So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
テレビ全般 ブログトップ
前の10件 | -

百福さんと萬平さん [テレビ全般]

 体調が今ひとつよくなく、早退も考えたけれどいろいろとやらねばならぬこともあり、気力でもたせる。帰宅してごろごろしながら今日の「まんぷく」を見る。主人公は安藤百福さんの奥さんがモデルなんやけれど、そこはそれドラマなので、かなり潤色している。
 特に百福さんをモデルにした萬平さんについては、「発明家」という設定で、これは事実とはかなり異なるのですね。私は前任校で「なにわ研究」という授業を担当していて、大阪で起業した実業家を何人かとりあげて教えたりもした。サントリーの創業者やグリコの創業者、パナソニックの創業者、阪急電鉄の創業者といった具合に、生徒たちのよく知っている企業の創業者について教材を作り、大阪の経済の発展をそれらの人たちを通じて学ばせたわけです。むろんその中には安藤百福さんも入っていて、教材を作る際にいろいろと調べたから、経歴もだいたい頭の中に入っている。百福さんは発明家ではもちろんなく、戦中までは台湾で会社経営をしていて、戦後は信用組合の理事長をやっていたそうです。その信用組合がつぶれたあと、インスタントラーメンの開発を始めて成功するのですね。
 それではドラマとしては面白くないので発明家ということにしたんやろう。ただ、インスタントラーメンを開発するきっかけとして、戦後の闇市でラーメンの屋台に並ぶ人々の姿があったということで、それはドラマにもちゃんと反映されている。
 そのあたりの知識は妻にはないものやから、ドラマの他の登場人物が実際にはどういう人やったのかということが気になって私に質問してきた。で、私は覚えていることをいろいろと話したんやけれど、授業で使うた知識がこんなところで役に立つとは思うてなんだなあ。
 どうやらドラマではそろそろインスタントラーメンの開発をしはじめそうなところまで来ているけれど、どういう具合にモデルになった百福さんとドラマの萬平さんを重ね合わせていくのか。そういうところも楽しみの一つであったりするのですね。
 ちなみに「カーネーション」の時もモデルの小篠綾子さんについて授業でとりあげていて知識があったんで、やはり興味深く見ることができた。なんでもやっておくもんです、ほんまに。「わろてんか」の時はあまりにも事実と乖離し過ぎていて、しかもドラマの方が御都合主義に過ぎたのでかちんときてしもうたのかもしれんなあ。
 さて「まんぷく」の展開やいかに。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

「まんぷく」はじまる [テレビ全般]

 今週の月曜日から、NHKの朝ドラで「まんぷく」が始まった。昨年の「わろてんか」は期待外れやったけれど、今年のBKは本気ですね。主演を新人にやらすんやなくて、キャリアのある人にやらせる。「いもたこなんきん」の藤山直美さん、「カーネーション」の尾野真千子さん、いずれも非常に面白かった。「わろたんか」の葵わかなさんは熱演やったとは思うけれど、19歳の子に吉本せいをモデルにした主人公をやらせたBKがいかん。芸人を仕切る御寮人さんに迫力がないものな。それは葵さんの責任やなく、そういう女優を起用せなんだBKの問題です。
 今年の「まんぷく」は安藤サクラさん。芝居も達者、大阪弁も不自然なところがない。ドラマ自体の出来はまだこれからやけれど、やはり芝居は役者で決まるんやなあと、今朝、今週分6本一気に見て思うた。
 ただ、ひとつだけ違和感があるのですね。主人公の母は松坂慶子さん、二人の姉は内田有紀さんと松下奈緒さん。この3人は目がぱっちりしていて母子と言われても納得がいくんやけれど、安藤サクラさんだけ細い目でのっぺりした顔立ち。同じ母から産まれたとは思われんのです。せめて父親の遺影を柄本明さんあたりにしといたら、「ああ福子ちゃんだけお父さん似なんやねえ」と思うたりできるんやけれどねえ。そやけど写真のお父さんもぱっちりした目をしてはる。
 誰の子や。近所でそんな噂が立ってるんと違うか、なんて妻と言うてます。
 さあ、これから半年、どう展開していくか、楽しみにしております。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

