムマシンもの。私は時間テーマが好きなんで、久しぶりに新刊の翻訳SFを手にしたのです。大きなテーマは歴史改変の面白さやなく、どの並行世界を主人公が選ぶかという価値観の問題なのですね。なるほど、こういう時間遡行もありかという面白いアイデアもあり、歴史を改変するということに対する重みを感じさせる描写もあり、非常に楽しめた。ラストだけは私の好みやないけれど、作者は映画の脚本家ということなんで、映画にするにはこういうラストやないとあかんのやろうなあ。映画化も決まってるそうです。時間テーマのお好きな方はどうぞ。

 4月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

平井和正讃 [SF]

 今日は完全休養日。例によって午前中はテレビを友とする。昼食前、少し寝る。昼食後に午睡しようと思うて布団にもぐりこむけれど、眠気が起こらず。読書に切り替える。
 日下三蔵・編「日本SF傑作選 4 平井和正」(ハヤカワ文庫JA)を読了。「虎は目覚める」「悪徳学園」「エスパーお蘭」「星新一の内的宇宙」などの初期短編と長編「サイボーグブルース」を収録。初期短編は平井さん自ら「人類ダメ小説」と名付けていたそうやけれど、怨念と暴力のパワーがみなぎり、人類に対する絶望感などは全く感じられなんだ。20代に書かれたものがほとんどということで、若さにまかせて叩きつけたというような筆致が目を引く。人類そのものに対する絶望感は眉村卓さんの方が深いんやないかと感じた次第。
 初期の短編はほとんど読んでなかったので、非常に新鮮な印象が残った。人類がダメなのではなく、人間の利己的な部分を拡大して表現したということになるんやないかな。若い作家がほとばしるエネルギーを文章化していったらこうなるという見本のような作品が並ぶ。それだけに漫画原作者として活躍したあとに書かれた長編「サイボーグブルース」は一歩引いた視点から描かれており、絶望しているようで何か救いを求めているようなものが感じ取れた。
 結局平井さんはその救いを新興宗教に求めてしまうことになり、角川文庫版「幻魔大戦」あたりからは作風がからりと変わってしまうことになったわけで、そのことを知っている今、初期作品を読むと、なにやら痛々しい悲鳴をあげながら書いてはるように思えてしまう。そやけど、その悲鳴が作者の個性、魅力となっていたんやないか。そういう意味では新興宗教と平井さんの出会いは、SF界にとっては大きな打撃やったと改めて思うたのでありました。平井さんにとっては、どうやったんやろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

眉村卓讃 [SF]

 本日も完全休養日。お医者の薬は今日の昼まで。午前中はテレビを友とし、昼食後、午睡。夕刻起きてきて、読書。夜の体温は平熱より少しばかり高い。風邪は治ってへんみたい。またお医者に診てもらうてもかわりばえせんやろうし、改源で症状を抑えておくか。できたらあと1週間くらいだらだらと休みたい気分ですけれども。妻から見ると、なんか目も腫れぼったいらしいので、花粉の影響もあるかも。アレグラ錠を服用したら、鼻の具合はましになった。
 日下三蔵・編「日本SF傑作選・3 眉村卓」(ハヤカワ文庫JA)を読了。初期の作品から「下級アイデアマン」「わがパキーネ」などの異世界接触ものと、「産業士官候補生」などのインサイダーSFを収録。私の場合、眉村さんというと「ねらわれた学園」「まぼろしのペンフレンド」「なぞの転校生」などの一連のジュヴナイルSFや「司政官」シリーズなどは読んでいたけれど、初期の短編集はあまり読んでなんだ。そのため今回初めて読む作品も多く、ありがたかった。
 一読、驚いた。初期の眉村作品のシニカルなこと! いわゆるデッドエンドというべき結末が圧倒的に多いのですね。そうならなくても、なにやら皮肉な将来を暗示して終わっていたり。ここらあたり、第一世代の作家群の中ではかなり異色な存在やなかったろうか。
 特に異世界との接触ものでは、地球人からの視点で描かれたものは少なく、異世界人(宇宙人など)の視点から地球人を見た作品がほとんど。星新一さんや小松左京さんとはまた違う突き放し方ですね。後半に収録されたインサイダーSFでも、やはり人間に対して悲観的な作品が中心。小松さんは人間を最後のところでは信頼していたのかもしれんけれど、この時期の眉村さんは絶望してはったんかなあ。
 これはもう近著にも手をのばしてどう変化しているかを確かめたくなりますね。
 よう考えたら、ジュヴナイルSFでも人類の描き方はけっこうえぐかったりするなあ。むろん子ども向けに希望を持たせるような結末にはしてはったけれど。
 このシニカルさは昨今のSFには見られないものかも。若い読者にぜひ読んでもらいたくなる一冊でありました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

