So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
時事ネタ ブログトップ
前の10件 | -

まだ変えますか [時事ネタ]

 朝から体が重く、お山の学校に到着した時点で疲労感が強い。午前中は空き時間が多かったけれど、なかなかエンジンがかからずスローペースでお仕事。午後からは授業がぱんぱんにつまっている上に会議と生徒対応、保護者対応に追われて帰宅した時には疲労困憊。急に温くなり、ちょっと動いただけで汗をかく。
 体が気温の変化についていってへんのかなあ。
 新聞やテレビのニュースでは米国の中間選挙の話題で持ちきり。宗主国の選挙やもんな。結果次第でしんぞう総理がクライムヘイト大統領にどうすりよったらええかが決まるわけやからね。そらまあ一大事。上院と下院でねじれが起きていると騒いでいる。
 ねじれおおいに結構やないですか。我が国やゼロサム先生時代の大阪のように「一強」といわれるような状態の方が怖い。
 最近、自宅の最寄駅の地下鉄出口に維新さんが立ちはだかってごあいさつをしているのが邪魔で仕方ない。なんで急に辻立ちをし出したんやろうと思うていたら、来年の春には統一地方選があるんやね。半年先に備えて顔を売らんならんというわけか。創業者に訴えられている政党の新人か。必死になっているのはようわかるけれど、「大阪を変える」をキャッチフレーズにするのはどうよと思う。大阪で維新さんが天下をとってから10年くらいになり、いろいろと変えてきたけれど、もうこれ以上変えんでよろしいよ。そろそろ安定期に入って、変えたもろもろのことを安定させる時期にきているんやないかと思うんやけれど、「変える」ことだけしか売りがないんやからどうしようもないか。
 とにかく駅の出入り口に立ちはだかるのは通行の邪魔やからやめていただきたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レームダック [時事ネタ]

 日曜出勤の代休で本日は休日。朝は通常通り起きて、朝食をとりながら昨日録画した深夜アニメ「BANANA FISH」などを見る。今日の「まんぷく」を見てから再度就寝。昼ごろ起きて昼食をとり、しばらくスマホをいじったりしてから午睡。とにかく寝たくて寝たくてたまらん。それだけ今週は体力を消費していたんやろうな。そこらへんに積んである本を移動させたりせんならんところなんやけれど、それは明日にまわそう。とはいえ明日もまただらだらと一日を過ごしてしまいそうなんやけれど。
 夜は新聞社の社説読み比べなどをする。なんと産経新聞の社説(主張)がしんぞう政権の移民政策に関する政策を批判している。これまでは他紙が批判してもしんぞう総理について不利なことは社説ではとりあげず、あるいはよその出方を見てしんぞう総理擁護の論陣を張るというのが常やったのに。政権が終わりに近づくとレームダックを起こすというけれど、はやくも産経はこれまでのなにがなんでもしんぞう総理擁護路線から舵を切りはじめたということか。沈み始める船からはネズミがまず逃げ出すというけれど、産経の出方にそういうのを感じてしもうた次第。意外としんぞう政権、崩壊は近いかも。
 ゼロサム先生の所属事務所が維新の会を訴えたのにも興味深いものがある。なにごともゼロサム先生頼みやった維新の会から、先生は距離を置きだしたということか。維新の会の崩壊も近いかもしれんねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震か震災か [時事ネタ]

