So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

根本陸夫伝 [読書全般]

 愛すれどTigers「マツダスタジアムでカープに連勝」を更新しました。

 昨夜からの雨がやまず、傘をさして出勤。昼ごろに上がる。お山の仕事部屋は多少湿気ていたけれど、室温は低く汗もほとんどかかず。快適に仕事を進める。ただし、今日は空き時間がほとんどなく、明日の授業準備を少しした程度であとは授業と会議。
 帰宅して録画した相撲中継を見る。稀勢の里は貴景勝に押しこまれながらもびくともせずねじ伏せる。御嶽海も危なげない相撲で連勝。栃ノ心も力強い相撲で連勝。横綱大関みんな勝つ。そうそう、こうやないとな。
 高橋安幸「根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男」(集英社文庫)読了。単行本の刊行時からずっと文庫化を待ち望んでいた本。カープの監督として衣笠、山本浩、水谷、三村といった選手を鍛え上げ、初優勝の下地を作り、ライオンズの監督、管理部長ではトレード、ドラフトで大胆なチーム改造をして広岡監督、森監督の黄金時代を支え、ホークスの監督、球団取締役でも王監督の招聘、思い切ったドラフト戦略で最強軍団を作りあげた、人呼んで「球界の寝業師」、根本陸夫。著者は根本に関わりのある人々にインタビューをして、この多面的な人物の姿を浮かび上がらせる。誰もが根本の凄み、情熱、怪人ぶりを称賛する。ジャイアンツ人気に頼っていた球界地図を最終的には書きかえたという功績は大きい。ただ、読んでいて気になったのは称賛する人たちばかりなところ。例えば最終的に衝突した広岡監督などからも話を聞いてほしかったし、根本の暗黒面にももっと切りこんでほしかった。また、カープの監督をやめた後、ABCで解説をしていたんやけれど、その時代のエピソードはほとんどない。よく組んでいた植草アナにその時代のことを聞けば、欠落した部分が埋められたんやないかと思う。単行本未収録やった中学時代の友人や家族の証言が加わっているので、そこらあたりは文庫化されるのを待っててよかったかな。それにしても根本絶賛本みたいになっているのはやはりひっかかるなあ。それだけ料理しにくい人物やったということかな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

スマホの契約見直し [日常生活]

 一日中雨模様。午前中は例によってテレビを友とする。スマホにメッセージが届き、契約時に1ヶ月無料として契約したものをどうするかという問い合わせ。「スゴ得」「メロディコール」などさほど必要としないものは解約。これらはストアの店員さんの得点を稼ぐためにつけさせられた契約なんで、不必要なものはどんどん解約してかんと、毎月の携帯電話料金がどんどんはねあがってしまう。端末別についている契約が違うたりするので、妻の携帯には別なものがついていて、「dマガジン」という月額400円で大量の雑誌が読み放題というもの。こんなんついてたら、そら紙の雑誌は売れへんわ。これは解約せずそのまま続けることになった。
 昼食後、午睡。3時ごろ起きてきて、まずプロ野球中継を追っかけ再生で見る。降雨のため中断すしたので早送りですっとばし、リアルタイムに追いついたところでノーゲームの宣告。これが予備日に組み込まれたら、タイガースは9月下旬から10月上旬にかけて20連戦くらいになる。10月に入ると番組改編期で野球中継の枠がなくなったりするから、スマホで見たとしたら、パケット料金がどえらいことになるなあ。うーむ。そやけどそこまでしても見たいものは見たいしねえ。
 野球中継の録画を停止し、録画していた相撲中継を見る。ついに横綱稀勢の里が本場所の土俵に上がる。「心技体」というけれど(「心気体」の説もあり)、土俵下に座っている時からどしっと落ち着いた雰囲気で、相手の勢は逆になんかそわそわしている。堂々たる横綱相撲で久々の白星。土俵下で水をつけるのを待っている間、感慨深い表情をしていた。北の富士さんは「まわりの目がなけりゃ、泣いてるんじゃないかな」と言うてはった。
 まだ先は長いけれど、こういう心境で臨んでいけば、15日間を全うすることは不可能やないやろうね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震か震災か [時事ネタ]

