So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

御嶽海の勢い [大相撲]

 午前中、窓を開け扇風機で空気をかき回し続けても、仕事部屋の室温は32度。午後はさらに上がり34度。冷房のきいた部屋で会議をし、サウナのような仕事部屋に帰ると、よけいに暑さがこたえます。仕事の間、昨日作った湯ざましをがぶがぶ飲んで熱中症対策。ああ、水がうまい!
 頭を使う奨学金の事務作業は明日にまわして、単純作業に徹し、定時に退出。
 帰宅して録画した大相撲中継を見る。御嶽海、以前勝ちっ放し。苦手としている魁聖を下しての連勝やから、これはもう完全に勢いづいてるね。
 ただ、優勝したとしても即大関昇進というのはなしですよ。先場所は初日から7連勝しながら8勝止まりやったんやから、勢いづいているひと場所の成績だけで判断してはいかんと思う。
 夜はタイガースの試合をBS朝日で追っかけ再生。またも甲子園でジャイアンツに3タテ食らいました。川柳をひねろうにも何も出てきません。
 明日も熱中症にならんように気をつけて仕事しましょうかね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

相撲ゲストに市川紗椰 [大相撲]

 朝から昨晩録画した深夜アニメを何本か見る。今クールも多いなあ。アニメの見過ぎで頭がぼーっとしてきたので、昼食前に一度寝て、昼食後に午睡。
 夕刻に起きて録画した相撲中継を見る。なんと新大関栃ノ心も休場。カド番の高安と豪栄道は優勝争いどころやないしなあ。勝ちっ放しは御嶽海。1敗で遠藤、千代大龍、朝乃山が追う。はい、ここで私の予想。優勝は(たぶん)遠藤です。御嶽海はいつも前半はええのです。そやけど後半から終盤にかけてたいてい失速する。もし稽古量が増えていたのなら、失速はないやろうけれど、相撲雑誌や新聞記事の情報では特に御嶽海の稽古量が増えたというものもなかったし、いつもの場所と同じやったら、終盤までこの勢いがもつかどうか。で、他の力士の中で今一番安定した相撲が取れているのは遠藤ですね。先場所の怪我の影響も感じさせへん、下半身が土俵にぴったりとついた相撲で勝ち続けている。
 ただし、怪我の多い力士なんで、そこらあたりは心配ですね。怪我さえなければ優勝は遠藤!
 まあ私の予想はたいていはずれるんで、あまりあてにしないでくださいね。でもたまには当たってほしいなあ。
 今日は幕下から十両の取組の中継にモデルの市川紗椰さんがゲストで出演。相撲雑誌では大の相撲ファンとして登場し、タレントの山根千佳さんと並んで「スー女」の代表格として知られている人。地方場所も入れて必ず毎場所最低1日は見に行っているというからすごい。私も仕事のスケジュールが許せばそういうことをしてみたい。好きな人が好きなことについて語るのを聞くのはほんまに楽しい。船岡アナウンサーもうまく話を引き出ししていて好感のもてる中継でありました。
 夜はプロ野球オールスターゲームを見る。残念ながら岩貞は故郷熊本で2失点。糸原はエラーとタイガース勢はちょっとあかんなあと思うて見ていたら、最後に糸原がセ・リーグ唯一の得点を叩きだすタイムリーヒットを放ち、溜飲を下げた。
 今日も猛暑。午睡しても寝汗でじっとり。京都は38度まで気温が上がったそうな。明日の「たちよみの会」の例会は熱中症対策が必要やなあ。

 明日、7月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。祇園祭宵々山ですが、やります。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

目指せ再十両 [大相撲]