 大相撲小言場所「平成三十年秋場所展望~御嶽海の大関昇進なるか~」 を更新しました。

 夜中はよく降ったらしい。昨晩録画した深夜アニメを見ていたら、ひっきりなしにテロップで気象警報がはいる。お山の学校のある大阪府北部は土砂災害警報が出ていたらしい。まあ週明けに出勤したら土砂災害で学校に被害、なんてことはないやろうけれど。
 むろん北海道の震災の被災者のことを思うと、贅沢なことは言うてられん。腹の立つのは読売新聞と産経新聞の論説委員で、地震でブラックアウトになったのにかこつけて、社説にて泊原発再稼働の必要性を説く。被災者のことよりも原発再稼働の方が大切なんやなあ、彼らは。地元の北海道新聞の論説委員はそんなことは一切書いてへん。地元のメディアが必要としてへんと言うてるものを安全な東京で必要と書く神経がわからん。
 ついでにいうと、「北海道胆振東部地震」という名前をつけたのは気象庁ですか。震度7の大地震を「震災」と名付けず「胆振東部地震」という極めて地域限定的なものにしてしもうたのはなんでなんやろう。意識的に矮小化したいということか。「北海道震災」くらいの名をつけて思い出しやすくした方がええように思うなあ。将来「胆振東部地震」といわれてもピンとこなくなるんやないかと心配になる。言葉の持つ力の重さを改めて感じた。
 先週の台風で疲れがたまったのか、むやみに眠く、昼食前に寝る。昼過ぎに起きて昼食。午後はプロ野球中継を見る。カープの不安定な先発投手には通用しても、ジャイアンツのエースには好調打線も機能せず。
 試合終了後、パソコンに向かい、夜は妻とたまっているアニメの録画を何本か見る。
 気温が下がり、一服つけにベランダに出ると心地よい。汗まみれの生活からそろそろ脱出できるかと思うとほっとする。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

オウム死刑執行 [時事ネタ]

 今日も大雨。朝、昨夜録画したアニメ「BANANA FISH」などを見てから出勤。お山の学校にいてると、昨日も今日もひっきりなしに警戒メールが携帯電話に届く。学校のある場所は避難区域に入ってなかったけれど、割と近くの地域が避難勧告地域になっていたりするのは気持ち悪い。考査が終わるとすぐ帰るように校内放送で促していたりするんやけれど、遅くまで残ってる生徒もいてる。よほど家に帰りたくないのか。避難勧告地域に住んでいる生徒なのか。
 甲子園球場のナイターが中止に決まったのもかなり早い時間やった。兵庫県は県全体に大雨警報が出ているし、阪急が運行を見合わせていたりもするんで、やむをえまい。
 採点業務などを続け、定時に退出。帰りのバスは予定通り駅に着いたけれど、阪急は間引き運転をしていて、いつもとはダイヤが違う。30分ほどよけいに時間がかかったけれど、無事に帰宅できたんやからええとせな仕方ない。
 録画予約していたNHK「上方落語の会」など、すべて休止。オウム真理教の教祖が死刑というニュースと、各地での大雨の状況の報道とで、多くの番組がすっとんでた模様。森達也さんの本などを読んでいたので、オウム死刑囚7人の死刑が執行されたからというてもろ手をあげて万歳とはいかん気分ですね。特に教祖はほんまに心神喪失状態にあったみたいなんで、ちゃんと治療を施してまともに受け答えができるようにしてほんまのところを話させなあかんかったんやないか。死人に口なし。異常な宗教の教祖が誇大妄想を抱いて多くの人を殺させたという物語が完結してしもうた。それでよかったんかなあ。現代社会の病巣をえぐるような問題提起ができる機会を、悪い奴は殺してしまえというように単純化することで覆い隠してしもうたと感じた次第。
 夜には雨があがる。でも、明日もまた結構降るらしい。明日は家から一歩も出ずにじっとしてよう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かんさいがくいんだいがく [時事ネタ]