「仮面ライダービルド」終了 [テレビ全般]

 朝、早目に起きて、昨夜録画した深夜アニメを見てから「仮面ライダービルド」「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」を見る。昨日から立て続けに見ているなあ。
 「仮面ライダービルド」は最終回。1年間、単純なよい子たちにはちょっと難解なストーリーで1年間引っ張ったなあ。これはすごい。正直、いつ路線転換するのかと心配していたんですぞ。特に政争を描いた部分や、端役で出てきた人物が一気に重要人物になったり、悪役として登場していた人物が父の死をきっかけに味方になるとか、ライダーのアクションだけを楽しみにしているお子様は退屈やったりわけがわからなんだりしたんやなかろうか。
 そやけど、自分もそうやったけれど、子どものころに見たウルトラマンを大人になって見直すとそこに隠されたメッセージが見えてきたりする。今わからなんでも、「おもしろかった」という記憶があれば大きくなってからまた見直そうとするはず。子どもだましは必ず見破られる。徹頭徹尾テーマを貫いたスタッフに拍手をしたい。
 昼食後、午睡。夕刻、プロ野球中継を追っかけ再生で見る。5点差をつけられて8回表を迎えた時には、まさか一気に6点取って逆転勝ちするとは予想もしてなんだ。まあ澤村からは何度も逆転勝利をしているから、かすかに期待するところはあったけれどね。
 というわけで、ゆっくり休めた上にテレビも楽しめたので、いい休日になりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

サブチャンネルの活用法 [テレビ全般]

 朝早く目覚め、昨夜録画したアニメと、平日に放送されたのを録画した「仮面ライダービルド」「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」「プリキュア」を見る。近畿エリアのみの、高校野球中継でぶっ飛んだ回を平日にまとめて放送、というやつです。地デジ時代になったんやから、高校野球中継をメインチャンネルでしながら、「ライダー」などはサブチャンネルでしたらええのにと思うけれど、如何。「ライダー」や「戦隊」など社会人も見てるという意識は朝日放送にはないのかなあ。また、よい子のみなさまも毎週楽しみにしているという意識も、まあなかろうな。
 昼食後、午睡。今日も猛暑日。それでも窓から吹きこむ風は昨日よりは心地よい。夕刻起きてきて、読書。夜はナイター中継観戦。今日はNHKの地上波。ニュースの時間帯はサブチャンネルを活用しての中継。アナログ時代はこのニュースの時間帯の中断でええ所が見られなんだりして困ったものでしたが、こればかりは地デジの恩恵ですね。
 試合については書くまい。ビデオ判定でセーフに見えたのをアウトにされた段階で、審判がジャイアンツを勝たせにきたと確信。以上。
 小島毅「天皇と儒教思想」(光文社新書)読了。自民党の「復古派」の人たちがいう皇室の伝統などがいつ作られたのか、儒教研究の専門家が、「お田植とご養蚕」「山陵」「祭祀」「皇統」「暦」「元号」と章だてをして検証する。ご自分でも書いていて予備知識の部分で読み手が退屈するのではないかと心配して、本題に入る時に「みなさま、大変お待たせしました」なんて書いたりしているのがおもしろい。むろん、内容はかなり専門的なもので読みやすい本やないけれど、「真実をネットで知った」というような人たちはぜひネット上での誤認を本書で正していただきたいものであります。明治政府がいかに急ごしらえで「伝統」をこしらえたのかがようわかりました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

真夏の熱球スペシャル [テレビ全般]