 愛すれどTigers「豪雨で3試合連続中止、カープ戦も中止」を更新しました。

 豪雨でお山の学校はどうなったか心配やったけれど、特に異状なし。ただ、とにかく蒸し暑い。仕事部屋には空調はないので、窓を開け放し扇風機をつけっぱなしにしているけれど、ちょっと動いただけで汗をかいてしまう。
 午前中は試験監督が詰まっていたので、成績をつける作業を午後に集中して行うけれど、途中で何度もへばりかけた。コンビニのくじで当たったドリンク剤を飲むと、一時的ではあるけれどましになったかな。4時ごろになってやっと窓から吹きこむ風が涼しくなって動きやすくなった。明日から授業再開なので、教材の準備などもせんならん。なかなか奨学金の事務作業に移れんなあ。
 定時に帰宅して録画した相撲を見る。タイガースの試合は豪雨の関係で3試合ともなくなってしもうたので、相撲を落ち着いて見られるのはありがたいかも。
 鶴竜、白鵬、高安、栃ノ心は初日から連勝。特に鶴竜は2連覇で自信がついたか非常に安定した相撲で、このままいけば3連覇もあるかな。幕下から関取復帰を目指す豊ノ島を応援しているけれど、こちらも力強い相撲で白星発進。この調子で7番とれたら全勝優勝で文句なく十両復帰となるところなんやけれど、取的は毎日相撲を取るわけやないんで今日みたいな相撲を維持できるか難しいんやなあ。謹慎明けの貴公俊ももろ差しから一気の寄りで勝利。早く双子の弟の貴源治にもう一度追いついてもらいたい。
 ちなみに十両以上が関取で、幕下以下が取的。取的は「ふんどしかつぎ」なんて呼ばれ方もする。関取の付け人として身の回りの世話をしなければならんからね。関取と取的では待遇が全く違うんで、もと関取の取的力士は再び関取に戻りたいという気持ちはより強いんやないかなあ。特に幕内で活躍していた力士にしたらふんどしをかつがせていたのがかつぐ方にまわっているわけやから。そやけど十両から一度落ちたらなかなかもとに戻られんのですよ。それだけに三役から幕下に落ちてそこから再スタートして大関まであがった栃ノ心はほんまにすごいのです。9回目の再十両という希善龍の記録もたいしたものなのです。
 とまあ、相撲観戦の楽しみはそういうところにもある、ということです。

 7月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。祇園祭宵々山ですが、やります。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

豊ノ島と安美錦と千代の国 [大相撲]

 愛すれどTigers「連続負け越しで5位に転落」を更新しました。

 昨日十分午睡できなんだせいか、いささか寝不足気味。それでも朝から昨晩録画したドラマ「声ガール」などを見てから出勤。「声ガール」はそれほどおもしろいわけでもないのに、なぜ見てる。毎週戸松遥さんが顔出しで出てるからか? 先週は浪川大輔さんが本人役で出ていたし。吉本新喜劇の浅香あき恵さんが出てたのには驚いたけれど。
 でもこれ深夜にやる内容やないよなあ。声優を目指す若い女性たちが迷いながら一人前になっていく話というのは夕方、子ども向けの枠でええんと違うかと思うけれど。ターゲットは主役の福原遥香さんと本人役ででてる戸松遥さんのファンということで深夜枠なのか? 私には朝食をとりながら見るのにちょうどいいという内容ではあるけれど。
 本日は明日の試験作成、会議に、ちょこちょこと保護者から奨学金の相談、など。少しずつ仕事の積み残しが出るなあ。試験週間中に片づけてしまいたいところやねんけどね。
 帰宅して大相撲中継を録画で見る。幕下では全勝で関取返り咲きを狙う豊ノ島を応援していたけれど、残念ながら4連勝ならず。でも一時期よりも下半身で粘れるようになってるから、来場所こそ全勝で関取返り咲きを決めてほしい。
 幕内では妻ともども安美錦を応援してるんやけれど、往年の粘りも、若手をあしらう小技も全く見られず負け越し。表情も勝負師の顔やなくなってるし、今場所いっぱいで……と嫌な予感がする。栃ノ心は9連勝。1敗で両横綱と千代の国が追う。千代の国の勝ち越しインタビューで吉田アナウンサーに「優勝争いにこの後もからんで……」と振られると、恥ずかしそうな笑顔で「いやあ、それは」なんてとこがかわいらしかった。優勝など狙わず無欲で自分の相撲を取り切ってほしいですねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

さすがは北の富士さん [大相撲]