 今日は完全休養日。朝は木曜深夜と金曜深夜のアニメを見る。昼食前に少し寝て、昼食後に午睡し、2時からラジオでプロ野球中継を聞く。テレビ中継開始は3時から。ラジオを聞きながら少しうつらうつら。なんとか起きてテレビ中継を追っかけ再生で見る。テンポよく試合は進み、中継時間枠内で終了。
 次いで録画していた相撲中継を見る。
 途中のニュースで「日大アメフト部監督、関学へ謝罪」のニュースを見る。日本大学の選手が関西学院大学の選手に襲いかかり怪我をさせてから、何日たってるのか。試合直後に謝罪しに行くくらいやないとあかんやろうに。で、「かんさいがくいんだいがくに謝罪してから辞任するつもりだった」と記者の質問に答えている。
 かんさいがくいんだいがく!
 謝る相手の学校名くらい正確に言われんか。「かんさい」は関西大学。関学は「かんせいがくいんだいがく」でしょ。この段階でもうアウトですねえ。この監督、自分の大学名も「にっぽんだいがく」とか言うんやないでしょうね。
 相撲は栃ノ心が7連勝。相撲の奥義を極めた栃ノ心は、戦わずして勝つという境地にまで到達した。いえいえ、遠藤が休場で不戦勝やったということ。栃ノ心に追い風が吹いているなあ。もっとも、栃ノ心と遠藤の相撲は見たかった。藤井アナウンサーも「今日一番の好取組でしたが」と残念そう。追うのは1敗の白鵬。さすがに連敗はしないねえ。

 明日、5月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セクハラ次官 [時事ネタ]

 今日は山積した仕事を少しずつ片づける。と、管理職からまた新たな仕事の依頼が。なんとか仕事の追加は最低限に抑えてもらう。
 というわけで、放課後、打ち合わせが終わり、座るとめまいが。かなりストレスがかかっておるなあ。というわけで、まだまだ仕事山積ではあるけれど、定時で退出。仕事よりも自分の体が大切です。帰宅後、野球中継を見る。タイガースの勝利でちょっとはストレス解消。今はもうタイガースの勝利が最高の薬です。
 財務省のセクハラ次官が辞任。それでも「私はやっとらん」と主張している。セクハラ被害者が自分から申し出てくることはないとたかをくくったか。
 で、先ほど新聞のサイトをのぞいてみたら、なんと被害者の勤めるテレビ朝日が「被害者は弊社の社員」と申し出てきた。さあ、セクハラ次官はどう出る。今度はテレビ朝日を名誉棄損で訴えるか。
 ハラスメントやいじめは被害者の思いがすべてにおいて優先される。加害者が「そんなつもりではなかった」というのは通用せんのです。セクハラ次官には文科省の「いじめガイドライン」を精読することをお勧めしたい。
 日刊スポーツによると、週刊新潮のサイトで聞ける声と、テレビで記者にこたえる次官の声を声紋鑑定したら、ほぼ同一人、もしくは双子の兄弟というくらい一致するんやそうです。さあ、セクハラ次官は日刊スポーツも名誉棄損で訴えるか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女性も土俵に上がれる! [時事ネタ]

 今日は朝から肌寒い。気温はおそらく平年よりも高いのかもしれんけれど、昨日までがむやみに暑かったからなあ。
 諸般の事情で勤務時間が30分ずれで後ろに。朝、多少は余裕を見て出られるのはええけれど、帰りが遅くなるのもかなわん。遅く出て早く帰れるんやったらええんやけれどね。
 午後からは会議、講習、会議、講習と続き、さすがに疲れた。配慮の必要な生徒がようけ入学してくるので、そういう生徒にどういう対応をすべきか、大学病院の主治医の先生を呼んでの講習やから、出とかんとあかん。私は新入生の授業はあまりない予定やけれど、数少ない授業でそういう生徒を受け持つことになったら、知っとかんと大変やしね。
 大変というたら、大相撲の巡業で市長が土俵上で倒れ、その対応のために女性が土俵に上がったら、場内アナウンスの行司さんが「女性は土俵から降りてください」と言うたというんでまた騒ぎになった。近くにいた観客から指摘されてとっさにアナウンスしたらしいけれど、観客も観客やな。そこでそんな指摘をするかね。幸い市長の容態は大事にはいたらなんだらしいけれど。まあ緊急事態やったら女性が土俵に上がってもええと言うことになったと解釈してええのですね、これ。
 というわけで八角理事長がまた謝罪。妻によるとまたまたテレビのワイドショーでわあわあと騒いでたそうな。
 ほっといたれよ、と思う。なにしろ相撲は民放では中継してへんから、スポンサーに気兼ねすることなく叩ける素材やからね。それよりも自衛隊の日報隠しを叩けよ。カジノ法案の中途半端な妥協案を叩けよ。相撲の巡業の土俵に女性が上がろうが何をしようがそんなの大騒ぎするほどのことかいな。狭い世界の話やないか。
 相撲協会もご難続きやなあ。仏滅と三隣亡と暗剣殺がいっぺんにやってきてるような塩梅ですね。いっぺん全協会員をお払いしてもろうたらどないだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