 今日も猛暑日。昨夜は夜半に寝苦しかったか目が覚め、一度起きて一服してから寝なおし、通常営業日と同じくらいの時間に目覚める。深夜に録画したアニメやためておいた番組など少しずつ見て、朝食後、二度寝。こんなのが毎日続いている。いかんなあ。
 昼食後は午睡せずに読書。夜は今日もタイガースの試合がなかったんで、NHKの「夏の高校野球100回記念 真夏の熱球スペシャル」という番組を見る。2夜連続の特番で、今日は甲子園を彩ったヒーローたちの特集。NHKならではのアーカイブを駆使して100回にわたる大会で活躍した選手たちを紹介してくれるとあらば、見てみたくもなるやないですか。
 これがひどい構成で、民放のバラエティ番組の劣化コピーというのかなんというのか。これやったら朝日放送に丸投げして作ってもろうた方がええんやないかという代物。漫才師を司会に立てるのはええけれど、コーナーごとに違う芸人を出してくる必要があったんか。掛布、金村、谷繁、水野、斎藤などなどそうそうたる元プロ野球選手を集めているけれど、全く生かし切れてへん。NHKの専属解説者で荒木がいてるんやから出演してもろて、金村と荒木を並べて昔話をしてもらうだけでもええやんか。芸人を遣うなとはいわんけれど、高校野球ファンを売りにしているアンタッチャブル山崎ひとりで十分やないの。
 100回記念なんやったら、戦前の澤村栄治やら藤村富美男やら島清一やら、フィルムを探して放送するくらいのことはでけなんだか。
 高校野球に対する「愛」を全く感じさせん番組やった。明日は名場面集ということらしいけれど、見る必要はないな。もっともタイガースの試合があるからむろんそっちを見ますけどね。録画してまで見ようという気にはなれんなあ。構成、演出ともこんな不出来な番組を作っていたらあかんと思うぞ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

野牛あかねさん [テレビ全般]

 今日はお山の学校の体育祭。阪神園芸に依頼しなくても、グラウンドは使用できた。ただし、私は見てへんけれどね。グラウンドに足を踏み入れてすらない。
 私の今年の仕事は「施錠・警備」係。朝、着替え終わった生徒たちに廊下から「着替えたらグラウンドに集合ですよお」と声をかけ、全員が校舎を出るのを確認してから各教室に鍵をかけてまわる。昼食後も同様の仕事。あとは当番表通りに、生徒が校舎に勝手に入らんかどうか見張り番。
 日がさしてかなり暑くなってきていたけれど、私は木陰のベンチに座り、グラウンドから校舎方面に来る生徒たちに「テントに戻りなさあい」と声をかけたりしていた。当番に当たってへん時間帯は仕事部屋に戻り、教材製作など。
 こんな気楽な体育祭は、この仕事に就いて以来初めてです。来週の授業どうしようと頭を抱えていたのが嘘みたい。
 体育祭は無事終了し、定時に退出。帰宅してナイター中継を見る。今日はテレビ埼玉の中継をサンテレビが受けて放送。ライオンズ愛にあふれた放送で、ローカル局ならではの楽しさがあった。ところで、一塁側のベンチレポーターは「野牛あかね」というアナウンサー。テロップを見た時、妻と二人で「のうし、と読むのかなあ」「珍しい名前やなあ」と言い合うていたんやけれど、実況アナが「やぎゅうさん」と呼びかけていたので「わ、そのままやん」とびっくり。「電話では必ず『野原の野に家畜の牛で野牛です』とか言うてるんやろうなあ」「バッファローの『野牛』ですと言うてるかもね」なんていらん心配をしていました。なにしろ私は電話でいちいち「喜びが多いと書く喜多です」と言わんと「北」と書かれてしまいますからね。野牛さんも説明せんと「柳生」と書かれてしまうに違いない。
 交流戦の楽しみはこういうところにもあるのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

実況アナの成長 [テレビ全般]