 今日は完全休養日。なのに朝は平常と同じ時間に目が覚める。そのまま起きて、午前中はテレビを友とする。深夜アニメはほとんどが来週最終回。3ヶ月見続けてきて、やっとその世界観に慣れてきたようなものでもいったんは終了する。DVDの売り上げが良かったりしたらしばらく間をおいて第2期とかいうて続編を製作するものもあるけれど、売れなんだら尻切れトンボで終わるんやなあ、これ。
 昼食後、午睡して夕刻録画した相撲を見る。十両は4敗で3人が並ぶ激戦。幕内は高安が御嶽海との熱戦を辛うじて制して3敗を守ったけれど、結びの相撲で鶴竜が豪栄道に押しこまれながらも土俵際でなんとか残ると、予想通り豪栄道はぱったりと前に落ちて鶴竜の優勝が決まる。誰ですか、優勝候補は高安やと場所前に書いてたのは。はい、私です。鶴竜が14日目まで1敗を守るとは予想でけなんだ。危ない相撲も多かったけれど、なんとかもちこたえた。北の富士さんやったかな、鶴竜が正代を引きにかかって負けそうになったのに正代が勢いあまって先に土俵から飛び出してしまい星を拾うた時に、「こういう相撲でも星を拾う力士が優勝するんです」という主旨のことを言うてはったけれど、さすがやなあ。この時点で鶴竜の優勝が濃厚やないかと見たはったんやろうな。
 そのあと、やはり録画していたプロ野球オープン戦「タイガース対バファローズ」の試合を見る。初回にロサリオと大山の連続タイムリーで先制したのはええけれど、能見が吉田正にホームランを打たれるなどして5失点。オープン戦もあと1試合。来週には開幕やもんな。心配になるよな。まあオープン戦はオープン戦。ちなみに昨シーズンのオープン戦首位はマリーンズ。セ・リーグ優勝のカープはオープン戦11位。
 そう、ペナントレースは長丁場なのです。そして、前のシーズンと同じことは決して起こらんのです。と、自分に言い聞かせながらバファローズの新人田嶋に2回以降抑えられているタイガース打線を見ていたのでありました。シーズンに入ったらもっと打ってくれるよね。オープン戦はオープン戦、公式戦とは、違うんだろう、ジョー!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

鶴竜と魁聖は当たらない? [大相撲]

 朝から吹き降り。高層マンションのベランダは特に風がきつくなる。昼過ぎ、雨が上がり晴れ間も出ていたけれど、風だけは台風並み。一服つけにベランダへ出ようとガラス戸を開けると、風が吹きこんできて玄関のドアが開かんばかりになる。壁の陰に隠れるようにすれば少し風よけになるので一服つけられる。風の通り道に立つと体温を一気に持っていかれるように感じてしまう。
 朝食前後にテレビを友とし、食後少し寝る。昼食時に起きてきて、そのまま読書。ベッドに横になって読んでいたら、ちょうど胃が消化を始めたためか睡魔に襲われ、午睡。
 夕刻起きてきて、録画した相撲を見る。十両の炎鵬はかなり苦戦しているなあ。頭をつけてもぐりこみ、低く低く体勢を取るんやけれど、あまりに低すぎて上から覆いかぶさられるようにはたきこまれてしまう。今場所はそういう負けが多い。番付運がよく初土俵から6場所で関取になれたけれど、ちょっと家賃が高かったかな。
 私は昔から小兵力士がひいきで、相撲を見始めたころは貴ノ花、旭国、鷲羽山などが好きやった。舞の海や智ノ花などが活躍した時期もあったけれど、だんだん力士が大型化してきて小兵力士が上位に来ることがなくなった。里山には期待したけれど、残念ながら今は幕下。早く石浦が幕内上位に上がってきてほしいなあ。十両では照強、翔猿ががんばっている。ここらあたり入幕してきたら楽しみやねんけどね。
 魁聖が貴景勝休場のため不戦勝で1敗を守る。ここらあたり、運も味方してますね。鶴竜は、吉田賢アナウンサー言うところの「11日目の壁」を破って勝ちっ放し。取組編成では明日は鶴竜は栃ノ心と当たる。となると、残るは御嶽海、豪栄道、高安の順になることが予想されるんで、魁聖とは当たらんやないですか。魁聖には自力で鶴竜と並ぶチャンスがないということか。取組編成は審判部の仕事。失敗したねえ。御嶽海戦は飛ばして鶴竜と魁聖が直接当たるようにはでけんのかな。まさか高安を飛ばして千秋楽結びの一番にもっていくとか考えては……ないやろなあ。
 土俵の外ばかり注目されてるんやから、せめて土俵上にも目を向けさせるようにしてほしいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

