So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
季節ネタ ブログトップ
前の10件 | -

39度の宵々山 [季節ネタ]

 朝から暑い。扇風機の風に当たりながら、午前中は録画したアニメやら「ライダー」「戦隊」を見る。
 昼前に出る。暑っ!
 額から出る汗を滴らせながら阪急の快速特急「京とれいん」で京都へ。いつもなら余裕で座れるんやけれど、辛うじて見つけた空席にすべりこみ、終点河原町まで仮眠。
 四条河原町の高島屋でお中元の注文をし、地上に出る。
 暑暑暑暑暑暑暑っ!
 後で見た夜のニュースでは京都は最高38.8度やったらしいから、おそらく日なたでは39度は超えていたんやないかな。灼熱怪獣ザンボラーが現れたとしか思えん。
 例会には古参Y氏が久しぶりに参加。涼みにくるお客さんが列をなしていたので、少し早目に例会を終え、高島屋へ。Y氏の飲み友だちに銀器の職人さんがいてて、高島屋で展示即売をしているとのこと。NHK「美の壷」にも出演したことのある方やそうで、緻密で繊細な細工に感服。買うて買えん値段やないものもあったけれど、こんな上品なものをひとつだけうちに置いといても仕方ないですね。お薄をふるまってもらう。ちゃんとしたお抹茶をいただくのは何年ぶりかなあ。Y氏のおかげでええもんを見せていただいた。
 例によって「丸善」で新書や文庫の新刊を何冊か買う。そこから四条まで戻り、地下道を通って烏丸へ。今日は祇園祭の宵々山。私の妹が毎年函谷鉾のお手伝いをしているので、ちょっとごあいさつというつもりやったんやけれど、道は人でいっぱいな上にこの暑さ。移動だけでへとへとです。

 妹や鉾の下でお手伝いをしている方たちにごあいさつをし、厄除けのちまきを買い、そこでY氏と別れて、帰阪。録画した相撲を横になって見る。明日が休みでほんまによかった。もっとも明日仕事があったら鉾までは行かんとすぐに帰っていたかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新社会人は目立つ [季節ネタ]

 愛すれどTigers「開幕戦で菅野撃ち」を更新しました。

 新年度の始まりであります。往路の電車ではそれほど目だたなんだけれど、乗り換えたバスはいつもよりもぎっしり。黒いスーツ姿の若い女性たちが目立つ。帰路はバスも電車も新社会人とおぼしき若者たちでいっぱい。学生たちはまだ春休みやから、雑多な若者たちと混じるということがない。リクルートスーツというんですか、あの黒服。がさっとかたまってるから目立つなあ。
 お山の学校にも新転任の教職員がどっさり。私は教科主任ということにいつの間にかなっていて、社会科の転任の方を案内して校内をまわる。その他、会議資料の印刷とホチキス止めなど、一人で黙々と作業をする。そう、私は今季もだだっ広い仕事部屋でひとりぼっちの毎日を送ることになっているのです。仕事内容もこれまでの続き。ただし、奨学金業務は学生支援機構がまたシステムをいじったりなんかしよるから、あれこれと工夫せんならんことになるんやけれどね。
 年度初日ということで、職員会議のほかに細々と会合。その合間を縫うように事務処理。一息つく間はほとんどなく、あっという間に退勤時間。帰宅したらもうへろへろ。
 さて、今季はどんな年になるのかなあ。仕事に追いたてられる日々であることは間違いなさそうであります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

氷雨 [季節ネタ]