総理の陳謝 [時事ネタ]

 さすがに昨日一日相撲漬けになっていた疲れが取れず、今日の仕事はかなりのスローペース。これなら午前中は休暇を取ってゆっくり過ごすべきやったか。
 今は今年度の総括みたいな仕事ばかり。来年度早々に奨学金の説明会があり、その通知が来ていたりすると、なにか追い立てられているような気がするなあ。できれば私ではなくサブでついてくれる人に行ってもらうべきなんやけれど、そこらへんの細かな校内人事は4月にならんと確定せんからね。
 4月から1年かけて業務マニュアルみたいなものを作った方がええのかもしれん。そやないとお山からいつまでたっても降りられんようになる。
 休憩時間にネットでニュースサイトを見ると、森友学園問題で改竄文書がついに出された。財務官僚も、もうのらりくらりと逃げてはいられんと観念したか。今日まで社説(主張)で知らんぷりを決め込んでいた産経新聞やけれど、さすがに明日の社説(主張)ではとりあげざるを得んやろう。私の予想としては、官僚の堕落と腐敗を攻撃し、内閣には責任がないことにすると思うているんやけれど、果たしてどうか。総理が関与した証拠はないというあたりを強調するのと違うかな。「忖度」にはあえて触れんようにしてさ。
 しんぞう総理も窮地に立たされたと思うけれど、「深く陳謝」して、それですます気でいてるんやろうな。で、総理は誰に謝ってるんでしょう。有権者相手ならこれだけではすまんように思うが。そこで総理にもわかる言葉で言うてあげたい。
「ごめんですんだら警察いらん」。
 帰宅して録画した相撲を見る。高安が連敗。うーむ。私は場所前に優勝候補の筆頭に挙げていたんやけれど、早くも予想を外してしもうたなあ。夕食後は昨日相撲に行ってて見られなんだ「仮面ライダービルド」と「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」を見る。気分は日曜の朝。
 通勤の車中で田中啓文「アケルダマ」(新潮文庫)を読了。田中さんらしい伝奇小説。タイトルの「アケルダマ」は、イスカリオテのユダがイエスを売った金で購入した土地のこと。クリスチャンの方たちから抗議のきそうな内容ではあるけれど、私は門徒なんで面白く読めた。聖書の記述の「変なところ」を啓文流につつくとこういう解釈になるのですね。「水霊 ミズチ」よりもストーリー展開がこなれているのは、それだけ田中さんがキャリアを積んできた証しやろうな。伝奇小説ファンにお薦め。どういう地口で落とすのかと思うて読んでたけれど、まあこの内容で地口オチにはできませなんだなあさすがに。

 3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国税庁長官辞任 [時事ネタ]