 今日は諸般の事情で金曜時間割に変更。昨日までの2日間で1週間のほとんどの授業が終わり、今日は授業なし。なんかもう今週は終わったというような気分になってしまう。明日からの授業準備、あと2週間に迫ったテスト作成の準備、打ちあわせあれこれに、保護者からの奨学金関係の問い合わせ電話対応など、やることは多い。ただ、今日は妙に涼しかったのと、緊張感が切れたのか再々眠気に襲われたりしてそれほど進捗せず。明日はなんとかせんならんね。
 帰宅してプロ野球中継を見る。タイガースのメッセンジャー投手が先取点を取られ、そのままずるずると負け。ワンチャンスをものにしたジャイアンツと、再三のチャンスをミスなどでつぶしたタイガース。負けるべくして負けた試合。BS日テレの実況アナウンサーは以前ひいきの引き倒し実況をした田辺研一郎アナウンサー。微妙な当たりの内野安打を結果が出る前に「打ち取ったぁっ!」と実況した方。おそらくあの後指導が入ったんでしょう。審判の判定が下るまで辛抱できるようになっていた。若手アナウンサーはこうして成長していくんやなあ。そやけどあまり意味のないデータを持ち出してくるところはまだまだですね。今度はNHKの小野塚アナウンサーの実況をよく聞いて言葉のセンスや間を学んでいただきたい。
 と、書いたところでふと気になったんやけれど、スポーツの実況担当アナウンサーは、当然自局の先輩の実況を聞いたりして勉強するんやろうけれど、他局の中継を見たり聞いたりするような研修はあるんやろうか。私は新任のころから現在に至るまで、他の学校の授業を見学に行ったり、他の教科の授業を見学したりする機会が設けられていたりして勉強になったものやけれど。そこらあたり、知りたいなあ。自局の先輩からの指導だけやと、偏ってしもうたりすると思うんやけどね。
 どなたかそこらあたりの事情にくわしい方、ご教示いただければ幸いです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

大人になったらわかる [テレビ全般]

 今日は昭和の日。昭和生まれのおっさんとしては「天皇誕生日」。平成で過ごした年月の方が長くなってくると、「みどりの日」の方がまだなじみがあるなあ。なんかまだ「昭和の日」と言われてもピンとこない。
 今日はほんまに完全休養日。午前中はテレビを友とする。「仮面ライダービルド」はますますおもしろい展開になってきた。ただし、大人の目で、という感じではあります。昨日まで敵として戦っていた奴が実は悪い奴やなかったとか、ちゃんと筋を通したうえで描かれていて、この先の展開がいい意味で読めん。でも、テレビの前のよい子たちにはこのややこしい人間関係がわかるのかしらん。もし私が小学校低学年でこれを見ていたら、ちょっとついていけてへんのと違うやろうか。当時まわりの他の子よりも少しは本を読んでいて、複雑な展開のものでもなんとかついていっていた子やったけれど、それでもやっぱり難しいと思うぞ。いわんやライダーのアクションを楽しみにしているだけの子どもには。
 もっともスタッフはそれでええと思うてるんかもしれん。今はわからんでも、大きくなってふりかえった時に気がついてくれたらええ、と。それくらいの心づもりやないと、こういう込み入ったストーリーを「仮面ライダー」という子ども向けの枠でつくる意味がないんやないかなあ。
 昼食後、午睡。今日の野球中継はサンテレビで試合終了まで完全中継なんで、安心して熟睡。試合終了後に目覚め、夕刻に録画したのを見る。連敗。打てんなあ。タイガース川柳をひねって見るけれど、景気のええのが思いつかん。他の常連さんも苦労してはるんやないやろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」考 [テレビ全般]