 大相撲小言場所「平成三十年秋場所展望~御嶽海の大関昇進なるか~」 を更新しました。

 夜中はよく降ったらしい。昨晩録画した深夜アニメを見ていたら、ひっきりなしにテロップで気象警報がはいる。お山の学校のある大阪府北部は土砂災害警報が出ていたらしい。まあ週明けに出勤したら土砂災害で学校に被害、なんてことはないやろうけれど。
 むろん北海道の震災の被災者のことを思うと、贅沢なことは言うてられん。腹の立つのは読売新聞と産経新聞の論説委員で、地震でブラックアウトになったのにかこつけて、社説にて泊原発再稼働の必要性を説く。被災者のことよりも原発再稼働の方が大切なんやなあ、彼らは。地元の北海道新聞の論説委員はそんなことは一切書いてへん。地元のメディアが必要としてへんと言うてるものを安全な東京で必要と書く神経がわからん。
 ついでにいうと、「北海道胆振東部地震」という名前をつけたのは気象庁ですか。震度7の大地震を「震災」と名付けず「胆振東部地震」という極めて地域限定的なものにしてしもうたのはなんでなんやろう。意識的に矮小化したいということか。「北海道震災」くらいの名をつけて思い出しやすくした方がええように思うなあ。将来「胆振東部地震」といわれてもピンとこなくなるんやないかと心配になる。言葉の持つ力の重さを改めて感じた。
 先週の台風で疲れがたまったのか、むやみに眠く、昼食前に寝る。昼過ぎに起きて昼食。午後はプロ野球中継を見る。カープの不安定な先発投手には通用しても、ジャイアンツのエースには好調打線も機能せず。
 試合終了後、パソコンに向かい、夜は妻とたまっているアニメの録画を何本か見る。
 気温が下がり、一服つけにベランダに出ると心地よい。汗まみれの生活からそろそろ脱出できるかと思うとほっとする。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

アラカン [日常生活]

 朝から雨模様。気温が下がるのはええけれど、湿度が高いからやはり汗はかく。職場について扇風機の風にあたっていると、少し肌寒い。体温調節が難しい季節になってくるのかな。はばかりに行って用を足す回数も一気に増えたしね。
 金曜は授業の割り当てがなく、一日デスクワーク。倫理の授業で使用できるかとYou Tubeで映画「ブッダ」の動画を探すけれど、予告編は中途半端やし、本編全部となると有料やし。しかもあまり面白そうやなく、原始仏教の教義がわかるような映像でもない。あれこれ探すけれど、講義形式の動画もいまひとつ。ネットも便利なようで不便やねえ。
 昼前には雨が上がる。帰路も傘は荷物になるだけでした。
 よんどころない理由で実家に帰っていた妻からLINEで「帰る」メッセージが届く。返信しようと最寄駅の改札手前でタッチパネルを操作するけれど、あまりキーボード画面を使用してへんから、「気をつけて帰って」という文を打つだけでもたもた。絵文字やスタンプを使おうとしたら、これも慣れてへんからもたもた。昨日でまた1年「アラ還」になってきたおっちゃんにはこたえますわ。
 帰宅したら、もうダウン。今日はタイガースは試合日程が組まれてへんから、妻が帰るまで寝転がっていた。今週は台風疲れというのか、かなり疲労が蓄積していたみたいです。
 というわけで、こんな日記しか書けませんでした。すんません。
 ところで「アラ還」というのは耳で聞くと、嵐寛寿郎と紛らわしいねえ。あるいは仏教用語の「阿羅漢」、もしくはミャンマーのアラカン族と間違える人もいてるか。お、ネット検索したら「アラ棺」といういいかたもするんやそうな。死にかけということですかね。こういう造語はあまり好きになれんなあ。
 杉作、日本の夜更けは近い!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勝利の誕生日プレゼント [日常生活]