小松左京讃 [SF]

 明日は入試本番。今日は最終の準備作業に終始。というか、準備作業が一区切りつき、次の作業に移るまでの間、仕事部屋に戻ってぐったりと動けず。自分が鼻声なのが自分でわかる。目はしょぼしょぼするし、背中は張るし。こらあかん。帰宅して体温を計ると、少しばかり平熱より高い。発熱しているというほどやないけれど、この程度の体温上昇やと無理したら動けてしまうから始末が悪い。何度か間をおいて計る。じわりじわりと上がっている。インフルエンザやないとは思うんやけれど。明日は通常よりも30分ほど早く家を出る予定なんで、早寝せねば。
 往復の電車で、日下三蔵・編「日本SF傑作選 2 小松左京」(ハヤカワ文庫JA)を読み、後わずかというところで最寄駅についたんで、帰宅して読了。「地には平和を」「時の顔」「紙か髪か」「物体O」「神への長い道」「継ぐのは誰か」などを収録。ほとんどが再読やけれど、細かいところはだいぶ記憶が薄れているなあ。
 先日読んだ筒井康隆さんと比較するような読み方になった。例えば「物体O」。筒井さんなら巨大な物体が日本を分断したら、そこで大慌てしてぐちゃぐちゃになっていく人物群像を戯画化するやろう。眉村卓さんならば、物体の被害にあった地域の最前線で苦闘する人物に焦点を当てるかもしれん。では小松さんはどうしているか。
 分断された日本を俯瞰し、その影響や事態収束を図る人々の姿をシミュレートするのですね。さらに、なぜそんな物体が出現したかについての考察なんかもやってみせる。
 日本SF初期に、これだけ個性の強い面々が群雄割拠のごとく登場したことに感謝せねばならん。星新一さん、光瀬龍さん、半村良さんなどほんまに多士済々というほかない。
 解説で日下さんが書いてはるけれど、小松さんという「SFそのもの」を書く芯となる人がいてたから、これだけバラエティに富んだメンバーが独自の世界を広げていけたというのは間違いないことですね。
 小松さんは「知の巨人」と呼ばれるけれど、それだけやないと思う。本書には「紙か髪か」くらいしか収録されてへんけれど、関西人らしいサービス精神に富んだ笑いも提供できるし、文学畑の出らしく詩情豊かな描写にもたけている。こうやって選ばれた作品を読むと、その視点のシニカルさを強く感じた。小松さんは未来にどのような「希望」を見てはったんやろうか。
 あ、そうか。いきなり小松さんの傑作選なんて読んだもんやから、私、知恵熱を出しているのかも。読んでる間、脳みそフル回転でしたもんねえ。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

筒井康隆讃 [SF]

 一日雨天。月例の京都の医者行きの日。こういう天気の時には家でだらだらしていたいけれど、そういうわけにもいかん。
 往路の車中で、日下三蔵・編「日本SF傑作選1 筒井康隆」(ハヤカワ文庫JA)をやっとこさ読了。
 初期の筒井さんは、ほとばしる才気に筆力がついていってへんという感じがする。これは、25年ぶりくらいに読みなおして今回初めて感じたこと。若い頃に読んだ時はそういう感じはせなんだんやけれど。歳はとってみるものである。
 それと、筒井さんの初期作品はすべてなにか古臭く感じてしもうた。筒井さんが作中で予測している未来社会はかなりその予測通りになっているんで、古臭いどころかその着眼点の凄さを感じるというのに、それでも何か違和感がある。
 少し読み返し、なんとなくわかってきた。1960年代に予測した21世紀が、現実の21世紀にかなり近いために、現代の感覚で読むと微妙なずれが生じているわけですね。そのずれが、「60年代に書かれた未来図」であるにもかかわらず、それらを「現実の21世紀を描いた小説」のようについつい読んでしまうので、古臭く感じられてしまうのかもしれん。
 したがって、本書も半ばを過ぎて筆力が発想に追いついてくると、その違和感がなくなってくる。いわゆる「実験的作品」は「現実の21世紀」を跳びこしてしもうているんやろう。特に「佇む人」と「パブリング創世記」はやはり傑作。若い頃に読んだ時の衝撃とはまた違う「凄み」を感じさせてくれた。
 思うに、筒井作品は書かれたその旬の時に読むべきものなんやなかろうか。その時の流行語などやテレビ番組のタイトルなどをもじった「くすぐり」を入れているというだけでなく、書かれた時の読者に理解できるように作られているんやと思う。そういう意味では年代を超えて読み継がれる星新一さんとは好対照な作家なんやないかな。
 帰路は梅田に寄り、阪神百貨店の理容室で整髪。東梅田の旭屋書店で新刊文庫などをみてまわったあと、夕刻に帰宅。阪神百貨店のバレンタイン・チョコレートの催し場を通らんとあかんかったので、人波をかき分けるだけでくたくたになった。午睡したら、もう夜。月曜も休みでよかったですよ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