 今日は午後から教育センターで日本学生支援機構の奨学金に関する説明会があり、新年度早々出張。
 去年から毎年システムをいじるもんやから、質問が山のように出て、なかなか収拾がつかん。私も質問があり挙手したけれど、座った席が遠すぎて当ててもらえん。まあ、他の方が私のききたかったことを質問してくれたんでよかったけれど。
 ここで愚痴っても仕方ないけれど、私が倒れたら管理職はどうする気なのかね。知らんぞ、ほんま。
 話題をかえましょう。NHK朝のテレビ小説「わろてんか」の平均視聴率は関東が20%を超えて、関西は20%にとどかなんだそうです。そらまあそうやろうと思う。せっかくのキャストを生かしてへんのやからなあ。しかも吉本せいをモデルにしたのはええけれど、実際に起こった事件の収拾などすべて主人公北村てんの笑顔でまるくおさまるなんて展開は、演芸史にくわしくない人がこれが実話やと信じたらどうしようと思うね。
 吉本が落語を冷遇したことで五代目松鶴が脱退したとか、新興キネマの引き抜きでワカナ一郎はじめ人気者がかなり抜けてピンチになったとか、芸人の間でヒロポンがはやっていたとか、山口組と親密な関係にあったこととか、一人息子が笠置シヅ子と駆け落ちしたとか、史実ではかなりきついことが多いんやけれど、そういうのをすべてきれいごとですましていたもんなあ。「北村笑店からは誰ひとり引き抜きに応じる芸人はいませんでした」と小野アナウンサーのナレーションが一言で片づけた時にはのけぞったよ、私。
 戦後は演芸から手を引いたので、吉本が演芸を再開した時には専属はアチャコだけやったのに、ドラマでは戦後の焼け跡で仮の舞台で喜劇公演を始めるところで終わっている。ドラマやから事実に必ずしも忠実である必要はないけれど、ここまでやられると異世界の上方演芸物語を見せられているような気がしたねえ。
 とにかく笑わすことろが全くないドラマで、関西の方が関東より視聴率が低かったのはようわかる。そこらへん、こっちの視聴者は厳しいね。
 よかったのは小野文恵アナウンサーのナレーションの才を発掘したことと、濱田岳の関西人ぶり。東京出身やとは信じられんほどなじんでましたよ、ほんま。主役の葵わかなはようがんばったと思うね。でも、19歳の若手女優に肝の据わった女興行師の迫力を求めるのは酷というものですよね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

史実と演出 [テレビ全般]

 今日は建国記念の日の振替休日。去年のカレンダーを調べたら、2月11日は土曜日で、休みを1日損したような気分になったもんやけれど、今年は逆に1日得した勘定になる。去年のカレンダーでは土曜に祝日が入るケースがあと何日かあって、金曜日に振り替えてくれんかなと(心身ともに不調な日が多かったもので)思うたもんですが。
 今日は気温が低く、暖房を入れていてもなかなか室温が上がらなんだ。テレビを見ては布団にもぐり、昼食を取ってからしばらく読書をし、寒くてまた布団にもぐり、なんてのを繰り返す。
 2週間分たまっていた大河ドラマ「西郷どん」を一気に見る。やっと島津斉彬が藩主となり、西郷との接触が増え、物語が動き出してきた。その分、前藩主の愛人であるお由良の方の出番が減ったのは残念。小柳ルミ子が実にいい味を出しているのです。ただし、あんなにヒステリックな女性を島津斉興が寵愛しているのはなんでなんでしょう。立って食う寿司も寿司寿司というやつですか。※落語「三十石」(桂米朝口演)参照のこと
 劇団ひとり演じるジョン万次郎が登場し、西郷や大久保とからむ。まさか史実でそういうことがあったとは思われんけれど、そこは演出というやつですね。そういう可能性があれば、ドラマとして面白ければそういう話を作る。小説でもそうやけれど、それがフィクションの醍醐味というやつやと思う。それが許されんでテレビ局に抗議する人がいてたりするのが、私には不思議でならん。
 そういう人に限って「鬼平犯科帳」などで池波正太郎が創造した「盗人宿」や「盗賊三カ条」なんかについては抗議しなかったりするんやないかなあ。と、これは私の想像ですけれど。でも、「長谷川平蔵は史実ではそんなことはしていない」とかテレビ局に抗議がきたという話は聞いたことがないので、当たらずとも遠からず、と思うております。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - テレビ全般 ブログトップ