 お山の学校は、昼ごろみぞれが降る。大阪市内も夕刻みぞれが降ってきたと妻に聞いた。東京は積雪23cmやそうな。地上の交通は麻痺し、空の便も欠航。大阪はほんまに雪の降らん土地ですわ。太閤さんが町をつくったのもむべなるかな。
 雪は降らなんでも、寒いものは寒い。とにかく1時間おきにもよおしてきて、しょっちゅうはばかりに行っておりました。仕事部屋はずっとストーブをつけて温めていたんやけれど、会議のために部屋を空けることになり、火を落とす。1時間と少したって、会議やの明日の仕事の打ち合わせやのをすませて部屋に戻ると、けっこう温もっていたはずやのにひんやりとしている。一気に冷めたんですな。一人部屋やからこういうことになる。誰でもええから相方がいてたらストーブをつけっぱなしでもかまへんのやけどね。
 帰るころにはみぞれは雨に。氷雨ですね。歌の文句にもありました。「外は冬の雨まだ止まぬ」と。
 新明解国語辞典第五版で引いたら、「氷雨」は秋の冷たい雨のことらしい。なんたること。作詞・作曲のとまりれんさん、歌詞の季節が間違うてますぜ。
 でも、ネットで検索したら、デジタル大辞泉によると夏の氷雨は雹や霰のことで、冷たい雨やみぞれが冬の雨やそうな。どっちが正しいのか。大辞林第三版では、晩秋・初冬の冷たい雨のことらしい。
 つまり、氷雨の語釈は辞書によって微妙に違うのですね。
 どっちにしても東京は大雪、大阪はみぞれで寒中らしい天候でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

百人一首と脳内回路 [季節ネタ]

 あけましておめでとうございます。本年も「ぼやき日記」におつきあいいただきますよう、よろしくお願いいたします。早々と年賀状を下さった方、ありがとうございました。
 今日は夏に録画した落語、桂南光「抜け雀」を見たりしながら午前中を過ごし、午後から私の実家に日帰り帰省。
 両親は歳相応に弱ってきているけれども、なんとか達者でいるのでちょっと安心。今は自分のことでいっぱいいっぱいやけれど、少しでも余裕を作って実家にも顔を出さねばね。
 今年は数年ぶりに家族で百人一首の歌かるたをする。
 何年もやってへんと、上の句を聞いてすぐに下の句が頭に浮かばんのですねえ。「むらさめの……」ときたらすぐに「きりたちのぼる」を探せていたのに、「むらさめのつゆもまだひぬまきのはに」まできてやっと「きりたちのぼるあきのゆうぐれ」が浮かぶ。それでは遅いって。
 それでも何度もやっているうちに上の句の途中で下の句が浮かぶようになる。こういうのは継続してへんと脳内の回路がつながりにくくなってしまうものなんですよねえ。
 とはいえ、読み手を交代して自分が読み札を読みあげると、もう全部読まんでも上の句から下の句まですらすらと言えてしまう。子どものころに覚えたことというのは、やはり強く記憶に残っているものなんですねえ。
 というわけで、やっと正月らしいことができました。
 それにしても今年は往復の電車で晴れ着を着た人を見なんだなあ。神社の破魔矢を持った人は見かけたけれど。なんか電車に乗っていても正月らしくないのですね。もっとも、私もダウンパーカーを着たりしてて全然正月らしくなかったので、人のことは言われんのでありますけどね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスはマンガの日 [季節ネタ]

 今日はクリスマスイヴ。夕方から降雨という予報なので、昼過ぎに買い物に出る。年賀状印刷用のプリンタインクと、クリスマスケーキを買う。帰宅後、午睡。
 夜は、バーンスタイン指揮ニューヨークフィルの「ジョイ・オブ・クリスマス」というCDを流しつつ、妻の焼いてくれた鶏もも肉を食し、ケーキを食べながらプレゼント交換。私は「魔法使いの嫁」を、妻は近藤ようこの「桜の森の満開の下」や「モブサイコ100」など、たがいにマンガを贈り合う。別に示し合わせたんやないです。両方とも相手を喜ばせようとしたらこうなったというわけ。
 あ、去年私は「バーナード嬢、曰く」を贈っていたはず。「モブサイコ100」の最初の方は一昨年に妻に贈ってもろうていた。クリスマスはマンガの日か、うちは。つまり趣味が近いということなんですな。
 もっとも、いっしょに録画した深夜アニメを見たりしていたら、妻がどんなものをまず見ているかがわかるし、その原作があれば買います。「エマ」もそうやって買いはじめ、すっかりファンになって、作者の森薫さんの単行本はほぼそろっているはず。
 というわけで、今年もなんだかかわりばえのしない聖夜を過ごしたのでありました。
 ところで、有馬記念はキタサンブラックが勝ったみたいですね。これでもう毎日スポーツ紙の一面を見て「気安く呼ぶな」と思わんですむんやなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨中の門番 [季節ネタ]