 本日、私の誕生日。56歳になりました。
 今朝はバスも復旧して通常営業。曇りがちで、仕事部屋は30度未満。汗だくにならずに仕事ができました。疲労が蓄積してるので、適度に休憩をとりながら、ですけれど。定時に退散。
 夜はナイター中継を見ながら、妻がはりこんでくれた鶏料理に舌鼓を打つ。誕生日のお祝いに恒例のケーキを食し、プレゼントもいただく。「大人の科学」の小型活版印刷機であります。いやあ、楽しそうやなあ。組み立てに時間がかかりそうなんで、土日に遊ぼう。私と妻の趣味嗜好はよく似ているので、妻が「これはおもしろそう」と思うたものはだいたい当たる。嬉しいことです。
 私の誕生日を祝うかのように、タイガースは20安打13得点でカープに連勝。昨日と今日を見ている限り、どちらが首位かわからん。この調子であと1ヶ月たのむでえ。
 江戸川乱歩・編「世界推理短編傑作集 1」(創元推理文庫)読了。偶然の一致か、今日の朝日新聞夕刊の連載エッセイで三谷幸喜さんもこの本に触れていた。私はミステリは好きやけれどマニアでも大ファンでもなかったんで、まずSFを優先して読んでいたから、本書の旧版は未読。本書は何本かを新訳にして、また旧版では収録されている作品がかぶるため割愛されていたポオとドイルの作品も収録。もっとも「盗まれた手紙」も「赤毛組合」も読んで知っている作品やけれど。これは新版を編集した戸川さんが「ベスト・オブ・ベスト」を作りたいとこだわったということなんやろうと思う。
 本巻はミステリというジャンルが形成されていく時期に書かれた傑作を収録。草創期に早くもミステリのパロディ的な要素のあるコリンズ「人を呪わば」の苦みのあるユーモアなんか私好みでよろしいね。戸川さんによる解説もくわしくていねいで、この解説だけでも値打ちがある。今月には第2巻が出るので、今から楽しみにしております。ことミステリに関しては初心者というほどやないけれどそれほど量を読んでいるわけやないんで、新しい宝の山を掘るような気分なのですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

停電と運行停止と倒木と [日常生活]

 台風から一夜過ぎ、朝から暑い。出勤途上、歩道の並木が倒れていたりするのをよけて歩く。マンションの管理人さんが大変やなあ、てな呑気なことを考えながら歩いた。呑気なことを言うてられんはめになることも知らずに。
 電車が終点についた。ここまでは日常通り。そやけど、バス停には人の長い列。
 おかしいなあ。この時間にはバスがもう出てて並んでる人たちを乗せて走ってるはずやのに。そういえば、バスターミナルにバスの姿が一切ない。この時間はひっきりなしにいろいろな路線のバスが行きかうはずやのに。スマホをとりだしてバス会社のサイトにつなぐ。
 大阪府北部の一部はまだ停電中で、そのため信号がついてへんから、復旧するまでバスは運行中止やて。いつになったらくるのかわからんバスを待って駅前のベンチにぼーっと座っているのも嫌なんで、タクシーでお山の学校まで行くことにする。ただ、タクシー乗り場にも列ができている。待つことしばし。やっと自分の番になり、タクシーに乗車。ところがいつもはすいすいとバスの走る道がちょっとした渋滞になっている。止まっている間にタクシーのメーターが上がっていく。
 交差点の信号が停電で消えていて、その影響で渋滞していることが、車窓からのぞいていてわかった。交差点を直進しようとしても、横切る車が途切れへんのやもんな。
 2000円近くかかり、時間までに出勤。この出費は痛いなあ。
 お山の学校には自転車や徒歩の生徒がちょろっと来ているだけ。ほとんどの生徒がバスの運休で登校できてへんのや。結局午前中の授業はカット。午後の2時間だけ授業と決まった。お山の学校は倒木で生徒の通用門が通られんようになっていたり、窓ガラスが割れていたり。私は倒木の除去作業に加わる。技能員さんが小型のチェーンソーを使い、倒木の枝を払っていく。朝練できていた野球部の生徒たちといっしょに除去作業をする。通用門までの道に散らばる落ち葉が大量にあり、そちらの掃除もする。
 午前中だけでもうぐったりです。それでも午後はなんとか授業をしたもんなあ。自分でも感心した。帰路は時刻通りにバスが来たんで、すんなりと帰宅。夜はナイター中継を見る。タイガースがカープに大勝。しんどかったけれど、その分ごほうびをもろうた、てなところですかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暴風に悪戦苦闘 [日常生活]

 朝はいつものように起きる。テレビで気象情報を見ながら、出勤すべきかどうか考える。台風の進路予想、そして交通機関の運休情報などを見て、これはお山の学校に行ってしもうたら帰宅困難になるんやないかと判断。出勤できない旨、職場に連絡した。
 まだ天気が穏やかなうちに雑誌を買いに近所のコンビニに行く。
 昼が近づくうちにだんだん風がきつくなってきた。昼食後、午睡。妻の悲鳴で目が覚める。ベランダの鉢植えが風で転がり、すのこがあおられて飛んで行きそうになっている。ベランダに出て風に飛ばされんように気をつけながらすのこを玄関に運ぶ。柵にとりつけてあるラティスががたがたいうているので、ひもで何ヶ所かを固定する。
 ベランダは倒れた植木鉢からこぼれ出した土で黒くなっている。一服つけるための椅子はひっくり返ってあらぬ方向に飛ばされ、物置の上に置いてあったものはみんな落ちている。灰皿代わりの海苔の缶も風で飛ばされ、ふたが開いて吸殻が土の上に。
 転居して初めて部屋の中で煙草を吸う。これまでどんな突風の日も極寒の日もベランダで吸うていたんやけれど、さすがに今日は無理。キッチンの換気扇の下で吸う。煙がなるべく散らんように換気扇に近付けて吸う。
 夕刻、少しずつ風が弱まり、飛び散った吸い殻を拾い集めたりする。妻は土をほうきではいたりして少しでも片付け。横から手を出す余地がなかったので、しばらく読書。
 夜には風がおさまり、少し蒸し暑くなってきた。スマホとテレビのリレーでナイター中継を見る。なんでテレビ大阪がサブチャンネルを使うて10時近くまで放送延長してるのに、それを大幅に上回る時間をかけて延長12回サヨナラ負けをするかなあ。おかげでまたスマホで中継を見ていたらパケット料金が一気にかかってしもうたぞ。
 なんにせよ、出勤をせず自宅にいててよかった。阪急は運休したり間引き運転したりしていたし、通勤だけでへとへとになってたやろうし、自宅のことが気になって仕事にもならなんだやろうし、妻が一人でベランダで悪戦苦闘することにもなっていたやろうし。
 仕事は休んだけれど、けっこう疲れた1日でした。第二室戸台風並みの大型台風で、関空はしばらく使用不能になる模様。ゼロサム先生が府知事やった時に伊丹空港を廃止して関空一本にするとかぶちあげてはったけれど、こんなことになるなんて想定してなんだんやろうなあ。関空についてどこかゼロサム先生にコメントを求めるマスメディアはないもんかな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤ちゃん絶叫 [日常生活]