舛乃山、豊ノ島、千代鳳に肩入れ [大相撲]

 本日も完全休養日。午前中は例によってテレビを友とする。深夜アニメはいよいよ最終話近くなってきたものも多く、盛り上がっている分だけ見ていると疲れる。そうそう続けてこちらのテンションを上げてはいられんのですよ。間に「ハクメイとミコチ」みたいな森の小人の日常生活を淡々と描いたというようなものをはさまんと、ラスボスに対峙して死闘をくりひろげるようなものばかりではこちらの身がもたん。
 昼食後、午睡。夕刻起きてきて録画した相撲を見る。幕内は鶴竜と魁聖が7連勝。それはまあそれとして、私は幕下で舛乃山が3勝目をあげたのが嬉しかったなあ。膝の怪我で序ノ口まで下がって、三段目と序二段の間をいったりきたりしていたのが、今場所ついに幕下まで番付を上げてきた。ここから一気に、というわけにはいかんやろうけれど、じっくりじわじわと関取の座を取り戻せるところまで上がってきてほしいなあ。幕下にはアキレス腱断裂で陥落し、幕内復帰を目指す豊ノ島や、やはり膝の怪我で一気に番付を落としてしもうた千代鳳などががんばっている。幕下以下の有望な若手を追うのも楽しいんやけれど、こういう再起を期するもと幕内力士に肩入れしてしまうのでありますね。

 明日、3月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

相撲場風景2018 [大相撲]



 今朝は早目に起きて、昨夜録画した深夜アニメを何本か見てから8時過ぎに出かける。
 待望の大相撲春場所初日であります。前売りを予約したら、初日があたってしもうた。10年以上春場所には足を運んでいるけれど、初日に行くのは初めて。写真のように力士幟も非常に美しい。
 9時ごろには会場入り。序二段の相撲の途中から見る。審判員交代の時間を狙い一服つけ、売店へ。パンフレットと番付を買う。ちょうど開店準備が終わったところで、なんと今場所のお客さん第一号ということで、番付はサービスしてもろうた。そういうゲン担ぎをしてはるのかな。去年は隣に座った方にいただいたので、2年連続無料で手に入れたことになる。なんて運のいいこと。
 今年は私の座席は西方の向正面寄り。例年のようにここに書きたくなるような面白い観客は近くにいてへん。向正面に陣取った団体客は勢と豪栄道の時だけ名前を書いたうちわやタオルで応援。勢は交野、豪栄道は寝屋川出身。大阪市平野区出身の大翔丸には応援なし。北河内の団体やろうか。
 豪栄道の応援といえば、正面あたりのいちびりの客が手拍子とコールをはじめ、向正面の客たちもそれに応じて豪栄道コールをやりはじめた。やめてよ、そういう相撲場にふさわしくないことはと思うていたら、あまりコールの輪が広がらなんだせいか、すぐにやんだ。仕切り直しの途中でまた正面あたりのいちびりがやりはじめたが、今度は誰も続かなんだので、自然消滅。大阪の観客は相撲の楽しみ方をよう知っているんやなあと思う。



 初日は初めてなもので、協会ごあいさつを生で聞くのも初めて。それに加えて今年は3月11日が初日と重なったので、東日本大震災の被災者への黙祷もあった。先場所優勝の栃ノ心の賜杯と優勝旗の返還式も見られた。前はだいたい13日目を狙うて行ってたからね。力士たちが初日独特の堅さを見せているのも面白かった。さて、来年は千秋楽を申しこんでみようかな。
 帰宅後、録画しておいた相撲中継を見る。物言いの一番など、会場ではリプレイ画像が見られなんだりするからね。それはそれで現場ならではの楽しさではあるんやけれど、ビデオで見直すとおもしろさも倍増です。
 1日相撲にひたっていたので疲れたけれど、リフレッシュにはなったように思う。今年は久しぶりに甲子園にも行きたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