 今日はお山の学校の文化祭。私のお仕事は学校周辺の巡回、閉鎖してある門の立ち番、校内の巡回。つまりほとんど警備係として1日を過ごしたのであります。まあ、クラス担任でもなく、人権教育担当を専らとしている教員に文化祭でまわってくる仕事なんてそんなもんです。
 朝一番の校外巡回の最中に雨が降りはじめ、少しずつ降り方が強くなっていったので傘をさし、相棒の若い先生と雑談をしながら周辺の酒屋やコンビニの駐車場をみまわる。生徒の保護者が駐車したりすることがあるので、そのチェックであります。まだ一般公開される前の時間やったし、特に異状なし。1時間ほど仕事部屋で事務作業をしてから、門番の仕事。雨はますます強くなっている。今日は業者とPTA役員以外はすべて受付を通ってもらうので、入ってこようとする人に受付のある門の場所を指示する。また、早退するという生徒にも受け付けを通るように指示。ただ突っ立っているだけやけれど、地面に跳ね返った雨でズボンのすそがひどく濡れ、体も冷えはじめてきた。1時間で門番から解放され、すぐに校内巡回。招待券で入ってきた他校の生徒たちと勤務校の生徒たちの間でトラブルが起こったりしないか、生徒たちがハイテンションになってアホなことをしでかしてないか、校内を行ったり来たり。
 警備の仕事が終わり、遅めの昼食をとるともうぐったり。文化祭終了後、保健委員の展示の後片付けの指導をした後は、来週の授業に向けての準備やとか奨学金関係の雑務をこなし、やっとこさ退出時間が来たので、すぐに出る。
 これがまた困ったことにバスも電車も土曜ダイヤなんで、いつもよりも少しずつ時間が後ろにずれているのですね。定時に退出したのに、帰宅は少しばかり遅くなる。
 台風接近で、月曜日あたり暴風警報が出るやもしれん。幸いその日は今日の分の代休なんで、暴風雨の中をよたよたと歩かんですむ。そのことを思えば、文化祭は無事に終了したんやから、まあよかったと思わんとね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

地域の運動会 [季節ネタ]

 今日は体育の日。あちこちで地域の運動会なども開かれたことでしょう。
 私たちは結婚した直後、パナソニック市にあった団地に住んでいて、いきなり団地の自治会長をやるはめになってしもうた。その直後に阪神淡路大震災が起きて、地震による被害に関係したトラブルの処理に追われた。それを書きだすときりがないので、それはまた別の機会に。
 で、体育の日です。なんでも地域の小学校で行われる自治会単位の運動会で、自治会長にも自動的に役割が振られていて、それまで何のかかわりもなかった地域の運動会であいさつみたいなことまでやらされる羽目になった。
 なんでそういうシステムになっていたんかようわからんけれど、何の愛着もないというかそこに引っ越してきたばかりで土地柄も何もわからんところの運動会で何のあいさつをすればええというんや。あれには全く閉口した。
 むろん翌年からその運動会に参加することもなく、何年かして今の住まいに転居したのであります。
 大型マンションで、地域の行事に参加する義務もなく、そういう地域住民の運動会などというものとも無関係で過ごしてきた。ただ、この辺ではそういう運動会をやってるかどうかも知らん。というのも、この3日間、家でだらだらと寝て過ごしていたけれど、運動会のにぎわいらしい物音が聞こえてくるわけでなく、聞こえてくるのは近くの中学校で毎日練習している吹奏楽部のやかましい音だけ。
 マンションが次々と新築されている地域だけに、そういう昔ながらの関わりみたいなものは薄いのかもしれんなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古都のコンビニは異国情緒 [季節ネタ]