 愛すれどTigers「久々の甲子園連勝」を更新しました。

 台風接近中。フェーン現象だかなんか知らんけど、朝から好天。気温はそれほど上がらなんだけれど、蒸し暑く、ねっとりした汗をかく。汗でぬれたポロシャツが渇くと、表面に塩が浮く。今日から授業も短縮期間が終わりフル稼働。
 明日は台風直撃で交通機関の麻痺が予想され、早々と休校決定。私らも状況によっては年休やなく特別休業日になるかも。阪急が早めに運休を決めたら出勤不能になる職員が多いからね。とりあえず出勤の用意をしつつネットで運行状況をチェックするか。こういう時にスマホにしといてよかったと思う。
 帰路、電車で本を読んでいたら、すぐ近くで赤ちゃんの泣き声が。いわゆる「かんの虫」というやつかな。泣き方が尋常やない。絶叫というべきか。お母さんが背中を軽く叩きながら「よしよし」をしているんやけれど、ちょっとやそっとでは泣きやまん。私は子育てには縁はなかったけれど、親戚に子どもが多かったから、赤ちゃんの泣き方の区別は辛うじてつく。少なくともおなかがすいたとか、おむつが濡れてるとか、そういう時の泣き方やないと思うたね。
 気の毒なのはお母さんで、車両中に響き渡る泣き声をなんとか止めようととしてはるんやけれど、一時止まってもすぐにまた泣き出す。まわりに気を遣うてはるのが、直視せんでもわかる。乗客も気を遣い、そっとしている。誰ひとりうるさいの何のというたり怒りだしたり注意したりする人はいてなんだ。それが救いやったかな。
 それにしてもあの赤ちゃん、どこか痛かったのか電車の揺れが怖かったのか。私と同じ乗り換え駅で降りはったけれど、ホームに降りてほっとしてはったんやないかなあ。こっちもほっとした。声をかけることもできず、でも心のうちではやはり聞いててきつかったし落ち着いて本を読むことも出けなんだし。
 こういう場合どうしたらええんでしょうねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

監督経験者の言葉 [日常生活]

 なんでこんなに眠いんやろう。朝は例によってテレビを友とし、昼食前にひと眠り。昼食後、今日は読書を楽しもうと文庫本のページをめくる。短編を1本読んだところで睡魔に襲われ、たまらず寝床に。夕刻までしっかり眠る。台風が近づいているから気圧の低下と関係があるのでは、と妻。それもあるのかな。
 昼は少し暑かったけれど、宵になると涼しくなってきた。秋なんやなあ。
 夜はナイター中継を見る。タイガースが大勝。ベイスターズ相手やとこれだけ打てるのは何でや。解説の真弓さんは「捕手のリードはチームごとに傾向があるから、ベイスターズのリードはタイミングが合いやすいんじゃないか。スワローズの捕手のリードは完全にタイミングを外していた」と言う。うーむ、そういうものなのか。監督経験者の言葉だけに、けっこう重みがあるんですよね。プロの世界というのはやはり素人にはわからんあれやこれやがあるんやと思う。ものかきも同様。私のような開店休業中の書評家でも、amazonのカスタマー・レヴューで好き勝手書いてる人たちに言いたいことはごまんとあるからね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雷鳴と電光 [日常生活]

 今日は完全休養日。朝は早目に起きて、昨夜録画した深夜アニメを一気に見る。6時ごろ、雷雨。近所に落ちたらしく、ぴしゃどばしゃっというような雷鳴とカーテン越しにも鮮やかな電光。まだ寝ている妻の様子を見に行く。さすがに目を覚ましていたので、落ち着かせる。それからまたテレビに向かう。さすがに疲れた。
 で、朝食前に寝床に入り、昼ごろ起きて朝食をとり、また午睡。起きたらもうナイター中継が始まっている時間でした。どんだけ寝るんやというくらい寝たなあ。睡眠負債が思いのほかたまっていたのか。そやけど、昨日も人間ドックから帰って来てから午睡してる。
 やっぱり連日サウナ部屋で仕事をしていると疲れのたまり方も違うのかな。
 夜はナイター中継観戦。甲子園でのタイガースの勝利は38日ぶりやそうな。主催試合では京セラドームで勝ってたりしてるから、そんなに間があいていたわけでもないけれど。今日の試合はベイスターズのエラーが目についた。特に守備を買われてFA移籍した大和が本塁悪送球あり、トンネルあり。ああもう君はタイガース時代の守備に生きる男やなくなり、ベイスターズの打つけど守備は雑というカラーに染まってしもうたんかねえ。
 というわけで、ほんまにだらだらとすごしてしまいました。ただ、雨天のおかげで一日涼しく、汗だくになることもなかった。こんなん何日ぶりやろう。タイガースの甲子園での勝利よりも長いと思うぞ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感