貴乃花親方の思惑は [大相撲]

 今日もひたすら成績つけ。9割方作業が進んだんで、来週月曜日にはエクセルに数値を入力して一気に成績処理ができる……はず。放課後の会議が長くなり、いつもよりも20分ほど遅く退出。これが乗り継ぎの関係で30分以上遅い帰宅になるんやなあ。帰路は相撲雑誌を読んだりする。
 相撲といえば、今日は注目の理事選挙。貴乃花一門から貴乃花親方と阿武松親方(もと関脇・益荒雄)が立候補し、貴乃花親方の理事当選なるかが注目されたけれど、基礎票が少ないうえに、一門の親方衆には阿武松親方に投票するよう貴乃花親方の指示が出ていたとかで、貴乃花親方が他の一門の親方衆の票をどれだけ集められるかが焦点となっていたけれど、全く集められず、落選。そやけど、どうもこの落選は貴乃花親方にしたら織りこみ済みやったんやないか。おそらく来年以降のことも考えて阿武松親方を一門からの理事として理事会に送りこみ、自分は委員という立場で2年間足場固めに専念しようとしているんやないかなあ。
 おそらく次の2年間、八角理事長(もと横綱・北勝海)体制はもたへんと踏んでいるんやないか。それを見据えたうえでの今回の立候補か。また、無投票で理事が決まったらあかんという考えもあって、あえて立候補したようにも思える。
 私は八角理事長は次の理事長選挙には立候補したらあかんと思うている。ほなら誰を理事長にするのよ。ここで浮上するのが芝田山親方(もと横綱・大乃国)ですわ。現役時代から師匠の故放駒親方(もと大関・魁傑)のもとでガチンコ相撲を貫いた人物。温和な人柄ではあるけれど、一本筋の通った人物と見受けられる。八百長問題で揺れた時期に思い切って本場所開催をやめ、次の場所は技量審査場所として無料公開をするなどして難局を乗り切った放駒理事長の衣鉢を継ぐにふさわしい人物やないかと思うています。
 まだひと月以上あるけれど、今から春場所が楽しみ。今年はネット予約で初日の椅子席を確保できたので、朝もはよから並んで当日券を買い求める必要もないのです。同じ失敗は繰り返しませんとも。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

相撲界乱世の始まり? [大相撲]

 大相撲小言場所「初場所をふりかえって~栃ノ心が平幕優勝~」 を更新しました。

 朝からテレビを友とする。土曜深夜は 「ラーメン大好き小泉さん」 「ミイラの飼い方」などなんともいえんおかしみのあるアニメが今クールは多いねえ。
 なかなか気温はあがらず、昼の気象情報では最高で5℃とか。朝から床暖房でリビングを暖めていたけれど、切ったらすぐに寒くなったものなあ。というわけで、昼からは布団にくるまり、冬眠。夕刻、なかなか布団から出られん。
 それでもなんとか起きて、録画した相撲を見る。優勝の栃ノ心は千秋楽も好調の遠藤に勝って14勝1敗と堂々たる優勝。
 ただ、日馬富士の引退届をすんなり受理したつけが今場所現れたんやないかと思うている。むろん日馬富士は引退してへんでも今場所は謹慎やったやろうけれど、番付に名前があるのとないのとでは鶴竜にかかるプレッシャーも違うていたやろう。
 栃ノ心の優勝は、見てて嬉しかったし、怪我で下位に落ちている力士たちの励みにもなったやろうと思う。でもね、協会としてはもろ手をあげて万歳とはいかんのと違うかな。
 千代の富士の引退後、大乃国、北勝海、旭富士と立て続けに引退して曙が横綱に昇進するまで平幕優勝が相次ぎ、乱世さながらの状況が1年ほど続いたことがあったけれど、今後はそういう状況が再現されるんやないかなあ。栃ノ心の優勝はその兆しやないかという気がしてならんのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