 今日は、盆休みを一日長くとれるように制定された「山の日」。
 そやからというわけやなく、京都東山まで墓参。週間予報で曇り時々雨とあったので、多少暑くとも曇っていたらましやろうとこの日に決めていたのです。
 かんかん照りのええ天気やんか、もう。
 というわけで、汗だくになって山登り。ふだんはお山の学校に、墓参は東山にと私には毎日が「山の日」ですわ。
 墓参を終えて円山公園でポロシャツを着替える。おっさんになってよかったと思うのは、公園でシャツを脱いでも誰も気にもしてくれんこと。脱いだシャツは、豪雨を浴びたかの如くびしゃびしゃ。
 熱中症対策にペットボトルの麦茶を持参したけれど、1本ではききません。帰路、八坂神社石段下のローソンで追加でもう1本購入。店の中は国際色豊か。店の中で飛び交う複数の言語はもう誰が何語をしゃべっているのかわからんくらい。
 南座横の「祇園饅頭」でおはぎを買い、帰宅。即寝床に倒れこみ、爆睡。
 夜になっても火照りが消えず、ベランダで夜風にあたっても汗はひきません。しょっちゅう水分補給。熱中症にはなってへんにしても、けっこう危なかったのかな。
 というわけで、毎年のことながら墓参は遠足でございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花火の煙 [季節ネタ]

 今日は月例の京都の医者行き。本来なら来週の予定なのですが、お医者も盆休みということで、1週間繰り上げて診療してもらう。
 大阪も京都も無体に暑い。36度を超える猛暑日なのでした。体温やんけ。そらのぼせる。薬を出してもろうたら、速攻で帰阪。帰宅してすぐ寝転んで風通しのよい部屋でラジオをつけてプロ野球中継を聞く。途中でテレビに切り替え、中継時間終了とともにラジオにまた切り替える。
 夜は淀川の花火大会。例年書いているとおり、マンションのうちの部屋は窓の方角が花火大会の場所と正反対なもんで、音ばかり聞こえて肝心の花火が見られん。そこで今年はテレビ大阪の花火中継をテレビで見る。テレビ画面で花火が連発されるとタイムラグで窓の外から音が聞こえてくる。ああ、近くで花火してるねんな、と実感。
 今年は風向きの関係からか、花火大会終了後、窓からえらい火薬の匂いが入ってきた。こんなん初めてやなあ。風向きが変わると、部屋の奥にまで匂いが漂うほど。確かにえらいようけ花火を打ってた。ごっつ派手な花火やったのは、テレビ画面を通じてもわかった。来年は淀川の土手まで見に行こうかな。
 というわけで、花火そのものはテレビで見ることしかでけなんだけれど、火薬の匂いで花火を体感するという珍しい体験をしたのでありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

閃光花火 [季節ネタ]

 今日はまた一段と蒸す。室温は常時30度ほどで安定していたんやけれど、汗まみれでお仕事。メンテナンスの関係でパソコンを使用でけんということもあり、書類の発送作業をすませ、時間休をとって早退。通常営業の時間に帰宅したら、天神祭を見に来た浴衣集団でごった返すんやないかという予測もあったしね。すいている時間に帰宅して正解。
 帰宅してしばらくぶっ倒れていたけれど、夕刻少しばかりたまっているアニメを見てから、野球中継を見る。
 6時くらいにどどどんと花火の試し打ちの音が聞こえてきた。野球を見ていると、外ではどどどどどんどんとほとんど切れ目なく花火の音がする。新聞によると5000発用意しているとか。最後のやけくそ打ちの時には見よう。なにしろ野球は目が離せん展開。1岩貞が筒香にソロホームランを打たれたけれど、その1点だけで8回まで投げる。ところがベイスターズの今永の前に打線は沈黙。これで負けるんやから岩貞も運がないなあ。試合終盤にどかどかどかとやけくそ打ちが始まる。
 花火好きの妻は食事の支度をしている時もそわそわ。夕食後、すぐにベランダに。私も少し遅れてベランダに出る。
 おおお、凄いぞ。特に閃光を放って消える新しい花火は、遅れて聞こえるどおおおおんという音が腹に響く。線香花火ならぬ閃光花火というところか。
 CGで作られた花火の映像は美しかろうが、この腹に応えるどどどどんという響き、空気が動いて音を伝えてくる感覚、これは生の花火にはかなわんのやなかろうか。
 というわけで、今年も自宅のベランダから花火を楽しむ天神祭でありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 季節ネタ ブログトップ