 朝からどんよりとした天候。行きの車中では生あくびが。むやみに眠くてたまらん。午前中、予定していた仕事をすべてすませ、午後は先週土曜出勤の代休で帰宅。家に着くと、すぐに午睡。すぐに熟睡し、目を覚ました時にはもう薄暗くなっていた。夜は録画していた番組やサンテレビ「熱血! タイガース党」を見たりして過ごす。
 国税庁長官が突然の辞任ということで、政局がまた大きく動きそうな感じ。理財局長時代の文書書き換え疑惑の責任を取ったということやそうな。近畿財務局の職員が自殺をしたというニュースも。文書書き換えがなければこういう事態にもならなんだやろうから、まああったんでしょうな。国税庁長官はほとぼりが冷めたころにどこかに天下ることになるんやろうけれど。民間人になったので国会への証人喚問は難しくなったと自民党の議員が言うてるけれど、籠池さんは民間人やなかったのかいな。ロッキード事件の時に証人喚問をされた人たちも民間人やったぞ。長官の証人喚問で政権に都合が悪くなるかもしれんので釘をさしたつもりなんやろうけれど、ちっとも釘はささってへんように思うぞ。
 米国大統領と北朝鮮第一書記が首脳会談をするということで、外交上でスルーされてしもうたしんぞう総理。少しずつ追いつめられてきているような感じかな。読売新聞まで社説で文書書き換え問題の真相究明を要求しだした。一番の応援団のはずの産経新聞は社説(主張)では一切この問題について取り上げる様子がない。事態の推移を見守っている感じやな。「総理には責任はない」と堂々と主張したらええのにね。
 上橋菜穂子「獣の奏者 I 闘蛇編」(講談社文庫)を読了。以前にアニメ化されたものは、かなり子ども向きな感じやったので原作を読もうという気にはならなんだけれど、「守り人」シリーズを読んで、これは違うんやないかと感じたので、読むことにした。ストーリーはアニメで知っていたけれど、かなりアニメとは印象が違うなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

羽生結弦と国民栄誉賞 [時事ネタ]

 昨日の日記に書いたように疲れがかなりたまってて、年次有給休暇がたまっていて、今日はテスト監督も自分が出んならん会議もなく、休暇を取って休む。明日は休日出勤の予定なんで、今日くらい休んでおかんと体がもたん。
 というわけで、今日は完全休養日。朝は「ゆるキャン△」など昨晩録画した深夜アニメや今週の「わろてんか」をまとめて見て、朝食後、二度寝。昼食を取るために起き、テレビを少し見て、午睡。疲れが完全に取れたかどうかはともかく、ゆっくりと休めてよかった。夕刻はテレビを見たり本を読んだりして過ごし、夕食時には「熱血! タイガース党」などを見る。
 やっとこさフィギュアスケートの羽生結弦選手に国民栄誉賞が贈られることになった。五輪大会で金メダルを二期連続取った時点でもう確定かと思うていたのに、なんやずるずると遅くなったのは、先般、将棋の羽生永世七冠と囲碁の井山七冠に賞を出してすぐに羽生選手に贈ったら、しんぞう総理の人気取りと批判されるのを恐れてのことやということが新聞で報道されていた。
 こういう時に人間性が出るんですなあ。つまり、国民栄誉賞は贈られる相手のことよりも贈る側の事情で選んでるということを露骨に示しているんやないですか。この人に贈りたいと思うたら素直にばんばん贈ったらええやないかと、私は思うのですね。自分がどう思われるかとか気にしている時点で、人品の卑しさみたいなものが見えてしまう。
 自民党の中では、女子レスリングの伊調選手は4季連続金メダルで出してるのに、羽生選手はまだ2季だけやとか言うた人もいてるらしい。競技寿命の違いとか、種目の特性とかまったくわからん人の言葉に耳を傾ける必要はないと思うけれど、こういうことを平気で発言できる神経がわからん。
 今、羽生選手に国民栄誉賞を贈ることについて反対の声が国民の中から続々と上がってくるというようなことはないと思うぞ。それもわからんのか総理。
 ともかくめでたいことであります。小平にも高木姉妹にもカーリングチームにも贈ったげましょうよ。

nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 時事ネタ ブログトップ