SF&ガルパン [SF]

 SFマガジンの今月号を買う。表紙を見てびっくり。アニメ「ガールズ&パンツァー」劇場版最新作のポスターやないですか。最初、裏表紙の広告やと思うたぞ。裏表紙の広告は今日泊亜蘭評伝。こっちの方が表紙みたい。
 別にアニメを表紙にすることについては異論はないけれど、どうせならアニメ雑誌のように表紙用に新たに絵を描きおろしてもろた方がよろしいのやないですか。「バーナード嬢、曰く」を表紙に起用した時はちゃんとひとコマ漫画にしたものを描いてもろてるやないですか。
 まあ、予算というものがありますからね。アニメの場合背景などとコミやと予算が不足してたのかもしれん。
 それにしてもなんで「ガルパン」。SFですかねえ、このアニメ。アイデアとしては「婦女子のたしなみとして茶道、華道などとならんで“戦車道”がある世界」という「if」の部分はSF的かもしれんけれど、話はとにかく高校生の女子たちがただひたすらドンパチやるというもので、そこに家族の問題やとかいろいろとエピソードをつけていってふくらませているというSF的な要素はほとんどないものやないですか。
 私、「ガルパン」は大好きで、テレビでの本放送はもちろん、特典DVDとして作られたものや劇場版がテレビ放送された時ももれなく見ております。戦車が好きで好きでたまらんという「愛」を感じますね。軍艦を擬人化して人気のある「艦これ」が今ひとつ面白くなかったのはそれぞれの艦に対する思い入れみたいなものを感じることがでけなんだからなんですよ。
 登場人物たちの描きわけもていねいで、さすが吉田玲子・脚本、水島努・監督と思うておりました。再放送でもう一度見返したくらいですからね。人気が出て劇場版が製作されるのも無理はない。
 しかし、SFマガジンで特集を組む必然性は感じません。それはそれ、これはこれ。企画段階でプッシュする人がいたのかな。まあ、「ガルパン」ファンにSFマガジンを手に取ってもらおうということなのか、スポンサー料が入ってくるからのか、そこらあたりは内部事情がわからんからなんとも言われんけれど。
 よく見たら、「ガルパン」の絵の横に小さな字でA・C・クラーク特集の見出しがひっそりとついている。
 ああ、SFマガジンよどこへ行く。クラークよりも「ガルパン」の方がメインやなんて、信じられんわい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ルンベアって誰? [SF]

 愛すれどTigers「中谷が3試合連続ホームラン」を更新しました。

 昨日の朝日新聞の「天声人語」欄で、スポーツ選手のドーピングの話題をとりあげているんやけれど、そこで「名ランナー同士の人工授精で生まれた選手や、科学者がホルモン操作で育てた選手らが競う」というSF小説を紹介し、「そんなレースは見たくはないけれど」と締めている。
 この小説の作者はクヌーズ・ルンベアというんやそうで、発表年は1955年。タイトルは紹介してへん。
 私は海外SFに特に詳しいわけやないので、この作家の名前も初めて知った。検索したら、「オリンピック男子陸上800メートル決勝―あるオリンピックアスリートの悲劇」(ビネバル出版)というタイトルで、木村由利子さんが翻訳してはる。1996年に刊行されて、現在は絶版の模様。他にどんな作品があるかは不明。なにしろこの作品しか検索では引っかからなんだもので。
 それにしてもこんなマイナーな作品をよう引っ張り出して来はったなあ。しかもまるで有名な作品であるかのように「クヌーズ・ルンベアのSF小説に……」なんて書いてはる。私も一応SFファンのはしくれですからね、こんなに堂々と、しかも紹介している中身は言うたらなんやけれど凡庸な設定ですやん。そんな作家知らんぞ、と焦りましたよ。
 どうも「天声人語」のいやらしいところは、「俺、こんなマイナーな小説でも目を通しているんだぜ」的なところが鼻につくところですなあ。今さら私が書かんでもそない思うてる人は多いかも。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ: