So-net無料ブログ作成

鎌田実の死 [追悼]

 今日も登場通りの時間帯に起床。昨夜録画した深夜アニメを見たり、ずっと楽しみに置いておいたドラマ「雲霧仁左衛門2」の最終回を見たり。テレビを見るのは疲れたので、午前中は読書。昼食後、例によって午睡。夕刻、起きてきてパソコンを使うたり、本を読んだり。追っかけ再生でプロ野球中継を見る。完封負け。先制されたらもう反発できないのはソラーテが加入しても変わらず。サンテレビは珍しく放送時間内で中継終了。昨日がサンテレビで今日がカンテレやったらちょうどよかったのになんて、勝手なことを言うてます。
 夜はニュースサイト巡回。元阪神タイガース、近鉄バファローズ内野手の鎌田実さんの訃報 に接する。享年80。癌のため療養中やったという。
 私は鎌田さんの現役の最後の方をテレビでたぶん見てるはずやけれど、記憶にない。サンテレビの解説者としての鎌田さんという印象が強い。現役時代は守備の名手としてならす。1960年代にデトロイトタイガースのキャンプに参加してバックトスを習得し、二塁鎌田、遊撃吉田、三塁三宅の鉄壁の内野陣を完成させたという。村山監督とはそりが合わず、バファローズに移籍して、知将三原監督のもとで二塁を守るけれど、バックトスを封印させられたという。鎌田さんの守備に当時のバファローズのショート安井選手がついていかれへんでぽろぽろこぼしたかららしい。そのバファローズ時代、三塁守備に入っていて二塁にバックトスしてアウトにしたとか。近藤唯之さんは「プロ野球史上唯一の例」と書いてはる。以上、出典は近藤唯之「阪神サムライ物語」より。山藤章二さんは「難しい球をやすやすとアウトにし、真正面の球をエラーする変な天才」と評した(出典は「タイガースファンブック」)。
 ずっとサンテレビの解説を一人で担当していた後藤さんが1978年に監督に就任したため、空席を埋めるように鎌田さんが解説者として起用された。そのシャープな語り口は後藤さんとは違うて非常に新鮮やった。当時のプロ野球解説というと、ABCは根本陸夫さん、NHKは鶴岡一人さん、TBS系では水原茂さんと戦前戦後の球史を彩った人たちばかり。水原さんの解説なんかホームランが出たら「立派ですね」の一点張りやったなあ。そんな中で理論的で歯に衣着せない鎌田さんの解説は新鮮やった。
 そのうちサンテレビの解説者も代替わりして工藤一彦さんや中田良弘さんといった人たちが登場すると、後藤さんと鎌田さんは解説を引退していくようになる。鎌田さんはアマ野球の指導者になり、解説席に座ることはなくなり、寂しい思いをしたものやけれど、高校生くらいで野球経験のない私は、鎌田さんの特に守備に対する鋭い視点にいろんなことを学ばせてもろうたと思う。鎌田さんの解説を聞いていたら、ときおり関東のラジオがネットされた時に聞く廣岡達郎さんの解説も甘口に感じられるくらいやった。
 若き多感なタイガースファンに、野球という競技の厳しさを解説という立場で教えてくれはった。何とも懐かしい思いでいっぱいです。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

高島忠夫の死 [追悼]

 G20サミットのおかげで阪神高速は車が走ってへんので、窓が開いていても結構静か。朝から昨夜録画したアニメ「ジョジョの不思議な冒険」「フルーツバスケット」を見たり、今朝の「なつぞら」を見たりするけれど、朝食後、むやみに眠く、昼食前まで睡眠。昼食後、パソコンを立ち上げてニュースサイトの巡回など。2時からラジオでプロ野球中継を聞く。テレビ中継が試合開始後30分たってからなんで、それまではラジオというわけ。で、30分たったところで力尽きてまた寝る。寝床でラジオを聞いていても、朝に寝たから大丈夫と思うていたんやけれど、なんかこの連休は眠いなあ。
 30分ほど寝たところで目を覚まし、ラジオを切ってテレビで追っかけ再生。寝てしもうた30分間の間に青柳が大量失点。テレビではカンテレのアナウンサーが盛り上げようとするけれど、あきらめなはれ。ここらあたり、サンテレビのアナウンサーはタイガースを応援しつつも大逆転が必ず起きるような実況はしません。
 試合終了後、寝床で読書。またこの日記で感想は書くけれど、P・ホセ・ファーマーの前衛的な短編がとにかく読みにくくて、結局また寝てしまう。どんだけ細切れに寝てるねん。あんまり質の良くない寝方ですねえ。夕食後は妻とたまっている録画を何本か見る。
 俳優高島忠夫さんの訃報に接する。享年88。死因は老衰。私らの年代やと「クイズ・ドレミファドン」や「アメリカ横断! ウルトラクイズ」の司会者とか、「ゴールデン洋画劇場」の映画解説というのか紹介というのか、そんなんしてる人というイメージが強いけれど、東宝映画では「キングコング対ゴジラ」に出てはったり、小松左京さんの若き日の友人として自伝「やぶれかぶれ青春記」(旺文社文庫版)の解説に名を連ねていたりと、SFとは全く無関係やったわけやないのですねえ。
 あと、今回初めて知ったんは、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんは高島忠夫さんの姪にあたるんやねえ。高島さんもジャズをしてはったわけやから、実は音楽家の家系やったのかしらん。テレビの画面にはおさまらん感じがしてたけれど、そこはやはり映画スターやったからなんやろうなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

田辺聖子の死 [追悼]

 今日は午前中は授業がぱんぱん。午後からは来訪者あり、会議あり、教育実習生への指導ありで、なかなか奨学金の実務が進まず。体が重く、定時で退散。帰宅後は追っかけ再生でプロ野球中継を見る。BSテレ東がサブチャンネルを使うて4時間半を超える試合を中継してくれた。とはいえまた寝る時間が遅くなるやないですか。明日は時間に余裕があるので、事務作業がはかどることやろう。いや、はかどらさんとあかんのですわ。
 作家、田辺聖子さんの訃報に接する。享年91。死因は胆管炎。
 私は田辺さんの熱心な読者というわけやなかったけれど、代表作である「姥ざかり」のシリーズや、「ラーメン煮えたもご存知ない」などのエッセイがとても好きやった。なによりそこで書かれる大阪弁が上品で、ほんまは大阪弁というのはこういう言葉やってんなあと再確認させられることが多々あった。
 女の強さ、男の弱さ、男女の機微を上質のユーモアで表現した稀有な作家やったということは、今私がここで書くまでもないこと。
 あまり触れられることのない傑作を紹介しときたい。「お聖どん・アドベンチャー」(集英社文庫)です。タイトルは映画「ポセイドン・アドベンチャー」のもじり。作家が食えなくなってしまった近未来社会で、旅芸人の一座をしたりして生き抜くという連作短編集です。出てくる作家はみな実名。筒井康隆、小松左京、眉村卓といった関西のSF作家はもちろん総出演。笑いのオブラートにくるみながらも、言論が衰退していく社会の恐ろしさを根底に描いたSFなのです。源氏物語の再話、古川柳の紹介、与謝野晶子ら先達の評伝などから、恋愛小説、そしてSFも書けるというこの幅広い作風に、底知れぬ実力を感じるのですね。
 言わねばならんと思うた事ははっきりと言う、そういう肝のすわった作家でもあった。こういう人はもう二度と出てこんのやろうなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

 6月16日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

横山たかしの死 [追悼]

 今日も午前中はテレビを友とする。深夜アニメに「仮面ライダージオウ」「リュウソウジャー」と、滞貨解消でドラマ「雲霧仁左衛門」を一気に3話分。昼食後、少し午睡して昼過ぎにプロ野球中継を追っかけ再生で見る。7-5の打ち合いで、9回裏だけテレビの放送時間に入らなんだんで、残りはラジオ。マツダスタジアムの中継は「DAZN」では配信してへんのでねえ。夜は読書。明日に備えて英気を養う。
 漫才師横山たかしさんの訃報 に接する。死因は多臓器不全。享年70。
 最近は金ぴかの車椅子に乗って舞台にあがってはったらしい。金ぴかのスーツを着て「大金持ちのお坊ちゃんじゃ。すまんのお」とたわいのないホラを吹き、相方のひろしさんにつっこまれて「今のはみんな嘘じゃ。すまんのおぉぉぉぉ」とやるのが定番。若い頃は「オカマ漫才」で売ろうとしたけれど、うまくいかず「ホラ吹き漫才」のスタイルに変えてから売れた。私が最初に見たころはちょうどその転換期くらいやったかな。赤いハンカチをくわえて「すまんのお」とやるスタイルはその名残かな。
 漫才ブームに乗って東京進出をはかっていた時期で、「お笑いスター誕生」なんて東京の番組にも挑戦していた。審査員の京唄子さんに「最初からホラとわかってしまうのはどうか」なんて指摘されてもスタイルを変えなんだのは、これでいくという決意の表れやったのかな。
 話芸に磨きがかかって賞を受賞するようになったころは、ワンパターンやということがわかっているのについ笑わされてしもうた。ひとつことを続けていって花を咲かせた好例やろう。むろん金ぴかスーツで「おぼっちゃま」感を出したり、工夫を積み重ねて「ホラ吹き漫才」を完成させていったということやろうね。
 横山やすしの唯一残った弟子という肩書は、えらいことやないかと思う。きまぐれで天才肌の師匠にとことんついていけたというだけでもすごいことですよ。
 今の漫才はどんどんスピード感が増していっているからこういうタイプの漫才師が晩成するというのは難しいかもしれんけれど、そういう意味では昭和の漫才師のスタイルを残した数少ないコンビやったかもしれんなあ。これで横山エンタツを祖とする横山という屋号のコンビは絶えてしまうのか。それはそれでちょっと寂しいね。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

木村進の死 [追悼]

 なんでこんなに眠いんやろう。寝不足やからです。それはわかってるけれど、いろいろあってなにもかもうっちゃらかして寝るなんてことはでけんのです。
 というわけで、今日も試験監督をしていると睡魔に襲われて困る。その後は6月に行う「人権講演会」の打ち合わせの電話などをして、昼前に退出。芦原橋にある支援学校で「道徳教育推進担当者研修」なるものに行かねばならなんだのです。
 私のような不道徳な人間に「道徳教育推進担当者」をやらせるという暴挙をしたのは前任の校長。またもや実践計画を書いたり報告を書いたりせねばならんのかと思うと、非常に憂鬱であります。研修を受けたけれど、道徳教育と人権教育の区別がつかん。定時に終了し、大阪環状線で帰宅。
 喜劇役者木村進さんの訃報 に接する。享年68。
 私が子どもの頃の吉本新喜劇のエースやった。若くて芝居ができて、ギャグの間も絶妙。特にコンビを組んでいた間寛平さんとのやりとりは、寛平さんのどう飛んでくるかわからんボケを自在にキャッチし、見事にボケ返すもので、まさに名コンビやった。
 ABCが「てなもんや三度笠」のリメイク版である「わろてんか三度笠」を製作した時も、このコンビを起用したけれど、残念ながら「てなもんや」にはおよばなんだ。それよりも、坂田利夫さんを入れてトリオで丁稚役をした「あっちこっち丁稚」(これはリメイクやないけれど「番頭はんと丁稚どん」の吉本版ということになるか)の方が人気は高かった。吉本新喜劇が一番おもろかった時代、やないかな。申し訳ないけれど、今の吉本新喜劇はテレビで見る限り、パワー不足。人の場面を食うてでも笑いを取りにいく迫力が感じられん。
 残念ながら三代目博多淡海を襲名したあと脳内出血で倒れ、以降は車椅子生活で、表舞台から消えてしもうた感がある。それでも自分の劇団を作ったりもしてはったみたいやけれど、それも大きく報じられることはなかった。
 寛平さんが今も全国区で活躍しているのとは対照的ではあるけれど、寛平さんも木村さんと組んでいた時ほどの面白さはないと思う。
 すべてにおいて芸達者であるこういう喜劇人は今の吉本新喜劇からは出てこんのやろうなあ。子どものうちから親の喜劇一座で身につけたものやもんなあ。そういう意味では平成以降ではこういう喜劇役者の存在はまず無理やろう。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:お笑い

白石冬美の死 [追悼]

 今朝も早く起きて昨夜録画した深夜アニメをたくさん見る。「ドメスティックな彼女」「五等分の花嫁」など最終回が続く。ああ、年度末やねんなあ。まあたいてい原作が完結してへん場合が多いんで、「これ最終回と違うやん」と思うものが多いのもいつも通り。
 昼食後、少し読書。2時からラジオをつけてプロ野球開幕第2戦を聞く。今日はカンテレが3時からという中途半端な中継開始なんで、ラジオで聞きながらええところだけスマホで見る。もっともええところは糸井のホームランだけやったんで、それはカンテレの中継でもなんべんも見せられた。試合展開が早く、カンテレもちょっとだけ中継延長をしてくれたんで、最後まで見ることができてよかった。接戦ながら2連勝。暫定首位でありますね。
 昨日は双羽黒のほか、もうひとつ訃報が。声優白石冬美さんの訃報 に接する。享年82。死因は虚血性心不全。
 テレビっ子やった私にとっては、やはり忘れられん声優さんの一人。ニュースサイトでは「巨人の星」の星明子と報道されてるケースが多いけれど、私にとっては白黒時代の「怪物くん」ですね。のちにカラーでリメイクされた時には野沢雅子さんがあてていたけれど、最初に刷りこまれた声の印象はぬぐい難い。特に主題歌も歌うていて、「おれは、かいぶつくんだ」と短調のマーチ。なんとも独特の響きがあり、子ども向きのテレビ漫画には珍しかったから特に印象深い。
 むろん「機動戦士ガンダム」のミライさんも印象に残るキャラクターやけれど、アニメのレギュラーはその後少なくなっていったのはやはり体調が悪かったからなんかな。最後にテレビで声を聞いたのは「日常」というアニメで、回ごとに次回予告の人を変えていて、その中にいてた。むちゃくちゃ久しぶりに声を聞き、まだまだ元気そうな感じやったのでなんとなく嬉しかったのを覚えている。
 どうやら孤独死やったみたいで、あれだけ人気のあった声優さんやのに、なんか寂しいなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

双羽黒の死 [追悼]

 今日は年休をとって1日休養。朝は定時に起床して深夜アニメ「幻想のネバーランド」最終回などを見る。それから昼前まで少し寝て、昼食後はパソコンに向かい、かきもの。読書をしてたら眠くなってきたので、午睡。夕刻起きてきて、待望のプロ野球開幕戦を見る。テレビ中継は15分だけしか延長してくれなんだのでラジオに切り替えてサヨナラ勝利を聞く。スマホで「DAZN」アプリを開き、ハイライトを見たりしてから、パソコンに向かう。
 ニュースサイトを開いたら、大相撲元第60代横綱、双羽黒光司さんの訃報 に接する。享年55。死因は慢性腎不全。
 取的の頃から大器と期待された人やった。そして期待通り大きな相撲で勝ち進み、のびのびした明るい性格も相まって、大関までは順調に出世していった。当時高価やったパソコンを使うということで、「新人類」なんて呼ばれたりしてたなあ。そうです、私らの世代は「新人類」やったんです。いまや旧人類になってますけどね。北尾関はあの時パソコンで何をしてたんやろう。パソ通でもしてたんか。ファミコンですら今のスマホとは比べものにならんくらいスペックが低かったから、パソコンでできることなんてたかが知れていたからになあ。
 期待が大き過ぎたせいで、優勝なしで横綱に昇進。当時の春日野理事長の命名で「双羽黒」と改名させられた。本人は本名の北尾のままでよかったと思うてたのにね。いくら理事長とはいえ一門外の親方がしこ名をつけるなんて、よほどですよ。しかも相撲史に残る大横綱の双葉山と羽黒山を合わせたしこ名ですよ。この基準でいえば稀勢の里なんか何度でも横綱になれたぞ。それはともかくここから彼の相撲人生は暗転する。千代の富士を何度も追い詰めながら優勝できず、なぜかメディアでは悪評ばかり報道される。ちゃんこがまずいと付け人をどついたとかなんとか。そしてついにおかみさんに怪我をさせた大々的に報道される。おかみが腕をつって映っている写真がでかでかとスポーツ紙に掲載される。追いつめられたまま、廃業。私はこれは今でも何か仕組まれたものやないかと疑うている。甘やかしておいて、結果増長したと叩きつぶす。まるで相撲史の汚点のように今も伝えられる。以後、横綱に昇進する基準が厳しくなって、旭富士から日馬富士までの横綱は2場所連続優勝しないと準優勝でも昇進でけんようになった。さすがに鶴竜以降は「優勝に準ずる成績」という条件が適用されるようになったけれど。
 以降の北尾さんは「冒険家」「格闘家」などをして話題にはなるけれど、結局長続きせず、一時は立浪部屋でコーチをつとめたりもしていたけれど、表舞台から姿を消してしもうた。
 そして近年の暴力事件……。北尾さんにコメントを求めるメディアはなかったけれど、北尾さんはどういう思いでこれらの事件を見てはったんやろうな。
 ちゃんと優勝してから綱を締めていたら、双羽黒なんてキメラみたいなしこ名やなく北尾のまま横綱になっていたら、また違うた相撲人生を送っていたように思う。若くして大き過ぎる期待を背負わされるということで人生が狂うてしまう。期待度では全くかなわなかった保志が北勝海となり優勝して横綱になり、今や協会の理事長になっているのを見ると、運命の残酷さというようなものを感じてしまうなあ。
 大関北尾時代の明るい笑顔が忘れられへん。スケールの大きな大横綱になれる可能性が、「期待」という得体のしれん魔物のせいでつぶされた「悲劇の横綱」やった。
 それにしてもまだ55歳で逝去とは。これもまた悲劇の横綱らしいといえばいえるんやろうけれど。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

山田スミ子の死 [追悼]

 今日は2年生対象に奨学金の説明をする。大学進学希望者と専門学校進学希望者の二手に分かれていて、同じ内容を2回講義。これまでの生徒によくあったミスなどを例にとり、よく保護者と相談するよう強調。いわば借金しろと勧めているようなもんやから、そこのところは「返還することをよう考えなさい」ということをなんべんもくりかえす。担当者としては希望する進路はかなえてほしいけれど、負担が大きくならんようにしてほしいという葛藤はあるのですよ。
 午後からは不要になった書類の廃棄やら校内LANのフォルダの整理など。急に温くなって体が重く、ほんまにマイペースで進める。こういう時、ぼっち部屋やと人目を気にせんでええから気楽ではある。
 帰宅してアニメを何本か見て、夕食後、パソコンに向かう。
 吉本新喜劇のもと女優やった山田スミ子さんの訃報に接する。享年73。死因は大腸癌。先月の12日頃に亡くなってはったという。
 私が中学生くらいのスター女優さんやったなあ。愛嬌のあるべっぴんさんという役どころが多かったけれど、「あっちこっち丁稚」の御寮人さんでは大きな声で店のものを叱りつけると木村明さんが赤褌で登場して舞台中かけまわる、なんてギャグをやってた。
 あの自分の吉本新喜劇というのはとにかく体を張ったえげつない場面が多くて、そういう役どころもできれば、品のある役もできる貴重な喜劇女優さんやった。NHKの朝ドラ(BK製作分)などにもちょくちょく出てはった。確か「カーネーション」で病院のベテラン看護師役をやってはったのが、私がテレビで見た最後やったんと違うかしらん。
 演技力という点でも申し分なく、吉本新喜劇の枠におさめておくにはもったいないと思いながらテレビを見ていた記憶がある。
 近年は親の介護、そして自らの闘病というような事情で表に出ることが少なくなってはったらしい。
 最近の吉本新喜劇はあまり体を張った芝居というものが見られんようになり、ちょっと寂しい。山田スミ子さんの活躍していた時分の吉本新喜劇はがらは悪かったけれど活気があったように思う。その時代を代表する役者さんの一人やった。あの時代の吉本の女優さんでは一番好きやったなあ。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

アンドレ・プレヴィンの死 [追悼]

 今日はお山の学校の卒業式。1年間総合的な学習で全員と接し、また奨学金の申し込みでもかかわってきただけに、今日でお別れとなるとやはり寂しいね。最後のホームルームをのぞきに廊下をうろうろ。卒業アルバムに一筆書いたり、記念の写真をいっしょにとったりする。
 午後からは仕事部屋で事務作業。来年度もこの部屋でまた1年お仕事をすることがほぼ確定したので、来年度に向けての準備もせんならん。
 へろへろになって帰宅。妻が風邪ひきで横になっているので、帰りにスーパーで買うた寿司の夕食。テレビで「熱血!タイガース党」を見ながらもそもそと食べる。ちょっと寂しい。妻はやがて空腹で起きてきた。卒業記念の紅白饅頭を食する。よく休んだので少し元気になったようで一安心。
 ネットで、音楽家アンドレ・プレヴィンの訃報に接する。享年89。
 クラシックの指揮者、ピアニストだけやなく、ジャズ・ミュージシャン、作曲家と多方面にわたって活躍した人なんやけれど、私としてはやはりクラシックの指揮者としての印象が強いねえ。
 それほど数多くCDを持っているわけやないけれど、一番のお気に入りは弾き振りのガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」と「ピアノ協奏曲」をおさめたアルバムですね。ガーシュウィンの曲はクラシックにかたよりすぎると楽しくないし、ジャズにかたよりすぎると曲の深みに欠けてしまうように思う。そこらあたりのさじ加減が難しい。クラシックもジャズもこなすラベック姉妹でもやはり硬い。
 で、そのさじ加減が抜群なのがレナード・バーンスタインとアンドレ・プレヴィンなのですね。バーンスタインはニューヨーク・フィル盤と晩年のロス・フィル盤があるけれど、どちらも素晴らしい。ただ、ピアノ協奏曲は録音してへんのが残念。というわけで、この2曲のカップリングではプレヴィンがピッツバーグ響と録音した盤が私のベスト。楽しく気持ちよく、そして奥行きがある。
 ウィーン・フィルを振ったムソルグスキー、ラヴェル編「展覧会の絵」も数多く聴いたけれど生き生きとした演奏で好きやなあ。ホルスト「惑星」はアナログ時代のEMI盤とデジタル時代のテラーク盤があるけれど、若き日のEMI盤の方が色彩的でいい。
 何年か前に来日公演で指揮をしている姿をテレビで見てなんかもうよぼよぼになっていててショックを受けたなあ。たしかモーツァルトを振っていたと思うけれど、見かけと違い、生きのいい音作りは健在やったのでほっとした。年老いても巨匠然とした音作りにならなんだのが魅力ですね。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

笑福亭松之助の死 [追悼]

 今日は入試業務のほか、来週に在校生向けに行う奨学金の説明資料の作成など。ただ、かなり疲労がたまっているので、休み休みの作業となった。月曜からずっと入試業務で緊張しながらの仕事が続いていたもんなあ。定時に退出し、帰宅してからは「まんぷく」などを見たりして過ごす。
 日記を書こうとパソコンを立ち上げてネットの新聞サイトを見たら、落語家笑福亭松之助師匠の訃報に接する。享年93。訃報には「明石家さんまの師匠」と書かれていたりなんかしたけれど、才人落語家やったんですぞ。若手の頃は「宝塚新芸座」で喜劇役者として舞台に立ってはったから、役者としても存在感はあったし、「テレビ・アラカルト」という漫談調の新作では「アムステルダムの朝は早い……て、どこでも朝は早いがな」「家のもん全部がバカボンのパパのしゃべり方でしゃべったら夫婦喧嘩なんか起こらん……“それでいいのだ”」というような小ネタをつないだりしていた。このネタは小林信彦さんが「笑学百貨」というエッセイ集で「日本のスタンダップ・コミック」と絶賛してはった。私が生で聞いたネタではチェーホフの戯曲を落語に仕立てたりしてたなあ。むろん古典落語では「堀川」などを得意にしてはった。
 米朝師匠より歳は上やったと思うけれど、それを感じさせんくらいずっとしっかりしたはった。なにしろ五代目松鶴の弟子ですもんねえ。さんまさんは落語をせんからというので、笑福亭ではなく自分の本名から「明石家」の屋号を作って名前を与えたりしてはったのは、やはり師匠にとって落語は特別なもんやったということなんやろうなあ。
 これで上方落語四天王の代の落語家さんはみんな亡くなってしまわはった。戦後、上方落語の再興を支えた人たちがついにいてはらへんようになったんやね。露の五郎兵衛師匠とともに、側面から上方落語界を固めていった貴重な存在やったと思う。
 謹んで哀悼の意を表します。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い